« 改訂稿送って、気功 | トップページ | 待望のエアコンが来た »

2012年8月28日 (火曜日)

夢の島散策

 7時過ぎ起床。

 今日は所用で新木場に行くので、朝のモロモロをさっさと済ませる。が、洗濯もして干した。

 10時過ぎに部屋を出て、日比谷線〜京葉線で新木場。
 駅前の木にツクツクボウシがいて、いい声で鳴いていた。駅前には木の香りも漂う。車窓から見えた貯木場には、木がほとんどなかったんだけど。
Img_0859
 腹が減ったので、まず食事。新木場と言えば、昔風の、並べてあるおかずを取って精算する(って、ブッフェ形式と同じか)方式の「丸惣」。
 焼き魚にしようと思ったが、急にコロッケが食べたくなって、それとほうれん草とベーコンの炒め物、ポテトサラダ、漬け物、明太子にハムエッグという妙な取り合わせでご飯は「中」。
 コロッケはレンジで温め直してくれたが、フニャフニャになってしまった。
 美味しいわけではないが、なんかこの雰囲気は悪くないので、新木場に来たときは必ず寄ってしまうのだ。定休日以外は。

 で。
 所用を済ませて、せっかくここに来たのだから、夢の島公園を歩く。
 暑いので、木立の中を歩くと、なかなかいい気分。
Img_0860
 ここには猫がたくさん住んでいて(たぶんバカな飼い主が捨てていくのだろうが)、猫を亡くしたとき何度か来て猫たちを眺めたことがある。
 が、今日はみんな涼しい場所に退避しているのだろう、全然姿を見せなかった。
 今回はマリーナに行ってみる。
Img_0861


Img_0864

 もの凄く高級そうなクルーザーがたくさん留まっていて、凄いなあ。家が1軒買えるくらいの値段なんだろうなあ。
 マリーナのクラブハウスというか管理棟というか、そう言うところに入ると、エアコンが効いていて気持ちがいい。汗を拭いて水を買って飲む。
 と、ここではアクアリウムを展示している……という事は販売もしているのか?
 大きな水槽に水草をたくさん置いて熱帯魚を泳がせるのは、とても美しい。水の中に森があって、魚たちは鳥のようだ。
 あまりの美しさに、ウチでも……と思いかけたが、メンテが大変なのを思い出した。ウチは昔、親父の趣味で大きな水槽に熱帯魚を飼っていたのだが、水槽に付着する「藻」の掃除がもの凄く大変だった。しかも定期的にやらないと行けないし。
 「完全水槽」にすればいいが、あれは条件が揃わないと成立しない極めて微妙で繊細な世界だから、ほぼ無理。
 やっぱりこういうモノは見物しに行くのが一番だなあ。

 外に出ると、水上バイクが地上から降ろされて発進するところに遭遇した。パワーリフトで二段式の留めてあるところからエレベーターに移動させて、エレベーターで海面まで下ろす。ナルホド、こうやるのか。ここからだと、どの辺まで走ってもいいのだろう?東京湾の外に出るのは無理にしても、まさか東京湾を突っ切って館山とか木更津まで行っていいのか?隅田川や荒川を遡上するくらいか?

 夢の島公園ではバーベキューが出来る。木陰だと風は気持ちいいので、何組かがやっていた。なかなかいい光景だねえ。
Img_0865

 歩いていると、「第五福竜丸」の展示館に行き着いた。
 ここまで来て素通りするのはいけない。
 見学する。ここの展示で初めて、「第五福竜丸」の歴史を知った。戦後すぐにカツオ漁船として作られて、近海で良好な水揚げをしていたらしい。そのままカツオ漁船として稼働していれば、船としては平凡だが幸せな一生を送れただろうに。
 マグロの遠洋漁業を営む新しい船主に買われて改造されて名前も「第五福竜丸」に。そうして、南太平洋に操業に行って、水爆実験に遭遇してしまった。
 その後、残留放射能がない事を確かめたあと、水産大学の練習船となったが廃船となって、当時はゴミの島だった夢の島に放置されていたのを東京都が展示館を作り、永久保存することになった、と。
 おれの親父はマグロの遠洋漁業の船主だったが、この時はマグロが大暴落して大変だったと、繰り返し言っていた。
 実際に放射能で汚染されているマグロは廃棄処分になったが、汚染されていないものも売れない。いわゆる風評被害だが、ビキニ環礁の水爆実験はどう考えても無謀で無神経。アメリカ人は魚を食わないから、海の汚染なんかまったく考えてなかったんだろう。

 今は美しい緑が広がる夢の島も、ちょっと前はゴミ捨て場の埋め立て地だったんだよねえ。調べたら、戦前に飛行場を作るために埋め立てが始まったが中止されて、戦後は遊園地を作る計画もあったので「夢の島」と呼ばれたのか。で、昭和32年から10年間、ゴミ捨て場として、ゴミで埋め立てられたので、おれの世代はその記憶があると言うことか。
 後世の考古学者がここを掘って昭和時代のものを発掘するんだろうねえ。

 ノンビリ散策していたら、1万歩を超えた。やはり1万歩を超えると足が疲れてくる。

 錦糸町行きのバスまで時間がありすぎるので、来たのと同じ京葉線に乗って八丁堀で乗り換えて、帰宅。

 愛機MacBookProから異音がするので、メンテする。この異音はどうも内蔵HDDからではないかと睨んで、サーフェス・チェックをかけたら、えらく時間がかかってしまった。
 結果は「正常」。エアコンの風が何かを動かして異音を出していたのね。

 夕食の時間になる。自炊するのが面倒になって、自転車で外に出る。
 くーたんのご飯も在庫が少なくなってきたので、北千住東口に廻って、行きつけの店でキャットフードを買い、「福しん」でチャーハンと餃子、おともラーメン(具なしの半ラーメン)を食べて、帰宅。

 風呂に入り、出たあと涼みながら資料を読む。頭を完全に光文社文庫新作に切り換える。

 グラスに、買ってきたミントの葉を入れて氷を入れ、バカルディ・モヒートを注ぐ。
 飲んでみると、あんまりミントの感じがしない。外で飲んだ時のあの感じはどうすれば出せるんだろう?時間を置くと炭酸が抜けてしまうし……。
 ミントリキュールを足すと、美味しくなった。

 酔っ払って0時就寝。

 思うところあって、日本文芸家クラブを退会した。

本日の体重:計るのを忘れた
本日の摂取カロリー:1980kcal
本日の消費カロリー:日常生活+α+653kcal/12920歩

« 改訂稿送って、気功 | トップページ | 待望のエアコンが来た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/55532550

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の島散策:

« 改訂稿送って、気功 | トップページ | 待望のエアコンが来た »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト