« 第1章終えて、テニス | トップページ | 何度見ても「赤ひげ」で号泣 »

2012年9月13日 (木曜日)

ぷち二日酔いで、乱歩賞パーティへ

 6時ごろ起床。

 昨夜寝る前に飲んだモヒートがまだ残っている。たった1杯なのに。いや、正確には、モヒートに足したミントのリキュールが残っている感じ。入れすぎたか。

 相方からきた第二章のメモを熟読するが、いろいろ疑問点発生。電話で確認しようとするが、なかなか繋がらない。

 その間、洗濯をしたり干したり。
 ブランチはコーンフレーク。それでは足りなくて、マルちゃん正麺にタマネギを大量に入れて。

 お昼ごろにようやく電話が来て、打ち合わせ。疑問点解消。

 相方に渡すPOPなどを準備していると、急激に眠くなって、しばし昼寝。
 
 時間が来たので起き出して、シャワーを浴びて外出の支度。今日は乱歩賞パーティ。その後、取材で「ガールズ居酒屋」に出撃する。

 早めに出て、ペット用品店に寄ってくーたんの好物の「ねこかま」などを買って、駅へ。相方と待ち合わせて、日比谷。
Img_0881

 乱歩賞パーティは、相変わらずほとんど知った顔が居ない。芦川さんや早見さんがいたので挨拶。早見さんに「美女とのデートでお忙しいようで」と揶揄うと、実際はご母堂の具合が悪くて実家に頻繁に帰っているとのことで……。冗談とは言え大変失礼な事を言ってしまったので、謝る。
 相方とテーブルに陣取って食べていると、内藤みかさんが来たので、しばし歓談。
 徳間Yさんも来て、いろいろ話す。

 しかしまあ、選評は、以前よりずっと厳しくなっている感じ。こんなに厳しいことを書くなら、最終選考に残すべきじゃなかったんじゃないか?と思えるほど。予備選考の段階で5本揃えないといけないのだろうけど……。

 20時になって、パーティも終わり、光文社T氏をお誘いして、神田にある「ガールズ居酒屋はなこ」へ。作中に登場させるので、行っておかねば。
 読者に詳しい方が居られて、いろいろ事前に情報を得ていた。いろんなチェーンがあっていろんな店舗があるけれど、日比谷から近いところで神田店に行くことにした。
 店に入って、そのコスチュームにびっくり。ま、ビックリしたのはお腹丸出し、Tバック丸出しのコスチュームだけで、お酒も料理もリーズナブルだし美味しかったし店の雰囲気も落ち着いていて普通よりちょっと高級な居酒屋という感じだったが。
 もっと話題を用意して話しかければ相手をしてくれた感じで、他のテーブルでは女の子と話し込む様子だったが、我々のテーブルは、そういう余裕がなかった。
 が、「お誕生日の方にはバースデー・サービス」と書いてあったので、申告してみた。マジに今月はおれの誕生日だったし。
 免許証を証拠としてみせると、しばし準備の時間があって……。

 場内が暗くなったと思ったら、女の子たちが勢揃いして、おれに向かって歌い踊ってくれた。
 いやこれが、ヒジョーに恥ずかしくて、エンジョイにはほど遠い小っ恥ずかしさ。やってる女の子もちょっと恥ずかしい感じだったのが救われたけど。
 お誕生日ケーキが出てきたので、みんなで賞味。
 お猪口に三杯、水盃。どう考えても水だったが、水盃?おれは特攻隊か?
 しかしその後、急激に酔っ払ったので、もしかしたら水ではなくてもの凄くあっさりしたお酒だったのか?いやしかし、いくら下戸なおれでも、水とお酒の区別はつくはず……。

 22時30分頃まで店にいて、いろいろ観察。お客さんは案外あっさりと、短時間で出ていった。
 女の子はスレンダー系で揃えている感じ。
 日頃、女性の居る店にはほとんど行かないし(生涯で数えるほどしか行ったことがない)、行っても照れてしまって萎縮してしまうのだけど、席を行き来する女の子を眺めるのが、ガールズ居酒屋の楽しみ方なんだろう。

 で、お誘いしたのに、T氏にすっかりゴチになってしまった。有り難うございました。
 なんだかんだで結構食べた。それぞれ美味しかった。
 トータルで考えると、決して損はしない感じ。
 ただまあ、こういう店は、ワイワイと行く方が楽しいだろう。

 かなり酔っ払ってしまって、ちょっとしんどい。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、シャワーを浴びて、0時過ぎに就寝。

本日の体重:90.30キロ
本日の摂取カロリー:3000kcalくらいいったのでは?
本日の消費カロリー:日常生活+223kcal/4035歩

« 第1章終えて、テニス | トップページ | 何度見ても「赤ひげ」で号泣 »

コメント

居酒屋はなこ~♪(笑)

行って戴けて光栄です。

バースデー・サービスも、羨ましいです。

私はそれを受けた事がありませんので……。

それにしても、意外と遅くまでいらっしゃったんですね。

ご参考になったのなら良かったのですが……。

光文社様から刊行される新刊、待ち遠しいです!!

応援しております!!

芦澤さん:
お店の滞在は2時間ほどでしたか。
他のお客さんが意外に短時間で出てくのがちょっと不思議でした。落ち着く雰囲気のお店だったので。
でも、奥の方に陣取った人たちはえんえん盛りあがってましたけど。
楽しく飲むのには最適なお店でした。
僕自身は、外でも家でも、お酒をほとんど飲まないので、なかなか行く機会がないと思いますが。

バースデー・サービス、なかなか恥ずかしかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/55654659

この記事へのトラックバック一覧です: ぷち二日酔いで、乱歩賞パーティへ:

« 第1章終えて、テニス | トップページ | 何度見ても「赤ひげ」で号泣 »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト