2018年12月11日 (火曜日)

12月10日/脱稿・雑務・気功・POP準備

 夜中に目が覚めて、昔、関西で売られていてラジオで繰り返しCMが流れていた痔の薬「ヘモリンド」って、今も売っているのかと調べてみた。この「ヘモリンド」という名前が頭にこびりついているのだ。関西のテレビやラジオを見ていた人なら「ヘ~モヘモヘモヘモリンド、ヘモリ~ンド!」という奇妙なフシに乗せた連呼ソングを覚えている方は多いだろう。東京では全然見聞きしないんだけど。

 そうしたら、去年だったか、「ヘモリンド」(昭和38年に扶桑薬品工業が開発製造販売)は小林製薬が権利を買って売るようになっていたのね。「ヘモリンド」は健在だった!しかしあのCMソングは使われていない。

 

 7時30分起床。

 薄曇り。

 いつものように「まんぷく」を見てから、朝のモロモロを済ませて、アサメシはトースト2枚にベーコンエッグ、牛乳。

 

 昨夜ほぼ終えていた原稿の最終チェックをやって、11時過ぎにKADOKAWA担当S氏に送る。

 その後、「きらクラ!」12月2日放送分を聞きながら、先月分の税金関係の書類を整理する。この日記ブログにも書き込んでくださるBWV1000番さんの投稿が読まれていた。


 今回は忙しかったので、レシートや領収書は引き出しに放り込んだままだったので、日付け順に整理するのが大変。後から未整理のレシートがどっと出て来るし。

 なので、今回はちょっと時間がかかってしまった。

 昼メシは14時過ぎに、「富士そば」に行ったが……大失敗。かき揚げそばとミニかき揚げ丼という「Wかき揚げ」状態。なんでこんな注文をしたのかなあ。ミニあさり丼とかミニカレーとかミニカツ丼にすればいいのに。

 と、自分を叱咤しつつ食うが、ご飯に載った「しっとりかき揚げ」よりも、かけそばに載ったかき揚げの方が、カリカリしていることを発見。どっちも美味い。

 くーたん用の「ちゅーる/鶏ささ身味」を探してコンビニを数軒放浪。マグロ味はあるのにささみ味が売ってない。北千住の猫はマグロの方が好きなのか?

 今日は15時30分から北山先生の気功。ずっと激務だったので、メンテしよう。

 ということで、一度帰宅して支度して、京成の堀切菖蒲園へ。

 やっていて、モーレツに眠くなって、座って首を回したりしているウチに、寝てしまった。

 そのあとの「北山先生の手当て」の時は、自分のイビキで目が覚めたり。

 身体の緊張が解けた感じ。

 堀切菖蒲園駅近くのお惣菜屋が安くて美味いというので、帰りに覗いてみた。確かにいろいろ売っている。

 この界隈はラーメン激戦区。明日のお昼はこのへんでラーメンを食べて、ここでお総菜を買って帰るかな?

 今夜はウチで相方と新刊「新・悪漢刑事/密薬」のPOPを作る。で、相方のリクエストで南千住からバーガーキングを宅配して貰う。どうせ宅配して貰うなら、高級バーガーの方が、と思うけど、おれもワッパーは好きなので。

 帰路、スーパーで「ちゅーる/鶏ささ身味」を買い、コーラゼロのデカいボトルも買う。

 相方は19時過ぎに到着。すぐにネットの「出前館」を通して注文するが、「待ち時間は100分」と出る。今までの最長記録。しかしまあもう少し早く届くだろうけど。

 届くまで、相方といろいろ喋り、POPを作る準備をする。

 約70分で到着。しかしワッパーは冷えていたぞ。

 宅配する店が一気に増えたけど、これはお店が独自に出前をしているのではなく、「出前専門」の会社が請け負っているらしい。だけどこの業者経由だと、時間はかかるし冷えてるし……。

 

 この出前が届く前か届いた後か忘れてしまったが、KADOKAWAのS氏から「原稿ファイル受け取りました」メールを相方に見せていると、そのS氏から電話。

 原稿を褒めて貰った上で、3ヵ所の加筆を要請される。うち2箇所は濡れ場の追加。この話にエロは邪魔じゃないのかなあと思いつつ、追加するのは難しくないので承諾する。もう1箇所は「犯人の逃走」に関する描写について。これは指摘の通りなので加筆を快諾。

 さほど時間はかからないだろうが……明日は「悪徳探偵」第5シリーズの第1回に取りかかろうと思っていたので……。その前にPOPを作ってしまわないといけないが。

 で、加筆について相方と相談し、ワッパーとオニオンリング、フレンチフライを食べてから、POP作り開始。

 相方のPOPはほどなく出来たが、おれのは全然浮かばない。相方の方向ではないモノを、と、参考文献をひっくり返したりして、捻り出すが……。

 その後、相方と喋って、23時頃、解散。

 モーレツに眠い。

 風呂は省略して、0時29分、就寝。

今朝の体重:88.60キロ

本日の摂取カロリー:3137kcal

本日の消費カロリー:253kcal/3668歩+自転車

2018年12月10日 (月曜日)

12月9日/完全脱稿まであと少し!&桂花のターローメン

 8時前起床。

 薄曇り。

 寝ている間に洗った洗濯物を干す。

 朝のモロモロを済ませるが……日帰りとは言え旅行をすると日記を書くには時間がかかる。

 心残りは、やっぱり、駅弁が食えなかったこと。

 しかし三島はいいところだなあ。水が豊かな街は、どこも素晴らしい。

 今年のM-1グランプリは、番外編が荒れたけど,この件については松本人志の対応がすべてだと思う(←リンク)。

 で、アサメシはブランチになってしまった。

 トースト1枚と牛乳だけ。

 今日は、池袋まで行って桂花ラーメンを食べると決めているので。

 祥伝社文庫12日発売の新刊「新・悪漢刑事/密薬」の書店廻りのリストを整備する。だいたい廻る書店さんは決まっているのだが、版元によって多少の差違はあるので微調整。

 ルートから大きく外れるお店をどうするか。それが思案のしどころじゃのう。って、このセリフ、流行んなかったねえ……。好きなんだけど。

 14時になって、「きらクラ!」がきちんと録音されているのを確認して、外出。

 前回、録音が途中で止まっていた。原因はたぶん、Wi-Fiに不具合があるからだろう。で、今回はWi-Fiを切って優先LANだけにしてみた。これで成功すればいいのだが……。

 それと、書店リストを確認していると、池袋の、いつも挨拶に行く書店さんに変化が。新顔のお店が出現して、いつものお店がリストに見当たらない。池袋地下街にある書店さんなので、たぶん同じ店の店名が変わっただけだろうけど、確認しておこう。

 ということで、池袋。書店さんは予想の通り、店名が変わっただけだった。

 それを確認してから、東武デパートのレストラン街にある「桂花ラーメン」へ。北口の飲み屋街にある方に行こうかと思ったけど、今日はこっちに。

 エスカレーターを間違えて、催し物会場に行くヤツに乗ってしまった。特設会場では凄く美味しそうなものを食べられるスタンドもあったけど、初志貫徹!

 レストラン街に行くエレベーターに辿り着いて、13階へ。

 幸い、食事時は終わっていたのでお店は空いていた。

 桂花と言えば「ターローメン」。豚の角煮に生キャベツに中太麺。

 最近は「ターローメン定食」というのも(ターローメンに角煮ご飯と漬け物)あるけど、ターローメン。それと小ごはん。

 久々のターローメンは、美味い!

 しかし……新宿で初めて食べた時よりスープが醤油ベースに寄っている気がするのは、勘違いか?博多ラーメンの印象で記憶を改変してしまったのかもしれない。

 そういえば、新宿東口の武蔵野館の裏手にあった熊本ラーメンも大好きだった。あの店はけっこう前になくなってしまったけど、あの味も懐かしい……。

 ミッションをコンプリートしたので、帰る。ここまで来たから東上線に乗ったり埼京線に乗ったりしようかな、と思ったけど、帰る。

 玉子とかを買って帰ろうと思っていたが、催してきたので直帰。

 「きらクラ!」は無事、録音されていた。

 やっぱり愛機iMacのWi-Fi機能がへたっているようだ。機械的なことなのか、OS的な事なのか……そろそろ寿命なのか……。

 と、相方から「最終章」の推敲済みファイルが戻ってきた。難航しているようだったので、明日の朝になるかと思っていた。

 早速、ファイルを開ける。

 書き足りていない箇所があって、そこは最終的に書き足さないといけないと思っていた部分、相方がきっちりと書き足してくれていた。たしかに時間がかかったというのも頷ける。

 中断して「笑点」を見る。演芸は「ぴろき」。この人は実に不思議な芸人さんだ。まったく独自の芸風。

 18時からは「西郷どん」。

 この回はねえ、悲しい。ひたすら、悲しい。こんなに悲しい大河ドラマがあっていいのだろうかと言いたいほど、悲しい。

 この大河、途中の部分、特に島流し2連チャンの部分では、どうも主人公が好きになれなかったのだが、倒幕から明治維新に至る部分で突然、光を放ち始めた感じがして、主人公にも感情移入できるようになった。

 これは、オレだけの特殊な感じ方かもしれないけど。

 で、入れ込んだ分だけ、破滅するしかない道を進むしかない主人公に涙する。

 武士のプライドって、極めて邪魔臭い。けど、そのプライドだけで生きてきたって部分もあるんだろうし……。

 しかし、やっぱり疑問なのは、大久保はどうして西郷ととことん話し合って、説き伏せるなり合意するなりしなかったのだろう?

 欧米列強の姿を知らない者とは話にならん、知らん者の西郷と話して西郷の影響を受けてしまうと欧米を視察した意味がなくなり、欧米列強に侵略されてしまう、という気持ちだったのだろうか?

 欧米から記憶した大久保の目がビー玉みたいに見えるのが凄く印象的で、目の光りまで芝居で変えてしまう瑛太って凄い!と思う。

 田原坂をあまりに短時間で描いてしまった、とネットでは不評もあるようだけど、西郷の敗走をえんえん見たくはない、だけどねえ……。

 見終わったら、「エピローグ」の推敲済みファイルも届いていた。これで決定稿を出すために必要な、すべてのファイルが揃った。

 

 ここで、外出。

 外は、寒い!

 吉野家に行って、牛すき鍋膳を食べたいのを我慢して牛丼のBセットを食べ、コンビニに寄って玉子やコーヒーなどを買って帰宅。

 久しぶりにドリップ・パックのコーヒーを淹れる。なかなか美味い。

 そのコーヒーを飲みながら、「最終章」と「エピローグ」の最終確認。

 22時頃には確認し終わった。このままKADOKAWAの担当S氏に送ってもいいのだが、念を入れて明日の朝、もう一度読み返してから送ることにしよう。

 風呂に入る。

 ぬるめのお湯にゆっくり浸かる。

 

 風呂から出て、寝る前に、ちょっとだけのつもりで、最新の売れ行き情報を加味して新刊POPの郵送リストを整備する。

 リストに新しく登場した書店さんの住所を調べる。「桜台」というからてっきり西武池袋線の江古田の次の「桜台」だと思ったら、岩手県だったり。

 綿密に郵送先リストを整備したら、0時。

 Facebookで、おれは立憲民主党を支持するところに入っているのだが、そんなおれでも引いてしまうトンデモなく視野の狭いヤツを発見。自民党支持者は利権を貪るやつか馬鹿なんだって。「なんとなく自民支持」って人も多いし、そういう人をこちらに向けないと立憲民主党は政権取れないんじゃないの?と書いたら、オマエは国民民主党か小沢一郎の回し者か、みたいなことを言い出す。

 こういうヒトはもう、処置ナシだわ。お話にならん。

 ゴミ出しをして、0時30分過ぎに就寝。

 夜中にトイレに起きたとき、何故か童謡の「赤とんぼ」を思い出して、猛烈に悲しくなっていると、くーたんがやって来てしばらく添い寝をしてくれた。

 猫って本当に不思議だなあ。

 悲しみが収まると、布団から出て行くし。

今朝の体重:88.45キロ

本日の摂取カロリー:2419kcal

本日の消費カロリー:134kcal/4627歩+自転車

2018年12月 9日 (日曜日)

12月8日/ぷち鉄日帰り旅

 久々に休みにしたので、今日はどうしようと心が躍って5時前に目が覚めてしまい、なんとか6時までベッドにいるが、堪らず起きる。

 

 薄曇り。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはトーストにハムエッグ、牛乳。

 それから「まんぷく」を見る。今後、優秀な弁護士が登場、と予告があったから、てっきり進駐軍の裁判になって、だれも弁護を引き受けないところに敢然と現れた若い優秀な弁護士……という展開になるんだと思ったら、進駐軍の「反逆疑惑」は解消。

 憲兵の時も、今回も、冤罪が晴れたら、国家賠償みたいなことはあるんだろうね?

 今日は、熱海の来宮神社と三島の三島大社に故あってお参りに行き、そのついでに伊東駅の「来年3月に終わってしまう立ち食いソバ」を食べ、出来れば来宮近くの「源泉掛け流しの日帰り温泉」に漬かり、三島でウナギを食べたい……。

 予定より早めに出発しようと思っていたが、ついつい「チコちゃんに叱られる」を見てしまった。夕べも見たんだけど。渡辺満里奈は今も可愛いねえ。47歳の女性に可愛いというのは失礼だろうけど。

 「花と鼻」は、ナルホドと思い、「三本締め」の変形の「一本締め」は、正しくは「一丁締め」「関東一本締め」で、短気な江戸っ子のために出来たのかと由来を知って感心。「年末の第九」は、あけすけにやっちまったなあと驚いた。もっとオブラートに包んだ答えを出してくると思ったんだけど。ちなみにワタクシ、合唱のテノールのパートは全部歌えます。

 で、まだきちんと読んでいない「MacFan」3冊と着替えをバッグに詰め込んで、9時過ぎに出発。

 北千住から常磐線で上野。上野でいつも気になっている立ち食いソバを食おうかと思ったけど、アサメシを食べたばかりなので我慢。

 上野駅のトイレと言えば「汚い」と思っていたけど、凄くキレイでウォシュレットまでついているのは感動!

 土日の東海道線は混むので、先頭車両を待って乗り込むと、対面シートをゲット!

 9時45分発の熱海行き。普通車に乗ったので駅弁は食べず。

 録音した「きらクラ!」11月26日放送分を聞く。将棋の加藤一二三がゲストだが……あのとっ散らかった喋りを約2時間聞かされるのは、正直、苦痛。せいぜい30分くらいのゲストに抑えておくべきだろう。録音なんだから喋って貰っていいところを摘まむとかすればいいのに……。話してる内容は悪くないんだけど、あのとっ散らかった喋りがねえ……。

 「MacFan」は2冊読んだ。ようやくiPhoneの新型3種類の違いが判った。

 終点の熱海に近づいてきたが……このまま先に三島に行ってしまうべきか、当初の計画通りに伊東に行くべきか迷う。三島ならほとんど待ち時間無しに電車があるが、伊東行きは約30分の待ち合わせがある。

 三島に行ってると時間がかかって、本日の目的である「伊東駅の立ち食いソバ」が閉まってしまう可能性がある……それに、腹も減った。

 三島駅から三島大社まではけっこう歩くし……。腹も減ったし。

 11時43分、熱海着。

 ということで、待ち時間に、これもなかなか食べられない「熱海駅の立ち食いソバ」を食べることにする。これは予定外だったけど、いつも下田に行くとき気になっていたのだけど、たべる機会がなかった。帰りの乗り換えの時には閉まっているし。

 で。

 「名物・黒はんぺんソバ」を食べる。要するにさつま揚げが載ったもの。まあまあ美味かった。

Img_3973

 1番線で待っていると入線したのは「リゾート21」の「きんめだい号」だった。山側の席に座って発車を待っていると、どやどやとたくさん乗ってきて、海側のパノラマ座席は埋まってしまった。

 12時24分発車。伊東まで22分。

 ここで問題。引き返す電車は約10分後。できれば伊東駅の立ち食いソバで併売している「駅弁」も買いたいけど、買っていると電車に間に合わなくなって、次の電車まで1時間待たなければならない。伊東駅の立ち食いソバは来年3月になくなってしまうけど、駅弁は売り場を移転して今後も続く。だから、またの機会に食べる事が出来る。

 熱海でそばを食べたばかりだし、ここは駅弁はカットしてもいいか……。

 

 伊東着。

 立ち食いソバに走る。メニューを見て「きざみそば」を頼む。かけそばに油揚の切ったのが載っているもの。

 さっと出てこないのでヤキモキしたが、一気に食べる。

 味は……まあごく普通の駅の立ち食いソバ。特筆すべき味ではない。

Img_3974

 12時54分熱海行きの電車が来る時間になったので、慌てて全部食べて、階段を駆け下り、上りプラットフォームに駆け上がるが……。

 伊豆急行線・伊東線によくあることだが、単線だから遅れが生じる。今回も2分遅れだった。だったら、駅弁を買えたのに……。

 伊東駅で売っている「祇園」の駅弁は、実に美味そう。

 しかしこれを買っても、どこで食べる?

 計画では、来宮神社にお参りした後、日帰り温泉の「日航亭大湯」の休憩所で弁当を広げるか?そこまで持っていくのは荷物になるけどなあ。

 いろいろ考えて、今回は駅弁を買わないのが正解だったと思う。

 13時14分来宮着。

 駅からセカセカ歩いて、来宮神社。土曜ということもあって、けっこう混んでいる。

 お参りして、お神籤を引く。「吉」だった。この前の三の酉で花畑大鷲神社で引いたのは「小吉」。あとでゆっくりお告げを読もう。

Img_3976

Img_3978

 時間を考えると温泉に入っている時間はなさそうだ。実は、帰りは小田原から「メトロロマンスカー」で北千住まで一気に帰ってやろうと思い,その時間を調べると、けっこうタイトになってきたのだ。

 来宮駅に戻るより、来宮神社のすぐそばにあるバス停から熱海駅まで行った方が早いかも。

 そう思ってバスを待つ。

 あと3分でくるはず、と思ったら、時間通りに来た。

 バスで熱海の中心街を巡る。熱海って、宿に直行してしまうから、中心街の商店街にはなかなか行かない。長逗留すれば、街を歩くんだろうけど……一泊二日じゃあねえ。

 谷崎潤一郎が愛した洋菓子店「モンブラン」のモカロールを相方が食べたいと言っていたけれど、お昼ごろには売り切れてしまうらしいし、場所をきちんと調べていなかった。

 が、バスから見えたら途中下車しようと思っていたのだが……見つけられなかった。後から地図を見ると、バスの経路上にあったようなのだが……。

 ウネウネした登り坂をバスはゆっくりと登っていく。この路線、バスを運転するのは凄く大変だろうなあ。坂道大嫌い。今はオートマだからラクだけど。

 

 熱海駅に着き、14時13分発の三島行きの電車を待っていると……伊東線の電車が入ってきた。バスに乗ることはなかったのね。しかし、熱海の中心街を探訪できて良かった。

 一時のどん底を脱して、熱海は今、元気を回復しつつある。新しいホテルが建ったりしているし。

 やっぱりねえ、海があって海の幸があって、伊豆の入口の熱海は魅力的ですよ。ハッキリ言って山の中で何もない鬼怒川温泉とは比較にならない地の利がありますよ。

 で、三島へ。

 JR東海の電車って、どうして窓ガラスを曇らせてるんだろう。最初は全然車両を洗ってないのだと思ったら違う。曇りシートを貼ってある。どうしてこんなことをするの?

 沿線住民のプライバシーを守るため?だったらどうしてJR東日本はやらないの?

 チコちゃんに訊きたいねえ。

 で、 14時26分、 三島着。

 が、Suicaでは出られない。窓口で精算する必要がある。これもどうして?熱海まではJR東日本で、三島はJR東海だから、という理屈は判るけど、こんなクソ不便なこと、改善できないのか?窓口には長い行列が出来るのに。

 まあおれは一刻を争っていないけど。

 精算するとき、帰りについて訊くと、「目的地までのキップを買って欲しい。じゃないと出場するときまた窓口に並ぶことになってしまいます」と言われてしまった。それは嫌だなあ。

 三島大社まで、歩く。

 途中、中華料理屋や格安チケット屋があるのを確認。

 三島も、水に恵まれた美しい街。水が美しい街は,とてもいいなあ。

Img_3982

 歩いて14分とあったけど、実質20分かかった。タラタラ歩いたわけではないんだけど、まあ、せっかくだら観光気分で歩いた。

 久々の、三島大社。一番大きな鳥居ではない脇の道から境内に入る。最近、この方角の吉方がないのでお参りもお水取りも来ていない。

Img_3984

Img_3988

Img_3990

Img_3992

 お参りした後、お神籤を引く。「小吉」。

 

 その後、境内を散策。今日は吉日なのか、来宮神社でも三島大社でも結婚式があるなあ。トラディショナルな白無垢姿を久々に拝見。眼福。

 三島大社の向かいにあるうなぎ屋さんを覗くが、物凄く高いので、ウナギは断念。ワタシみたいなものは、ランチの安いのか、吉野家の安いうな丼を食べられればラッキーでございますよ。

 伊豆箱根鉄道に乗ろうと、「三島広小路」まで歩いたが、けっこう距離があった。「三島田町」に向かうべきだったのね。

 しかし、交差点で信号を待っているとき、ふと右を見ると、建物の間から、富士山がドーンと見えたのに、感動。

 やっぱりねえ、富士山は美しい。威厳がある。神々しい。

 あたしゃ右翼ではないけれど、富士山と天皇陛下には無条件で平伏しちゃう。東京文化会館にミラノ・スカラ座のオペラを見に行った時、二幕が始まる前に来日中のイタリア大統領と一緒に天皇皇后両陛下が席に着いたときには、思わずバンザイしそうになったもんなあ。

 まあとにかく、富士山は美しい。

Img_3998
Img_3999
Img_4001

 三島広小路駅にもうなぎ屋さんはたくさんあって、いい香りが漂っているけど、我慢。

Img_4003_2

 一駅乗って、三島駅。

 また駅から出て、格安チケット屋で、こだま号の格安チケットを買う。これがあれば入場も出場もトラブらない。

 その後、その近くの中華料理屋に入って、チャーハンと餃子を食べるが……もっと美味しい炒飯はこの世にゴマンとあるのになあと思ってしまった。

 急いで帰京する必要もなかったので、小田原でロマンスカーに乗り換えた方が今日の趣向には合ったんだろうけど、新幹線も最近とんと乗っていないので、乗りたかった。

 三島駅は北口側にいろいろ店があった。不二家もあって、999円でステーキが食えたぞ!あの店でチャーハンを食ったことを激しく後悔。

 「食べ鉄」派なのに、今日は駅弁をまったく食べていない。三島駅の桃中軒で駅弁を売ってたけど……。

 

 急ぐことはまったくないけど、発車間際で間に合う電車が目の前にあったら飛び乗るのが日本人の習性というもの。おれもそうした。

 16時23分発の「こだま660号」の自由席は、空いていた。

 

 帰りも「きらクラ!」の12月2日放送分を聞きながら帰ろうと思っていたが、新幹線だと1時間弱で着いてしまうので、聞かず。「MacFan」のこりの1冊をパラパラと見て、寝てしまった。

 品川で常磐線始発に乗り換える。前を走っている電車が遅れているとかで、2分遅れで発車。

 東京と上野で凄く混んだが、北千住でどっと降りた。

 18時前に北千住に戻ってきた。

 コンビニに寄って海苔弁を買って、帰宅。

 くーたんがお出迎え。

 久々の電車旅、グッタリしたが、まあ満足。熱海まで行って温泉に入らず駅弁が食べられなかったのが心残りだけど。

 しかし熱海は近くて便利だし、また行きたい。

 とは言え、我々が旅行を計画すると,物凄く盛りだくさんなことになってしまって、温泉場でのんびりという旅にはならないんだよなあ……。

 テレ東の「太川・蛭子×華丸・大吉 乗り継ぎ旅2時間半コラボSP」を見る。太川・蛭子は黄金コンビ。それに遠藤久美子も入って,往年の「ローカルバスの旅」の雰囲気。なんか「枷」が苛酷で、可哀想になってきた。もう引退したんだから,もう少しユルいルールでやるのはダメなの?

 華大に鈴木杏樹の3人は、熱海から伊豆ぐらんぱる公園の「日本一のイルミネーション」までの慌ただしい旅。こっちもねえ……テレ東のユルさがなくて、フジテレビみたいなノリなのが見ていてシンドイ。この枠は、予算がない分、ユルい作りなのが良かったのに。

 熱海の「スコット」の有名なお店だけど,凄く高いのね!

 赤沢温泉は一度行ってなかなかいいところだと思ったけど、経営はDHCか……。

 ゴールの「伊豆ぐらんぱる公園」はなかなか素晴らしい。

 今日はこの近くをウロウロしていたこともあって、なんか親近感が。

 「アド街ック天国」は「和光市」だったので、これも見た。

 成増から和光市って、なんかいい感じなんだよねえ。あの辺りは好きだなあ。川越街道が切り通しみたいに走っていて、その両側の風情が,なんだかいいのよねえ。

 ゆっくり、風呂に入る。

 風呂からあがって、録画しているけれど、NHK教育テレビの「ETV特集キャメラマンMIYAGAWAの奇跡」を途中から見る。

 宮川一夫の功績は凄いし、名だたる名作の撮影を担当した世界有数の撮影監督だと思う。しかし、黒澤はたった2本、小津に至ってはたった1本。溝口とは8本、そして市川崑とは7本。

 ただ……宮川さんは巨匠の大作ばかりを担当したのではない。大映のプログラムピクチャーも数多く担当している。「悪名」「座頭市」「殺し屋」……。

 宮川一夫を語るなら、プログラムピクチャーについても研究すべきだし、宮川さん以外の名手も是非取り上げて欲しい。宮島義勇の凄さをきっちり研究すべきだ。

 まだまだいるぞ。おれの好みが入るけど、安藤庄平伊佐山三郎川上皓市川又昂木村大作小林節雄阪本善尚鈴木達夫仙元誠三永塚一栄姫田真佐久三村明宗川信夫、の諸氏については、もっと知りたい。もっと勉強したいのだ。漏らしてしまった方々も多いと思うけど。

 しかしまあ、この種のテレビ番組としては1時間の枠くの中ではよくまとまっていたし、きちんとしていたと思う。民放だと俳優とかのインタビューが出てきて、こっちが聞きたいことじゃない「撮影時のいろんな出来事」ばかりになって、「人間・宮川一夫」ばかり描くものになってしまっただろうけど。

 市川崑の弟子としては、食い足りないのはもちろんだし、当時の大映の会社の雰囲気と宮川一夫の仕事は切り離せないのだから、そのへんの考察も欲しかったが……まあ1時間の中ですべてをやるのは無理だ。

 

 脱稿したばかりの長編小説が、日本映画黄金時代を舞台にしたもので、そのへんの資料をかなり集めたし、日本映画史を勉強し直したので、小津にこんなに拘る必要があるのか?とは思ったけど、「小津作品の中で異質なものを作った」その異質さを解明したのは興味深かった。

 そして、おれが小津映画がどうしてもダメな理由もいろいろ判ってきた。

 愛機iMacが不調。Wi-Fi電波は問題なく飛んでいるのに、時々捕まえられなくて、ネットワークが不安定になる。Wi-Fiを切って有線LANだけにすると、安定する。

 OS的な問題なのか、マシン的に寿命が近づいてきたのか?

 サブ機があるとは言え、仕事で使うのは、画面が大きくて外部キーボードが使えるiMacが一番だ。もう少し頑張って欲しいなあ……。

 0時33分に就寝したが、何故か寝付けない。

 妙にアタマが冴えるというか興奮していて、眠れない。

 夜中に何度も起きて、iPhoneを見たり。

 くーたんも、夜中にバタバタしてるし……。

 それでも、なんとか眠りに落ちた。

今朝の体重:88.55キロ

本日の摂取カロリー:3110kcal

本日の消費カロリー:1002kcal/11569歩+自転車

2018年12月 8日 (土曜日)

12月7日/おれ的脱稿!

 6時45分起床。

 本当はもっと早く起きるはずだったが、起きられなかった。

 曇り。

 朝のモロモロを途中まで済ませて、「まんぷく」を見る。相手が進駐軍だと,事態はなかなか進まない。というか、進駐軍は粘るねえ……。

 朝のモロモロの残りを済ませて、アサメシはトースト1枚、ハムエッグ、牛乳、コーヒー。

 仕事開始。

 今日は「なかなか仕事のスイッチが入らない」とは言ってられない。

 昨夜、詳細なメモを作ったクライマックス部分を一気に書く。

 書いていると、予定外の趣向を思いついて、内容をアドリブで変更。そっちの方が面白いと思う。

 「最終章」を書き終える。

 11時過ぎになんとか見直しも終えて、相方に送る。

 その勢いでエピローグも書いてしまおうかと思ったが、力が尽きた。

 風呂に入る。

 13時過ぎに、千住大橋のポンテポルタにある「はま寿司」で相方と集合して、打ち合わせ兼ランチ。

 相方が来るまでに「あさりうどん」を食べた。

 マグロやイカ、カルビなど一通りのものを食べて満腹。

 特に買い物もせず、帰宅。

 さあ、エピローグを書いてしまおう!

 と思ったが、パワーが回復せず。しばらく休憩。

 ソファに座っているウチに寝てしまった。

 自分のイビキで目が覚める。

 それでもパワーが戻らず、17時過ぎまでウダウダ。

 今夜は、最後まで書き上げて、スッキリして、東中野の「大盛軒」に行って鉄板麺を食うか、池袋の「桂花ラーメン」に行ってターローメンを食べようと思っていたが、もう外出するパワーは無い。

 それでもなんとかエピローグは書かねば。

 と、Macに向かうと、なんとか進みだし、書いていると弾みがついて、一気に書き終えることが出来た。言わば、「火事場の馬鹿力」再び。

 2時間で7ページ超を書いたのは我ながらハイペース。

 これも相方に送る。

 おれ的には、脱稿。

 

 グッタリしたが、脱稿した喜びで、逆にパワーが出てきた。現金なものだ。

 明日は「おれ的脱稿祝い」で、久々に電車に乗って駅弁を食って、という「東京近郊日帰り食べ鉄」をやろうと決意。

 そのルートを調べる。

 しかし、その間,相方は推敲をしているので、遊び呆けるのは悪い。

 エースコックのワンタンメンにウィンナーソーセージ2本とキャベツを投入して食う。ちょっとソーセージが重かった。

 参議院では野党が問責決議を次々に出すが、与野党が拮抗していないから否決される。

 しかし、水道法案といい、この入管法改正案といい、大事な法案をどうして無理矢理通してしまうんだ?入管法を4月に間に合わせなければいけない理由ってなんだ?大企業が4月に安価な労働力を確保しておかなければならないからな?

 日本人の失業者は結構いる。彼らはどうして働かない?賃金が安いから?安い金で3K仕事なんかしたくないから?

 22時から「昭和元禄落語心中」。

 いよいよ八代目も老境。死ぬ前に、「本当の事」を話せるのか?その「本当の事」とは?

 ラストに向かってにわかにミステリーになってきた。

 大政絢の幻が、日本伝統の幽霊そのもので、恐い!こういうのが部屋にひっそりと立っていたら、モーレツに恐いぞ。

 幽霊は美人に限る。

 その一方で、先代助六の幽霊は全然恐くない。

 

 その後、「72時間」。千葉の北総線沿線にある「ジョイフル本田」は日本でいちばん売り場面積の広いホームセンターなのか。

 今回も泣かせる。仕事一途で女房をほったらかしで、定年になったら夫婦一緒にと思っていたら死なれてしまって、という元刑事の話が泣かせる。いや、定番的な話だけど、人の人生に定番はない。この人は、息子が女房にぞんざいな態度を取ったときに「おれが惚れた女になんて事をしやがる!」と落語の登場人物みたいに怒ったという。この話も、いいねえ。

 しみじみ。

 で、フジにチャンネルを換えて「脱力ニュース」。ゲストは二代目助六の山崎育三郎。しかしメガネで知的で二枚目なミュージカル・スターとしての出演。当然ながら、助六のモジャモジャでガラッパチな感じではまったくない。あの助六が物凄く似合っているので、役者って恐いな,と思う。何をやっても裕次郎、何をやってもキムタク、とは違う。役になりきって雰囲気も一変させてしまうアクター!

 内容はいつもの通りのナンセンス極まりないもので、大笑い。

 ゴミ出しして、0時3分、就寝。

今朝の体重:87.95キロ

本日の摂取カロリー:3427kcal

本日の消費カロリー:225kcal/1805歩+自転車

2018年12月 7日 (金曜日)

12月6日/最後の最後で自分に甘いオレ

 7時ごろ起床。

 雨。

 朝のモロモロをやり,中断して「まんぷく」を見る。

 意外な援軍。牧善之助のヒゲには爆笑!萬平を裏切った加地谷がチンドン屋になっていたとは!缶詰のコックさんは出てこないの?

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはトースト1枚、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 仕事開始。

 泥沼の無間地獄がどこまでも続くと思えたけど、ようやく、先が見えた。「先が見える」という表現には「そんな程度だろうと見通せてしまう」というような悪い意味もあるけど、ここではその意味はナシ。とにかく終点が見えてきた。

 これはもう、蜘蛛の糸をよじ登って天国に近づいたカンダタの心境。いやこれだとラストで地獄に墜ちてしまうなあ。マラソンのゴールが見えてきたランナーの心境というか。

 そうなると、なんだか身も心も軽くなってきた。現金なものだなあ。

 お昼は、インスタントラーメンにご飯、と思っていたけど、ドミノピザの雨の日割引を使うことにして、一番安くて一番薄いドミノ・デラックスのウルトラ・クリスピーのMサイズを注文。

 すぐに到着。これ、ハンドトスだと生地が分厚くてMサイズでも食べきれないが、これだと足りないくらい。美味い美味い。

 仕事を続ける。

 ゴールが見えて安心したのか、腹が減る。

 ご飯に目玉焼きをのっけて混ぜご飯。キュウリの古漬けを食べてしまう。

 糠床に新たにキュウリを漬ける。今回は古漬けにしないで食べよう。

 仕事再開。

 が、1時間ほどで休憩。

 「5時に夢中!」を見る。

 そう言えば、13時40分くらいから、iPhoneが「圏外」。SoftBankの携帯電話が全国的に使えなくなっているらしい。まあ今日はずっと家にいるからいいけど……。

 交換機の不具合らしいとのことで、なんだか長引きそう。

 機械的な故障じゃなくてソフトウェア的な支障なんだろうけど。

 そう言えば、都営地下鉄浅草線も、電車の位置を示すシステムがダメになって始発からお昼まで不通だった。

 もしかして、世界的な大物ハッカーが活躍してる???

 夜になって、ようやく通信は回復。

 19時から「プレバト」。俳句コーナーはとにかく、言葉の力を見せつけられて,素晴らしい。夏井先生の添削が具体的かつ論理的で「なるほど」としか思えないので、毎回舌を巻く。しかし、俳句は作れないなあ。川柳ならまだしも。

 そのまま「モニタリング」も見る。ドッキリカメラ的なこの番組は、タレントがタレントを騙すので、好きではないのだが、「ラジオのナマ本番中に出演者が喧嘩」という趣向は面白いし、「ミキ」の弟が山本美月と結婚するので漫才を止めると言いだして兄が慌てる、という、どっちも騙される方が気の毒なネタが面白そうなので、見てしまった。

 ラジオの方は、騙す方の中条あやみとDAIGOは巧いけど、騙される方の小倉優子が懸命にフォローしていたのが凄く印象的だった。番組的にそっちをきちんと見せなかったのが残念。小倉優子は若い頃よりずっと魅力的。

 そして、「ミキ」の方は、バラされた後で兄の方が無茶苦茶照れていたが、兄弟漫才に賭ける熱意には物凄く感動。

 ……だけど、昔の「ドッキリカメラ」には罪がなかったけど、凝ったシチュエーションに完璧なセッティングでタレントを騙すというのは、やっぱり好きにはなれない。じゃあ見るな,って事になるけど……。

 バナナを食べて牛乳を飲んで、仕事に戻る。

 あと少しで「最終章」は終わるのだが、そのひと頑張りが出来ない。だからテレビも見てしまったんだけど……。

 最後の最後で自分に甘いオレ。

 大切なクライマックスだから、ここは慎重を期して、展開を詳細なメモにして、本文を書くのは明日の朝にして、寝る!

 23時5分、就寝。

今朝の体重:88.20キロ

本日の摂取カロリー:2360kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2018年12月 6日 (木曜日)

12月5日/ストレスが私をダメにする by 森高千里

 7時ごろ起床。

 曇りだが、寝ている間に洗った洗濯物を干す。予報では晴れてくるはず。

 「まんぷく」を見る。さすがに進駐軍の件はすぐには解決しないねえ。

 日系二世のチャーリー・タナカを演じる岡崎体育の英語が妙に巧い。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはトースト1枚、ゆで卵、コーンフレーク、コーヒー。

 仕事開始。しかし、今日もなかなかエンジンがかからない。ここ数日の傾向として、夜になるまでダメな感じ……。

 クロネコ、日本郵便、佐川、と宅配便が続々。

 プリンターのインクを各色バラバラに発注したので、各色違うところから送ってくるという不手際をやってしまった。

 しかも、ウチのプリンターでは使えないインクを頼んでしまったので、その返品処理をしなけれないけなくなってしまった。

 このクソ忙しい時に何をやってるんだ!

 と、自分で自分を叱る。

 おまけに、長年愛用している「簡易携帯ウォシュレット」(パナソニック製だからウォシュレットとは呼べないけど)のスイッチがダメになってしまった。ウチは賃貸だし、電源の取り回しが面倒なのでウォシュレットにせず。電池式のものを使っているが……モーターは大丈夫だがスイッチがいかれてしまって、正常に作動しない。修理に出すと新品が買えてしまうくらいの金額になりそうだしなあ。

 要するに、容器に入った水を噴出させればいいのだから、手動で充分なはず。

 ということで、アマゾンで見つけた「手動ウォシュレット」をインクと一緒に注文して置いた。

 届いたものに水を入れてボトルを押してみると、水が出た。当たり前だけど。

 それに危機を抱いたのか、電池式のウォシュレットも動くようになった。しばらくは併用してみよう。

 なんだかんだで午前中はあまり進まず。

 今日のテニスも休むしかないかなあ。昼間進んでノルマが果たせたら、気分転換のためにもテニスに行こうと思ったけど……疲れが尾を引いて明日使い物にならなくなることを考えると、休む方がイイだろうなあ。

 

 休むことに決めて、昼メシは外で食べることにする。

 千住大橋のポンテポルタにある「餃子の王将」で、ランチ。王将ラーメンにミニチャーハン。これに餃子3つを追加。

Img_3972

 食後に階下の「ライフ」で買い物をして、帰宅。

 明日のカイロとテニスをキャンセルする。

 昨日に引き続き、「ヘパリーゼ」を呑む。昨日より一つ高いのを呑んだが……。

 案の定、午後の睡魔が襲ってきた。

 今日なんか、猛然と書きまくるべきなんだけど……そうならない自分が歯痒い。

 なんだか体調が悪い。心臓より少し上の辺りが不快。

 これはもう、ストレスのせいだな。ガンガン書き進んでいれば感じない不快感がある。

 森高千里の「ストレス」を思い出す。これ、森高が自分で作詞したんだなあ。アイドルの歌なのに、ストレスをモロにテーマにするなんて、凄いよねえ。まったく色っぽくないもんねえ。しかも、その内容が、まさに、「ストレスに殺されそうな状態」を歌っているから凄いよねえ。

 この2ヵ月、ずーっとこの状態だもんなあ、厳しいよなあ。他人のせいに出来ないしなあ。

 毎日が〆切の、往年の流行作家はどんな風に生きてたんだろうなあ。麻雀しながら仕事するとか、〆切を延ばしに延ばして印刷所で書くとか、武勇伝は聞くけど……そういう流行作家って、あんまり長生きじゃないよねえ。まあ、当時の流行作家は酒・タバコ・女というイメージだしなあ。

 今の人気作家はもっと健康的な生活をしていて、破滅的な生活をしている先生はほとんどいないと思うけど……。自分をひたすら追い込んで、仕事場から出ず机にへばりついていた横山秀夫さんはすっかり体調を崩して数年間苦しんだそうだし……。

 こういう体制をどげんかせんといかん。

 答えは既に出ているのだが。

 買ってきた「塩パン」を食べると……これが美味い!スーパーのパン売り場で売っているものとは思えないほど美味い。ヴィ・ド・フランスの「塩パン」より美味いかも。

 いつもならテニスをやっている時間、やっと仕事のスイッチが入って、がんがん進み出した!

 本来はテニスは休みたくない。友達が少ないので、このテニス仲間はとても大切。みんなに逢って一緒にテニスをしたい!

 だから、テニスを休んだのに仕事が進まないと自分が歯痒いが……今夜はガンガン進んだので、休んだ甲斐があった。

 そうなると、胸の不快感は消えてしまう。やっぱりストレスなんだねえ。

 この苦しみも、あと数日で終わる。終わるはず。終わらなければヤバいのだ。

 ずっと空腹を感じなくて仕事をしていたが、22時を過ぎて、腹が減った。

 永谷園の鮭茶漬けを食べる。キュウリの古漬けとゴマ天で。

 食後、仕事再開。

 2ブロック出来たので、読み返して、23時過ぎに相方に送る。

 あと2ブロック書けば、この章は終わり。

 明日、頑張ろう!

 ゆっくり風呂に入り、汗が引くまでウダウダして、0時55分、就寝。

今朝の体重:88.00キロ

本日の摂取カロリー:2193kcal

本日の消費カロリー:85kcal/2284歩+自転車

2018年12月 5日 (水曜日)

12月4日/この期に及んで疲れが抜けない!

 7時ごろ起床。

 曇り~晴れ。

 朝のモロモロをやりつつ「まんぷく」を見て、朝のモロモロに戻る。

 アサメシは、ご飯を炊いて、玉子かけご飯、フリーズドライの味噌汁、キュウリの古漬け。ご飯をお代わりして海苔とゴマ天。

 コーヒーを飲んでいると、クロネコさんが。

 祥伝社文庫12月新刊「新・悪漢刑事/密薬」とお歳暮を運んで来てくれた。

 「密薬」の書影はこれ。なんだか媚薬に纏わる話のようだけど、抗精神薬開発の内幕の暗闘。ご期待ください!

9784396344818


 POPプリント用のインクと用紙をAmazonで注文してから、仕事開始。「第4章」(最終章)後半にとりかかる。

 が……。

 朝から集中力が出ない。午前中だとまだまだ時間はあると思うから余計にダレる。

 「すき家」の深夜、ワンマンオペレーションで店が回らなくなって社会問題になったが、あれから急速に人手不足が叫ばれるようになって……今は外国人労働者を入れなければやっていけないということになってしまったけど……そんなに急激に労働力って減ってしまったの?みんなどんどん死んでるのか?そんな事はないだろう?

 要するに、安く雇えるバイト要員が減っているって事ではないのか?と思っていたら、こんな情報が。(その1)(その2)←リンク。

 『高原正之・大正大客員教授は、賃上げや労働環境の改善など企業側の採用努力が欠けている可能性を指摘。「97年の金融危機以来、一部の経営者は低賃金で労働者が雇えるのが当たり前という異常な感覚に陥った。政府はそういう『低賃金依存症』の経営者と距離を置くべきだ」と話す』という言葉は、この問題をズバリ指摘しているのではないのか?

 日本は先進国で唯一、賃金が上昇しない・減っているらしい。安くコキ使うのが経営だと思っているバカ経営者がいる限り、日本経済はデフレから脱却出来ないのに。

 「M-1グランプリ」の審査員・上沼恵美子をとろサーモン・久保田と、スーパーマラドーナの武智が口汚く批判した件、二人は謝罪してその映像を削除。まあ酒の勢いで不満を爆発させたんだろうけど……批判される側は鬱憤が溜まるわな。しかし、上沼恵美子があからさまなヒイキをしていたかというと……そうでもないと思う。似たような「オッサンネタ」をやった「ギャロップ」の評価は低いのに「ミキ」は褒めたというのは、「ミキ」のほうがずっと巧かったし手数も多くて「怒濤のオッサンネタ」で押しまくったから。それとジャニーズを絡めたのも巧い。合コンよりジャニーズの方がネタとしては破壊力がある。

 そのへん、冷静に考えればわかるだろうに。

 お昼を過ぎる。

 足を温める「電気アンカ」の表面が剥げてしまった。伸びるタイプの枕カバーがピッタリだと思う。Amazonで見ると安く買えるが、気分転換を兼ねて東急ハンズに買いに行く。ついでにヒルメシも食べよう。

 ということで、ハンズで「伸びるタイプの枕カバー」を買い、フードコートでチャーハンと餃子を食うが、これは失敗。どうせならきちんとした店で食うべきだった。

 マツキヨで「ヘパリーゼ」の2番目に高いヤツを買う。ユンケルよりヘパリーゼの方が効くと思うので。

 しかし、暑い!この時期、外出して汗をかくとは思わなかったぞ!

 帰宅して、早速ヘパリーゼを飲むが、速攻で元気が出るわけがない。出たらそれは覚醒剤だ。

 脱稿したらやりたいことを列記してみる。温泉旅行とかは、今月中旬に北海道に行くので我慢するとして……。

1)もうじき閉店してしまう伊東駅の立ち食いソバを食べ、駅弁を買ってくる。

2)小湊鐵道といすみ鉄道に乗ってくる。

3)東北本線小山の日帰り温泉「思川」に行く。

4)高尾山温泉に行く。

5)東中野「大盛軒」の鉄板麺を食う。

6)桂花ラーメンでターローメンを食う。

……止めとこう。夢になるといけねえ。

 しかしこの「追い詰められ感」は半端ない。まあ、自分で自分を追い込んでいるんだけど。ここは割り切って、思い切って気分転換をした方がよかったかもしれないねえ。

 山手線に出来る新駅の名前が「高輪ゲートウェイ」に決まったのがネタになって、ネットでは大喜利が始まった。全部の駅をこんな具合に命名しようというので……おれが一番笑ったのは「サマンサ田端」。あと「目黒エンペラー」とか「代々木ゼミナール」とか「恵比寿マスカッツ」とか「巣鴨プリズン」とか。だったら「高輪」は「高輪プリンス」でいいんじゃないの?

 ほんと、センス悪いねえ。選んだヤツの名前を晒せ!

 ダラダラしたまま「5時に夢中!」を見るが、内容はまるで頭に入らず。

 18時を過ぎて、夕食。残っていたカレーをさらえる。いやしかし、今回のカレーは美味しく出来たなあ。

 カレーを食ったら多少元気が出てきて、仕事も進み出した。

 本当は、今日、3シーンを書いてやろうと思っていたのだ。そして明日も頑張って、明日中に脱稿という皮算用だった。

 しかし、常に、皮算用というモノは外れるのである。

 23時までかかって、やっとこさ1シーンをなんとか終わらせる。これは木曜日までかかるな……。

 おまけに、iPhone7がいよいよ駄目になってきた。自宅のWi-Fiを捉まえられない。電源再投入を数回繰り返して、やっと正常になる。

 ウチのiPhone7は無償修理の対象になっているけど、どうせなら新機種にしてしまってもいい。しかし今のiPhoneはいろいろあって、どれにすればいいのか判らない。どうしてこんなに判りにくくするんだ!

 バテバテ状態で、0時4分、就寝。

 寝ていて、このまま死んでしまったら困るな、と思う。

 なにより、もう少しで脱稿という段階まで来た作品を残して死ぬのはモーレツに心残りだから化けて出るだろうなあ……。

 などと、余計なことを考えてしまうほど、体調はグタグタ。一晩寝てリセット出来ればいいんだけど……。

今朝の体重:88.25キロ

本日の摂取カロリー:2492kcal

本日の消費カロリー:197kcal/2452歩+自転車

2018年12月 4日 (火曜日)

12月3日/怒濤のお仕事月曜日&M-1グランプリ鑑賞

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 「まんぷく」を見る。進駐軍の取り調べ。演じるは日本で活動するロック・グループの二人。ここはもうにくったらしければにくったらしいほど盛りあがるので、ガンガンやって欲しい。世良さんのケチ臭い小悪党じゃなくて、相手は進駐軍だからもう、ハラハラする余地がない。

 しかし福ちゃんは英語が堪能じゃなかったの?ってお母さんにも突っ込まれたけど。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはコーンフレーク、トースト、ハムエッグ、コーヒー。

 昨夜中に「第3章」まで決定稿を送った。あとは全力で「第4章&エピローグ」を書く。今日は「第4章」の前半を直す。

 簡単にできると思ったが、なかなか難物だった。難しく考えすぎたのかもしれないけど。

 午前中に終わると思ったのに、昼メシを跨ぐ。

 郵便局に行くついでもあり、外出。

 コンビニのATMでお金を下ろして、スパゲティ・カルボナーラと夜に食べるロコモコ弁当にサラダを買い、郵便局でお金を振り込み、帰宅。

 カルボナーラはチーズたっぷりで、美味い。

 ちょっと足りない感じだったので、シャケのおにぎりも食べる。

 仕事再開。

 直しは夕方になんとか終わったので、休憩。

 昨夜録画した「M-1グランプリ」を見る。

 これはねぇ、涙無しには見られない。人生をかけた大会だもんねえ。甲子園とか駅伝とかマラソンとか、スポーツ系にはまったくピンと来ない「非体育会系・純粋文系」のおれなので、この「M-1」にはビリビリくる。大阪の街にはお笑いで成功しようという野心を持った若いコンビがたくさんいるんだろうな。北千住でも、時々公園でネタ合わせをしているコンビの姿を見ることがあるし。

 決勝大会に出てきたコンビはそれぞれ面白い。しかし、感性的にダメなコンビもある。おれの場合、「トム・ブラウン」と「ジャルジャル」。あとのコンビはそれぞれネタも面白かったしテクニックもあって、面白かった。

 「見取り図」のギャグ「誰、それ~?」も好きだし、「ギャロップ」のオッサンネタも好き。「ミキ」の「勝手にジャニーズ事務所に履歴書を送った」ネタは最高に面白かったし、「かまいたち」の「ポイントカード」ネタも巧いと思ったし、「スーパーマラドーナ」の「隣の殺人鬼」ネタはもう少しネタの改良があれば完璧だったろうし……。

 で、おれは、ここ数年、「和牛」が優勝だと思ってきたし、今年も「和牛」が一番面白かった。ネタ的にも巧いところを突いてくるしテクニックも完全。

 「霜降り明星」は元気さと勢いだけで場を掠ってしまった感じがある。ネタもテクニックもさほどではないと感じたのは、おれがオッサンだからなのだろうか?審査員も充分にオッサンだけどなあ。

 審査員といえば、上沼恵美子と立川志らくが批判されていたけど、審査員にも芸が求められるから……とは言え、好き勝手言ってるように見えるけど、それぞれそれなりに的確だったし、点数だって無茶だとは思えない。笑いに好き嫌いが出るのは当然だし。とは言え、巨人師匠や中川家・礼二は自分の好みを抑えてかなり客観的な点数を出していたと思う。

 で。

 相方に前半部分を渡して決定稿にして貰うには、一部飛ばして書いて抜けている部分を埋めなければならない。

 それは、時間がかかって今夜中に出来るかどうか自信がなかったが……。

 始めてみると、あ~ら不思議。火事場の馬鹿力というか、思考がハマったというか、自分でも驚くべき集中力で、かなりの分量を一気に書き上げた。

 それを読み返して、いいだろうと、相方に送る。

 我ながら、ビックリ。

 まあ、こういう事もある。

 夕食にする。

 コンビニで買ってきた「チーズと玉子のトマト味ロコモコ弁当」とシーザーサラダ。

 シーザーサラダが予想を上回る美味さ。これは美味い!

 そして、ロコモコは思った以上にハンバーグがデカくて味も濃厚で、ドンときた。今、どんとくるとお腹がくだるんだよなあ……。

 でも大丈夫だったけど。

 とは言え、案の定、夕食を食べたら、本日終了状態になってしまった。

 アタマが働かない。

 なんとか先に進もうと思ったが、無理。

 ゆっくり風呂に入って髭を剃り、ゴミ出しをして、薄い水割りを作って飲みながら、「M-1グランプリ」の漫才だけをもう一度見る。やっぱり、「トム・ブラウン」「ジャルジャル」と「霜降り明星」以外は凄く面白かった。特に「和牛」「ミキ」はダントツ。

 ネットを見ると、「ミキ」のネタについてジャニオタから「弄って欲しくない」という声があるらしいが……無視無視。

 なんか、急激に愛機iPhone7が劣化してきた。ウチのWi-Fiを捉まえられない、バッテリーの減り具合が急激になってきた、反応がおかしいアプリがいくつかある……。

 アップルの無償修理の対象になっているけれど、いっそ、新しいのに換えてしまうほうがいいかも。

 それにしても、とにかく、「最終章」を書き上げてしまわなければ身動きが取れない。

 明日に備えて英気を養う意味も込めて、23時33分、就寝。

今朝の体重:88.55キロ

本日の摂取カロリー:2552kcal

本日の消費カロリー:90kcal/709歩+自転車

2018年12月 3日 (月曜日)

12月2日/怒濤のお仕事日曜日

 7時過ぎ起床。

 薄曇り。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはトースト1枚、ハムエッグ、牛乳、コーヒー、バナナ。

 深夜に届いていた相方の推敲チェック済みの「第2章」「第3章」のファイルを確認する。書き直したり書き足したり。

 昼までには終わるだろうと思ったら、結構時間がかかって午後になる。

 NHK-FM「きらクラ!」は録音。

 昼メシは、昨日のカレーを温めて。今回のカレーは実に美味い。大成功。やっぱり煮込みが肝心なんだなあ。

 食後、仕事に戻って、「第2章」「第3章」のファイルを順次、もう一度相方に戻す。

 相方からは「第4章」途中までのファイルに対してのチェックも届いているので、それを原稿に反映させようとしていると、「第2章」にOKが出たので、KADOKAWA担当S氏に決定稿として送る。

 「第3章」の設定を変えたので、その分を「第4章」に反映させようとするが……ちょっと疲れてしまった。

 何故か突然、四万温泉の積善館に行きたくなった。一番安い「本館」に泊まって昔の文豪気分で仕事をするか、読書に耽りたい。疲れたら温泉に入るか寝たりして……。

 箱根の「箱根ホテル」もいいけど、こっちだとアクティビティに走りたくなるだろうなあ。

 奥日光の湯元にある宿も、仕事&読書にはいいなあ。

 なんだか衝動的に猛烈に行きたくなったが、現実には不可能。

 今夜は「M-1グランプリ」だが、長時間見ていることは出来ないので、録画予約。

 「笑点」を見て、18時からBSで「西郷どん」を見る。

 この回は、極めて悲しい。

 時代の大転換についていけない士族のケアを軽く考えて弾圧すればなんとかなると判断した大久保は間違っていたとは思うし、士族の不満を一身に受け止める立場になってしまった西郷も物凄く困ったと思う。今にして思えば、特権を奪われた士族の反乱は起こるべくして起こったと思うけれど……。

 しかし、士族って警察や役所に雇われて食い扶持は確保出来ていたのではないのか?侍のプライドという問題は厄介で、解決するのは不可能に近かっただろうけど(士族が自らの意識改革を行わないと……)。

 19時を過ぎて、夕食。レトルトハンバーグを温め、ハッシュポテトを焼く。冷蔵庫にずっとあったトマトを焼こうと思ったら、すでに半分くらい腐っていたので泣く泣く捨てる。

 ご飯とハンバーグを食べる。紀ノ国屋のハンバーグは、なかなか美味いが、これならセブンイレブンの「黄金ハンバーグ」の方が美味いかも。

 仕事に戻ろうと思ったが、「M-1グランプリ」が気になる。

 テレビをつけたら「かまいたち」の途中だった。

 ポイントカードに拘るネタは相当面白かったが……。

 そこで相方から電話。最終章後半のクライマックスへの展開について、打ち合わせる。しかし頭がそっちに切り替わっていなかった(直しのほうに頭が向いていた)ので、名案は出ず。とにかく終盤なので流れを重んじたい。

 トイレに行きたくなったので、一度電話を切る。

 

 少しして、再び相方から電話。

 今度はじっくり考えて、流れと要素と謎解きを整理して、大まかなプロットを立てる。

 ただ、口で喋っているとすべて上手くいきそうな錯覚に陥るので、文章にしてみないと成立しているかどうか判らない。

 電話を切って、話し合ったことをまとめてみる。

 本文を書く段階になるとまた問題が生じるところもあるだろうが、なんとかなりそうなナラビになった。

 それを相方に送る。

 「第3章」を最終チェックして、KADOKAWAのS氏に決定稿として送る。

 0時近くになって、これ以上やっても非効率だと思ったので、本日は終了。

 Macを確認したら、お昼放送の「きらクラ!」の録音に失敗していた。放送開始後一時間くらいで中断したのだ。この録音ソフト、信頼性が低いなあ。いや、ネットの問題かもしれないけど。

 明日の朝の再放送を予約する。

 頭をクールダウンさせるのに、録画した「M-1グランプリ」をアタマから見る。が、泣かせの部分とかは飛ばして漫才と講評だけを見る。

 7人の審査員はみんな具体的な技術論で喋るので的確。こうした方が良かったというアドバイスが出るのが有り難い。

 この番組の、ヒリヒリした感じが凄く好きだ。

 一回戦の前半3組まで見て、ゴミ出しをして、1時前に就寝。

今朝の体重:88.80キロ

本日の摂取カロリー:2508kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2018年12月 2日 (日曜日)

12月1日/師走だが、何事も目論見通りにはいかず(師走には関係ないけど)

 7時20分頃起床。

 薄曇り。

 

 師走だなあ。ぼかぁ12月になるといつも師走なんだ、というタモリの古いネタを思い出すなあ。

 昨日発見したのだが、電気温水器の上の、くーたんの寝床、自分で工夫して猫マットを他の場所から移動させて居心地良くしている。

 野生動物は自分で工夫して居心地のいい巣を作る。しかし犬や猫は、毛布にくるまる程度の工夫しかしないと思っていたら……。

 ウチのくーたんは、なんて賢いんだろう!

 ここは猫は飼い主に似るのだと思うことにする。

 「まんぷく」を見る。健康食品「ダネイホン」が売れてアゲアゲなところにMPが踏み込む。手榴弾で魚を捕っていたのがいけなかった。って、手榴弾の備蓄って、そんなにあったのか?

 この辺、本当にあったことからはかなり乖離しているけれど、そもそも主人公の設定が大きく違うし。

 しかしこの危機は、萬平さんが憲兵に引っ張られて拷問を受けたときに匹敵する危機!

 昨夜見た「チコちゃんに叱られる」をもう一度見ながら、アサメシの支度をして、食う。ご飯、W目玉焼き、アサリのインスタント味噌汁、キュウリの古漬け、ゴマ天、バナナ。

 そのついでに、カレーを仕込んでしまう。牛肉を炒め、タマネギ・ジャガイモ・ニンジンを炒め、鍋に入れて水を少なめに入れて、しばらく弱火で煮込み、バターとカレールーを入れて、また煮込む。失敗しようがないほど練り上げられたカレーの作り方なのに前回失敗したのは、保温調理器に頼りすぎて煮込みが足りなかったから、だと思う。今回はとにかく煮込む。目標は、肉がホロホロになるくらい。

 カレーを仕込んでから、昨日分の日記を書き、仕事開始。

 しかしなんだか午前中はスイッチが入らない。

 入る入らないとか、そんな悠長な事を言ってる場合ではないのだが。

 シャワーを浴びて気合いを入れる。

 とはいえ、Macの前で粘っていると、徐々に書き進み始める(ん?妙な日本語?)。

 14時を過ぎて、外出。マクドナルドにしようか牛丼にしようかソバにしようか迷ったが、マクドナルドで「ダブルチーズバーガー」のセットを食べて、スーパーで買い物をして、お稲荷さんにお参りする。

 帰宅して、仕事再開。

 昨日思いついて直すべきところがまだ直せていないので、そのへんを直す。

 16時頃に、いつもの強烈な睡魔に襲われて、何度か寝落ち。

 それでもなんとか頑張る。

 カレーは、保温調理器から出して弱火で30分ほど煮込んでまた保温調理器に入れて、を繰り返す。部屋の中がカレーの臭いで充満してしまった。

 19時を過ぎて、テレ東の「土曜スペシャル東MAXの山麓ぐるり1周旅 箱根外輪山」を見ながらカレーを食べる。

 おお。さすが朝からじっくり煮込んだカレーは、美味い!目論見通りにビーフの赤身肉はホロホロになり、タマネギはほとんど融けてしまった。

 

 食後、録画した「タモリ倶楽部」を見る。うまい棒って、おれ、まだ食ったことがないのよね。おれがオトナになってから発売されたものだし。しかし見てると美味そうだな。

 仕事に戻る。

 ここまで書けたところまでを確認して切り出して、相方に送る。50ページ分。

 

 21時からは「アド街ック天国」を見る。箱根湯本。箱根と言えば、おれは富士屋ホテル一推しなんだけど……。

 しかし何故か、突然、四万温泉の積善館に行きたくなった。それも、一番安い「本館」に泊まって、文豪みたいに丹前を羽織って仕事をしたい。いや、本を持っていって寝転がって読み耽るか。

 宿の簡素な食事(上級の部屋なら食べきれないほどの豪華な食事が出るが)を済ませて、足りなければ外に出てもよし。

 仕事か読書に飽きたら温泉に浸かって寝ても良し。

 って、これは一泊じゃなくて数泊したいねえ。

 積善館じゃなくて、奥日光湯元の宿でもいいけど。ガチャガチャといろいろある宿じゃなくて、質素で簡素な宿の方がいいなあ。

 ちょっと小腹が空いたので食パンと牛乳を摂ったら、これが余計だった。妙に腹が膨れてしまった。

 仕事に戻るべきだが、力尽きた。

 明日書くべきところを予習しながら、ブルーレイ・レコーダーの内蔵HDDの容量を確保するために、録画したものをディスクに焼いたり。

 0時20分頃、就寝。

今朝の体重:88.50キロ

本日の摂取カロリー:2727kcal

本日の消費カロリー:251kcal/2214歩+自転車

«11月30日/何故かモーレツな睡魔に襲われて

安達瑶の本

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト