« またくーたんが…… | トップページ | ALL SUMMER LONG »

2012年9月21日 (金曜日)

もしかして夏の終わり?しかし、最高の1日

 7時前起床。

 日記を書いていると、トイレに入ったくーたんが、突然ばたばたと逃げ出すようにトイレから走り出てきた。
 こういう場合は、本人が予期しなかった下痢の場合が多い。自分のウンコを足で踏んでしまったとか。
 で、くーたんはベッド脇に走って行ったが、床には見事にウンコの筋が……。
 こういう場合は、全く叱らない。くーたんが悪いわけではないから。むしろ「大丈夫か?」と優しく声をかけつつ淡々と処理。
 ウェットティッシュで床を拭き、匂い消しスプレーをかける。
 落ち着いたくーたんが現場に戻ってくると、床のある箇所をくんくんと匂って足で指さすような真似をしている。そこを見たら、僅かに「破片」が残っていた。恐るべし、くーたん。自分で処理出来ないけど、まだ残ってまっせと教えてくれたのだ。
 お前は凄いお前は偉いと褒めながら、処理。

 で。
 今日は今年の夏最後になるかもしれない海に行く。
 波の具合を最優先するならば、鴨川。しかし、エッグスン・シングスでパンケーキを食べたいし、とか「夏のビーチ」全体を味わいたければ江ノ島。
 波はないが、江ノ島に行くことにする。毎年数回行っていた江ノ島だが、最近はとみに海の家がチャラチャラしてきて嫌なのだ。せっかくの潮騒を騒音のような音でかき消してしまう。
 それもあって鴨川にシフトしたのだが、鴨川は遠い。往復5時間かけて海に居るのは2時間というのは哀しい。その点、江ノ島なら往復3時間ちょいで行ける。

 朝のモロモロをなんとか済ませて、シャワーを浴びて髭も剃り、出陣。
 途中、氏子であるお稲荷さんによって、くーたんがこれ以上悪戯をしないようお願いをする。

 駅で相方と待ち合わせて、東海道線で藤沢。いつものようにグリーン車で駅弁を食べる。今日は「しらす弁当」。
 そういや前回、江ノ島に行ったのはは7月のはじめだった。まだ海は冷たくて、おまけに雨模様で、波もなかった。最悪のコンディションだった。逗子に廻って親父の墓参りをして帰ってきたのだ。

 今日も天気は悪い。最悪の事をいろいろと考える。波がまったくない場合は、駅弁は食ったがエッグスン・シングスでパンケーキを食べて、えのスパに行って風呂に入って帰ってくるか、藤沢で車を借りて湘南をドライブするか、とかいろいろ考えた。なんせボディボードを背負っているので鎌倉散策とかに簡単に切り替えられない。

 で、片瀬江ノ島。
 とにかく海の状態を見に行こうと、海へ。
 途中の「エッグスン・シングス」は店の前に長蛇の列。確実に1時間以上は待つ雰囲気。パンケーキやオムレツを食うのに1時間も並びたくない。向かいには美味いことは保証付きの「イル・キャンティ」もあるんだし、魚が美味い「竹波」もあるんだし……。
Img_0884

 波は、予想通り、ない。とは言え……。
 せっかく来たのに海に入らないというのも本末転倒。それに、絶対に悔いが残る。
 ホテルのデイ・ユースを使って、部屋に荷物を置いて水着に着替えて、再度海へ。

 しかし、これがよかった。
 サーファーは鵠沼海岸寄りに固まっているので、邪魔にならないような場所で波を選んで乗る。下田や鴨川のような波はまったく期待出来ないが、それでもショボイなりに、いい波は来る。それを上手く捉まえられれば、そこそこはイケる。
 相方は実に上手く波を捉まえて、乗る。おれはなかなか乗れないが、たまにはいける。

 海の家がなく、静かな、片瀬西浜。人が少ないから海もキレイだし。暴力的に暑くなく、風はむしろ涼しいし、海は温かい。
 なんとも、まったり、のんびり、ゆっくりした、のどかで平和な江ノ島。秋めいてきた太陽の光が優しいぞ。
 こういう江ノ島はいいなあ。
 もの凄くリラックスできる。
 波はないけど、江ノ島はいい。
 
 おれはビーチでしばし休憩。15分ほど寝る。風が本当に気持ちよくて、なんとも安らかな気分になって、短時間だが爆睡。

 その後海に入って、波を待つというか、波に浮かんで空を眺めたり。
 海の家を解体するカンカンという金属音が、夏の終わりを告げている。こういう晩夏というのは、とてもいいなあ。

 今日は、江ノ島に来てよかった。と心から思う。

 16時になって、波もないし、日も陰ってきたので、ホテルに戻り、駐車場脇にあるシャワーでボードを洗い、部屋に戻り、ゆっくりと風呂に入る。海の家を使うより多少高くつくが、遥かに快適。来年は海の家を使わないこのパターンでいくか。

 で、部屋でまったりしてから帰り支度をして、チェックアウト。
 「エッグスン・シングス」に行くと、昼間のような行列はなかった。観光客が立ち寄るのはやっぱり昼間で、夜はロコの人が多いのかな?
 メニューを子細に検討して、夜だけどこの店のウリである「アサメシ」を食う。
 おれは和食でも洋食でもアサメシが好きなのだが、そうは言いつつ、改めてこういう場所に来ると、夜なのにオムレツにベーコンみたいな朝飯を食うのか?という気分になってしまう。

 いろいろ考えた末に、西部劇でよく見た光景の、駅馬車で到着した旅人がサルーンに入ってきて「玉子とステーキ! パンケーキもだ!」と、がなるように注文したあの雰囲気で、スクランブル・エッグとステーキにトーストを頼む。頼んだあとに両面焼きの目玉焼きにした方がアメリカの雰囲気になったなあと思ったが、目玉焼きの両面焼きなんて、自分で焼けるし。
 パンケーキは相方が頼んだので、ちょっと貰うことにした。
 それに、夜のメニューから、グリルドチキンにガーリック・マッシュポテトにシーフードサラダのハーフを頼む。モヒートを飲みたかったが、お酒はまだ控えておく。

 ステーキは朝食べる用の、赤身のあっさりしたもので、美味い。23年前にパリのシネマテーク近くのカフェで食った(ちょっと有名人のエッセイっぽく書いてみたかったんです)、ランチの安いステーキに似て、毎日食べられるあっさりした味。日本流の霜降りステーキは脂っこすぎて毎日食べられない。日常で食べるステーキは赤身が一番だと思う。肉の味がよく判るし。
 パリのランチの安いステーキは塩胡椒だけのシンプルなものだったが、ここは醬油を加えたデミグラス・ソース。これはこれで美味い。グリルドチキンも同じソースだが、チキンは香ばしく焼けていて、実に美味い。
 ガーリックのマッシュポテトは、塩味が絶妙で、とても美味い。
 で、相方に貰ったパンケーキ。山盛りのホイップクリームは見た目よりもあっさりしていて、バターの塩っ気がこれまた絶妙。
 サラダが一番平凡で、これは要らなかったかな。
 おれとしては、夜は夜のメニューから選んで食べる方が晩飯っぽくなっていい、と思った。しかしこの店は朝食を一日中、というコンセプトなんだし、ウリの卵料理やパンケーキは一度は賞味しておきたかったし。
 今日まで和食を主体にして、脂っこいものや重いものを避けてきたので、この食事が体調にどう出るか。肉はチキンや赤身のビーフだし、玉子とパンケーキはカラダには優しいように思えるが……。

 しかしまあ、近所に住んでいればブランチの時間に週に何度も足を運びたくなるとは思うが、次に江ノ島に来たときに又来るかと問われれば、キャンティかカプリチョーザのイタリア料理の方がいいかなあ、それとも竹波で魚を食うのがいいかなあと思ってしまうなあ。近所に住んでれば……常連になるだろうなあ。

 そう言えば、今日、工芸品とでも言うべき、木製の最高に美しいロングボード(まさに工芸品!)を自転車で運ぶ初老の男性を見た。江ノ島の波はロングボードに最適だと思う。
 この辺に住んでいるなら、昼間の喧噪を避けて、朝と夕方、ロングボードを持って海に来て、しゅわしゅわとゆったり波に乗り、朝だと帰りにエッグスン・シングスに寄ってブランチを食べて自宅に戻って仕事をして、夕方また出かけて波に乗って、夜は自宅で静かにジャズを聴きながらオンザロックスなんぞのグラスを傾ける、つーのがおれの夢に見る湘南ライフだが、ま、実現は出来ないだろうなあ。強いお酒は飲めないし、メシ食ってテレビ見て寝ちゃうもんなあ。

 中部駐車場近くの海沿いに、実に素晴らしいマンションが建っていて、こういうところに住めたら最高だろうなあと思った。
 グランシティ湘南海岸マリナージュスクエア、という超高級マンション。なんだかコートダジュールにある豪華な邸宅みたいな雰囲気がある。
 調べたら、ここには「湘南ホテル」というこれまた高級で湘南のランドマークだったホテルが建っていた。このホテルは1990年にオープンしたのに、2005年に廃業してしまったらしい。わずか15年の命……。
 そのあとに建ったこのマンションは、プライベート・プールが最上階にあって、ジャグジーもあって、実にまったく超高級マンション。新築当時8000万で、今は中古価格で5000万。その値段なら安い、と思う。おれは逆立ちしても買えないが。

 まあ、海も食事も、トータルで最高の1日だった。夏の終わりの、いい思い出になった。
 と、言いつつ、また来週来たりして。

 しかし、仕事の話もした。行き帰りの電車の中、そして食事しながら、「第二章」の詰まっている部分の打開策を検討。これで明日にも上げられるだろう。

 で、小田急で帰宅。大和で快速急行に乗り換えて代々木上原。ここで千代田線に乗り換える。
 小田急線内は空いていたが、千代田線は帰宅ラッシュの時間。車内にボードを持ち込んで、申し訳ない。

 夜になると、江ノ島の空気は涼しかったが、東京はもっと涼しい。Tシャツだと寒いほど。どうも雨が降ったようだ。

 帰宅して、くーたんの機嫌を取って、外を見ると、雨。雨の合間に幸運にも帰ってきたわけだ。

「タモリ倶楽部」は、夢うつつで見たが、80%は寝てしまった。
 で、1時ごろ就寝。

本日の体重:89.40キロ
本日の摂取カロリー:2145kcal(意外に低いが……)
本日の消費カロリー:かなり消費したはず

« またくーたんが…… | トップページ | ALL SUMMER LONG »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/55715234

この記事へのトラックバック一覧です: もしかして夏の終わり?しかし、最高の1日:

« またくーたんが…… | トップページ | ALL SUMMER LONG »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト