« ついに悲願のソファを買った | トップページ | 窓ふきして企画をセールス »

2012年7月16日 (月曜日)

さようなら原発10万人集会に参加してデモ行進した

 7時起床。
 今日は、代々木公園スタートの「さようなら原発10万人集会」のデモに参加する。
 芦川淳一さんが参加するので、それに混ぜていただいた。12時25分に原宿駅で待ち合わせ。

 朝のモロモロを済ませて朝飯を食べてシャワーを浴びてもまだ10時。余裕だわいとか思って、クレジットカードにヒビが入ってしまったので、カード会社に電話したりしていたら、出発時間。
 が。乗り換え検索の表示をおれが読み違えて、「11時51分発」なのに何故か「11時59分発」だと思い込んでいて、これでは遅刻必須。駅まで歩きながら慌てて芦川さんに電話して遅れる旨伝える。

 千代田線で、明治神宮前。「代々木公園駅は大変混み合っておりますので、明治神宮前駅をご利用ください」という車内アナウンスがあったが、原宿駅ももう、もの凄い人。
 芦川さんとダーティ松本さんに合流。代々木公園へ。
 ダーティ松本さんのコミックは高校生の頃よく読んでいたのだが、御本人を前にするとなんだか緊張してしまって「ファンです」と言えなかった。おれって小心者だなあ。

 去年からずっと脱原発の主張を鮮明にしてきたが、口ばかりでなかなか行動に移せなかった。おれがデモに参加してもしなくても世の中どうなるものでもないとは判っているが、おれのような一粒が増えれば大きなうねりになるだろう。それを信じて。
 つーか、口だけって、やっぱり、説得力がないのよね。なんかしなきゃ。「汗をかけ」という言葉は好きじゃないけど。

 代々木公園の中はもう、立錐の余地もない。ビニールシートを広げてお弁当を食べている人もいるが、みなさん参加者。おかげで道が狭くなって大変。
 入り口付近には、どう見ても右翼のミニ街宣車が止まっていて「原発反対」を叫んでいた。
 しかし右翼の皆さんは天皇陛下の住む神聖なる国土を汚した東電に抗議の街宣活動をしないのはどうしてでしょうね?
 で、どうせなら、大型街宣車を出して、あの大音量で原発反対を叫んで戴きたかった。

 空にはヘリがわんわん飛んでいる。空中衝突を起こして代々木公園に落下したら大変なことになるだろうなあと思いつつ。
Dscf0843

 サッカー場に設けられた第一ステージは、もう全然見えない。坂本龍一の声だけ聞こえる。

 で、芦川さんに従って、けっこうデモの列の先頭近くまで行った。
 その芦川さんは、朝まで飲んでいたらしい。で、ちょっと寝て、このデモに参加。凄い体力。やっぱりおれはヒヨワだなあ。
Dscf0848
 ここで樋口明雄さんと合流。
 13時30分がデモ隊出発だったのだが、48分頃に動き出した。
「第二梯団、出発してください」
 とか案内アナウンスがあったが、「梯団」って、軍隊の言葉じゃねえの?反戦たる労組が仕切っているこの大イベントで、労組が指揮官で、我々は兵隊ですかという感じ。まあ、こんな超大規模なイベントになると軍隊用語を使うのが便利なんだろうけど。
 主催者側の発表で17万人。
 後から出た警察発表では7万人。しかし実数7万人でも、それだけの人が代々木公園に集まって、新宿・渋谷・恵比寿に向かって行進するんだから。凄いことだ。

 で、大手労組が先頭に立ってデモ行進開始。
 この1時間、炎天下で待っていたので、暑いの暑くないの。サンダルで行ったから、足が日に焼かれてチリチリ痛い。

 大手労組の次には福島県の労組関係の列が来たので、ここに割り込ませてもらい、福島の人となって、シュプレヒコールをしつつ、手製のプラカードを掲げつつ、行進。
「なしくずしの原発再稼働反対!」
「反・反原発な連中の無知を嗤え!」
 と書いた。
 おれは、ただちにすべての原発を廃炉にせよとは思っていない。浜岡とか危険な原発は即、廃炉にして欲しいが、比較的安全なところについては寿命まで動かした方いいんじゃないか。出、その間に代替えエネルギーの開発を急ぐ。というか、地熱発電所をどんどん増設すべきだ。この際、客が減って寂れてしまった温泉地に地熱発電所を作って、それも観光の目玉にすれば……と思うのだが。風力や太陽光だけじゃ限界もあるだろうし。
 で、ムカつくのが「反原発」「脱原発」を鼻で笑って斜に構えて批判する「反反原発」な連中。斜に構えて世間と距離置いて冷笑するのがクールだった時代はもう過ぎたし、そういう姿勢はチキンであって最高にカッコ悪いぞ。だいたい、バカに見える。まあ、バカだから自我を守るためにそう言う姿勢を取るしかないんだろうけど。
Dscf0849
 デモ行進は、ゆっくり歩く。それに、大通りを横切るのに信号待ちをするから、何度も停止する。
 交通規制をしてデモ行進の安全を守るお巡りさんも大変だ。ご苦労様。
 我々の列は福島の人たちだから、お巡りさんの顔も温かだった気がした。シュプレヒコールの内容も穏当だったし。しかし、静かな怒りを感じたが。
 沿道の飲食店のオヤジさんが水シャワーをしてくれて、手を洗ったり出来た。これは有り難かった。参宮橋近くの、青少年センター近くの万豚記の隣のお店。今度行って、この好意に感謝したい。
Dscf0850

 参宮橋まで来てしまうと、最終地点の新宿中央公園は結構近かった。
 約3キロのコースを、15時くらいに到着。もっと掛かるかと思った。
 まあ、最後尾の本来の「市民の列」に加わっていたら、14時を過ぎても動き出せなかったかもしれない。先頭集団に紛れ込んだのが結果として良かったんじゃないか?
 で、そのまま列を進んだら、福島に帰るバス乗り場に行ってしまって、バスのキップを貰いそうになった(うそ)。

 芦川さんたちと新宿西口のキリン・シティに入って、お疲れの一杯。
 こういう時のビールは美味いんだ!
 大きめのグラスビールを2杯。ジャーマン・ポテトやサラダ、ソーセージにチキン、こんにゃくのペペロンチーノ(これがニンニクが効いて美味い!)に牛フィレのおつまみ焼き。
 山梨で自然監視員もやってらっしゃる樋口さんから、別荘地の奇妙な人たちの静態や、熊に出くわしたときの対処法(逃げないで動かず、睨み返す。熊にも「気合い」は通じる、と)などを伺う。
 所用で外出中の相方から電話が入って、所用が予定より早く終わったので、ということで、相方と会うことにして、お疲れ会を先に失礼させていただく。
 途中で申し訳ありませんでした。

 で、相方とは、「越谷レイクタウン」で会うことにして、埼京線で武蔵浦和。そこで武蔵野線に乗り換えて……という段取りだったが、車中で寝てしまい、南与野で目が覚めて引き返す。
 なんとか越谷レイクタウンで相方と会えたが、この広大なショッピングセンターを歩き回る余力は残っていない。相方が買い物をする間、おれはソファで休憩。
 
 行進の最中、なっちゃんとポカリスウェットを飲み、キリン・シティでビールを二杯飲み、駅で冷えたお茶を飲み、乗り換えでまたジュースを飲み、レイクタウンのサブウェイでクリームソーダを飲んだ。
 それでも水分はどんどん飲みたい。いくら飲んでも飲み足りない。飲んだ分がすぐに汗になる。
 たぶん、体内温度が急上昇してたんだろう。それにビールを飲んだから余計に水分が不足したんだろう。
 しかし、水ばっかり飲んでいると、胃液が薄まって食欲がなくなるし、それだけで疲れてしまう。いかんいかんと思いつつ、水が欲しい。

 思えば、炎天下でずっと立って、動いたのは、「ビルマの竪琴」のロケ以来かも。助監督を辞めてから、炎天下で動くなんて琴、なかったもんなあ。

 そういうわけで、完全にヘロヘロ。
 しかし、ソファで休憩しつつ、どこでメシを食うかと考えていると、ゆっくりと元気が復活してきて、食欲も出てきた。

 東京モダン食堂とかいう店に入ったが、ここは失敗だった。肝心のハンバーグもデミグラス・ソースも美味しくなかった。
 しかし、温かなスープを飲んだら、元気になった。ずっと冷たいものばかりだったので、胃が弱っていたのか。こういう時に温かなものを飲むのは生き返る。
 相方と、何万人も参加者がいるデモより、マイナーなデモに行こうと話す。
 毎週木曜に始まったらしい、「大津事件」への抗議デモとか。しかしこの件に関して首相官邸前でデモをするのはヘンだと思う。滋賀県東京事務所前とか、文科省前ですべきなんじゃないの?

 ピーナッツ入りチョコレートを囓りながらレイクタウンを歩き、東武線で帰宅。
 北千住駅から自宅までの道のりがしんどかった。

 23時ごろ、ご帰還。
 部屋に入ったら、くーたんが待ちかねていた。
 機嫌を取って、ご飯を出し、おれは風呂。ドアの外でくーたんがにゃあにゃあ鳴いていたが。

 風呂から出て、留守録をした裕次郎の「赤いハンカチ」「夜戯よ今夜も有り難う」「嵐を呼ぶ男」がきちんと録れているか、確認。

 くーたんと遊んで、0時30分、就寝。
 またくーたんがベッドにやって来て、一緒に寝たが、今夜はすぐにどこかに行ってしまった。

本日の体重:89.80キロ
本日の摂取カロリー:2072kcal
本日の消費カロリー:1029kcal/19713歩(カロリー的にはもっと消費しただろう)

« ついに悲願のソファを買った | トップページ | 窓ふきして企画をセールス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/55214940

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら原発10万人集会に参加してデモ行進した:

« ついに悲願のソファを買った | トップページ | 窓ふきして企画をセールス »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト