« 仕事をしております | トップページ | 仕事して気功 »

2012年9月 9日 (日曜日)

本日も仕事のみ……ん?

 7時ごろ起床。
 体調がスッキリしないのは、寝不足が原因だろう。何時に寝ても6時か7時には目が覚めてしまうのだから、早寝するしかない。

 朝のモロモロのあと、仕事開始。昨日の続き。

 昼頃に外出。京成・千住大橋駅まで行って、高架下の中華屋でチャーハンを食う。それだけじゃ足りないので、かに玉も。
 この店のチャーハンは妙に美味い。とにかくおれの口には最高に合う。かに玉は餡が甘すぎる感じ。
 並びにあるスーパーでちょっと買い物をして帰宅。

 これだけの外出なのに、汗だく。部屋のエアコンが効くようになると、外の暑さが身に染みる。
 シャワーを浴びてスッキリ。

 仕事再開。
 頭の方だから慎重に書き進める。

 夕方、休憩。
 wowowでやっている「赤ひげ」を録画するのを忘れたので、途中(おとよを安本が看病する場面)から見ながら、毎日グラフ増刊の黒澤明追悼号を眺める。
 「まあだだよ」のスチールが載っていて、先生の教え子が開く会の場面が映っているが、この映画は妙にテンションが高くて異様だった。特に、この場面。
 小林信彦が書いていたが、実際の「摩阿陀会(内田百閒先生を囲む会)」は百閒も意地が悪いし教え子の参加者もみんなそれぞれ曲者揃いで、「あの会はもっと静かで、ひねたものであったことが推測される」と書いてある。そうだろうなあ、とおれも思う。映画で描かれるのは、底抜けに明るく騒々しい、躁的な、村の分教場の同窓会だ。功なり名を遂げた田舎者が集まって、童心に返って純朴に師を称える。大学の教え子が開く会とは到底思えないはしゃぎぶり。
 これはもう、黒澤が「おれをこんなふうに祝ってくれ!」と言っているとしか思えない。実際、ロケの宿では毎晩のように黒澤を中心にした酒盛り(中座が許されない)が深夜まで続いたそうだし。
 内田百閒そのものを描いたものではない、とは言え、とても妙で不自然で、キモチが悪かった。 
 人物描写が不自然でなんだかキモチが悪いのは「影無者」以降、全部の作品に言えることだが。
 小林信彦の指摘を読んで、「やっぱりそうだよなあ」と思った。この人物描写の不自然さについては、小津安二郎の映画にも通じるところがある。小津映画の笠智衆の芝居の不自然さを見よ。ああいう芝居をする下手な役者だと思い込んでいて他の映画の笠智衆を見て驚いた記憶がある。
 まあ、それでも、「まあだだよ」には細かい部分で感じ入るところがあったりする。
 「夢」も、「狐の嫁入り」の美しさは格別だし、「トンネル」の怖さも凄い。「赤富士」は反原発の先取りだが、描き方は「そりゃ夢と言ってしまえばナンデモアリだろうけど」と思ったし、ラストのゴッホの話はなんじゃラホイとしか思えなかった。
 晩年の黒澤映画、特に「夢」「八月の狂詩曲」「まあだだよ」の3本は、ヒチコックがジョン・フォードの「騎兵隊」について言った言葉そのものだ。「老人のホビー」。
(*訂正。「老人のホビー」という表現は小林信彦が使ったもの。「われわれはなぜ映画館にいるのか」25ページ。ヒチコックは1960年の来日時に「北北西に進路を取れ」が日本での興行成績第2位だと聞かされ「第1位はなんだ?」と問うたところ、ジョン・フォードの「騎兵隊」が1位だったので、『無表情に「あんなもの、アメリカでは誰も相手にしない」と呟いた』と同じページにある)
 それに対して市川崑は、最晩年まで商品を作ってやろうという意欲に満ちていた。しかし、往年のパワーが不足してしまって、映画自体に勢いがなくなってしまった。80を越えた人間が紋次郎とか犬神家とか作るのは、無理があったのだ。というか、おれは正直、「どら平太」でがっかりしてしまって、「かあちゃん」以降の市川映画は観ていない。見るのに忍びなくて……。

 「赤ひげ」についての小林信彦の点数は辛いが、おれは大好きだ。やっぱり感動する。特に佐八の話は本当に号泣する。

 仕事に戻る。

 17時を過ぎて、ご飯を炊き、「茄子の味噌炒め」を作って食う。まあ、美味しい。

 「ダーウィンが来た」を久々に見る。新種のフグが見事な産卵場所を作る、大特ダネ。生き物というのは種の保存という生き物としての使命のために、本当にもの凄い努力をしてるんだなあと、しみじみ。人間だって同じだが、おれには子孫が居ないので、生物の使命を果たしていない。

 くーたんがおれの横に来て寝始めたので動けなくなり、そのまま「平清盛」も見る。
 この大河ドラマはほとんど見ていない。評判に左右されて、ではなく、戦国時代以前の話は、どうも興味が湧かない。大昔過ぎて。鎌倉時代もねえ。
 南北朝時代の、日本史のタブーに挑戦するドラマは……作れないんだろうねえ。
 で、「平清盛」は、面白い。とても面白いのに、視聴率が上がらないのが不思議。マスコミが面白がって叩くからその悪循環になってるんだろう。人気が出れば褒めそやすのに。マスコミって本当に信用ならない。

 で、仕事。
 どうもしっくりこないと思いつつ書いていたが、その原因が判った。「動き」が足りないからだ。アタマでひとつ、バーンとぶちかますアクションが必要。それはキャラクターの説明にもなるし、この話を印象づけることにもなる。
 相方のメモをよく読むと、そういう流れになっている。
 じゃあ、どういうアクションを入れるか。どういう流れで?
 答えは簡単に見つかったが、22時を過ぎて、眠い。
 ここで頑張ると、また0時を過ぎてしまうだろう。
 今日は寝よう。

 そう思って、22時20分、就寝。

本日の体重:89.90キロ
本日の摂取カロリー:1792kcal
本日の消費カロリー:日常生活+α 

« 仕事をしております | トップページ | 仕事して気功 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/55621839

この記事へのトラックバック一覧です: 本日も仕事のみ……ん?:

« 仕事をしております | トップページ | 仕事して気功 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト