« 一転、爆睡 | トップページ | ぷち二日酔いで、乱歩賞パーティへ »

2012年9月12日 (水曜日)

第1章終えて、テニス

 8時起床。
 朝のモロモロをやって、ブランチ。トースト2枚にスクランブル・エッグ、ハム。

 腹拵えをしてから仕事開始。
 午前中に第1章を終えて、午後は相方から来た「第2章」メモを検討しようと思っていたが、なかなか終わらず。

 午後になって腹が減り、お茶漬けを食べる。

 結局、16時までかかってしまった。すでに皮算用から3日遅れている。しかしまあ、仕掛けは満載。

 洗濯物を取り込んで、支度をして外出。仕事の進み具合では休もうと思っていたテニス。

 少し早めに出て、北千住駅構内の「小諸そば」でかき揚げ丼と一口そばのセットを食べる。この「一口そば」は文字通り、一口。わんこそば一杯分くらい。
 その後、曳舟のドラッグストアでシャンプーなど買い物。

 テニスは、まあまあ。振替で来た初心者の人を見ると、自分のヘタさをどう直せばいいか、判る。要するに、ラケットの角度が悪いから球が思う方向に飛ばないのだ。判っているけどなかなか上手にコントロール出来ない。
 試合では特にいいところナシ。

 しかし、テニスの前にモノを食べるべきではない。吐きそうになって困った。

 プールは止めて、風呂に入って帰路につく。
 このまま何も食べずに帰宅して寝れば上出来なのだが……。
 炭水化物を食わなきゃいいだろうと、イトーヨーカドーのフードコートで、ケンタッキー・フライドチキン2ピースとコールスローを食べてしまった。久々のケンチキは美味かった。
 まあ、テニスしてカロリーを消費したから許されるか、と……。

 帰宅して「報道ステーション」を見るが、安倍晋三が出てきたのでチャンネルを変える。
 テレ東で大泉洋の芝居をドラマにしたものをやっていたが、まあ、ベタだが、なかなかよかった。小沢征悦がいい加減な弟なはずなのに兄への借金を耳を揃えて返し、出来のいい次兄が涙ながらに借金を頼むという逆転劇が面白い。というか、その後の、兄妹5人そろって長兄の仕事を手伝いに行く場面がなかなか泣かせる。ユースケ・サンタマリアの抑えた芝居に味があり、大森南朋の二枚目なのに三枚目を隠し味にした芝居もいい。引き籠りの弟を演じた高良健吾が一番コマゴマと「小芝居」をしていて面白かった。

 で、「マツコ&有吉の怒り新党」。マジで「怒り新党」というのが結党されないかと思う今日この頃。
 で、マツコは「アタシは小説なんか書かないわよ!わざわざ批判されるようなものをどうして苦労して書かなきゃならないのよ!」と叫んでいたが、マツコは作家体質だと思う。というか、本質は文章の人で、芸人の有吉とはハッキリと違う。
 で、「柔道一直線」は無茶苦茶ね!公式の試合なのに、なんて狭いところでやってるんだ!ガイジンの覆面選手はなんだ!
 しかし、16ミリで撮るテレビドラマなのに、投げ飛ばしカットにブルーバック合成を駆使していたのね。

 モヒートを飲みながら見たが、寝る前に酒を飲んではイカン。というか、おれは酒が弱いから、寝る前のお酒はダメ。眠くなってベッドに入ったら、ドキドキしてきて暴れたくなって、かなりひどい寝相になったが目が覚めて、ソファで寝たりして、落ち着くまで時間がかかった。
 で、目が覚めたときにiPhoneで知ったニュースに衝撃。
 富士フイルムが、映画用フィルムの製造販売を止める、と。
 最近、外国映画で「FUJI FILM」のクレジットをよく見るようになったなあと思っていたのに。イーストマンやアグファは製造を続けるようだが。
 それだけ現場ではデジタル化が進んでいるのか。撮影にもネガを使わないでデジタルで録ってしまうのね。じゃあ、役割的にはカチンコも要らないわけだ。つーか、フィルムと同時録音のテープの同期をとるためのマークとしてのカチンコは、とっくに役目を終えていた(キャメラ側でもナグラ側でもシンクロ・マークは電子的に入れることは可能だった)のだが。
 市川組でのカチンコはほとほと難しくて、本当に参った。新米としてはスカタンな事ばかりやって、編集にはもの凄く迷惑をかけた。なんせ、ネガ編集の伝説の人・南とめさんがセットに怒鳴り込んできたんだから。
「カチンコ打ってるの、誰っ!?これじゃカチンコ見えないし、ケツカッチンばっかりだとネガが傷んでしまうでしょ!」(アタマのカチンコが上手く打てずに、カットがかかってズームを引いてキャメラもカチンコに向けてくれて、ケツカッチンを入れて貰っていたのだ。ケツカッチンだといちいちネガをお尻まで送らなければならず1工程増えるので、それだけ大切なネガが痛む可能性が増す)
 とめさんが現場に来るなんて相当な事だぞ、と先輩助監督諸氏に呆れられた思い出が……。
 で、他所の組に行ってカチンコを叩いたら、どうしてこんなに簡単なんだろうと不思議で堪らなかった。それだけ市川組では撮影テクニックを駆使していた(望遠でアップを撮ったり、照明に凝ってどれがキーライトか判らなかったり)わけだが。

 デジタル投影が主流になって、ポジ・プリントも使わなくなったら、それはもう映画とは呼べないと思うが。まあ、レコードでいえばSPがLPになり、CDになったようなものか?

本日の体重:91.20キロ(何故増える?)
本日の摂取カロリー:2721kcal
本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+243kcal/4590歩

« 一転、爆睡 | トップページ | ぷち二日酔いで、乱歩賞パーティへ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/55645441

この記事へのトラックバック一覧です: 第1章終えて、テニス:

« 一転、爆睡 | トップページ | ぷち二日酔いで、乱歩賞パーティへ »

安達瑶の本

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト