« 下田・多々戸浜と「下田大和館」は別格 | トップページ | 新刊挨拶回り第1日 »

2012年9月 1日 (土曜日)

下田二日目のジンクス?

 6時ごろ目が覚める。
 外は晴れ。今日もいい天気。
 しかしテラスは濡れていた。明け方にちょっと雨が降ったようだ。
 早朝から多くのサーファーが海に繰り出している。ここからは、そのすべてが眺められる。
 が……波はあんまりないようだ。これもサーフィン情報サイトの予報通り。
Img_0868


 朝風呂に入ったり、荷造りしたりしていると、朝食の時間。
 昨日と同じグリルに行く。
 部屋食に憧れたこともあったが、食事は別の場所で食べる方がいいと思う。特に朝は、慌ただしく布団を上げられてすぐ配膳されるのはせわしないし、荷物がひっくり返っているのは恥ずかしいし。
 魚を選んで炙り焼き出来る。おれはアジを選んだ。
 ブッフェ形式ではなく、決まった純和風の朝食が出て来るが、すべてが美味い。まあ、おれとしては朝のベーコンとスクランブル・エッグが楽しみなのだが。

 ゆっくり食事をして、部屋に戻る。
 キャットシッターさんから報告メール。くーたんと追いかけっこをしたらしい。水の件は問題なかったようで、ホッとした。

 荷造りしてチェックアウト。荷物を昨日の更衣室のロッカーに入れ、11時前に海へ!
Img_0871

 が……。
 雨。
 すぐ止むだろうと海に出る。しかし、雨に打たれながらだと、寒い。
 それに、波が弱い。大きさとしては昨日と変わらないが、力が格段に弱くなってしまった。
 しばらく粘ったが、波にも乗れず寒いので、屋根のある場所に撤収。
 すると、雨足はどんどん強くなって、集中豪雨みたいになった。

 前回も、二日目は雨で、波の具合もよくなかった。下田二日目のジンクスなのだろうか?
 いやしかし、今回はDQNの喧嘩もなかったので、多々戸浜に幻滅することはまったくなかったが。
 それにしても、お稲荷さんの力は、昨夜の津波を消すのにすべて使われたのだろうか?いや、それならそれでとても有り難いことで、無事に生きていられることを感謝しなければならない。

 1時間くらい待機して、ようやく雨は止んだ。
 相方は出撃したが、おれはもう、すっかり気分が萎えてしまった。考えることは、帰りの段取りと、明日以降の事。新刊挨拶回りをする段取りを考える。

 でもまあ、せっかく来たんだし。再度海に入る。
 雨が止んだ分、寒くはなくなったが、波が弱いことは同じ。
 雨宿りしているときに、お父さんが奥さんに、「雨で海は握ってしまったし波は弱いし、もう撤収して観光して帰ろう。アイツ(子供)は海に居たがるだろうけど、上がってきたら即撤収しよう」とか作戦を練っていたのがおかしかった。子供は海が大好き、というイメージがあるが、最近は海が嫌いな子供が増えているらしい。おれも、子供の頃は波がウザくて、プールの方が好きだった。デブで運動神経がないガキだったが、泳げたので、夏はプールに通っていたのだ。海だと、足が付かないのが怖かったし。

 で。
 雨は降ったり止んだり。晴れたり曇ったり。
 13時過ぎに相方も上がってきたので、大和館のサマーハウスでランチ。相方はトンカツ定食。おれはステーキ定食。美味かった。それだけでは足りず、お子様用のきつねうどんを相方とシェアする。シェアするんなら大人用のうどんにすればよかった。

 大和館は、チェックアウトしても15時から大浴場が使えるので、それまで海に居ることにする。
 が、おれはもう海には入らず、プールサイドでボードやボードケース、ビーチシューズなどを洗い、子供用の浅いプールで泳いだりして、相方を待つ。

 15時の10分前に向かえに行って、撤収。
 大浴場で念入りに身体を洗って、プールサイドにボード類を取りに行って、更衣室に行くと、相方が既に荷物の整理をしていた。いつも待たされるのに。時々こういう番狂わせがある。

 ボードを宅急便で送る手続きをして、タクシーを呼んで貰い、伊豆急下田駅へ。
 ちょうど、16時36分の伊東行きに間に合ったので、乗り込む。
 下田駅の売店には駅弁はもう無かった。
 伊東での乗り換えは1分しかないので、ここでも駅弁は買えない。1本送らせると1時間待つことになる。
 この際東京まで我慢して、東京駅で何か食うことにする。
 で、車中でビールを飲み、おつまみを食べたら、爆睡。
 伊東で東京行きに乗り換えて、車内販売でチーチクを買って缶チューハイを飲んで、爆睡。
 東海道はずっと雨。iPhoneで気象レーダーを見ると、大きな雨雲が東から西に次々に動いている。東京は雲が切れるから、なんとか濡れずに帰れるか。

 東京駅のグランスタでそばを食う。神田藪蕎麦の支店。あれだけ腹が減っていたはずなのに、爆睡して中途半端になったのと、疲れが出てきて、なんだか食べるのがしんどくなってきて、天ぷらそばの海老天1本を相方に食べて貰った。
 たぶん、冷たいものばかり口にしていたのがいけなかったのだろう。天ぷらそばの温かいお汁を飲んだら生き返った。

 日暮里経由で、帰宅。
 くーたんを抱っこして、留守を詫びたが、それからしばらく、ちょっとよそよそしい。しかしおれがシャワーを浴びようとしたバスルームに付いてきたりして。

 「タモリ倶楽部」の録画を見て、23時ごろ、就寝。

本日の体重:計らず
本日の摂取カロリー:2500kcalくらいか 
本日の消費カロリー:かなり

« 下田・多々戸浜と「下田大和館」は別格 | トップページ | 新刊挨拶回り第1日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/55560694

この記事へのトラックバック一覧です: 下田二日目のジンクス?:

« 下田・多々戸浜と「下田大和館」は別格 | トップページ | 新刊挨拶回り第1日 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト