« 「春過ぎて夏来たるらし白たへの衣干したり天香具山」な気分 | トップページ | 「第2章」あがった! »

2012年5月25日 (金曜日)

雨降りだから仕事のみ

 7時過ぎに電話が鳴って起こされたが、出たら切れていた。
 二度寝も出来ず、そのまま起床。
 完全に寝不足。

 曇りのようだが、よく見たら雨が降っていた。本日は一日中小雨模様。
 なので本日は、仕事のみ。
 おかげでかなりはかどった。

 ブランチは、冷凍スパゲティ・ペペロンチーノ。これだけでは足りないので、トーストを焼いて杏ジャムで食べる。

 仕事を続ける。

 突然、昔懐かしい記憶が蘇る。
 日本テレビ系で放送した英国製のスパイ・アクション「秘密司令S」がもう一度見たくなった。ミステリー・チャンネルかどこかで放送したみたいだが、今はしていない。これを見るなら吹き替え版で見たい。あのタイトルテーマ曲(シリル・ステイプルトン・オーケストラ)が好きだったんだよねえ。シングル盤を買ったし、探せばまだあるだろう。裏面の「サマーセット・モーム・シリーズのテーマ」も好きだった。番組は放送されなかったと思うが。で、YouTubeにあった。なんでもありますねえ。
http://www.youtube.com/watch?v=mSUATvb4LKs

 昔、ディズニーランドが出来る遙か昔に、「横浜ドリームランド」というのがあった。コンセプトはディズニーランドのパクリだが、本家ほどサービス精神は徹底していなかった。それでも規模としてはかなりなものだった。まあ子どもの目から見れば、どんなモノでも壮大に見えるけど。
 開園してすぐ行ったし、子どもの頃は何度も行った。そして閉園直前にも行った。
 ジャングル・クルーズもどきのアトラクションで、いきなり水面に恐竜がぬっと出てきたのには心底驚いた。生涯であれほど驚いた事も少ないだろう。
 それと……日本最初の「超高層ホテル」だった、ホテル・エンパイア。ここに一度でいいから泊まりたかった。小林信彦が脚本を書いた「進め!ジャガーズ」という映画に、世界制覇を目指す悪の結社の本部として登場した(んじゃなかったっけ?)が、今は横浜薬科大学の図書館になっている。懐かしいなあ。

 しかしどうしてこういう事を突然思い出すのだろう?

 仕事を続ける。

 午後、甘味が食べたくなって、近所で団子を3本買ってくる。みたらし、こし餡、いそべ。美味い。
 くってから仕事に戻る。

 夕方になって、疲労困憊。寝不足が響いた。
 ベッドにはくーたんが寝ているので、おれは仕事場兼リビングの床にゴロ寝。30分ほど爆睡。

 目を覚まして、夕食のことを考える。スパゲティを作るか、あり合わせのもので食べるか、なにかおかずを買ってくるか。冷凍庫には牛肉があるからオイル焼きを作れるのだが、それはちょっと重い。

 近所のコンビニに行ったが、「おかず」になりそうなものはないので、レトルトのカレーを買う。
 結局、冷蔵庫にあった中華サラダに揚げ茄子の煮浸し、ちりめんじゃこに卵焼きをプラスして、食べる。

 食後、仕事を再開。

 頭がどんよりしてきたので、風呂に入る。
 髭を剃ってサッパリし、仕事再開。「タモリ倶楽部」の時間までやる。 
 枚数的にはあと10ページで第2章は終わる、というところまで来たが、内容が膨らんでいるので残り10ページでは終わりそうもない。それでも、明日には終わるだろう。1章1週間というのはいいペースだ。しかしスタートが遅かったからなあ。

 「タモリ倶楽部」は「空耳アワード」の後編。先週より面白かった。
 「ぷっすま」の「新作ロケ朝弁」、後編も見る。美味そうだなあ。

 で、これ以上は出来ないので、営業終了。寝る。
 1時就寝。

 しかし、早くソファを買いたい。いろいろ考えたが、ここまで全部自分で組み立ててきたのだから、ソファも自分で組み立てよう。2時間もあれば出来るのなら、自分でやろう。ソファのあとはベッドもやろう。
 この2つをやれば、新居のナニは完了だ。

 しかし……改めて部屋の中を眺めると、本ってこんなに要るのだろうか?という素朴な疑問が。好きな作家の本は手持ちに置いておきたいが、そうでもない本は思い切って整理して、部屋を広く使った方がいいんじゃないか?
 仕事が一段落したら、考えてみよう。書庫がある場合は別にして、他の方々はどうしてるんだろう?見学しに行きたい気分。

 「河本準一問題」について。おれは、河本が言ったとされる「貰えるものは貰うときゃええんや」の言葉がなければ、ここまでの騒ぎにはならなかったんじゃないかと思う。生活保護の不正受給についての不満が増していたときだから、この言葉に発火したのだ。
 まあ、今は売れっ子だが、ずっと食うや食わずで、それに最近は大病をして長期間仕事を休んだ、という事で生活に不安を感じて親への援助に慎重になったという気持ちはよく判る。これは自営業者なら共有出来る不安だ。サラリーマンには判るまい。それに、吉本は薄給で有名だし……。
 とは言え、かなりの年収になっていたここ数年も、同じペースで生活保護を受給していたというのは当人が言うように、「甘かった」ということになるだろう。
 しかし……おれが河本だったら、どうしただろうなあ。

本日の体重:まだ計れず
本日の摂取カロリー:1728kcal
本日の消費カロリー:日常生活+α

« 「春過ぎて夏来たるらし白たへの衣干したり天香具山」な気分 | トップページ | 「第2章」あがった! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/54801315

この記事へのトラックバック一覧です: 雨降りだから仕事のみ:

« 「春過ぎて夏来たるらし白たへの衣干したり天香具山」な気分 | トップページ | 「第2章」あがった! »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト