« 「アンストッパブル」はクロサワの幻の傑作「暴走機関車」だった! | トップページ | なんか落ち着かねえなあ »

2012年5月 5日 (土曜日)

お見舞い行って、日比谷

 8時過ぎ起床。
 最高にいい天気なので、洗濯。干したり朝のモロモロをしていると、午前の時間は過ぎていく。

 ご飯を炊いて、蒸らす間に近所のコンビニで買い物。
 帰宅して玉子かけご飯。しらすに切り干し大根の残りにお新香。美味しいので軽くお代わり。ご飯を冷蔵パックに入れたら、少し余ってしまったので、お茶漬けにして食べてしまう。

 本日は、午後、緊急入院している聖さんをお見舞いに行く。面会時間は15時からだと思っていたら、今日は祝日だから13時から可能だったのね。
 しかし、なんだかんだしていると、すぐに13時を過ぎてしまい、慌ててシャワーを浴びて、外出。

 静かでうららかな午後。平和を実感。そういや、今日、日本にあるすべての原発が止まるんだね。

 神保町で新宿線に乗り換えて、幡ヶ谷。
 休みの日の病院は閑散としている。
 聖さんは4人部屋に1人で、個室状態。血色は良くてお元気そう。緊急入院までの経緯を伺う。やっぱり、「なんかヘンだなあ」とカラダの異変を感じたら、すぐに医者に診て貰うべきだなあ。こじらせると恐ろしい。聖さんはずっと多忙で、過労もあったんだろうと思うけれど……。
 お元気そうではあったけど、起きていると点滴の落ちが悪くなるし、短い文章なら書けるが長いものはシンドイらしい。静かな環境で点滴だけで栄養補給してるから、トイレ以外「雑用」はなくて仕事に専念出来るようで……出来ない。病気で入院してるんだから当たり前だが。
 まあ、こういう冗談が言えるのは、聖さんが元気そうだから。とにかく、安心。
 
 あんまり長居しても休息のお邪魔になるので、午後5時のチャイムが鳴ったので、腰痛対策用の腰当てクッションをお渡しして、辞去。

 幡ヶ谷と笹塚の中間あたりに美味そうな博多ラーメンの店があるというので行ってみたら、営業開始は18時だった。
 じゃあ、久しぶりに四ッ谷の「バンビ」に行ってハンバーグでも食べようかと思ったが、ここは京王線。四ッ谷に出るのは面倒くさい。ま、新宿で乗り換えればいいんだけど。
 しかし笹塚に行けば何かあるだろう。

 で、結局、「ステーキのヒーローズ」の笹塚店があった。
 ここで、150グラムのサーロインのサラダとスープのセットを食べる。美味い。キノコのサラダが美味かった。

 で、所用で外出中の相方に電話してみたが繋がらなかったので、大人しく帰ることにして、笹塚から神保町へ。
 駅のプラットフォームで相方から電話が入り、日比谷で合流することにする。毎年この時期にやっているクラシックのお祭り「ラ・フォル・ジュルネ」の最終日。

 新宿線で大手町。そこから日比谷というか有楽町まで歩く。けっこう遠い。が、丸の内の休日の夕暮れというのも、なかなか風情がある。復元完成間近の東京駅は風格がある。しかし、突然ここだけアムステルダムが出張してきてる感じ(東京駅はアムステルダム中央駅をモデルにしたんでしょ?)で、今の丸の内には違和感アリアリ。どうせなら丸の内一帯を以前のような「小ロンドン」にしてしまえばいいのに。無理か。

 東京国際フォーラムの広場で相方と合流。今回は忙しくてチケットを買う余裕がなかったが、お祭りには参加したい。
 いろいろ出ている屋台で食べ物を買い、広場のベンチに座って無料コンサートでも聴いて帰ろうと。
 おれは、笹塚でステーキは食ったけど、ちょっと足りない気分だったので、グリルしたチキンをご飯に載せたヤツを食べる。美味い!それにコップ1杯の赤ワイン。

Img_0779

 ピアノソロでストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」を演奏するのを聞く。芸大の学生さんの演奏だったが、なかなか良かった。ダイナミックで色彩を感じたぞ。この曲の前にやったラフマニノフの「ヴォカリーズ」もよかったし。

 で、近くの屋台に「つけ麺」があるのを発見。ついつい食べてしまった。お祭りに来るとあれこれ買い食いしたくなるのは、子供の頃の刷り込みだよなあ。いや逆に、子供の頃はあんまり祭の時、買い食いしなかった。食いたいモノが並んでなかったし、親に「得体の知れないものは食べるな」と言われていたし。しかし今は、美味そうなモノがずらっと並んでいるもんな。

 東京駅まで戻って、八重洲口から南千住までバスに乗る。
 ここからは長距離夜行バスがどんどん出発していく。
 長距離夜行バスの隆盛が、寝台列車の衰退を招いた。このバスだってJRが運営している。どうしてJRは自分で自分の首を絞めるのだ?まあ自分のところがやらなければ他社がやってしまうと踏んだからだろうが……。
 鉄道を活用する方が、環境にも優しいはずだし、事故だってバスより少ないはず。利用者が増えて本数が多くなれば寝台車の経費も下がって運賃も安くなってもっと利用しやすくなって……という好循環が生まれる……いや、今のご時世、寝台車を走らせるのはたいへんなのだろう。ブルトレ黄金期に製造された寝台車は耐用年数が来て、コストの面で新造も出来ない。となれば、廃止されるのも夜の流れか……。しかし、利用者が多ければ新しい寝台車を作る気にもなるだろうに。実際問題、チケットが取れない「北斗星」に廃止の声はないし、老朽化すれば新造されるだろう。

 それはともかく、南千住行きのバスが来て、乗り込む。
 日本橋から浅草橋、浅草と来て、南千住。浅草までは空いていたが、浅草で満員状態。

 南千住で日比谷線に乗って、北千住。

 今日は月が一番大きく見える日らしい。
 iPhoneで写真を撮ってみたが、ま、こんな程度にしか写らないのは仕方がない。Img_0780
 帰宅して、くーたんの機嫌を取り、シャワーを浴びて「チューボーですよ」を見る。寺尾聰がゲスト。このクラスだと堺正章に言いたい放題。

 で、1時就寝。今年のGWは、イトコの家でのバーベキューと今日で終了。明日は仕事に集中しよう。

本日の体重:87.20キロ
本日の摂取カロリー:2733kcal(ま、お祭りだったので)
本日の消費カロリー:日常生活+596kcal/11699歩

« 「アンストッパブル」はクロサワの幻の傑作「暴走機関車」だった! | トップページ | なんか落ち着かねえなあ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/54760711

この記事へのトラックバック一覧です: お見舞い行って、日比谷:

« 「アンストッパブル」はクロサワの幻の傑作「暴走機関車」だった! | トップページ | なんか落ち着かねえなあ »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト