2017年11月20日 (月曜日)

11月19日/深夜に緊急入院!

 7時過ぎ起床。

 快晴。ビルの向こうにハッキリと富士山が見える。

 朝のモロモロを済ませると、相方より電話。しばらく話す。

 ブランチは、ご飯にインスタント味噌汁、卵焼きに漬け物、煮干し。

 仕事開始。光文社新作の第2章を引き続き。

 今日は目の調子が悪い。いわゆる「かすみ目」。目薬を点してもよくならない。

 休憩してテレビを観ていると、つい、寝てしまった。そうすると目がリセットされてハッキリ見えるようになったので仕事。

 ヒルメシ代わりにセンベイを食べる。

 また休憩してタカ&トシの「帰れまサンデー・見っけ隊 村の飲食店5軒を探せ!村ご飯!」を見ていると……どうもまた、鳩尾の辺りが重くなってきた。また胃痙攣か……。こういう時は安静にするしかない。

 医者で貰った「とんぷく」を飲んで横になっていても、今日はなかなかよくならない。

 「笑点」が終わって「車あるんですけど…」も終わって、やっと「鉄腕DASH」が始まる頃によくなった。

 夕食を食ってシャンプーを買いに行かねば。

 ということで、外出。マツキヨでシャンプーを買って、近くの「吉野家」で牛丼並と卵に味噌汁・お新香セットを食べる。

 帰宅して、「世界の果てまでイッテQ」を見ていると……鳩尾がモーレツに痛くなってきた。これまでにない痛み。脂汗がガンガン出てTシャツを3枚着替えたほど。汗を拭くタオルも2枚替えた。

 横になっても苦しい。まだ立っている方がラク。

 しかしこれは……なんだかただの胃痙攣ではないような気もする。いや、胃痙攣が治りきっていないのに牛丼を食べたから悪化したのかも。

 とにかく、苦しい。

 何度も吐く。

 吐いたので、飲んだとんぷくも排出されてしまっただろうと、またとんぷくを飲むが、また吐いた。

 胃ではなく、心臓かも、と思う。快楽亭の大動脈解離の件を思い出す。TBSラジオのナマ本番直後に発病して、近くの専門病院・心臓血管研究所付属病院に担ぎ込まれたから九死に一生を得たけれど、この界隈じゃ……。

 もしかしたら、死ぬかも、と思ったが……いつになくくーたんが心配そうにおれを見て、おれが苦しんでいるとオロオロしている。猫がオロオロするのをはじめて見たし、猫も心配してくれるんだなあと、妙に感動したけど……。

 23時になっても収まるどころか痛みは続く。カッと熱くなって汗が噴き出したら、次の瞬間、寒くなる。毛布を被ると暑い。

 そんな繰り返し。

 これはもうダメだと、救急車を呼んでもいいか相談する#7119に電話して症状を説明すると「医者に行った方がイイですね」って。この時間だと救急扱いになるから、救急車を呼んでもいいですかと念を押すと「いいんじゃないですか」と。

 生まれて初めて救急車を呼ぶのには勇気が要った。タクシー代わりに気軽に呼ぶ連中の精神が理解出来ない。

「歩けるなら建物の下で待ってて」

というので、下で待つが、立っているのがシンドイ。

 0時に、やっと救急車がやってきて、駐めてある場所まで歩く。

 救急車の中で問診。早く病院に連れて行ってくれ!と思うんだけど。

 印象として、えんえんと問診が続いたあと、受け入れ病院を探す。幸い、ご近所の病院が受け入れてくれた。

 ストレッチャーのまま移動。

「とんぷくをそんなに続けて飲んだらダメです!投与する薬がない!」

 と当直医の非情なお言葉。

 痛み止めの注射かなんかして貰って、今日のところは家に帰ろうと思っていたのだが……「麻薬みたいな痛み止めがあるが、それを打つなら入院して貰う必要がある」と言われてしまった。

 心電図をとり、腹部レントゲンを撮る。

 痛みはまだ収まっていないし。このまま帰宅するのは不安。

 入院する事にしたが、他の急患が来て、おれはしばし放置。救急治療室のストレッチャーの上でウトウト。妙に気持ちよく眠れるが、看護師さんに叩き起こされた。

 結局、1時ごろに病室へ。金もないから差額が発生しない大部屋へ。

 その頃には痛みはずいぶん引いていたが……これも経験だと思って、そのまま入院する。

 結局「麻薬みたいな痛み止め」(たぶんモルヒネだろう)は打って貰えなかった。

 看護師さんたちはとても親切だった。

 点滴をされつつ、眠りに落ちた。

今朝の体重:89.05キロ

本日の摂取カロリー:1401kcal(夕食分はほとんど吐いたが)

本日の消費カロリー:36kcal/923歩+44kcal(自転車)

2017年11月19日 (日曜日)

11月18日/仕事して東劇でMET「ノルマ」を鑑賞

 7時過ぎ起床。

 曇り~雨~曇り。

 朝のモロモロを済ませる。

 本日は、二の酉。関東の「お酉様」の元締め・花畑の大鷲神社に行きたいが、雨じゃあねえ。

 それに、今日は銀座の鳩居堂でお線香を買いたいし。

 我々は1994年にグリーンドア文庫でデビューしたが、おれは官能小説だけでは食っていけないだろうからバイトを探すしかないか、と思っていたら、地方新聞などに小説や文芸記事を配信する学芸通信から東京中日スポーツ紙の連載の依頼が来た。しかも、6ヵ月!デビュー直後の大抜擢。後から聞いたらベテランの先生の代打だったらしい。

 この仕事は本当に有り難かった。半年も安定した収入があって、連載と並行して長編二作目も書けたし、作家専業を維持できた。

 この連載をとても評価してくれたのが学芸通信のK氏。あるパーティに呼んでくれて出版社の編集各氏に引き合わせてくれて大絶賛して戴いた。顔から火が出るほど褒められて、恐縮するしかなかったが……デビューして右も左も判らなかった時のこのK氏のご好意は一生忘れない。

 その後も、「身の下相談」の仕事を戴いたり、お住まいの鎌倉でのテニスに誘って戴いたりと、お付き合いさせて戴いた。

 拙著は毎作贈っていたのだが、8月に出した「悪徳探偵3/忖度したいの」が戻ってきてしまった、と担当F氏から聞いて、おかしいなあと思っていたら……喪中ハガキが届いた。K氏は、5月に亡くなっていた。

 デビュー時に親身になって面倒を見て戴いた恩は一生忘れられない。とはいえ、弔問するのはご迷惑だろうし……。

 ということで、せめてお線香をお送りしようと。

 所用で外出中の相方と銀座で合流することにしたが、雨が降ってきたので、二の酉に行くのは止めて、東劇で今日から始まるMETライブビューイングの「ノルマ」を見ることにして、ネットでチケットを買う。

 外出まで、仕事。光文社の第2章。

 途中、ブランチを挟む。ダブルソフトのトースト、ゆで卵、ハム&マヨネーズ、カフェオレ。

 食後、即仕事再開。

 下手をするとクドくなりそうだった部分、巧く処理出来た。

 風呂に入って支度をして、15時前に外出。

 歩いて北千住駅へ。

 日比谷線で銀座。駅で相方と待ち合わせ、銀座コア地下にある「ライオン」でまず食事。おれはロールキャベツにライス。ポップコーン・シュリンプを相方とシェアする。

 食後、鳩居堂でお線香を買い、新しく出来た(といっても4月オープン)「ギンザシックス」に行ってみる。

Img_3385  

 こういう高級ブランドが集まったところにはとんと縁がないのだが……まあ、たまには北千住で燻ったままじゃなくて、こういう都心のリッチな空気も吸わなきゃね。

 特に買い物をするでもなく、なにか食べるでもなく、トイレを借りてベンチで一休みして、東劇へ。

 一本裏の通りを歩いてみる。なかなかいい感じ。美味しそうなお店もあったぞ。

 かなり早く、東劇に着いた。

 1階のローソンにはテーブル席が出来ていて、買ったモノを食べられる。というか、東劇に来るのも久しぶり。去年は来ていないはず。

 アップルデニッシュみたいなのを買って、テーブル席で食べるが、パイ生地がぽろぽろと異様に落ちて閉口。

 相方と喋っていると開演15分前になってしまった。

 慌てて東劇へ。以前は1階にあった券売機がなくなっていたので少々焦ったが、劇場前に移動していた。

 で、「ノルマ」。ベッリーニのこのオペラを見るのはずいぶん久しぶり。過去に2度、劇場の公演を観ているらしいが、忘れていた。どうもおれは「ノルマ」と「ルチア」を取り違えてしまう。まるで違うオペラなのに。

Norma

『紀元前1世紀、ローマ帝国支配下のガリア(現在のフランス)地方。ドルイド教の巫女ノルマは、敵方のローマ帝国将軍ポッリオーネとひそかに愛し合い、2人の子供をもうけていた。だがポッリオーネはノルマに飽き、若い巫女のアダルジーザをローマに連れ帰ろうともくろんでいる。恋人の裏切りを知ったノルマは、怒りに任せてローマとの戦いを宣言。そこへ、アダルジーザに会うため神殿に入って捕らえられたポッリオーネが引き立てられてきた。自分のもとに戻るなら解放するとポッリオーネに迫るノルマだが……』(METのサイトより)

 

 「椿姫」を観て、「オペラ三大ダメ男」は誰だろうと考えると、イタリアオペラのテノールはだいたいがダメ男。バスは悪役。

 で、「椿姫」のアルフレードは生活力が無いくせにイッチョマエのことを言うだけのダメ男。「蝶々夫人」のピンカートンは蝶々さんを日本に置いて帰国して結婚してしまうダメ男。そしてこれはワーグナーだが「タンホイザー」の主人公はセックスに溺れて愛欲に耽って汚名返上の巡礼も挫折するダメ男。

 これがオペラ三大ダメ男だと思っていたら……この「ノルマ」のローマ軍の将軍(地方総督)ポッリオーネは支配地の巫女ノルマと子供まで作っていたのにノルマの弟子のアダルジーザにも手を出していた!しかも謝罪するどころか開き直る始末。

 アルフレードはヴィオレッタを不幸にし、ピンカートンは蝶々さんを不幸にしたけど、タンホイザーは誰も不幸にはしていないか……。だとすればタンホイザーの代わりに入るのは、このポッリオーネか。

 三人の歌唱は、見事。素晴らしい。あの有名な「清らかな女神」は開幕してノルマが最初に歌うアリアで、しかも弱音から入るので、これは素人が聞いても緊張の極みの中で歌い出す大変な曲だよなあと思う。出だしが不安定だったけどそれはすぐに安定して、それ以降はもう、素晴らしいのひと言。

 休憩時間にMETの今シーズンの予定が流れたが、METの常連のアンナ・ネトレプコやルネ・フレミング、サイモン・キーンリーサイドの名前がないけど、どうしちゃったの?一気に世代交代が図られたの?あんなに出ずっぱりだったネトレプコが居ないのは、寂しい……病気休養でもないようだし……。

 映画と同じく、オペラも、観始めると弾みがついてしまう。次は来年の新国の「トスカ」か。

 終演後、外に出るとさすがに寒い。

 日比谷線で帰ってくる。

 おれは北千住の「富士そば」でちくわ天ソバを食べてしまった。

 凄い風の中を歩いて帰る。

 帰宅して、くーたんのご機嫌を伺い、録画した「タモリ倶楽部」を観る。レトロな製麺機自慢。蕎麦だってこれで作れるわけでしょ?

 シンプルなうどんが美味そうだったなあ。

 センベイと牛乳を食べて、1時過ぎ就寝。

今朝の体重:89.15キロ

本日の摂取カロリー:2595kcal

本日の消費カロリー:324kcal/7440歩

2017年11月18日 (土曜日)

11月17日/仕事して、夜はNHKざんまい

 7時過ぎ起床。

 快晴。窓が全面結露。凄く冷え込んだ感じ。

 朝のモロモロを済ませるが……エアコンの暖房だけでは寒いので、扇風機をやっと仕舞って(風呂上がりとかに活用していた)、セラミックファンヒーターを出してきて補助に使う。

 アサメシは、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、ミルクコーヒー。

 Facebookで親しくさせて戴いている方が、「シン・ゴジラ」についていろいろ疑念を表明していたので、それに対してきちんと反論というかおれの意見を書いた。その全文をここにコピペしようかと思ったが、相手の方の文章がないと意味が取りにくいので、やめた。
 要するに、「シン・ゴジラ」で政府や自衛隊の動きを克明に追ったのは、怪獣という「災害」に対処できるのは政府であり自衛隊しかないからだし、彼らにはその使命があるのだし。そして自衛隊の装備ではゴジラに歯が立たないことが判った時点で在日米軍に助けを求めるのもリアルに考えれば当然のこと。映画の中でもその正当性に関する議論があったが。だからと言って、この映画が自民党支持とかアメリカべったりではない。むしろ懸命にはやっているが必ずしも危機に対応できていない政府への批判的目線と、「傲慢なアメリカ」への批判は何度も出て来る。「まったくかの国は……」と大河内首相と里見首相臨時代理は都合2度も嘆いているし……と。

 「第1作」では民間人が活躍して政府や自衛隊(製作当時はまだ「保安隊」)が霞んでしまったし、「シン・ゴジラ」のテーマと密接な繋がりがある「日本沈没」も民間人が主人公だから政府は背後に引いた印象があるが、「怪獣の日本攻撃」に対処するのは政府しかない。極めてリアルなリサーチの結果製作された本作は、民間人が主人公だとどうしても嘘になるしリアリティが低くなるので、あえて体制側の官房副長官にした。これはどう考えても、大正解だったと思う。この未曾有の危機に際して民間人が八面六臂の大活躍をするのは、なかなか無理がある。「日本沈没」だって主人公は政府の一員として働いていたんだし。

 同様に、園子温が「東日本大震災とそれに伴う原発事故を、怪獣映画如きが扱うな」というようなことを言ったらしいが、それは「園子温如きがそんなこと言うな」と返したい。

 本作の製作を東宝から依頼された庵野さんは、どうしても東日本大震災を避けて通れないと覚悟したはずだ。あの大震災を経験した者は全員、同じ意識を持ったはずだ。だから、本作で東日本大震災を利用したかのような批判は当たっていないだろう。下手に扱えばそう言われる謗りは免れなかったはずだが、本作はあの未曾有の大災害と正面から向き合っているのだし。

 「第1作」は反核というテーマが明確だったが、「シン・ゴジラ」はどうなんだ?という事に関しては……おれはまだよく判らない。牧博士の存在や、牧博士が残した言葉の端々から、ある考え方が見えてくるし、それは小松左京が「日本沈没」でやった壮大な実験的思考「日本人から日本列島を奪ったらどうなるか」に大いに通じるものがあると思っている。今の閉塞的な状況・情勢で「もっと好きにやれ」というメッセージがあると思うのだが、そのメッセージとテーマはまた違うだろうし……。

 そして、この映画をアベや萩生田も好きだと言うことは、おれとしては大いに迷惑だとしか思えない。連続殺人鬼が「おれはヒッチコックの『サイコ』が好きだ」と言うようなもので、甚だ迷惑千万。

 そういうことを、結構熱く、長く書いた。

 こういう「マジメな態度の議論」は、相手の反論に答える際に自分の考えを振り返って検証しなければならないわけで、極めて有益で、いい勉強になった。

 仕事開始。光文社の第2章。その前に「第1章」に加筆して、相方に送る。

 「第2章」を進める。

 14時を過ぎて、外出していた相方と、北千住東口のガストでランチ。おれは「牡蠣フライとマグロ丼」を食べる。間違って日替りランチ用のスープを取ってきて飲んでしまったが、お店の人は何も言わなかった。

 

 その後、ペット用品店で、くーたんのキャットフードを買い込む。カリカリ各種が切れて、くーたんに文句を言われていたのだ。歴代の猫は腎臓疾患で亡くなったので、それの防止に役立つと言われるカリカリをメインに与えているが、あんまり美味しくないらしい。サブに与えているカリカリはとても口に合うようで、最近特にたくさん食べる。

 帰宅したら、何故か、疲れた。外に出てメシ食ってちょっとだけ買い物しただけなのに。

 しばし休憩して、仕事を再開。

 猫のカリカリと一緒に買ってきたおれ用のカリカリ(要するに醤油センベイ)を食べながら、やる。センベイは太るんだけど……。

 19時からのニュースを少し見る。日馬富士事件は、診断書を書いた病院が「頭蓋骨骨折の疑いありと書いたのであって骨折しているとは書いていない」と。なんか紛らわしいなあ。ということなら、2通の診断書の内容は大きく異なっているというわけではない……。となると、貴乃花親方の対応に不可解さが出て来るのだが……ご本人が何も言わない以上、妙な推測は意味がない。

 フジテレビ「モノシリーのとっておき」の後半を見る。美味しい醤油とか、とっておき路線バスの旅。福岡の、博多から志賀島へのバス旅は素晴らしい。こんな綺麗な場所があったなんて。それと、西伊豆の「路線バス温泉の旅」。

 20時を過ぎて、夕食。ごはんにさつま揚げ、煮干し、ヒジキの煮物、漬け物、海苔。

 21時のニュース、アベの声は聞きたくないし、顔も見たくない。所信表明演説の内容は新聞でチェックする。

 録画した「世界入りにくい居酒屋」を観る。韓国ソウル・ミョンドンのハズレにある町工場街にある小さな居酒屋。韓国は行く気しないからなあ、と思いつつ観ていると……いいんだねえ、この雰囲気。そして、マッコリも料理も美味しそうだし。韓国料理って美味しいし。

 敵意を向けられないならば、行ってみたくなってきた。まあ、観光客は大丈夫だと思うけど(と、韓国や中国から日本に来る観光客も同じ事を思っているらしい……だったら国同士も仲よくして欲しいよね)。

 その後、TBS「金スマ」の久米宏を少し見る。久米宏は、怖い。突然ズバッと言葉で殺されそうな感じがする。「報道ステーション」については、いろいろ言いたいけど「オトナの節度」で殆ど言わなかった。ただ「まだやれたかな、とは思った」と。

 22時からは、お待ちかねのNHKドラマ「この声をきみに」。今夜が最終回。あ~~~!もっと観たいのに!

 登場人物たちが魅力的だから、彼らをもっと見ていたかった。そして、今まで敬遠してきた「朗読」というものに魅力を感じた。それは、言葉の力を再確認したから。

 竹野内豊は、エリートとかの役がにあっていたけど、この「冴えない数学オタク」はとても良かった。

 なんかねえ、ほんと、これで終わってしまうのは名残惜しかったねえ。

 ラストに、少し救いがあって、よかった……。

 その後は「72時間」。川崎にある「ゲストハウス」。一泊3000円。カーテンで仕切られただけの二段ベッド。共有スペースとシャワーがある。たぶん貴重品を入れるロッカーもあるんだろう。

 ちょっと旅行したり仕事で泊まるにはいいんだろうなあ。東京の宿泊事情はとても悪いようだし……。

 

 このドラマとドキュメンタリーは、「小さな幸せ」を見つめている。それがとても好ましいし、強い共感を覚える。

 なんか最近、「美味しいカレーを追い求める旅」とかささやかな趣味に幸せを感じる生活に共感するなあ。人生がちまちましてきた?と思ったりするけど、逆に言えば、地に足の付いた身の丈に合った生活が一番だ、という当たり前の事の再確認だと思う。

 NHK「ニュースチェック11」を見て、23時50分就寝。お風呂は省略。しかしベッドの中でiPhoneでニュースをいろいろ読んで、0時を大幅に過ぎてしまった。

 明日は二の酉に行きたいけど……雨が降るとイヤだなあ。

今朝の体重:88.85キロ

本日の摂取カロリー:1916kcal

本日の消費カロリー:32kcal/731歩+51kcal(自転車)

2017年11月17日 (金曜日)

11月16日/仕事して、新国で「椿姫」

 7時過ぎ起床。

 快晴。遠くに雪を被った富士山が見える。

 寝ている間に洗った洗濯物を干し、もう1回洗濯機を回して洗濯を追加。

 それに並行して朝のモロモロを済ませるて、干す。

 アサメシは、ご飯を炊いて、卵かけご飯。お代わりして、十津川で買った海苔の佃煮。これ、賞味期限は過ぎているけど、まだ残っているし美味しく食べられる。それと、きんぴらゴボウやインスタント味噌汁、白菜の漬け物に煮干し、さつま揚げ。

 仕事開始。昨日、総復習してこちらの世界にやっと戻れた光文社新作、その第2章。昨日は大まかな構成を確認して終わったが、今日は本文を書き始める。

 毎回、出だしで迷う。第2章もどう入るか、いろいろ考えたが、この線でいこうと決めて書き出す。

 お昼は時間がハンパになるので、バナナとミカンと牛乳で済ませる。

 

 サスペンス感を盛り上げるために、第1章に遡って時間設定を変更。

 16時を過ぎて、今日はここまで。

 今夜は久々に新国立劇場でヴェルディの「椿姫」を観る。

 以前は新国には足繁く通ったし有名歌劇場の来日公演も観に行ったけど……一通り観てしまったこともあって、近年は劇場に行く機会が減ってしまった。歌舞伎もねえ、最近はとんとご無沙汰。

 S席だとネクタイを締めて、と思うけど今日はB席なので、ジャケットを着るだけにする。

 駅で相方と待ち合わせて、半蔵門線。九段下で新宿線に乗り換えて、初台。

 オペラシティの「サブウェイ」で食事。時間はあるけどあんまり重いものを食べると眠くなる。BLTサンドにコーラとポテトのセット。

 ゆっくり食べて、オペラパレスへ。しかしこの「オペラパレス」って名前、小っ恥ずかしいね。初台歌劇場でいいんじゃないの?

 劇場入口にはもうクリスマスツリーが。まだ11月なんですけど。

Img_3384

 「椿姫」はいろんなプロダクションで観たし、ゼフィレッリの映画(テレサ・ストラータス主演)も観たので、「トスカ」と並んで頭に入っている演目。

 B席とはいえ、ステージすべてが見渡せるとても良い席だった。これならA席とかS席じゃなくてもいいじゃん。

 今回のキャストは……

ヴィオレッタ:イリーナ・ルング

アルフレード:アントニオ・ポーリ

ジェルモン:ジョヴァンニ・メオーニ

 イリーナ・ルングはスカラ座でディアナ・ダムラウの代演をして劇的な成功を収めた若き美貌のソプラノで新国初登場。こんな売れっ子の有望株をよく押さえられたな、と思う。新国やるじゃん。

 新国も、もう開場20周年。早いもんだねえ。以前はヘボしか呼べずに「なんじゃこりゃ」みたいな公演も多かったけど……。

O02

 とてもシンプルな舞台美術。「椿姫」と言えば豪華なセットがつきもの的な感じだったけど……しかしこの美術は、ヴィオレッタの儚い心情を強く表現していて秀逸。

 そして……やっぱりヴィオレッタは美貌の人でなければ。イリーナ・ルングは極めて美しく、声も素晴らしい。

 アルフレードも悪くない。

 ジェルモンは、近年は「心を鬼にしてヴィオレッタに別れてくれと頼む」解釈が主流だと思うけど、今回の演出というか役作りでは「かなり冷徹な厳父」という感じで、泣き崩れるヴィオレッタを突き放す感じ。まあ、この方がヴィオレッタの悲劇を強調できるので、観るのは辛いけど、演劇的には成功だと思う。もちろんジョヴァンニ・メオーニは凄く達者。

 休憩時間に、ロビーというかホワイエで、相方が持ってきてくれたフルーツケーキとコーヒーを。

 しかしこのお話は、今の感覚で見ると、かなり歯痒い。物凄く歯痒い。もっとなんとかならなかったのか、とワイドショーのコメンテーターのように叫びたい。

 すべての問題の根源は、不甲斐ないアルフレードにあるんだよねえ。

 カネもない学生風情が銀座の超一流ホステスと恋仲になるようなもの……って、これは殆どあり得ないお話だけど、江戸時代の花魁にすれば、そのまんま落語になる。「文七もっとい」みたいな人情噺で。ラストはハッピーエンドにしないと落語にならないと思うけど……いやすでに誰かがやってるんじゃないのか?講談にはなってるけど……。

 悲劇で終わるなら歌舞伎のほうがマッチする。「アイーダ」が歌舞伎になるんだから、椿姫の方がずっと歌舞伎チックじゃないか。いや、歌舞伎にするにはお話がシンプルすぎる?歌舞伎にする場合、ヴィオレッタは実は……とか地方の大地主ジェルモンは実は……というひねりが必須か?

 今回、字幕の調子がいつもよりキツくて、登場人物の感情をストレートに表現していると思う。いつもはもっと美辞麗句で本心を隠しているようなところがあるのに、今回はかなりゴリゴリ感がある。ジェルモンが冷酷だし。

 

 休憩後、後半。

 第三幕で我が息子のダメさに呆れるジェルモン。しかし本当にアルフレードはダメ男だねえ。ピンカートンと並んで「オペラ三大ダメ男」じゃないか?いや、イタリアオペラのテノールって、だいたいがダメ男だと思うけど……。

 第四幕は、ひたすらヴィオレッタが可哀想。史上有数の大メロドラマだから、こうならないといけないんだけど……なんとかならなかったのかねえ、と思ってしまって、歯痒い!なにも死んでしまうことはないじゃないの!

 いつになく感情移入してしまった。

 終演後、何かちょっと食べようとオペラシティに戻ったが、主なお店はもう閉店。22時だもんね。

 大人しく帰ることにする。

 帰りの車中でFacebookを見たら、親しくさせて戴いている方から、真面目な「シン・ゴジラ」への疑念が書き込まれていて、これはきちんと返事を書き込まねば、と思ったが、簡潔にどう書けば伝わるか、あれこれ考える。

 帰り着いたけど、どうにも腹が減ったので、おれだけ駅前の「松屋」で牛丼を食う。というか、食券の自販機にお金を入れていると、ボタンを押してもいないのに牛丼の食券が出てきた感じ。あれ?前の人がお金を入れたかけたまま忘れてしまったの?

 まあいいや。ゴチになることにする。

 この牛丼は、美味かった。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、風呂に入り、ゴミ出しをして、1時過ぎに就寝。

今朝の体重:88.55キロ

本日の摂取カロリー:2386kcal

本日の消費カロリー:162kcal/4112歩+53kcal(自転車)

2017年11月16日 (木曜日)

11月15日/仕事して、テニス

 7時30分ごろ起床。

 晴れ。

 洗濯をする。並行して朝のモロモロを済ませる。

 洗濯物を干すが、ウチの屋上を使う人は、床に落ちた洗濯物を拾わないようだ。しかし殆ど全部の洗濯物を落としている時もあるのに、ごく一部の洗濯物を見捨てる感じでそのままにしている。

 これって理由が全然判らない。回収されずにいつまでも屋上に残されている洗濯物が可哀想。

 くーたんを抱っこしていると、じわじわと愛情が伝わってくる。おれの愛情もくーたんに伝わっていればいいんだけど……。

 アサメシは、厚切りベーコンとスクランブルエッグ、ダブルソフトのトースト2枚にミルクコーヒー。

 厚切りベーコンをゆっくりじっくり焼けば、カリカリベーコンになるかと思ったら、ならず。しかもベーコンなのかハムなのかよく判らない味。ホテルの朝食で出て来るカリカリベーコンはどうすれば作れるのかな。いろいろネットで調べてやってみたけど、上手くいかない。スーパーで売ってるベーコンが薄すぎるからだろうと思ったけど、そうでもないようだし……。

 田園都市線、またも電源トラブルで大混乱。これはもう、日々のメンテをきっちりやってないって事だろ。運転本数が多いと言っても、他の路線でこんなにトラブルが続くことはないし、同じ東急でも田園都市線のトラブルは群を抜いて多い。今回はショートした箇所がなかなか見つけられなかったとかスカタンな事を言っている。乗客がショートした箇所を特定して通報しているのに、それが情報として途中で消えてしまったとか、危機管理的にまるでなってないんじゃないの?

 放っとけば老朽化するでしょうよ。それじゃあ東京メトロの銀座線とかどうするのよ。日々のメンテの質の問題でしょうよ。

 仕事開始。

 光文社新作、アタマから見直して、相方と担当T氏の意見を汲んで、もう一度直す。

 しばらく中断して「悪徳探偵」4-1をやっていたので、これでやっとこちらの世界に戻ってこられた。

 お昼は、バナナ2本と牛乳、クラッカーで済ませる。

 第1章まで直し終えて、これまでのことがアタマに入り直したところで、第2章を始める。

 相方のメモをじっくり読み直して、構成表と照らし合わせていると……。

 

 腹が減った。というか、Facebookでとても美味しそうな「かき揚げ丼」の写真を見てしまった。おれのFacebookは、美味しい食べ物と猫が大半を占めていて、時事ネタが少々。時間によっては食い物ネタで埋め尽くされてしまう。

 どうしてもかき揚げ丼が食いたくなってしまった。

 今日はテニスのレッスンだが、レッスン前に食べると吐きそうになる。せめて90分前くらいに食べておかねば。

 ということで、16時過ぎに外出。しかしかき揚げ丼を食べてから時間が空いてしまうので、iPadを持って出る。

 北千住西口の「富士そば」ではかき揚げ丼はミニしか食えないので、東武北千住駅構内の「小諸そば」でかき揚げ丼を頼んだら……ここもセットで出て来る「ミニかき揚げ丼」だった……。単品でメニューに載っていたからフルサイズだと思ったんだけどなあ。

 かき揚げが揚げたてで美味しかったけど……フルサイズのかき揚げ丼って、どこで食えるんだろう?街のおそば屋さんかなあ?

 そう言えば、街の洋食屋さん、街の中華屋さん・ラーメン屋さんと並んで、街のおそば屋さんも減ってきた。

 チェーン店しかない、というのはイヤだぞ!

 

 あ、かき揚げ丼なら、「てんや」で食えばよかったと気づいたのは小諸そばで食ってからだった。

 いつもより1時間早く、曳舟のスポーツクラブ着。

 ラウンジでiPadを取り出して、相方のメモを熟読。

 ここはWi-Fiが飛んでいるが、セキュリティに関する警告が出るので、Wi-Fiを切る。まあ、iPhoneやiPadのパスワードを盗まれなければ中まで覗かれないだろうけど。

 ラウンジにあるテレビでは相撲中継を流していて、汗を流し終えたバアさんたちが稀勢の里に声援を送っている。白鵬にも声援を送ってよ。

 その後ニュースになって、日馬富士の事件について報じていたが……貴乃花親方の言動に合点がいかない。わざと事態を面倒にしている気配がある。それもこれもすべて理由があってのことだと思うが、今のところ貴乃花親方はその理由を明かしていない。

 もしかすると、この件を使って、現体制というか古い体質をひっくり返してやろうとしてるんじゃないか?

 で、18時を過ぎたので、ロッカールームに行って着替えて、テニスコートへ。

 今日は、まあまあの出来。

 試合も、いいボレーを決められたし。

 しかし、日曜の疲れが残っていて、それに加算されて、フラフラ。

 プールで少し泳いでストレッチをしたが、足が痛いよりも、疲れ切った感じ。

 風呂で、晩メシをどうするか考える。夕方にミニかき揚げ丼を食ってしまったしなあ。それに、「ワサビ醤油で魚を食いたい」気運が盛りあがってきた。これって刺身って事だよね。しかしこの近辺で刺身とくると、居酒屋になるし……寿司とかで済ましたい。

 ということで、イトーヨーカドーのフードコートにある「海鮮丼」の店で「マグロ丼」を食べることにする。載っているマグロを刺身のようにして食べれば、おれの欲求は満たされる。

 で、食べたけど、決定的に量が足りなかった。マグロ丼と盛り蕎麦のセットにすればよかったなあ……。

 帰宅してニュースを見るが、自民党の義家のくっだらない聞くに堪えない質問を流していたのでチャンネルを変えて、ダウンタウンの番組を見る。

「ビートたけしが使う『おいら』という一人称は一般人も使っているのか?」

 という命題。おれの旧友は深川の人間だけど「おいら」って言ってたが……四国から出てきたばかりだった当時のおれは「わ。落語の世界の言葉が日常でも生きてるんだ!」と素直に驚いたものだ。

 今でもある「江戸しぐさ協会」(江戸しぐさのペテンがバレて世間では江戸しぐさについて触れる人がいなくなったのに)のメンバー(浅草在住のおじさん)が普通に「おいら」を使っていたので、この件は解決。

 腹が減ったので、6枚切り食パン1枚と牛乳を摂る。

 ネットで、東洋経済オンラインの記事を熟読。貧困でセックス産業に走らざるを得ないいろんなケースを追っている。学費が足りなくてという女子大生のケースは、なんとかならんのかと思う。というか、東洋経済って、こういう底辺の問題までカバーしてるのね。

 というところで、さっさと寝ようと思ったら、もう0時を回っていた。

 0時15分就寝。

今朝の体重:88.90キロ

本日の摂取カロリー:2952kcal

本日の消費カロリー:154kcal/4582歩+29kcal(自転車)+702kcal(テニス)+50kcal(プール)

2017年11月15日 (水曜日)

11月14日/仕事進まず清澄白河の「七福」へ

 7時過ぎ起床。

 晴れ~曇り~雨。

 朝のモロモロを済ませると、お昼近くになってしまった。あれ?何をやってたんだろう?

 あ、昨日聞き残した「きらクラ!」の後半を聞きながら、ネットでニュースなどを読んでいたのだ。

 買い物があるので、ブランチがてら外出。

 急に中華丼が食いたくなったので、北千住東口の「珍来」へ。

 中華丼を食べる時のお楽しみが「ウズラの卵」。あれ?ないと思ったら、他の具の中に埋もれていた。

 食後、卵などを買って、帰宅。帰ってきた途端に、目のサプリ「えんきん」とか入浴剤を買い忘れたことに気づく。毎日何か忘れるなあ。

 午後はファイルを広げて光文社新作の「第2章」にかかるが……。

 モーレツに眠い。寝ているはずなのに、強烈な睡魔が襲ってきて、Macの前で何度もオチる。

 D.R.クーンツの教えに従って、「第1章」を読み返して、手を入れるべき箇所があるので、そこを直して自分をノセようと思ったが……ダメ。

 猛烈に眠い。

 バナナを食べるが、睡魔はいっこうに消えない。バナナよりコーヒーだろ、とは思うけど。

 

 諦めて、ソファで少し寝る。

 「相棒」の再放送を飛び飛びに見る。鑑識に「痴漢をした動かぬ証拠」を突き付けられて痴漢の汚名を着て会社を辞めざるを得なくなった男が、同じ鑑識ということで米沢に復讐する話。この男が完全に悪いということで話は進行したけど、この男は終始冤罪を主張していたぞ。こっちの方はどうなるんだ?冤罪だとウソをついているという扱いだったのが凄く気になる。

 今はもう日馬富士の暴行事件でもちきりだが……。

 座間の事件。最初期の報道では、被害者に該当する人の捜索願い(平成22年からは「行方不明者届」で、家出人と同じ扱い)が出ていないかのように言われていた。で、「都会の孤独」とか「居なくなっても誰も気づかない・心配しない世の中・人間関係」にも恐怖を感じたのだが……これは結果としては大誤報だった。警察が多忙で、行方不明者の捜索まで手が回らない……。数件は片瀬江ノ島駅で行方が途絶えたところまでは調べたが、そこで捜索は事実上、打ち切られていた。

 犯人宅から遺体が見つかって、改めて調べたら、被害者全員、きちんと「行方不明者届」が出ていた。

 最初の頃の報道は「見捨てられた人」みたいな印象を強く与えて、おれも、それに強く影響を受けてしまった。しかし、実情はまったく違った。警察も焦って、DNA鑑定や裏付け捜査を急いで被害者の身元を早く特定したのだろう。

 子供と老人以外の行方不明者は、警察はきちんと捜索してくれない。それは仕方がないと半分は諦めている空気があるけど、それは正しくない。とはいえ……。

 日刊ゲンダイによれば、

『たった1億2000万人の島国で毎年8万人が姿を消している。警察庁の統計によれば、2013年度中に「行方不明者届」が受理された不明者は8万3948人に上るのだ。

 11年度は8万655人、12年度は8万1111人と、ここ数年、年間8万人台で高止まりしているから、シャレにならない。

 13年度の不明者の内訳を見ると、年代別ではトップが10代の23・7%で、全体の4分の1を占める。次いで70代以上(18・1%)、20代(17・8%)、30代(13・3%)と続く。

 もちろん、ほとんどはすぐ見つかる。13年度中に所在が確認されたのは、8万2182人(12年度以前の届け出案件も含む)という。

 ただ、不気味なのは、失踪したままの不明者が少なからず存在することだ。原因も「その他・不詳」が42・5%に上る。毎年数百人~数千人が姿を消し、理由すら分からないとは、どういうことなのか』

 記事では、失踪者は借金の返済のため風俗や地方の温泉宿のコンパニオンなどで働かされている……と続くが。それは女の場合。男は?「マグロ漁船」説が蔓延っているけど、ド素人がマグロ漁船になっても使い物にならないし、今は殆どが外国人だったりするし……。

 ともかく、差し引き毎年数千人が行方不明のままなのだ。

 警察だって全員の捜索は出来ない……と思ってしまうけど、本当はそんなふうにアタマから諦めてしまうのは「犯罪の温床の維持を手助けする」行為に繋がると思う。

 とにかく、この「座間事件」の被害者に関する最初の報道は大きな誤報だった。それに釣られてしまったことを深く恥じる。

 今夜は、山本一力さんがご贔屓の洋食屋に相方と行く。

 外出中の相方と、半蔵門線の「清澄白河」駅で待ち合わせて、三ツ目通り交差点にある「七福」へ。

Img_3378

 メニューは下調べしておいた「七福ランチ」(夜食べてもランチ)にする。エビフライ、メンチカツ(デミグラスソースがかかっているので殆どハンバーグ)、肉天、オムレツにハムサラダにケチャップで和えたマカロニ。それとご飯と味噌汁。

 こういう「昔風の洋食」を出す店は減ってしまった。だいたいが夫婦でやっている店だから高齢化で閉めてしまうのだ。

 本当に、一斉に、という感じで街から消えてしまった。洋食屋だけではない。中華屋も同様。そして、チェーンばかりが増えていく。チェーン店は味もメニューも均一だから「ハズレ」がないとはいえ、個性がない。個人営業の店のように、お店ごとのメニューなり味がない。ガストやデニーズより、おれは街の洋食屋で盛り合わせの一品を食べたいのだ!

 北千住東口には、代替わりして頑張っている洋食屋さんがある。せっせと通って応援しなければいけないな。

 帰りは、店の近くにバス停があるので、バスで東京スカイツリーまで。三ツ目通りをずっと北上する形。お客さんはほとんど、途中の都営新宿線の「菊川」駅で降りてしまう。

 この沿道には、昔ながらの洋食屋や中華屋さんが多い。この辺は貴重だぞ!

 東京スカイツリーは、イルミネーションがなんだか豪華。

 それに釣られて少し歩いてみる。

Img_3381

 「七福ランチ」が少し足りない感じだったので、ここでケーキとか食べたくなったけど、相方は食べないというので、我慢。

 東武線で帰宅。まあ、この界隈は、年2回、故ウズラと故ビワのお参りに動物慰霊堂に行く時に通るから、その時にちょっと寄り道してみようかな。

 21時前に帰宅。

 くーたんにご飯を出し、ニュースを見る。

 小池さん、希望の党の代表を辞任。早く辞めろと言われたり「逃げた」と言われたり、小池さんも大変。しかし「風」というのは恐ろしい。今は世間の風はこんなにも小池さんに冷たい。

 しかし……踏み絵を踏んで希望の党に移ったはずの旧民進党の連中は、選挙が劣勢~負けたからって、自分の決断をナシにするかのような言動は、卑怯なんじゃないの?大串サンとか。だったらどうして立憲民主党から立たなかったんだ?あの「希望の党にハブられた連中が慌てて作ったニワカ政党」じゃあ選挙には勝てないと踏んだからだろ?

 後からウダウダ言う連中ほど卑怯で格好悪くて往生際が悪くて筋を通さないヤツはいないと思う。だから民進党時代だってバラバラでまとまらなかったのだ。あんたらがいなくなった立憲民主党はきっちりまとまってスッキリしてるじゃないか!

 これでもう、病根は判った。

 風呂に入ってから、ゴミ出しして、録画した「サラメシ」を見る。製麺会社の社長さんは、お店に出向いてお金を払ってそのラーメンを食べて味を確認する。ラーメンを食べすぎると健康を害するから気をつけて戴きたいものです。亭主にチョー可愛いお弁当を持たせる奥さんのエピソードも心に残るなあ。

 0時10分、就寝。明日こそ仕事を頑張らねば!

今朝の体重:88.80キロ

本日の摂取カロリー:2239kcal

本日の消費カロリー:197kcal/5278歩+96kcal(自転車)

2017年11月14日 (火曜日)

11月13日/仕事して、千葉方面の神社へ

 7時過ぎ起床。

 晴れ~曇り~雨。

 

 昨日のテニスで、全身がバキバキ状態。2時間ほとんどフルに動いたからなあ。

 洗濯をしながら、朝のモロモロを済ませてアサメシ……を食べたいが、アサメシの必須アイテム「卵」がない!昨日買い忘れた。しかし昨夜はたくさん食べたけど炭水化物を殆ど食べていない(鍋についてきたうどんは食べたけど)ので、とても空腹。

 トースト2枚にウィンナー3本を焼いて。それと砂糖抜きのカフェオレ(ってミルクコーヒーか)。

 洗濯物を干す。

 仕事開始。昨日、相方から届いていた「悪徳探偵」4-1の原稿をチェック。文章に少し手を入れて、担当F氏に送る。なんとこの原稿、〆切2日も前に入れたぞ!いつもは「もう少し待ってください」とお願いすることばかりだったので……。

 さて。

 今日は部屋に籠っていても、 肉体疲労で仕事の能率は上がらない感じ。

 お願いすることがあるので、千葉方面の神社に行くことにする。木更津の「八剱八幡神社」と姉ヶ崎の「姉埼神社」。いずれも吉方取りで何度もお邪魔している神社。

 錦糸町から内房線直通の快速に乗る。が、木更津まで90分近くかかる。確実に座りたいのでグリーン車に乗ることにする。

 グリーン車とくれば、駅弁。しかしプラットフォームにある「NEWDAYS」には駅弁は売っていない。しかし立ち食いそばはある。

 「春菊と舞茸のかき揚げそば」を食べる。これは、美味いぞ。

 ちょっと足りない感じだったのでおにぎり2つとお茶を買って、12時3分の君津行き快速に乗る。

 車中、昨日放送分の「きらクラ!」を半分聞いていると……ウトウト。

 目が覚めたら木更津に到着していたので、慌てて降りる。

 寝ぼけていて、東口と西口を間違えて、なんだか駅前が変わってしまったなあと思ってしまった。

 駅からすぐのところにある八剱八幡神社は、大規模な工事中。新しく巨大な「参集殿」を建設中。

 七五三に来たご一家とともにお参り。

 お神籤を引くと、大吉!

 駅に引き返して、姉ヶ崎へ。

 姉埼神社は駅から20分ほど歩き、かなりの石段を登らなければならない。けっこう疲れる。というか、足が痛い。階段をひぃひぃ言いながら登る。

 お参りして、広い境内を散策。丘というか山頂が神社だもんねえ。空気が美味しい感じ。

 お神籤を引くと、「小吉」。

 ここは水に恵まれていて、神社の下には豊富な湧き水が池を作っていて、その周囲はとても美しい。

 ここでしばし休憩。

 最近、この方面には来ていなかったので、なんだか懐かしい。

 「この店、まだやってる!」とか「あれ?ここは以前は中華料理店じゃなかったっけ?」とか思いつつ、駅に戻る。

 錦糸町に戻る車中でmixiを見ると、おれの書き込みに対して反論と言うより叩く感じのコメントが2つ、ついていた。

 iPhoneできちんとした文章を書くのはしんどいし、家に帰るまで反論するのを我慢したくないし、こういうコメントは読みたくないし……しかし、やり取りしても不毛な感じが濃厚だった。長年ネットをやっていると、最初のコメントでやり取りできる相手か罵倒したいだけの相手か判る。

 2つとも削除して、mixiを読まないようにした。読めばおれも反応してしまうし、そういう脊髄反射的な反応は、だいたい失敗する。

 北千住に戻ったら、もう暗くなりかけていたので、慌てて帰宅して洗濯物を取り込む。

 部屋に戻ってMacからmixiを見ると、片方のひとからは冷静なメッセージを頂戴していたので、今回の判断は間違っていたと反省。コメントを削除したことをお詫びするメッセージを返した。

 が、もう片方は攻撃のスイッチが入ったようで、執拗に罵倒を繰り出してきたので、明日まで放置。こういう場合はすぐに返すと煽るだけになってしまう。

 けっこう歩いて汗をかいたので、シャワーを浴びる。

 今夜は相方が来て、弁当を食べて、録画した映画を観る。

 いつもの宅配弁当を頼むと、すぐに届いてしまった。想定外の早さだった。

 相方が来て、一緒に弁当を食べて、映画を観る。韓国映画の「奴隷の島、消えた人々」を見る。

 前半は、「知的障害者を奴隷のようにこき使っている島」に入ったテレビニュースの女性記者と助手が撮った映像というテイで進行するが、この女性記者、取材方法がかなり強引で感情移入出来ない。ハナシの展開もまだるっこしい。取材映像という縛りがあるので視点を変えられない弱点が出た感じ。

 あんまりつまらないので、見るのを止めようかと思ったほど。仰々しく追っているけど事件自体は「奴隷的使役」でしょ、と思うし。

 しかし、途中から映画は劇的に変化する。

 奴隷的使役をしていた雇い主などが殺され、取材していた女性記者は重傷、助手は殺されてしまい、決定的証拠になるはずの取材映像は、肝心なところが欠落していて、犯人が判らない。

 ここからはとても面白くなる。このために前半が退屈でタルくて女性記者にイライラするような作りをしていたのか?と思う。

 結局、連続殺人犯が知的障害者を装ってこの島に潜伏していたのを、「奴隷使役の島」として取材が来てしまったので隠し通すことが出来ず、潜伏していた殺人犯が露見する前に先手に出た……。

 「奴隷の島」は本当にあった「新安塩田奴隷労働事件」(←リンク)をベースにした設定なので、韓国の観客は、その事件そのものを再現したドキュメンタリードラマと思って観た?イヤそれをやるのはダメだから、「実際に起きた事件をヒントに作られたフィクション」として公開されたのだろうけど……。

 前半、取材映像を見てアレコレ考える刑事たちの部分をもっと挿入すればテンポもメリハリも出たんじゃないかと思えるのだが……。

 後半がなかなか面白かっただけに、残念。

 相方と「シン・ゴジラ」について喋って、解散。

 

 三谷さんの舞台「子供の事情」とMETのオペラ「真珠採り」をディスクに焼いて、冬布団にようやく切り替えて布団カバーをセットして、0時過ぎに就寝。

今朝の体重:88.80キロ

本日の摂取カロリー:2435kcal

本日の消費カロリー:311kcal/8952歩+28kcal(自転車)

2017年11月13日 (月曜日)

11月12日/快楽亭のCD3作を一気にマスタリングして、テニス

 7時過ぎ起床。

 

 快晴。雪を被った富士山がクッキリ見える。

 朝のモロモロを済まして、昨夜聞き残した「きらクラ!」の録音を聞きながらアサメシ。トースト2枚にゆで玉子、ハム&マヨネーズ、ミルクコーヒー。

 昨日録音した快楽亭の高座「オマン公社・解散総選挙バージョン」を編集してマスタリングしてCD-Rに焼く。

 これは至急、CD工場に送ってくれと言われたが、今日は時間があるので、今月中にやって欲しいと言われた、以前の高座録音からの「しじみ売り」(新宿道楽亭での録音)と「万金丹」(浅草ヨーロー堂での録音)も編集してマスタリング。

 その勢いで、今年中にと言われた昨日の高座からの「犬の目」(ブラック)「ブラック&馬るこのトーク」「カマの油」(馬るこ)も編集してマスタリング。

 新しいシステムというか、ぶっちゃければApple純正の「GarageBand」なのだが、以前のバージョンになれていたので、新しいものはインターフェイスがまるで違っているので使い辛かったのだが……やっと慣れた。慣れると、今のバージョンの方が音がいい気がする。

 3枚のCDマスターを作り終えたのが昼過ぎ。

 録画した「タモリ倶楽部」を見る。10年前に作った箱馬の補修。スタジオに「箱馬」はなくてはならないものだけど、日常生活ではまったく見ない。補修した箱馬は「超高級」な見た目になって、これじゃあ使いにくいだろうなあ。

 で、時間。今日は16時から京成立石駅近くの「渋江公園」のテニスコートでテニス。

 が。

 相方に電車とバスの時間を間違えて伝えていた。16時開始なのに17時に着くような時間を教えていたのだ。おれもうっかりその時間の電車とバスに乗ろうとしていた。

 どうしてこんな間違えをしてしまったんだろう?

 時間を1時間繰り上げの連絡をしたら、相方は間に合わないと。

 ボールを持っているので、おれだけ先に行くことにする。

 駅前のマクドナルドで「デラックスチーズビーフ」を食べてみたが、どうも甘ったるい。やっぱりビッグマックが一番美味いと思う。

 で、15時40分に渋江公園。まだ誰も来ていないので、公園でぶらぶら。

 16時ジャストに全員集合して、40分ほどラリーやボレーの練習。それが終わった頃に相方が来て、試合開始。ワンゲームマッチでどんどんやっていく。

 けっこう走ってボールを追ったし、順番を待つ間はボールボーイもしたので、けっこう走った。テニスのレッスンを受けている時より数倍走ったと思う。

 18時に終わった時には、かなりヘトヘト。

 この後、立石駅前まで歩いて、飲み会。

 寝不足と風邪気味で、相方はここでリタイア。

 10分ほど歩いて、立石の「鳥久」。ここの鶏料理は美味いのだ。

 テニスの仲間と馬鹿話をしながら、飲み食い。中生とレモンサワーを飲んだ。ヤキトリに肉豆腐、鶏の唐揚げに牡蠣フライ、つくね鍋と牡蠣鍋に鶏のモモ焼き。この鶏のモモ焼きは凄く美味しかったのだが、かなり満腹状態だったのであまり食べられず、残念。本来は足を持ってかぶりつきたかった。

 3時間ほど宴会を楽しんで、21時30分過ぎに解散。

 立石から靑砥を経て、帰宅。

 「シン・ゴジラ」はゴジラが霞ヶ関付近を焼け野原にする作品中最も哀しい場面(これはレクイエムのような音楽がついているから哀しいのだが……)に間に合った。

 ディスクは持っているんだけど、テレビ放送していたら、見たい。

 里見総理大臣臨時代理が動き始めたところで、風呂。

 風呂からあがったら、「ヤシオリ作戦」が始まった。やっぱりこの「宇宙大戦争」のテーマは、聞いているとトランス状態になるなあ!

 もう何度も見ているけれど……この作品の根底に流れているテーマは、小松左京の「日本沈没」に共通するものがある、とだんだん判ってきた。というか、会得してきた。

 「日本沈没」は、『日本人から日本列島という国土を奪ったらどうなるか』という壮大なテーマがあった。「シン・ゴジラ」は『危機的災害に直面したら日本人はどうするか(国際的制約の中で)』というのが真のテーマだということに、ウワベだけではなくて、はっきり判った気がする。って、ラストで矢口蘭童がカヨコにセリフで言ってるんだけど……今までは何故か、腑に落ちなかったのだ。

 長いエンドロールがばっさり切られていたので、ディスクをセットしてエンドロールを見て、頭の中で補完。

 ゴミ出しをしたりして、1時前に就寝。もうすでに全身がバキバキ状態。

 肉体的に疲れていると、寝相が凄く悪くなる。布団を蹴飛ばして寒くて目が覚めたりしつつ、爆睡。

今朝の体重:88.65キロ

本日の摂取カロリー:2377kcal

本日の消費カロリー:140kcal/4146歩+70kcal(自転車)+1068kcal(テニス)

2017年11月12日 (日曜日)

11月11日/日本橋で「ブラック馬るこ二人会」の録音

 7時過ぎ起床。

 晴れ。

 朝のモロモロを済ませるが、漬け物がないのでご飯を炊いても朝飯が食えない。おれは漬け物がないとダメなのだ。かと言ってパンは食ってしまった。

 今日は快楽亭の高座(ブラック・馬るこ二人会)録音のためにお昼前に外出するので、その時に遅めのアサメシにしようかと思ったが、腹が減って仕方がないので、食いに出る。

 吉野家で「ハムエッグ定食」を食べるが、店員さんが海苔を持ってこないのでリクエスト。海苔を食わずに残すお客が多いのかな?おれは和食のアサメシには海苔と漬け物がないと絶対にダメ。

 食後、即帰宅。

 録音に使うMacBookAirの起動テストをして、支度。忘れ物がないか何度も確認。

 30分ほど早めに出る。会場のお江戸日本橋亭の近くにあるシャノアールでサンドウィッチでも食べよう。

 ということで、北千住から日比谷線で上野。上野で銀座線に乗り換えて三越前。半蔵門線なら乗り換えなしで行けるのだが、半蔵門線の三越前駅は、会場の「お江戸日本橋亭」から凄く遠い。しかし銀座線三越前駅からだと凄く近い。

 階段で地上に出て、さあ、コーヒーとサンドウィッチでも……と思ったら、三越前付近はビルを数棟建築中で、シャノアールがあったはずの場所もビルの工事中。

 コンビニは裏通りにあったので、オニギリ3つとお茶を買って会場で準備しながら食おう……と思って楽屋に入ると、開場1時間前にもう快楽亭が居た。

「家にいても仕方がないから……」

 って。

 お江戸日本橋亭はお囃子の場所が広いのでありがたい。ここを録音基地にする。以前は舞台裏の廊下でやった事もあったけど。下手の幕の開閉や照明、場内の音響など各種操作をする部屋でもやれるのだが、ここを基地にしたことはないなあ。

 本日、ブラ坊くんは郷里の松山で仕事が入っているので不在。快楽亭と鈴々舎馬るこの両真打ちが自らお囃子のCDを操作する。

 なんだか気の毒なので、おれは両師匠にお茶を淹れさせて戴いた。

 前座ナシなのでマイクテストができない。なので第一席の馬るこ師匠の「碁泥」はCDにしないことにしてテスト代わりに。

 これがもう、録音しないからって(録音はしたけど外には出さない)、凄いことに。これは客席で聞いて戴かないと。

 で……マイクセッティングに問題があることが判ったのだが、幕が開いているのでおれが舞台に出ていけない。

 続く快楽亭の「犬の目」は、音は拾えてるんだけど、いつもより「音が遠い」状態に。

 中入りの時にセットしなおす。

 

 中入り後は、まず、ブラック・馬るこの「トーク」。主として大須演芸場の思い出話。大須演芸場は「ワリ」の安さを補填するのに、席亭がセットした「営業」に出て追加ギャラを貰っていたのだが、その「営業」で席亭はアガりの殆どをピンハネしていた(それで演芸場の赤字を埋めていた)事実が後から発覚したとか、まあいろいろ。これはCDに入ります。

 その後、馬るこ師匠の「カマの油」(「ガマの油」にあらず)と、本日、これを録ってくれということだった快楽亭の「オマン公社・解散総選挙バージョン」。これがまた、某都知事をさんざんネタにした快作というか怪作!

 あとからジワジワきた。

 快楽亭は、明日は三重の津。打ち上げの案内が特になかったから、ナシだったのかな?

 おれは一人で黙々と撤収作業。

 帰りは少し歩いてでも乗り換えなしの半蔵門線で、と思ったら、やっぱり遠い!1キロ弱も離れてるんだから、同じ駅名を名乗っちゃいけないんじゃないの?

 録音機材が凄く重い。キャスター付きのスーツケースを使うことを考えるか……。しかしスーツケースだと自転車のカゴに入らないからなあ……。

 かなりクタクタになって帰宅。

 早速、MacBookAirから録音データをiMacに移す。

 録音時にMacBookAirで何故かモニターできなかったのが不安で、もしかして……と思ったが、それは杞憂だった。心なしか、以前よりいい音で録れている。

 そのまま編集してマスターを作ってしまおうと思ったが、新システムで「音のフェードイン」のさせ方が判らない。以前のシステムだと難なく出来たことなのに。

 疲れたので、休憩。

 テレ朝「人生の楽園」を見る。島根の山間で「エゴマ」を栽培して自分のカフェで出す夫婦。しかし、この番組の登場する「脱サラとか定年後に開店したカフェ」って、その後も順調に続いているんだろうか?カフェをやるって、もの凄く大変だと思うけどなあ。

 その後は「青空レストラン」。岡山の「山の芋」。物凄く美味しそう!

 19時になったので、メシを食いに出る。ご飯ものを食べるつもりだったが、以前から気になっていたラーメンの「猪太」に行ってみた。とんこつの醤油ラーメンに千住ネギ増量でお願いする。

 アツアツの土鍋で出てきたラーメンは、スープは濃厚で味わい深い。美味い。しかし、麺が細麺で、ちょっとおれの好みではない感じ。おれはもっと太い麺の方が好みなので。

 食べていると、お客さんがどんどん増えてきたので、急いで食べ終わって外に出る。

 コンビニで漬け物とか食パンを買って、帰宅。

 「出川哲朗の充電させてもらえませんか? 絶景唐津から行くぞ博多&大宰府160キロ!」を一部分見る。

 思い立って、ウチにあったソフトウェアのガイドブックを熟読し。「音のフェードイン」の操作がやっと判り、その通りに操作すると、出来た!

 で、「オマン公社・解散総選挙バージョン」のマスタリング完了。マスターCDに焼く。

 この余勢を駆って、今月中にやって欲しいと頼まれた以前の録音からの「しじみ売り」と「万金丹」のカップリングもマスタリングしてしまおうかと思ったが、疲れたので明日にする。

 「アド街ック天国」を見る。今夜は本厚木。回によっては「ここ、行く気にならないねえ」と思うところもあるが、本厚木はなんだか魅力的。主として美味そうなお店が多いからなんだけど。本厚木でシロコロホルモンを食べたいねえ。美味そうなラーメン屋も多いみたいだし。

 本厚木と言えば、宮ヶ瀬ももうずいぶん行ってないなあ。あそこには温泉もあるんだよねえ。

 風呂に入る。

 風呂から出て、録音した「きらクラ!」を聞くが……なんだか聞いた覚えがあるなあと思ったら、既に聞いた分だった。40分も聞いてしまった。

 で、未聴分を聞き始めたが……1時間分聞いたところで、睡魔に襲われたので、中断。寝ることにする。

 23時50分、就寝。

 しかしねえ……いくら日本の経済力が強くなりすぎたからって、工場を中国に移させて力を削がせても、中華思想の中国が経済力を持つとヤバイ存在になるという想像力はアメリカには無かったのかね?日本なんか基本的にアメリカの言うとおりになるチョロい存在(少しでもアメリカに歯向かうと保守系マスコミが真っ青になる)なんだから、中国よりよっぽど御しやすい存在なのに……。

今朝の体重:89.20キロ

本日の摂取カロリー:2555kcal

本日の消費カロリー:159kcal/4302歩+133kcal(自転車)

2017年11月11日 (土曜日)

11月10日/連載第1回、なんとか脱稿

 6時30分起床。

 快晴。富士山が見えた。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは、ごはん、目玉焼き、インスタント味噌汁、煮干しに白菜の漬け物、海苔。

 熱めの朝風呂に入って気合いを入れて、仕事開始。絶対に今日中に「悪徳探偵」シーズン4の第1回を書き上げるぞ!

 ということで、ガシガシと書き進める。

 相方に「ここは書いて!」と頼んだ部分も届いているので、組み込んで書き進める。

 14時ごろ、相方とランチ。以前は「はま寿司」に行っていたが、今回は千住にしてはオシャレなイタリアン「アダッキオ」へ。

 その前に銀行に行ってATMで記帳して500円玉貯金を預金。

 その足で「アダッキオ」へ。

 凄く混んで順番待ちかと思ったらそうでもなく、すんなり着席できた。

 ランチのコースにしようかと思ったが、さほどお腹も空いていないので、スパゲティ・カルボナーラにする。それと、ブラッドオレンジジュースにデザートはオレンジシャーベット。相方は「本日のランチ」のポークの白ワイン煮込みのワンプレートで、凄くボリュームもあって美味しそう。次は「本日のランチ」を選ぶようにしよう。

 食べながら打ち合わせ。

 15時過ぎに解散して、帰宅。

 録画したBSプレミアム「世界入りにくい居酒屋」を見る。ザグレブの倉庫街にある肉料理が売り物の店。美味そうだなあ。

 ユーゴ解体に伴う内戦はまだ尾を引いていて、シェフのセルビア人に食ってかかるクロアチア人のお客がいると。それをクロアチア人のオーナーが止めに入る。それが、ほとんど何もしないオーナーの数少ない仕事みたいになっている。

 ユーゴ内戦は一方的にセルビアが悪いように言われているが、実はそうではないと言う「真相」がやっと言われ始めた。こういう紛争は、どっちかが一方的に悪いことは、あんまりないのではないか?いや、そんなこともないか……。

 BSには面白い番組がいろいろあって、知らないものだから、ずいぶん見逃している。もっと宣伝すればいいのに。この「世界入りにくい居酒屋」と並んで「チョイ住み」という、世界のいろんな都市に観光ではなくて住んでみる企画も、おれ好み。この前偶然、地上波でやった「リスボン編」をごく一部見て、この番組の存在を知った。

 外国の都市に住み着くことは無理でも、観光ではなくて1ヵ月とか2ヵ月とか住んでみたい。その気持ちは強くある。電気とネットさえあればどこででも仕事は出来るし……。治安がよくてテロに遭わなければ……。

 休憩後、仕事再開。いつもならメシを食いに外出した後はダレてしまうのだが、さすがに今日は違う。もう完全に内部〆切的にはデッドラインだし。

 仕事を進める。

 19時になって、晩メシをどうするか考える。今からご飯を炊いて自炊するのは面倒だし、外に出ると19時30分からの「クレヨンしんちゃん」(録画をセットしてあるけど)に間に合わないし、面倒だし。今夜の「クレヨンしんちゃん」は、「シン・ゴジラ」地上波初放送を記念して去年の「しんのすけ対シン・ゴジラ」を特別に再放送。これは高評価のエピソードなので、見る。

 グリコのレトルト牛丼を備蓄してあり、紅ショウガもあったので、ご飯を温めてこれを食べる。思ったほど量がなくて、肉が少なく、しかも甘かった。しかしまあ、思った以上に美味しかった。これで夕食は終わり。

 で、「クレヨンしんちゃん」。

 おれの勝手な期待が高すぎたのか、「え?もっとやってよ」な気分。2話分使って、ドーンとやって欲しかったなあ。って、これはもう本当に勝手な言い分なんだけど。春日部に至る北千住とかを壊滅させて欲しかったなあ、とか。しかしこれを、「シン・ゴジラ」公開前に作ったというのは凄い。あの作品のテイストをキッチリ再現というか使っていたし。

 このネタは、劇場用映画1本分はゆうにあるんじゃないか?劇場用映画になったら、絶対に見に行くぞ!「モーレツ!オトナ帝国の逆襲」は封切りで見て、感動して泣いたもんねえ。

 仕事に戻る。

 途中、「これでいいのか?」と立ち止まるために資源ゴミを出しに行ったり、NHK「72時間」を見たり。

 「72時間」は、大阪梅田の英語教室。ブースで英語の先生とマンツーマンでやるのね。

 おれはなんとか外国一人旅ができる程度には話せるので、番組に出てきた人たちよりはマシだとは思ったが……なんとか通じてメシを食ったり宿を取ったりキップが買えたり、ある程度のトラブルをなんとかしたり(自分の指定席に誰かが座っているのを退いて貰ったりという程度だけど)、多少雑談が出来る程度だから、出川イングリッシュとたいして変わらないだろう。それに、真剣にやってる人を決して笑うことは出来ない。なんせ番組に登場した人たちは、本業ではエキスパートなんだから。

 今夜は楽しみにしているドラマ「この声を君に」がお休みなのでガックリ。このドラマは本当に好きで、毎週楽しみにしているのだ。次回で終わってしまうのが残念でならない。低視聴率だからダメだというサイゾーのネット記事は本当にクソ。視聴率は低くても良質なドラマは山ほどあるし、それを称賛する記事だって書くくせに!まったくその場しのぎのクソなライターってどうしようもない。

 で、仕事に戻り、最後の数行を書いて、終了。

 相方のメモもあったが、今日だけで28枚書いた。それまでの40枚を書くのにかなり時間がかかったけど。黒沢が「隠し砦の三悪人」を撮るのにスケジュールを大幅にオーバーしたのに、凄い数のエキストラを集めたスペクタクルな「夜祭り」の場面は一晩で一気に撮ってしまったので、東宝上層部に「やれば出来るのに」とボヤかれたという故事を思い出す。まあしかし黒澤さんだって好きで撮影中止にしたりしていたわけではなくて、天候が悪かったりいろんな理由があった。ハナシのスケールはまるで違うけど、おれだって、なかなか書けななかったのにはそれ相応の理由が……。よそう。完全に言い訳になる。

 23時41分に相方に送り、おれ的には脱稿。

 明日は快楽亭の高座録音に行き、夕方から光文社の長編に戻ろう。

 朝、風呂に入ったので、寝る前のお風呂は省略して、1時前に就寝。

今朝の体重:89.75キロ

本日の摂取カロリー:1695kcal

本日の消費カロリー:計測が不正確

«11月9日/仕事して、カイロプラクティック

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト