« 読者の皆様に厚く御礼申し上げます | トップページ | 第1章やっとあげて、MET「椿姫」最終回に滑り込み »

2012年5月17日 (木曜日)

あと一息でへたばった

 8時起床。
 昨夜食べたラーメンがいけなかったのか、午前中、何度もトイレ行き。
 洗濯を含む朝のモロモロをして、タニタの体重計を秋田にあるサービスセンターに発送。郵便局で適度な大きさの箱を買い、また外出して発送しようかと思ったが、急に面倒になり、集荷して貰った。

 ブランチは、トーストにベーコン・エッグ。IKEAで買ったジャムは甘さ控えめで美味しい。IHを最強にしなければ煙もモクモク出ないで調理出来る事が判明。というか確認。「中火の強」までなら大丈夫だが、最強にするとダメ。つまり、現状ではウチでは中華は作れないということか?

 午後から仕事に集中。
 いい加減ペースを上げないと、とてもヤバいことになる。
 俄然、進み出す。
 こうなると、テレビを見る気が完全に失せる。

 夕方、洗濯物を取り込む。今日も夕立や竜巻が懸念されたが、なんとか大丈夫だった。

 仕事再開。
 相方にもネジを巻かれる。短編と長編ではいろいろと違うけど、だんだんとスロースターターの度合いがひどくなっているのは自分でも判っている。前作「艶敵」だって、前半にえらく時間を掛けてしまって、〆切を何度も延ばして貰ったのだ。

 で。
 昨日、S編集長に厳しくネジを巻かれ、今日は相方にも巻かれたせいもあるが、今日は半日で30ページは書いた。

 ちょっと休憩して、プリンターについて調べる。
 今使っているHPのものは、0.28ミリの厚紙まで印刷出来るはず。これは他社のプリンターと比較してもかなり頑張っている性能だ。それで紙詰まりが発生するのは、ローラーが汚れているからだろう。次にPOPを印刷する時までに、マニュアルに従ってローラーの掃除をしてみるか。

 プリンターを買い換えることはないと判って、ちょっと安心して、仕事に戻る。

 夜、自炊するのが面倒になり、自転車で北千住駅前まで行き、吉野家で牛丼。駐輪ハンターに捕まってしまった。自転車で吉野家に来るなら、店の側に駐めろと。まあ、10分ぐらいでも違法駐輪は違法駐輪。反論は出来ない。

 帰宅して、ネットニュースを見たら、テレ東が本社を六本木1丁目に移転すると。ついこの前、虎ノ門に移ったばっかりじゃないの?という印象だったが、もう30年経っていたのね。
 で、それがキッカケになってテレビ局が移転した後の旧局舎がどうなっているか、調べてしまった。元々テレ東があったのは東京タワーのふもと。そこは「芝公園スタジオ」になって、おれもMAのために出入りしたことがある。そこから虎ノ門に移転して、また移転するのね。
 日テレは麹町の旧局舎をそのままスタジオとして使っているし、テレ朝はアークヒルズをそのまま使っている(四ッ谷や東陽町にも臨時のスタジオがあった)とか、大阪の毎日放送が誇った「千里丘放送センター」はもう存在しないとか、大阪・朝日放送も移転して、あの音響に優れた世界的名コンサートホール「ザ・シンフォニーホール」も、再来年以降どうなるか未定らしい。
 時は流れますなあ……。

 ついついそういうことを熱心に調べてしまった。
 で、夜食に買ったバタピーを食べ、魚肉ソーセージを食べ、あんパンも食べて完全にカロリー的には過剰なのだが、それでパワーを貰って、仕事は夜の部。

 2時まで頑張って、あと少しで第1章が全部終わるところまで来た。思ったより長くなって、60ページを軽く超えてしまった。
 が、どうにも疲れてしまって、脳は停止状態に陥った。
 しかし、なんとか今夜中にあげてしまって、おれにも根性があることを証明したい(誰に?)。
 リビング兼仕事部屋の床に寝転んでちょっと仮眠して、残り数ページを書いてしまおうと思ったが……2時40分に目を覚ましたが、起きられず、次に目が覚めたのは3時40分。
 しかし、頭は完全に睡眠状態になってしまったので、おれには根性がないと諦めて、ベッドへ。雑誌原稿で明日が〆切ということなら、頑張って起きたのだが……。

本日の体重:87.80キロ(この数値は怪しい)
本日の摂取カロリー:2939kcal
本日の消費カロリー:日常生活+97kcal/1871歩

« 読者の皆様に厚く御礼申し上げます | トップページ | 第1章やっとあげて、MET「椿姫」最終回に滑り込み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/54760131

この記事へのトラックバック一覧です: あと一息でへたばった:

« 読者の皆様に厚く御礼申し上げます | トップページ | 第1章やっとあげて、MET「椿姫」最終回に滑り込み »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト