« 一日掛けて書き直し | トップページ | 朝から不愉快で »

2012年6月17日 (日曜日)

突然の、プチ乗り鉄

 7時に目が覚めたが、頑張って8時まで寝る。

 昨日の日記に書き忘れたが、土曜の深夜というか日曜の早朝というか、BSフジでやっている英国BBCの番組「トップ・ギア」というのが面白かった。車好きの番組なのだが、カーグラTVみたいなものではない。車をネタにしたバラエティで、なんとも英国流ユーモアが満載。世界最小の車(1960年代に生産されたピアとかいう一人乗り)に司会者が乗って公道を走って出勤。小さいのでBBCのオフィスの中もそのまま走り、会議にも出席し、BBCの顔であるニュースキャスター(という紹介だったが)も気に入って勝手に乗ってBBCの中を走り回ったり、という徹底ぶり。原付バイクのエンジンで動くのでスピードは出ない。しかし、この車にはスポーツタイプもあった!
 英国空軍のユーロファイターとブガッティを対決させたり(これは無意味だと思ったが)、本国では大人気の長寿番組らしい。

 で、本日。
 出来れば今日の昼間、遅くとも夜には相方と「第5章」の打ち合わせをしたかったが、相方の準備が整わず、おれも打ち合わせが出来るほどの材料が用意出来ていないので、今日は一日考える日にする。ここで拙速になると、後から大きく書き直したりすることになるから、じっくり考える事も必要だ。

 パック入りご飯を温め、玉子焼を作って、ブランチ。
 このパック入りご飯、以前はあんまり美味しくなくて、非常食以上のものではないなと思っていたが、また食べてみたら見違えるように美味しくなっていた。これならご飯を炊くより簡単。
 昔、欧州ではパンは家で焼くものだったが、パン屋が発達して買うようになった。かつて、日本でも炊いたご飯を売る店があって、商店街では繁盛していたらしい。そんなことを考えた。

 Macに向かってあれこれ思案していたが、考えるなら、外に出て歩いた方が思いつくだろう。
 天気も良くなったし、体重が戻りつつあるし、これは外に出よう。
 ということで、シャワーを浴びて髭を剃り、その時点まで書いたハコをEverNoteに入れて、外出。

 秋葉原に行って新型MacBookProを見てくるか、マックの周辺機器をチェックするか、ついでに美味いジャンクフードでも食べてくるか、と思っていたのだが、つくばエクスプレスのプラットフォームに立った瞬間、考えを変えた。つくばまで行こう。この電車はとにかく速い。京成の成田アクセス線が出来るまでは、ほくほく線と並んで最速だった。
 が、つくば行きは各駅停車しか来ない。しかも守谷乗り換え。
 とりあえず、守谷まで行く。あれほど乗り心地最高だったのに、左右のブレが増えてきた感じ。保線の問題か?

 で、守谷。ここでまた気が変わって、関東鉄道常総線に乗ってみる気になった。以前から乗ってみたくて、映画「下妻物語」のロケ地にも行ってみたかった。が、結構遠い。反対方向だと常磐線の取手に繋がっているので、帰るのは簡単。
 iPhoneで調べてみたら、下妻方面の終点・下館から両毛線に乗り換えて小山、そこで東北本線に乗り換えて帰ってきても19時過ぎには到着する。ならば、下館まで行こう!

 ということで、守谷下車。改札の前にあるフードコートに吸い寄せられて、博多ラーメンと高菜ご飯を食べてしまった。博多ラーメンに生のニンニクを数カケ入れて(ニンニク・クラッシャーが目の前にあったのに気がつかなかった)食うと、この生ニンニクが効いて、シャキッとした感じ。

Img_0800

 で、関東鉄道守谷駅。下館行きに乗る。途中、水海道で乗り換え。最終的に1両になってしまった。
 水海道は、駅の空気が、草の香りがして、とてもいい感じ。
 広大に広がる田園の中を走るのも気持ちがいい。進行方向右手には筑波山も見えるぞ。
 点々と雑木林や里山もあるし。こういう風景、好きだなあ。
 写真を撮ろうと思ったが、撮り鉄オタク風のオジサン二人(おれも立派なオジサンだけどさあ)が乗っていたので、やめる。
 のんびり乗っていたら、iPhoneの緊急地震警報が鳴ったので、ビックリ。震源は今通過中の辺り。しかし全然判らなかったし、鉄道もそのまま進行。

 車窓を楽しみつつ、iPhoneのEverNoteにどんどん加筆していく。
 で、下館着。沿線に、凄くカッコイイ瀟洒な家が建ち並ぶ住宅街があった。どの家も洗練されたデザイン。線路を隠すように△にきれいに刈り揃えられた街路樹(「去年、マリエンバードで」を思い起こすような風景と言えないこともない)も並んでいて、とてもオシャレ。

 ここで両毛線に乗り換えるが、勝田行きもある。これに乗れば常磐線に乗り換えるのが簡単だ。どうしようと迷っているうちに勝田行きが来てしまったので、見送る。予定通り、小山へ。
 小山で駅弁でも買って東北本線のグリーン車でゆっくり帰ってくるか、と思ったが、湘南ラインの逗子行きがいたので、飛び乗る。
 これに乗れば久喜まで行って、東武線に乗り換えて、この駅始発の半蔵門線直通の急行に乗れる。その方が30分も早く帰れる。あんまり遅くなると、車中で書いたメモを仕上げる時間と気力がなくなってしまう。

 で、半蔵門線急行に乗り換えて、そのまま北千住。本当なら、東北本線で上野まで行けば、旅行気分に浸れたのになあ。

 北千住に戻ってきて、駅構内で何か食おうと思ったが、カレーは重いし、回転寿司は行列が出来ているし、北海道ラーメンもなんだか重そう。
 で、天丼のてんやに入る。カレーより天丼の方が軽いと考えてしまうおれのアタマには欠陥があるのかもしれないが、「新商品・豚ロース天」というのに惹かれてしまったのだ。豚の肉天ぷらは大好物で、中目黒に住んでいた頃、近所の中華料理屋で出していて、お金に余裕がある時はいつも食べていた。それが懐かしくて。

 にくてん丼単品を食べ、帰宅。しかしこれなら、グリーン車で駅弁を食べて上野経由で帰ってきても時間的にはほとんど同じだったなあ。

 くーたんの機嫌を取って、ご飯を出し、ぼんやりテレビを眺める。寝そべっていると、くーたんがやってきておれにくっついて寝そべったので、撫でてやる。この時間は、至福だなあ。くーたんと一緒に時間を過ごし、一体感に気持ちが温かくなる。

 けっこう汗をかいたので、風呂に入る。
 風呂上がりのビール、と行こうと思ったが、思い留まって、牛乳。
 「情熱大陸」は井上真央が小田和正を取材した回。タイトルにも「演出:井上真央」と出ていた。真央ちゃんは、アサヒの飲み口がデカイ缶ビールのCMが最高に可愛いねえ。
 去年の大震災は、小田和正にも大きな影響を与えていた。彼の母校は東北大学の工学部だったのね。その辺をきっちり追っていた真央ディレクターは、よくやったのではないか?
 続いて、ホンネ対談の番組を見るが、この番組、掘り下げが足りないと毎回思う。収録時間を倍取って、もっと酔わせたら、もっとホンネが……放送出来ないか。
 今田耕司って、かなり順調な芸能人生なのね。それに対して宮川大輔は、というか、あの「天然素材」というチームは、かなり屈折を経験してきた。ナイナイ以外みんな苦労してるんじゃないのか?(ナイナイだってまた違った苦労があっただろうが)
 「天然素材」(その時期、あんまりテレビを見てなかったので、どれくらいの人気があったのかよく判らないが)に対するほかの芸人たちのヤッカミというのは、想像するだけで恐ろしい。吉本という狭い世界だから、余計にそうだろうし、ダウンタウンに睨まれているんじゃないかという疑心暗鬼は、かなりキツいものがあったのだろう。いやいや、どの世界も大変だ。

 0時就寝。
 
 5時ごろ、何故か目が覚めたが、地震だったのね。何故目が覚めたのか、全く判らなかったが。

本日の体重:88.65キロ
本日の摂取カロリー:2295kcal
本日の消費カロリー:日常生活+4400歩/226kcal

« 一日掛けて書き直し | トップページ | 朝から不愉快で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/54993695

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の、プチ乗り鉄:

« 一日掛けて書き直し | トップページ | 朝から不愉快で »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト