« 雨降りだから仕事のみ | トップページ | 「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」を再見して大興奮! »

2012年5月26日 (土曜日)

「第2章」あがった!

 8時起床。
 天気がいいので、日記を書く間に洗濯。干す。

 で、仕事。
 あと少しで終わると思って、午前中には、と思ったが、書いていると例によってどんどん膨らんできた。

 宅急便で体重計が到着。電池を入れてセット。計ってみると88.9キロ。う〜む。
 その後、トイレに行くたびに計ると、88.7、88.6と下がってきた。上がらなければ正常だと思うので、この体重計のこの数字を信じることにしよう。

 ブランチは、茄子とハムのガーリック・トマトソースのスパゲティを作る。と言っても壜詰めのトマトソースを使ってだが。
 トマトソースの分量が足りず、ケチケチしたモノになってしまったが、まあ美味い。次回はソースをたっぷり使う事にしよう。
 白のTシャツにトマトソースが撥ねてしまった。これ、東京国立美術館で買った北斎の「神奈川沖浪裏」をプリントしたもの。すぐに洗濯。

 仕事を続ける。
 相方と相談して。視点が変わるところで章を割ることにする。視点の移動が短い場面で「行って来い」になるのが気になるので。

 19時過ぎに、「第2章」、あがる。
 相方に送る。

 錦糸町のアシックスの店に修理に出していた靴、アシックスでは修理出来ないとの返事があったので、引き取ることにした。
 で、引き取りに行くついでに、ミンミンで餃子と炒飯を食べようと思い立つ。
 が、どうせアシックスの店に行くなら、もう一足買おうと思っていた事も思い出したが、それはサンダルを履いて外出してしばらく歩いた後。靴下を履いていない状態で靴を買うのはイカンだろう。時間も遅くなってしまったし、錦糸町行きは明日にする。
 北千住東口でくーたん用のサプリを買い、久しぶりに「珍来」で炒飯と餃子。相変わらずここの炒飯は量が多い。

 満腹して、帰路につく。
 そういや、「第2章」をあげたら梅島の「ふうりゅう」に行って担々麺を食おうとも思っていたのだ。それは「第3章」があがったら、という事にしよう。

 帰宅して、「アド街ック天国」を見る。鳩ヶ谷。この番組は紹介の仕方が上手いので、何の変哲もない街が趣きある感じに見えてしまう。けど、番組に登場した神社とか公園は魅力的だったなあ。
 が、どういうわけか腹の調子が悪くなって、何度もトイレへ。帰り道、歩きながらコンビニで買ったアイス最中を食べたのだが、これがいけなかったか?
 TBSの「ニュースキャスター」も途中まで見る。河本の1件でたけしが発した言葉「好きなことをやるんなら貧乏に甘えずバイトしろ」というのは含蓄はあるが、どうもピントが外れている。バイトしないで借金を重ねる売れない芸人も居るだろうが、大半はバイトしているはずだし、河本もホストをやっていた事をネタにしているし。
 食うや食わずの時代に、親が生活保護というのは問題ない。売れっ子になってからも生活保護を受けていたことが問題なのだ。それに、今回の記者会見では有耶無耶になったが、母親以外の親族の問題、と言うのもある。だけど、売れたからって一族郎党が全部ぶら下がってこられちゃ、参りますぜ。
 おれなら、親の面倒は見るが親戚の面倒は見ない。その線はハッキリと引いて、批難されたらキッチリ反論する。まあ、おれの親戚は全員しっかりしているので、そういう事態にはならないが。

 風呂に入り、ゆっくり浸かる。
 あがってから、引っ越し以来、ずっと夢だった「風呂上がりのビールを夜景を見ながら飲む」を実行。別に難しいことでもなんでもないのだが、条件が揃わなかった。というか、家でビールを飲む習慣がなくて、風呂上がりにはついつい牛乳を飲んでしまうのだ。が、今夜は、「第2章」があがったので、ビール。
 ツマミにバタピーと魚肉ソーセージを食べてしまった。このチープな組み合わせが最高に好きなのだ。

 「チューボーですよ」を見る。板谷由夏のリアクションに、堺正章が本気で気分を害しているのかギャグなのかちょっと判らないサスペンスを感じた(堺正章は板谷のタイプが苦手なように感じた)が、最後の「もの凄く美味しい!」の大絶賛で、大団円。

 その後、NHKのさだまさしの番組を見たら、どういうわけか今夜はオレゴンのポートランドからの放送。どうしてオレゴン?画面は鮮明だが、音がちょっと悪い感じ。いつもより帯域が狭い。
 地元テレビ局のスタジオを借りての放送で、ローカルの天気予報の時間に隣のスタジオに行ってゲスト出演したところで、見るのを止めて(面白いから最後まで見てしまうから)、1時就寝。

本日の体重:88.6キロ
本日の摂取カロリー:2524kcal
本日の消費カロリー:日常生活+240kcal/4795歩(しかし頭脳労働でも凄いエネルギーを使うはずなのにカロリー消費に反映されないというのは何故?)

« 雨降りだから仕事のみ | トップページ | 「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」を再見して大興奮! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/54808742

この記事へのトラックバック一覧です: 「第2章」あがった!:

« 雨降りだから仕事のみ | トップページ | 「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」を再見して大興奮! »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト