« 祥伝社文庫「闇の流儀」出ました! | トップページ | 下田二日目のジンクス? »

2012年8月31日 (金曜日)

下田・多々戸浜と「下田大和館」は別格

 5時起床。
 こんなに早く起きる必要はないのだが、旅の日はどうも早く目が覚めてしまう。53になってもコドモだね、と思う。

 昨夜のウチに支度はしたので、睡眠時無呼吸症の機械をカバンに入れたら、荷造りは完了。

 明日の朝にはキャットシッターさんが来るが、今夜の分がある。くーたんのご飯を多めに用意して、トイレの砂を全部取り替える。

 それでも時間が余ったので、仕事をする。出かける前は気が散って仕事にならないものだが、妙に集中出来た。

 時間が来たので、出発。
 が、駅に向かう道すがら、くーたんの水を増量しておくのを忘れたことを思い出す。一泊旅行に出るときは、大きな洗面器に水を満たして、シンクに置いておくのだ。通常の水で足りなくなった時のために……。しかしまあ大丈夫か、と。
Photo

 伊豆・下田に魅せられて、もう何年経つだろう。
 最初の頃はお金がなかったので、ペンションや民宿に連泊していたが、相方の都合で連泊が出来なくなったので、じゃあ奮発するかと、ホテルに泊まるようになり、日を置いて一泊旅行を二度やれるようになった。
 下田大和館は長年の「憧れの宿」で、多々戸浜の海から眺めて、「一か泊まれたらなあ」と思っていたのだ。
 下田・白浜にある「ホテル伊豆急」はプールとプールサイドが広々していて、大衆的でユルいところが好きだった。夕暮れにツバメが飛んできてプールの水を飲む姿も愛らしくて、そういうユルさが好きだったのだが……。
 今回は、白浜でDQN同士の喧嘩を目の前で見てしまったり、ナンパ野郎の気持ち悪い「ナンパトーク」をすぐそばで聞いてしまったりして、すっかり白浜に幻滅してしまった。
 そこへいくと、サーファーの聖地「多々戸浜」は、質実剛健。求道精神に溢れている。ビーチはキレイでゴミはほとんどなく、ルールやマナーもかなり守られている。このビーチを愛する人たちが長年にわたって積み重ねてきた「伝統」を感じる。
 そういう「気」が存在するからか、ここには不心得者はいない。喧嘩っ早いDQNはいない。タトゥーを入れた人はいるが、おれはタトゥー=DQNだとは思っていないので。

 先日の鴨川の素晴らしさで、心はかなり鴨川に振れてしまったが、伊豆はねえ、鴨川にはない南国さというか、異国情緒を感じる。完全に大衆化した白浜から少し離れると、多々戸のような別天地がある。

 で。
 前回と同じパターンで、相方と駅で待ち合わせ、東京駅で弁当を買い、11時発の「スーパー踊り子」に乗り込む。

 車内で、旅に出るときにはいつもお稲荷さんに無事を祈願していたのに、それも忘れていた事を思い出した。で、車内で道中の無事とくーたんの安全、そして波と天気をよくしてください、とお願いをする。

 伊豆急下田駅には迎えのマイクロバスが待っていて、あまり待たずに出発。
 通い慣れた道を走ると、懐かしさが込み上げてくる。去年は来なかったから……。
 一昨年、「ワンマン・ワンウェーブ」を強硬に主張して平気でぶつかってくるオヤジに閉口して、あのオヤジがいるかも……と思って去年は敬遠したのだ。

 チェックインは15時で、それは厳格に守る「大和館」。更衣室で水着に着替え、海へ出撃!

 ビーチにはカメラを持って出ないから、その素晴らしい海と波の写真はない。エメラルド・グリーンの海。波が砕けるとソーダ水のように輝く。
 サーフィン情報サイトの予報の通り、波は大きくないが、力はあるので、フィンを付けないへなちょこボディボーダーにはちょうどいい。
 海水浴場は終わっているので、サーファーとの混在になるが、こういう場合はサーファーが優先。周囲を見てサーファーがやって来たら波から降りて道を譲る。
 また、サーファーもぶつかりそうになったら波から降りてくれる。
 平和な暗黙の了解。

 が、好事魔多し。左足を痙ってしまった。いつも痙るときは右足で、肉離れも右足だったので、右を庇っていたのだが……そのせいか、今日は左足を痙ってしまった。
 けっこう強く痙ったので、痛い。
 なので、おれはここでリタイア。
 相方の波乗りを眺めたり、ビーチで寝たり。

 夕食の時間が18時30分なので、それに合わせて17時で引き上げる。
 プールサイドで砂を落として、シャツを着て、フロントに行ってチェックイン。部屋まで荷物を運んで貰う。

 8月も末になるとシーズンオフ。なので露天風呂付きの部屋も安く泊まれる。お盆前後のシーズンだと凄く高いのだ。
 それでも、リーマンショック以前に比べると、易くなったなあと思う。我々が泊まれるようになったんだから。
Img_0866
 テラスにある露天風呂。常時お湯が流れ込んでいる。循環しているんだろうけど、ゼイタクな事だ。
 多々戸の夕暮れ。
 まだサーファーは海に居る。
 露天風呂に浸かりながら、サーフィンを見物。
 上手な人は鴨川の方が多かったが。
Img_0867


 時間が来たので、4階のグリルに行って夕食。
 豪華というか、丁寧に調理された逸品、と言ってもいい料理が続々と出て来る。
 いろいろ出てきて満腹になったので、何が出てきたのかよく覚えていない。
 伊豆の地ビールは妙に甘くて、ちょっとおれの口には合わなかった。ニューサマーオレンジのカクテルは美味かった。

 〆は金目鯛の鍋。そのおツユで雑炊。この〆の雑炊が美味い。しかも量があるので、残すと勿体ないと思って頑張って3杯お代わり。

 部屋に戻って、もう一度風呂。
 今夜はブルームーン。雲も晴れて、クリアに満月が見える。
 
 首都圏直下型地震に警鐘を鳴らす番組を見ていると、番組の内容なのか現実なのかよく判らない感じで「全国に津波注意報」のテロップが。
 NHKにしてみると、フィリピン東方沖でかなり大きな地震があって、津波が来ると。
 東南海地震が起きたら、下田には33メートルの巨大津波が来るという予測がある。
 うわっと思ってしばらくNHKを見続けるが、同じ情報をえんえん数時間繰り返すだけ。
 途中で眠くなって寝てしまったが、また風呂に入る。
 ブルームーンの光を浴びると幸せになるらしいので、ゆっくり浸かる。
 満月は、驚くほど明るい。

 その内に、津波注意報は解除になった。

 「タモリ倶楽部」の後半を見て、1時前に寝る。

本日の体重:計るのを忘れた
本日の摂取カロリー:3000kcalくらいいったかも
本日の消費カロリー:かなり消費したはず

« 祥伝社文庫「闇の流儀」出ました! | トップページ | 下田二日目のジンクス? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/55560524

この記事へのトラックバック一覧です: 下田・多々戸浜と「下田大和館」は別格:

« 祥伝社文庫「闇の流儀」出ました! | トップページ | 下田二日目のジンクス? »

安達瑶の本

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト