« ひどすぎるニュースと素晴らしいニュース | トップページ | 珍客来たりて »

2012年8月 7日 (火曜日)

旧友に会って、メキシコ戦観戦撃沈

 8時起床。寝不足。

 洗濯したり日記を書いたりの、朝のモロモロをして、外出。荷物が多いので、自転車で。
 本が溢れてきたので、ブックオフに売りに行く。新刊でなければ二束三文なのだが、スペース確保のためだから、まあ安く買い叩かれるのは仕方がない。しかし、文庫も単行本もDVDも一律50円というのはなあ……。「巴里のアメリカ人」のDVDが50円というのは切ないぞ。これはブルーレイ盤を買ったので売ったのだが。それでも、数があったので2000円は超えた。
 その後ATMで記帳して、500円玉貯金。かなり貯まったぞ。
 松屋で朝定食を食べて、自転車屋で無料でタイヤに空気を入れて、帰宅。

 相方と電話で打ち合わせ。「敵役」の設定について話し合う。

 そうこうしていると、アマゾンに注文していた資料本第一弾が届く。
 目次を見て、まず優先して読む本を決めて、読む。
 う〜む、なるほど。やっぱりねえ……。

 夕方、録画しておいた「憎いあンちくしょう」をディスクに焼きつつ、飛ばし見。しかし、飛ばし見でも感動。
 おれの裕次郎映画ベスト3は、「赤いハンカチ」「夜霧よ今夜も有り難う」、そしてこの「憎いあンちくしょう」。次点が「紅の翼」。
 とにかく、タイトルまでが素晴らしいし、「人気タレントが無償で九州までジープを運ぶ」という寓話に込められたテーマは今も全く古びていない。この作品に関しては渡邊武信氏の論考がすべてを語り尽くしていると思うが、芦川いづみ/小池朝雄の「観念的カップル」に対して浅丘ルリ子/石原裕次郎の「行動的カップル」の、二人で行動して確固とした絆を深める、というテーマも、これまた今の世でも全く古びていない。そのラストが本当に感動的で、こんな盛りだくさんで見せ場の連続のような作品が2時間を切っている、というのが凄い。今だと2時間30分とかの超大作風に作ってしまって冗長になってしまうんじゃないか……。
 黛敏郎の音楽も「モダン」でいいし。裕次郎がギター片手に歌う曲もしみじみといい。
 この作品を見て、ジープは無理でも原付で東京から九州まで国道を走って行きたいと思いつつ……まだ果たしていない。

 テなことをしていると時間が迫ってきた。
 今夜は、高校時代の旧友ともの凄く久しぶりに会う。この前会ったのが、「ざ・とりぷる」を書いた頃だから……。この「ざ・とりぷる」は当時の東南アジア経済危機を背景にしているので、当時バリバリのバンカーだった彼に、経済情勢の実相について、教えを請うたのだ。マスコミの論調はあまり信用出来ないから。

 彼は横浜に住んでいるので、中間地点の品川で会おうということになった。山手線の車中で資料本を読み返すと、彼に聞きたいことが多数出てきた。今日の再会はなかなかグッドタイミング。

 バンカー時代は中国の専門家として活躍していた彼は、今は中国企業の財政顧問というか副社長。ほとんど中国全土を飛び回っているらしい。
「景気が良ければどっしり構えていられるけど、忙しいのは景気が悪いから」と言っていたが。
 
 品川の居酒屋で2時間いたが、店はどんどん混んできて、声も聞きづらくなってきたので店を変える。
 中国の話あれこれとか、銀行の話とか、山ほど話題が出て喋りまくったが、話が多岐にわたりすぎて未整理状態。
 彼は高校時代、東映の「実録映画」にハマっていた。当時のおれは洋画一辺倒で、もう一人仲の良かった男は松竹映画が好きだった。まあ個性が強いというかなんというか。
 で、当時のおれは東映実録映画を嫌っていた。殺伐としすぎていて、観る気も起きなかったのだが……今はすっかりハマっていて、「「言うなりゃアレらは、オメコの汁でメシ食うとるんど!」などのセリフをつい口走りそうになってしまうほど。

 店を変えてWIRED CAFEに入り、話し続ける。
 ま、一言で言えば、「勉強になりました」。

 22時を過ぎて、解散。京急で青砥経由で帰ってくる。
 23時を大きく回って帰宅。
 くーたんにご飯を出し、風呂に入って、フットボール・メキシコ戦に備えるが……試合が始まった頃にはモーロー状態。それでも日本の先制弾は鮮やかだった。しかし……同点にされて、逆転された時点で、おれも沈没。

 2時30分、就寝。

本日の体重:91.70キロ(うわ!厳しい減量を再開せねば)
本日の摂取カロリー:2510kcal
本日の消費カロリー:日常生活+348kcal/6702歩

« ひどすぎるニュースと素晴らしいニュース | トップページ | 珍客来たりて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/55377466

この記事へのトラックバック一覧です: 旧友に会って、メキシコ戦観戦撃沈:

« ひどすぎるニュースと素晴らしいニュース | トップページ | 珍客来たりて »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト