« エスケープは絶対必要 | トップページ | 一日掛けて書き直し »

2012年6月15日 (金曜日)

世の中大変だけど仕事に集中して「第4章」了

 8時起床。
 ズルズルと寝る時間が遅くなっているけど、起床時間は7時か8時に固定されてしまった。徹夜しても9時には目が覚めるし。以前は、3時に寝て10時に起きるパターンだったんだよね。その分、深夜に腹が減って、バイクに乗ってラーメンとか食べにいっていたから、ぶくぶく太ってしまったのだが。

 朝のモロモロを終え、仕事をしつつ、宅配便の配達を待つ。くーたんにケーブルを噛みちぎられて修理に出したタイムドメインLightの修理がもう完了したのと、第9話だけ見てすっかり魅了されてしまった「リーガル・ハイ」の公式ハンドブックを注文したので。あと、ATOKの最新版も来るはず。
 相次いで荷物が到着。
 タイムドメインLightは、怪我が治っても他の選手にポジションを取られてしまったスポーツ選手、という形になってしまった。でも、このスピーカーの音も好きなので、いずれ別の形で復活して貰おう。修理代金は4400円。

51pgfiykrl_sl500_aa300__2
 で、「リーガル・ハイ」本は、ドラマと同様、面白くて中身も詰まっていて、ついつい読みふけってしまった。脚本の古沢良太と堺雅人との対談が実に興味深く、あのキャラクターやドラマの骨格がどのように作られていったのかが、幾分かは辿れる。
 今、もっとも注目すべき脚本家は古沢良太であろう。秀作・傑作を連発していて、凄いと言うしかない。しかも作品の幅が広い。のどかな「三丁目の夕日」にガチガチの「外事警察」、そして「相棒」に、コメディとしても優秀なのに言いたいことも主人公に言わせてしまう破天荒な、この作品。
 溜息が出ますなあ。

 とは言いつつ、仕事はバリバリ進む。今日の午前中には「第4章」を終わらせる!という固い決意のもと、ガンガンやる。あと10ページ、と思っていたら、書くべき内容が思ったより多くて、その上、書いていると自分でもワルノリして筆が進み、分量的にはまたまた膨らんだ。

 と。
 仕事をしながら洗濯をしていたので、終了のブザーが鳴った。洗濯機のそばにいくと、床が濡れている。
 ヤバい!洗濯機の水が漏れている!
 即座に管理人さんに電話して、修理を依頼したが……よく見ると、洗濯機の排水パイプが外れていた。振動で抜けたのだろう。
 原因が判れば対策は取れる。抜けないようにすればいい。水漏れも軽微で、ウチの床に少し漏れた程度。
 管理人さんに再び電話して大丈夫ですと伝える。
 が、排水パイプをセットし直して、これで本当に大丈夫か検証するために、タオルなどを洗濯。

 仕事を進める。
 ブランチは、パストラミ・ソーセージのサンドウィッチ。
 集中していると、少量で満足する。「仕事ダイエット」ってありそう。しかし、そこまでの集中は、めったに出来ないのが泣き所。

 洗濯機の水は漏れず、洗濯完了。干しに行く。
 読売の発言小町に、「風邪を引いたら彼氏が差し入れしてくれたのはいいけど、1万円もするダイエット・スープで、しかも代金を取られた」というトピがあって(「発言小町」断ちを宣言したんと違うんかい!)、多くのレスが「男なんてそんなもの」「普段、看病とか買い物とかしてなければ、そんなもの」というもので、おれはそれに驚いた。世の中には、そういうことも知らないで偉そうにしているバカ野郎が多いのか。まあこのダメ男の最大のダメポイントは、カノジョの看病差し入れのはずなのにきっちり代金を取ったこと。買ったモノが的外れでも、普通はオゴリだろ。しかも彼女が「どうしてこれを買ったの」と遠慮がちに訊いたら「キミには人の好意に感謝する気持ちがない」と逆に説教されたとか。バカも極まれり。
 一人暮らしが30年を超えたおれは、やれと言われれば家政夫も出来るし特売品でやりくりも出来るぞ。普段は面倒だからやらないけど。しかし世の中の男って、上記のような無能バカがマジに多いのかな?

 息が切れたら、YouTubeで、松尾貴史の最高傑作「朝までナメてれば」を見る。これ、レンタルビデオで見たっきりで、久々の再会だが、やっぱり面白い。「原発」「放射能」を「武田鉄矢」に置き換えるナンセンスが効いている。しかし、1989年製作のこの作品、物故してしまったヒトも多いんだよなあ。

 そんなこんなで、予定を少々超過して、お昼を回って夕方に「第4章」を終える。すぐに相方と祥伝社M氏に送る。

 今日の夜、「第5章」の打ち合わせを相方とすることにしたので、考えなければならないのだが……頭の芯が疲れ切ってしまって、何も考えられない。「リーガル・ハイ」の本も読めない。
 
 腹も減らないが、このまま夜まで何も食べないのもアレだろうと思って、外出。
 北千住東口の「珍来」で炒飯を食う。美味い。いつもは餃子もつけるが、今日はそれだとちょっと多いので、炒飯単品。

 隣のペット用品店でくーたんの好物の猫飯を買い、帰宅。

 部屋のレイアウトを変更して、初心貫徹して仕事部屋をやっぱり独立させるべきかどうか、考える。Macの周辺機器を接続するケーブルを囓られるのを警戒するならば、テレビの複雑な配線だって囓られる危険性は同じ。しかし今のところ、テレビ関係に被害はない。
 それに旧居ではケーブルは全く囓らなかった。
 という事は……この前の事件は、たまたま「魔が差した」のか?ならば、リビングを仕事場兼用にしている現状でも大丈夫か?
 レイアウトを変更するなら、買う予定のソファの選択が変わってくる。まあ、この「悪漢刑事9」が終わるまでは身動きが取れないので、それまでいろんなケースを想定して考えてみよう。これが息抜き。
 まだまだ引っ越しの混乱は収束しない。

 「第4章」をあげたので、ようやく世間のことに目が向く余裕が出来た。
 週刊文春の小沢一郎夫人による爆弾スクープは、他のマスコミはほぼ完璧に黙殺。ここまで黙殺するのも異常。
 しかも、時期の問題もある。
 これは、消費税増税に絡む、民主党分裂を意図する、大掛かりな計略ではないのか?週刊文春が保守勢力にべったりなのは昔からのことだし、他のマスコミの黙殺も、すべて計算済みというか、根回しが済んでいるんじゃないのか?
 小沢への不信感を増大させ、政治的に失脚させるが、微妙なバランスでマスコミの総叩きにはせず、週刊文春単独にしておくのがミソ……。
 どうも自民党主流派の知恵者が絵を描いた感じがする。
 民主党が不幸なのは、こういう知恵者が小沢一郎しかいなかった、ということか。しかも小沢一郎は党内で異質なままだし、すぐに政局に走って黒子に徹することが出来ないし、人望もない。

 オウムの高橋が遂に捕まったのがこのタイミングというのも、なんだか出来過ぎな感じがする。増税と原発から国民の目を反らすための一連の出来事じゃないのか?と勘ぐり出すとキリがない。
 それほど、クサい。
 マスコミの週刊文春黙殺は、異様だぞ。ウラで各社はもっと凄いネタを漁っているのかもしれないが……。
 マスコミは全部、誰かの支配下にあるような感じがして、もの凄く嫌な感じがするんですけど。

 で、今週の週刊文春は、AKB48のスキャンダルも載っていて、凄いと言えばスゴイ。

 で……長らく逃亡していたオウムの高橋、最新の似顔絵って似てないじゃん!どれもヘンな顔過ぎて、実物の渋さも感じる中年男の顔じゃなかった。これも計略だったのか?と、陰謀史観の血が騒いでしまうが……。
 あのメガネは若者向きのものだったそうだが、なんか、いい感じ。ま、おデブなおれには似合わないけど。

 で、20時になって、ファミレスで相方と打ち合わせ。
 世間話に花が咲くが、肝心の打ち合わせはなかなか進まず。というのも、おれの脳は疲れ切っていて、「だいたいの流れ」は考えられるが、細かなディティールを考えられない。
 それでも、「第4章」の修正ポイントは話して理解して同意して、直すことにしたし、「第5章」の流れもだいたいフィックス出来ただろう。
 カロリーを考えてチキン・ステーキにしたが、その後チーズケーキを食べてしまったし、明日は雨と言うことで、帰路、買い物をして、ついでにおにぎりとバタピーを買ってしまい、帰宅して風呂に入ってビールを飲みながら食べてしまった。

 で、ビールを飲みながら「タモリ倶楽部」を見る。山手通り拡幅の工事記録。こういう地味な土木系ネタを面白く見せるのはこの番組の独壇場。
 中目黒に住んでいた頃は、毎日のように山手通りをバイクで走っていたので、馴染みのあるところばかり。しかし、風景は全く変わってしまった。道を広げるのに伴って、当然ながら建物を壊したんだから、風景も激変するよね。
 東中野のあたりも激変したが……いや〜東京って本当に変貌する。この街は常に変貌し続けるのか?
 19世紀の終わり頃に完成してしまって、その後は大きな変化のないパリやロンドンが懐かしい(って数日しか滞在しなかったけど)。ニューヨークは変貌しているが、東京ほど劇的な変化はないはずだ。20世紀前半に安定期に入ったような感じだが……。

 「ぷっすま」の激辛は、なんだか中途半端なまま終わってしまった。が、凄く激辛な麻婆豆腐を食べたくなってしまった。でも明日は雨なんだよなあ。家に籠っていたいなあ。食い物も買ったし。

 というわけで、2時前就寝。
 その1時間後、くーたんが大きな音を立てたので目を覚ますが、特に何もなかったようなので、そのまま寝る。

本日の体重:88.50キロ
本日の摂取カロリー:2553kcal
本日の消費カロリー:日常生活+133kcal(自転車)

« エスケープは絶対必要 | トップページ | 一日掛けて書き直し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/54977190

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中大変だけど仕事に集中して「第4章」了:

« エスケープは絶対必要 | トップページ | 一日掛けて書き直し »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト