« 内憂外患な一日 | トップページ | モリコーネ・アジア最終予選オーストラリア戦・「リーガル・ハイ」 »

2012年6月11日 (月曜日)

カッコいいタイトルが決まったが、仕事進まず気功へ

 7時起床。
 恐る恐るデスク周りを見たが、被害はナシ。昨日のスピーカー・ケーブルを囓りきったのは、くーたんの「魔が差した」所業だったのだろうか。逃げ出した大捕物と並んで、二大「魔が差した」悪事だなあ。まあしかし、警戒と対策は続ける。
 
 そもそも、引っ越しをしたのは、仕事部屋を独立させてくーたんの魔の手からMac関係や資料を守るのも目的だった。しかし2DKではそれも出来ず、逆に寝室を独立させて現在に至るわけだけど……。もう一度、部屋のレイアウトを考える。引っ越しから1年の間、アート引越センターは「無料模様替えサービス」があって、家具の移動をやってくれる。
 いろいろ考えたが、やっぱり考え抜いて決めた今の配置が一番かも……いや、そうじゃないかも。ソファをソファベッドにすれば仕事部屋を独立させられる……というところまで立ち戻ったり。悩みは深い。しかし、くーたんは知らん顔。

 日記を書いていたら、9時を回ってしまった。カイロの予約がある。
 腰はほぼ大丈夫な状態だが、先生に確認して貰いたい。
 ちょっと雨がぱらついていたが、自転車でカイロまで走る。

 結果は良好。今夜の気功もやって大丈夫とお墨付きをいただく。
 北千住駅に回って、ネットで予約した夏の伊豆旅行第二弾の予約金を支払おうと思ったら、「びゅうプラザ」が開くのは10時30分。しかし今は10時10分。改めて出直すか、ちょっと待つか。
 駅に設置してある北千住の地図を熟読したり、iPhoneでメールをチェックしても、時間は全く経たない。
 そのうちに便意を催したのでルミネに入り、男子トイレに入ったら個室は使用中。がっかりしたら便意も遠のいてしまった。

 そんなこんなで10時30分。めでたく予約金を払って旅行は確定。
 そのまま帰宅。

 今日は朝から祥伝社文庫のタイトル会議。昨夜、いくつか案を書き送ったのだが、お昼前に結果のメールが来た。
 おお、凄くカッコイイものに決まったぞ。おれは全く思いつかなかった。う〜んカッコイイ。題名負けしないよう、中身も頑張らなければ。

 「第4章」、視点の移動にともなって、構成を整理した方が読みやすくなるんじゃないかと思案。どう整理するか考える。

 ブランチは、昨日買って食べなかった「ぶりの照り焼き」を温めて。なかなか美味い。

 仕事に戻るが、邪念に邪魔されて(って、これは「馬に乗馬する」式悪い表現だが)なかなか集中出来ない。いかん。いかんぞう。

 風呂に入って髭を剃っても頭がぴりっとしない。
 仕方がないので、ハコというかコンテを修正して詳しく書き込む。
 これをEverNoteに貼ってiPhoneでも読めるようにして、早めに外出。しかし、今日は北千住駅からではなく京成千住大橋から乗るという「いつもとは違うコース」を試してみたら、いつもより時間がかかってしまった。
 北千住からだと半蔵門線か日比谷線1本で行けるのに、京成を使うと余計な乗り換えが必要。というか、都営浅草線の人形町から歩けば良かったのに、東日本橋で馬喰横山まで歩いて都営新宿線に乗り換えたので余計に時間がかかってしまった。この乗り換え、こんなに駅同士が遠かったとは。

 とは言え、今回は遅刻せずに到着。ギリギリだったけど。
 どたキャンが多くて、生徒はオジサンばっかり。
 全身を動かして汗をかくのはテニスとはまた違って、リフレッシュする実感がある。その後お酒を飲んで馬鹿話をして帰宅して風呂に入って寝るのは、とてもいい気分転換。というか必須な感じ。
 
 で、いただきものを二冊ご紹介。
聖龍人さんの
「夜逃げ若殿捕物噺5〜姫は看板娘」(二見時代小説文庫)
田安家ゆかりの由布姫はじゃじゃ馬姫として名高いが、お忍びで江戸に来た若殿・千太郎君(ぎみ)と出会い、千太郎の本当の姿を知らぬままに探索に協力、茶屋娘に変身して……江戸の怪事件に挑む!と言うか、このシリーズは題名の通り、祝言を前に夜逃げした若様・千太郎が主人公のシリーズ。今回はその祝言の相手の姫とタッグを組んでの捕り物。06111_2

こちらは芦川淳一さんの
「宵待ち同心三九郎」(学研M文庫)
ほろ酔い気分でそぞろ歩くのが好きな南町奉行所の定町廻り同心・三九郎が何者かに襲われ、翌日も朋輩の同心も襲われ、北町奉行所の同心も重傷を負う。与力は腕の立つ三九郎に一連の事件の探索究明を命じるが……。
 時代小説は現代モノでは書けないことも鋭く書ける、という利点がありますが、この作品も現代の世相を炙り出すかのような物語です。
06112_2

 で、気功の後の酒席で、芦川さんが「あの大阪の通り魔、誰かを殺して死刑になりたいというなら暴力団の事務所に殴り込みを掛ければよかったんだ」という言葉に、目から鱗。なるほど!自殺出来ないんならヤクザに殺して貰えば良かったんだ。まあ、あの犯人にそういう度胸はなかったろうが。通り魔なんて、人間のカス、人間のクズの屑がやることだ。
 大阪府知事の発言が多少の波紋を呼んでいるようだが、真っ当なことを言ってるとしか思えない。自殺を防止する立場の府知事が「死ぬなら一人で勝手に死ね」と言ったのはアレかもしれないが、まったく無関係な人を殺めて死刑になりたいというクズへの言葉として、まったく間違っていない。おれは松井知事を支持するぞ。

 で、23時前に無事、帰宅。もうマジで、世の中、なにが起きるか判らない。まあ、マイケル・ムーアが「アメリカに比べて別世界のように安全」と言ったカナダでも銃乱射事件があったし、フィンランドやノルウェイでも連続して銃乱射事件が起きている。しかし、そういう事件に巻き込まれるのは「運が悪かった」と天災に遭うように考えるようになってはいけない。人間が起こす暴挙は防げるはずなんだが……。

 留守中、くーたんは悪戯をしていなかった。ご飯を出し、シャワーを浴び、しばらく遊ぶ。
 くーたんが悪戯をしたのは、遊びが足りず退屈していたのだろう。だから、寝る前にとことん遊んでやることにする。
 猫じゃらし相手に飛び回るくーたんは、本当に嬉しそうだ。忙しさにかまけて、くーたんを放置してはいけない。

 1時過ぎに就寝。

本日の体重:88.80キロ
本日の摂取カロリー:1989kcal
本日の消費カロリー:日常生活+585kcal+419kcal/8259歩

« 内憂外患な一日 | トップページ | モリコーネ・アジア最終予選オーストラリア戦・「リーガル・ハイ」 »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/54941358

この記事へのトラックバック一覧です: カッコいいタイトルが決まったが、仕事進まず気功へ:

« 内憂外患な一日 | トップページ | モリコーネ・アジア最終予選オーストラリア戦・「リーガル・ハイ」 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト