« 一応書き上げて、気功へ | トップページ | 脱稿して旧友と飲む »

2012年7月10日 (火曜日)

最後の一踏ん張り

 って、なんか、宿便を脱糞するみたいな表現だなあと思う。しかし、長編を書き上げるのって、似ていると思う。師・市川崑も製作が難航した「炎上」が完成したとき、「脱糞した思いで清々している」(大意)と書いているし。そのエッセイが載っている著書「成城町271番地」が見つからないので正確な引用が出来ないが。

 まず、昨日戴いた早見俊さんの新著のご紹介を。
「双子同心捕物競い三・同心の鑑」「婿同心捕り物控え/奉行の娘」
A1_4


A2_3
 おれのペースからは考えられない驚異的な仕事量の早見さん。2ヵ月だけ真似をしてみようと思ったけど、あえなく撃沈してしまうほどに、常人の域を超えている。いや、真似をしようと思ったのが間違っていたのだが。

 で、8時前に相方からの電話で起きる。
 「エピローグ」改稿の提案。おれも、書き足りなかったり書き急いでしまったところがあるなあと思っていたので、話はすんなりまとまる。

 日記を書き洗濯をし、と朝のモロモロを済ませた頃、相方からのメモが届いたので、それをもとに改稿開始。

 一昨日買ったあんパンを牛乳で流し込み、続行。

 かなり大幅な改稿になったので、午後、外に出て「はなまるうどん」で茄子天・芋天・ちくわ磯辺揚げのうどん(小)とおにぎりを食って帰宅。

 仕事再開。バタピーを食いながら、励む。
 で、17時すぎに完了!
 これで、相方の手を経て、脱稿出来る。
 見直せばまた直したいところも出て来るだろうが、今はその判断が出来ない。時間を置かないと。

 で、久々に相方と食事。18時50分に町屋。
 いつもの「ときわ」で、牛肉エリンギ炒め・あじのなめろう・海老とニンニクのオリーブオイル煮・スライスオニオン。スダチサワーを飲む。
 今夜は打ち合わせなし。
 食後、赤札堂で買い物をして、帰宅。

 「ロンドンハーツ」を久々に見る。千原ジュニアは神経質で部屋の中はきちっとしているらしい。さかんにそんなことはないと否定していたが、突っ込まれるとやっぱりそうらしい。
 で、男子の小用を、女子と同じく座ってする、というのが千原ジュニアと田村淳。別の番組で今田耕司もそう言っていた。
 読売の「発言小町」は、真面目に読んでいるといろんな意味で腹が立ってくる書き込みが多いが、勉強になったのは「トイレの跳ね返り問題」。
 主婦が「男も座ってしてほしい」という書き込みを読んで、凄く腹が立ったのだが、言われてみれば、小便の跳ね返りって結構ある。新居のトイレの床は特に跳ね返りが目立つので、用を足した後には必ず「ルックまめぴか」か「トイレクイックル」で床を拭いているのだが、同じ事をしている、いや、跳ね返りがキライな芸人も多いのだなあ。
 しかし、いちいち座ってやるのはどうもなあ、と思って、小便の照射角度などを研究しているのだが、やっぱり跳ね返りを完全に防ぐことは出来ない。
 やっぱり、男子も座ってオシッコ、ですかね。

 寝る前にもう一度読み直して手を入れようかと思ったが、まだ冷静に読み直せないので、ゲラでやろうと思い、その旨相方にメールして、就寝。
 と思ったが、夜恒例の、くーたんを遊ばせていたら、23時を回ってしまった。
 寝る。
 が、3時ごろに大きな物音がしたので、起きてチェック。特に何もなかったので、寝直す。

本日の体重:90.30キロ
本日の摂取カロリー:2878kcal
本日の消費カロリー:日常生活程度

« 一応書き上げて、気功へ | トップページ | 脱稿して旧友と飲む »

コメント

もう30年くらい前から、家では座ってオシッコしてますよ。
すると、したいと思ってなかった大きなほうもしたくなったりすることがあります。
あと、オナラもトイレで座ってします。

あしかわさん:
座りオシッコの方、多いんですよね。特に口外するようなものじゃないから、あんまり顕在化しなかっただけなのでしょう。
一度気になり出すと、あの「飛び散り」は気になって、毎回拭いていますが……。
だったら座ってやる方がいいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/55170337

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の一踏ん張り:

« 一応書き上げて、気功へ | トップページ | 脱稿して旧友と飲む »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト