« 世間は夜になってバタバタと | トップページ | ヘトヘトになって「第3章」やっと終了 »

2012年6月 4日 (月曜日)

ちょっと息切れ

 7時起床。
 「今日こそは」と思う毎日だが、マジに今日こそは「第3章」をあげなければ。

 相方のメモを活用して、どどっと進んで、その勢いで終えられるという皮算用があって、その部分は順調に進む。

 突然、コシの強いうどんが食いたくなった。しかしこの近辺で食えるのは「はなまるうどん」か「丸亀製麺所」のうどん。このどっちかだと「はなまる」の方が美味い。
 ちょうどお昼前だったので、北千住東口の店に急行。
 きつねうどんの中にシャケのおにぎりとコロッケを食べる。これだけで軽く1000kcalを越えてしまうんだもんなあ……。

 食のストレスを解消して、帰宅。
 帰宅して、仕事再開。
 が、相方のメモ部分が終わってからの場面転換で引っかかった。
 その打開策はすぐ浮かんだが、文章にするのに苦心。
 それと同時に、もっとギリギリしてシビアな心理戦に持ち込みたい場面なのに、なんだかホンワカしている調子に首を捻る。登場人物の神経をすり減らす、疑心暗鬼の腹の探り合いの書き込みが足りないというか、そういう風に持っていくエピソードが足りないのか。
 この部分をミスると、この作品全体のトーンが来るって仕舞う。ここは慎重に考えねば。

 頭をちょっとリセットするために、夏の恒例、伊豆旅行について考える。宿泊先は毎年決まっている。ボディボードをしに行く目的があるので、絶対的な宿がある。当然ながら人気の宿で、お盆前はホテル代が高い。それは仕方がないので、なるべく安い宿泊コースを探す。まあこれは楽しい作業。
 JRの「びゅう」とJTBという選択がある。日本旅行や近ツリはサービス内容はいいのかもしれないが、こっちは海に行って泊まれればいいので、付帯サービスの善し悪しはあんまり関係ない。多少メシが寂しくても仕方がない。
 で、「びゅう」の方が安かったので、こっちで予約するか。

 夕方、どうにも眠くなったので、15分ほど寝る。

 夜、相方と打ち合わせ兼食事。ルミネの「おぼんdeごはん」で若鶏のローストを食べる。美味い。
 しかし打ち合わせに関しては、まだ「第3章」が終わっていないし、「第4章」についてのアイディアがお互い全然出て来ないので、「第3章」の問題点を話し、伊豆旅行に関する確認をして、解散。
 その後、ミスター・ミニットに修理に出していた靴を受け取る。

 帰宅して、ネットで旅行の予約を入れる。JRの特急は1ヵ月前の発売で2ヵ月先の予約だが、どうなるんだろう?

 仕事は、多少進んだが、もう少し頑張れば終わる、という砂漠の向こうにオアシスが見えてきた状態。しかし、その最後の一踏ん張りが効かない。
 
 だらだらと「報道ステーション」を見る。

 風呂に入ったが、そのパワーは出ず。
 仕方がないので、書くべき内容のメモを箇条書きにする。こうすればいいという具体的なモノはあるんだから、それを書けばいいようなモノだが、そのパワーが出ない。

 ならばさっさと寝るべきだったのだが、BSでやっていたエリザベス女王即位から60年間についてのドキュメンタリーが面白くて、見てしまった。この60年間の英国はどうだったか、と言うクロニクル。第二大戦には勝利したが、物資は不足して苦しい生活。経済は停滞したままで、色に例えると「灰色」。 経済でイタリアにも抜かれた、というのは知らなかった。
 世界にあった植民地を次々に失って、大英帝国が縮小してヨーロッパの一国になる過程だったんだから、英国民からすれば、夢も希望もない時代だったんだろうなあ。かつての「パックス・ブリタニカ」な時代はもう永遠に帰ってこないし。ビートルズやファッションや007が登場したのは英国に大きな刺激を与えたと思うけど、このドキュメンタリー的にはほとんど無視されていたが。
 
 高福祉社会は実現されたが、経済は停滞したまま。いわゆる英国病。働かなくても生活出来るから、失業率は高いまま。しかしヒトビトの労働意欲は向上しない。これって、今の日本が進みつつある状態ではないか?ヘタに働くより生活保護を受けた方がお金がたくさん貰えるという状態は、絶対にまずいぞ!
 友成純一氏のエッセイ「ローリング・ロンドン」は何度も読み返した愛読書だが、モノカキなんてどこに住んでも仕事は出来るとロンドンに移り住んだ、ロンドン滞在記で、これはとても面白い。外国で暮らしたい願望が今も昔もあるおれの興味にドンピシャ。で、上記のように、国の保証で暮らしている隣人が「どうしてお前はそんなに毎日机に向かっているのだ。人生は楽しまなきゃ」と言っていたのだが、毎日執筆に励む著者の姿に刺激を受けて職を得て働き始めたというエピソードが、とても記憶に残っている。
 若くて病気でもなく、希望する職がないと言う理由で生活保護を受けて、そのお金でパチンコ通いをしているというふざけた連中は、今後増殖していくだろう。労働が美徳というモラルはもう失われてしまったし。

 そういうことを思いつつ、このドキュメンタリーを見ていると、実に面白かった。

 1時就寝。

本日の体重:88.70キロ
本日の摂取カロリー:2275kcal(もう少し少ない感じではある)
本日の消費カロリー:日常生活+173kcal/3390歩

« 世間は夜になってバタバタと | トップページ | ヘトヘトになって「第3章」やっと終了 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/54880408

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと息切れ:

« 世間は夜になってバタバタと | トップページ | ヘトヘトになって「第3章」やっと終了 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト