« アタマもカラダも疲れた | トップページ | 梅雨入り前のスゲーいい天気だが、仕事 »

2012年6月 7日 (木曜日)

スッキリ前進。しかし……

 7時起床。
 寝坊したわけではないが、ぐっすり寝て、実にスッキリ。精神的疲労だけではぐっすり眠れないが、肉体疲労があると睡眠が深い感じ。
 ともかく、スッキリ。
 だが、スッキリしないのがニフティ。
 メールチェックなどの機能が麻痺。おれのMacがおかしいのかと何度もリセットしたが、同じ。ニフティのトラブル情報ページも見られない。が、朝日のサイトに「ニフティがトラブル」という記事が出た。
 なんだかんだしているウチに回復。

 で、「第4章」。早く書き出したいが、具体的なイメージがなかなか浮かばないし、具体的な展開もきっちり浮かんでこない。「書きながら考える」のに限界があるおれは、書き出す前にかなりイメージやアイディアを固めておく必要がある。
 午前中、頑張って詰めようとするが、全然ダメ。
 近所でおにぎりを買ってきて、笹かまぼこをおかずに食べたが、栄養補給の成果も出ず。

 午後、相方とファミレスでランチ。生ハムとアスパラガスのクリーム・スパゲティを食べ、アイスケーキをデザートに。
 喋っているとアタマもほぐれて、なんとか回るようになってきて、具体的なイメージもいろいろ浮かび、ハナシの並びも見えてきた。
 
 その後、予約してあったカイロへ。AKB総選挙の話題になったが、意外なヒトがAKBの熱狂的ファンだったりするので、この話題を出すのは慎重を期する必要があるが、興味ないモノは仕方がない。と、若先生も同様で、同じように話題にするのに慎重を期していたようで、大笑い。おれはカネを儲けたい大企業に組織化されてガチガチなAKBとその系列よりも、弱小だけど楽しんでやっているももいろクローバーZとかフェアリーズの方が好きだぞ。と言っても、もうアイドルにはほぼ、興味を惹かれないのだが。

 帰路、ダイエーに寄って買い物。今夜は冷蔵庫に眠っている牛肉をオイル焼きにしようかと思ったが、カツオのたたきがあったから、迷うことなくこっちに決定。
 
 帰宅して、仕事。「第4章」のハコというかコンテを立てる。
 一区切ついたところで、夕食。
 今回は切っていないカツオのたたきを買ってきたので、野菜も一から用意して、カツオに包丁を入れる。上手く切るコツは、ごりごりと押したり引いたりしないで一気にすっと包丁を手前に引くようにして切ると、断面が滑らかで美味しくなると、「美味しんぼ」か料理番組で知ったのだが、これがなかなか出来ない。刺身包丁があれば出来るが、そんな専門的な道具は持ってないし。
 それでもなんとか切って、盛りつけて、食べる。
 しかし、今回は野菜が失敗。ニンニクの分量が宜しくなかった感じ。多すぎるとエグいし、少ないと物足りない。

 食後休憩。
 NHK「仕事ハッケン伝」は毎回見ているわけではないが、見ると感動する。今回は、ザブングル加藤が女の子雑誌の編集者になって見開きページを担当することになる。加藤は真面目にレイアウトを考えるが……。
 実際に雑誌に掲載するものだから、番組タイアップで芸人が作ったページだとしても、レベルの低いものは載せられない。
「あとはこちらで」と言われて加藤は発憤し、期間を延長して別の仕事先でも作業を続ける。それがどんどん形になって「進化していく」のが判るのが感動。
 自分の仕事に近いことだから、編集者の仕事のキツさも少しは判るし、加藤の真面目さにも感動。
 この番組は作り方が上手いせいもあるが、毎回、感動しますなあ。

 それに引き替え、読売の「発言小町」は、バカなトピ主もいるが、レスを返す側にもバカが多い。実にトンチンカンでトピ主の真意を全く読み取れず理解出来ないバカが大挙して湧いたトピがあって、おれはそれを批判することを書き送ったが採用されず。大勢のバカが腐った事を書き連ねているのを見ていると吐き気がしてきたので、もう「発言小町」は見るのを止める。バカが得意げに他人を諭すのは滑稽すぎて呆れ果てる。これがネットなのかもしれないが、「発言小町」は管理者が書き込みを選択して載せているから、読売側の意図も感じる。管理者は、バカな連中のアタマの足りない発言を正当だと判断しているのだろう。これにもガックリ。

 ガックリと言えば、「東電OL殺人事件」の再審が決定して、マイナリ受刑者が釈放された件。検察は被告に有利になるかもしれない証拠を持っていた事実を隠していた。これがやっと再審するかどうか判断する裁判で判って鑑定されて、マイナリ受刑者のものでは無いと判明して、再審が決定した。
 検察側に不利になるから証拠を隠す検察って、最悪ではないか。こんな事がまかり通れば、警察・検察が狙い撃ちした被疑者は有罪になってしまう。弁護側も法廷戦術的に弱かったんじゃないかという疑念もある(富山の冤罪も、弁護側が腹の立つほど弱腰だった)が。
 2005年から、こういう「証拠隠し」が出来にくくなったそうだが、検察・検察がその気になれば、捜査資料や証拠の隠匿なんかやり放題だろう。実に恐ろしいことだ。
 裁判員裁判の利点は、今までまかり通っていた「間違った慣例」が幾分かでも正されて修正されてきたこと。
 これも、マイナリ受刑者が犯人だというストーリーを立てて、その線に沿った証拠集めをした結果だ。「判断に絶対間違いはない」と言い切った警視庁の元幹部というのも恐ろしい。お前は絶対間違いを犯さないのか?お前は神か?いや、神だって間違いを犯すんだからな。「自分の判断は正しいのか?」と常に自問自答しない警官や検察官は、恐ろしい。暴走した結果、誰かの人生をメチャクチャにしてしまう。

 いつも思うが、こういう間違った捜査をして裁判を仕切った警察官や検察官の責任が問われない(内部ではいろいろあるのかもしれないが)のはおかしい。大きな間違いを犯した担当者は、叱るべき責任を取って欲しい。それで士気が下がるとか言うのなら、そんな程度の士気なら、クソの役にも立たないものだと言うことだ。

 仕事に集中しているとニュースに関心がなくなるが、やっぱり黙っていられないこともあるのだ。

 東電の家庭用料金値上げの公聴会についてもそう。「値上げは仕方ないと思っていたが、この内容を見たら、支持出来なくなった」という人もいて、異論続出。で、あの腐った労組委員長は内輪の席で、ユーザー批判をするんだろうか?あの労組委員長は釈明会見をすべきじゃないのか?労組委員長なら何を言ってもいいのか?進退も問われないのか?

 ネットでプードルを買ったら羊だった、という都市伝説は本当だった、と言う信じ難いハナシがある。しかしその前に、ネットで生き物を買う愚は責められないのか?
 ネットで動物を売買するのは禁止すべきだ。動物を荷物扱いして送るというのは動物愛護法に違反しないのか?
 売る側が糾弾されるのは当然だが、買う側もおかしい。ペットショップに買いに行く時間がないヤツに、ペットを世話する時間があるとは思えない。生き物は、きちんと店で買え。というか、ペットを店で売る事自体、おれは反対だが。
 
 で、仕事に戻る。
 粛々と作業を進めるが、どうもカツオだけでは足りなくて、パストラミ・ソーセージを少し食べる。美味い。これ、サンドウィッチにしたら最高だね!
 
 「アメトーク」が始まる前に、なんとか終了。相方に送る。

 今夜の「アメトーク」は師匠ネタ。しかし今の芸人たちに師匠はいない例が多い。今回も、ナイツ以外は養成所出身で師匠はいないんじゃないのか?だから、「同じ事務所の先輩の逸話」だった。ナイツも自分の師匠の話ではなく、浅草芸人の話だったが。
 吉本のベテラン芸人の話より、浅草の「一般には知られていない超ベテラン芸人」のハナシの方が断然面白かった。
 こういうトークは漫才やコントとはまた別の才能が必要で、サバンナ高橋は抜群に上手い。安田大サーカスの団長も意外に上手い。

 で、0時30分就寝。

本日の体重:88.45キロ
本日の摂取カロリー:2219kcal
本日の消費カロリー:日常生活+131kcal/2368歩

« アタマもカラダも疲れた | トップページ | 梅雨入り前のスゲーいい天気だが、仕事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/54905248

この記事へのトラックバック一覧です: スッキリ前進。しかし……:

« アタマもカラダも疲れた | トップページ | 梅雨入り前のスゲーいい天気だが、仕事 »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト