« ぷち二日酔いで、乱歩賞パーティへ | トップページ | 嫌なことだらけ »

2012年9月14日 (金曜日)

何度見ても「赤ひげ」で号泣

 7時起床。
 疲れていて、もっと寝ていたかったが、所用があって9時までに流山に行かねばならない。
 くーたんの世話をしたら、日記を書く時間がなくなった。
 iPhoneを使って出先で書こうと外付けキーボードを持って出る。

 が、日記を書いていると遅くなると、その分早く出たら早すぎた。北千住駅前のマクドナルドでオージーデリを食べる。これはハンバーガーではないが、パストラミが大好きなおれは美味いと思う。しかし相方は美味しくないと言うので、再度確認のために食ったら、やっぱり美味かった。

 つくばエクスプレスで、「流山おおたかの森」。所用を済ませて、東武野田線に乗り換えて「豊四季」。せっかくここまできたんだから、当地の有名な「諏訪神社」にお参り。何度来てもここは立派な神社だ。なんせ、広い。鬱蒼とした森では、ツクツクボウシがきれいな声で鳴いていた。いいねえ。
 お参りしたあと、境内をゆっくり散策。

 その後、歩いて「流山おおたかの森」に戻る。1駅分歩く。
 暑い。まだまだ夏。

 駅に戻って、ショッピングセンターの中のレストランに入ろうとしたら、10時直前でまだ開いていない。ならばと駅前のフードコートに入って、ヴィ・ド・フランスでクロック・ムッシュやクロック・マダムを食べつつ、メールをチェックし、相方から来た「第2章メモ修正版」を読む。
 で、持参した外付けキーボードを使ってちょっと仕事をしようと思ったら、iPhoneと接続できない。う〜む。電池が切れたのか?それともBluetoothでの接続方法を忘れてしまったのか?
 しばらく格闘したが、全然繋がらないので、諦める。
 本体だけで仕事しようとしたが、それが偉く煩わしいので、それも諦める。

 フードコートのラーメン屋が営業を始めたので、「季節限定なんでんかんでんの博多ラーメン」を食べる。こういう店で「なんでんかんでん」の味を求めるべきではなかった。似たような味ではあったが。
 
 1日分のカロリーを午前中に使い果たしてしまった。
 11時の電車で、帰還。

 暑くてフラフラ。昨夜だって、そんなに飲んでいないのに、なんか酒が残っている。パーティで赤ワインを1杯、ガールズ居酒屋でジーマと白州ハイボールを飲んだだけなのに。こりゃ腎臓が弱ってるな。

 汗だくになったので、シャワーを浴びたら、なんだかグッタリ。
 日記を書いて、それを助走にして仕事開始。

 出先で使えなかったBluetoothキーボードを再度接続してみる。買ってきた電池に入れ替えると、すぐにiPhoneに認識されたので、電池切れだったのか。

 午後指定でアマゾンで買った、くーたんの猫砂が届いたので、収納。
 
 そこに、なんだか胡散臭い「リサイクル会社」から電話で、なにか不要なものはないかと。押し入れにダッチオーブンがあるので、それを引き取って貰うことにした。これは脚付きなので、IHコンロでは使えない。かと言ってバーベキューやキャンプに行くこともないだろうから、無用の長物になってしまったのだ。
 まさか、これがキッカケになってナンタラ詐欺の標的になったりしないだろうな。宝石とか有価証券とかありませんかと聞かれたので、そんなモノはない!とばしっと言ったが。

 しかし眠いので、ベッドに入り、くーたんと一緒にしばし寝る。

 が、電話ではダッチオーブンがあるとは言ったが、それは勘違いで、すでに粗大ゴミとして処理済みかもしれない。
 気になって探してみる。
 第一回探索では、発見できず。記憶を辿ってみると、処分した記憶はない。ならば押し入れの中にあるはずだ。
 第二回探索。
 ありました。出しやすいようにと、出しやすい場所に置いてあったが、そこは「まさかこんな場所にはないだろう」と思ってしまう場所だった。

 で、ダッチオーブンが占めていたスペースが空いたので、ベッド脇に床置きしてあったものを幾つか仕舞う。ベッド周辺も整理しないとなあ。

 集中出来ないまま、ネットを見る。
 数日前から、いろいろ気になっていたことを調べる。

・山本リンダ再ブレークの「どうにもとまらない」と「狙い撃ち」ってどっちが先だったのか?→「ウララ〜ウララ〜」の印象が強烈だったので、もしかして、と思ったり。しかし「どうにもとまらない」という曲は凝ってますな。聞き直すとコントラバスが要所で絶妙のスパイスになっていたりして。

・東宝映画の白黒作品にはつきものの「キヌタ・ラボラトリー」について。昔は映画大手各社は自社の撮影所内に現像部があって、ネガ現像はもちろんプリントまで作っていた。東宝の現像部には「キヌタ・ラボラトリー」という名前がついていたが、ほとんどの作品がカラーになって、大映と共同で設立した「東京現像」に統合されたのだろうと思っていたら……1970年代前半に「光映新社」と改称されたのか。たしかこの会社は機材レンタルの会社だった気がするが。
 で、東宝撮影所の今むかしを写真で見せるサイトを見つけたが、解説文にはいろいろと間違い(東宝撮影所のステージに、「土の床」は存在しなかったのですよ。日活や東映などにはあるが、東宝はすべてコンクリートの床。その上に砂が被ってたりしたから「土の床」に見えたんだろうが)が散見された。怪獣・特撮マニアの作ったサイトで、一時期とは言え撮影所で働いた者からすれば事実誤認が多い。でも、おれの知らなかったことも書いてあった。

 読売の発言小町に相変わらず立腹。兄ばかりにヒイキされて自力で大学を出て自力でマンションまで買った妹のところに、兄夫婦と同居していた「鬼の母親」が転がり込んできて出ていこうとしない、という相談。このクソな母親にも腹が立つが、相談をろくに読まないで適当なレスを書いている馬鹿者どもに腹が立つ。他人様に意見するなら、トピ主の書き込みをきちんと読んでから書け!そして、誤読してスカタンな事を書いているものを掲載するな!レスが全部掲載されるわけじゃないのに、意味のないレスが載っているのはどんな意図があるのだ?読売の担当者は手を抜いてるんじゃないのか?

 そんなこんなで、夜。
 カロリー的には、もうなにも食えないが、それは寂しいし、腹も減った。
 昨日今日と野菜が決定的に不足しているので、タジン鍋でキャベツをたっぷり食ってやろう。
 
 近所の八百屋でミョウガと漬け物を買ってきて、夕食。大きなキャベツ1/4はなかなか量が多い。豚バラ肉と一緒にレンジへ。
 ミョウガをたっぷり入れたポン酢&柚胡椒で食うと、美味い!
 ご飯は軽く1膳。

 食後、録画したままの「赤ひげ」をブルーレイに焼きながら、ついつい見てしまった。
 黒澤・小国英雄・菊島隆三・井出雅人の手になる脚本がまず凄い。連作である原作を、一本にまとめ上げる、その手腕。幾筋もの話が絡み合って大きなうねりを構築していく。
 まず最初に、安本と入れ違いに小石川養生所を「晴れて出て行ける」津川に、要領よく小石川養生所の説明をさせてしまう。これは「用心棒」で飲み屋の親父が三十郎に宿場町の現況と親分二人の対立を実にコンパクトかつ面白く説明してしまうのと同じパターンだが、上手いモノは上手い。この設定の説明がヘタクソな映画は多くて、ナレーションでえんえんやられるとげっそりする。その悪い例が東映の「新幹線大爆破」。
 部外者に説明がてら観客にも説明してしまうのは「サブウェイ・パニック」の例もあって、上手くやれば舞台や登場人物の説明だけではなくキャラクターも上手く表現できる。脚本家の手腕がまず試される場面だよねえ。大ベテラン4人にとってはお茶の子さいさいだろうけど。
 で、赤ひげにも養生所にも反発している安本が徐々に心をほぐして「医者」になっていく過程で、この映画の白眉たる「六助」「佐八」のエピソードが展開される。「六助」の部分では、根岸明美の、名演と言うには言葉が足りない芝居が見られるし、「佐八」のエピソードでは、何度見ても号泣してしまう。
Img_1176343_34404209_1

 ほおずき市の場面の美しさ、太鼓橋での絶望、そして長屋での場面。もうね、可哀想で可哀想で、思い出すだけでも泣けるのは、山崎努がこれまた神懸かり的に上手いからだなあ。

 たしかに説教臭いけど、見ている間はそんなこと微塵も思わないし、なんせ、江戸の町のセットが堂々としていて、本当の江戸にしか見えない。小石川養生所は巨大なオープンセットで、部屋の中から養生所すべてが見渡せるし、黒光りした床や柱の重量感と言ったら!
 
 小林信彦は批判的だし、「この作品を黒澤の集大成と呼ぶには抵抗がある」(いや、もっとハッキリと「集大成ではない」的に表現していたか)と書いているが、やっぱりこの作品は、黒澤の集大成だろう。東宝で、日本映画の枠の中で思いっきり我を通して完全主義を貫いた、最後の作品。
 今見ると、このセットは東宝じゃなきゃ作れなかっただろうと思う(大映でも出来ただろうけど)し、日本映画としては、黒澤が意図したとおりに、最大限の力を発揮した超弩級の作品だと思う。
 新出去定が立派すぎる、映画にユーモアがない、アクションがない、とも指摘されるが、これはこの形しかあり得ないんじゃないかと思う。屈折した男・安本の視点で進む映画なのだから、彼の目に映った「赤ひげ」は、こういう人物だったのだ。
 映画全体の構えが大きいので、多少のユーモアは消えてしまう。けど、これだけ濃密な世界でエピソードがまったく無駄なく詰め込まれた3時間で、これ以上のなにを描けるだろう?
 医者が主人公なのに、アクションに期待するのは何故?岡場所での立ち回りじゃ足りないの?

 練りに練り上げられて、まったく無駄のない作品世界に息が詰まる、という側面はあるだろう。しかし、それも含めて、「赤ひげ」はもの凄い作品なのだ。この作品はやっぱり、この形しかあり得ない。

 で、佐八のエピソードで号泣した。わんわん泣いたので、疲れてしまった。
 今夜は「タモリ倶楽部」がないし、凄く疲れたので、段ボールのゴミを出して、0時過ぎに就寝。

本日の体重:計れず
本日の摂取カロリー:2472kcal
本日の消費カロリー:日常生活+491kcal/9713歩

« ぷち二日酔いで、乱歩賞パーティへ | トップページ | 嫌なことだらけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/55660327

この記事へのトラックバック一覧です: 何度見ても「赤ひげ」で号泣:

« ぷち二日酔いで、乱歩賞パーティへ | トップページ | 嫌なことだらけ »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト