« 新国立劇場「ピーター・グライムズ」トークセッションを聞いた | トップページ | 雨降りだから仕事に集中 »

2012年10月 2日 (火曜日)

ゴールドに免許更新

 6時過ぎ起床。
 
 今日は、免許の更新に行くが、その前に日記を書く。これ以上やると「醜い泥試合」に突入する(既に突入している?)のは必至だが、思い込みで事実無根な事を勝手に吹聴されるのは困るので、断固として書く。睦月氏とはマイミクも切って訣別したから、言葉も交わしたくないのだが。
 
 シャワーを浴びて、8時過ぎに外出。
 バイクを手放してからは、年に数回、レンタカーに乗るだけなので、無事故無違反。めでたくゴールド免許が取れることになった。制限時速30キロのバイクに乗っていると、どうしてもスピード違反をやってしまう。
 で、ゴールドになると近くの指定警察署で「わずか30分」で免許の更新が出来るのだが、うちの近所だと、下谷警察署か竹ノ塚警察署。どっちも微妙に遠い。残念ながら千住警察署では出来ない。
 ならば、と東陽町の運転免許センターに行く。これだと特別ゴールドの恩恵はないんだけど。
 
 北千住駅に早く着きすぎたので、「海鮮三崎港」の朝食を食べる。ネギトロに温泉卵の定食。まあまあ。
 その後、久々に朝のラッシュの地下鉄日比谷線に乗って、茅場町で乗り換えて東陽町。
 駅に出たら、雨が降ってきた。
 普段なら傘も差さずに歩いて行くのだが、今日は免許証用の写真を撮るのだ。最近、頭髪はちょっと濡れると天然パーマがひどくてクルクル巻いてしまう。免許証は5年間使うから、出来るだけ見た目がマシな写真を撮りたい。
 コンビニで傘を買う。また増えちゃったよ。
 
 9時過ぎに免許センターに入って、あれよあれよという間にすべての検査が終わって写真撮影。9時30分には安全講習の部屋にいた。「わずか30分」と書いてあったから、安全講習はカットして、すぐ新しい免許が貰えるのかと思ったらさにあらず。作る時間も必要だもんね。だから安全講習。
 しかし、次の講習が始まるのは10時。せっかく早く教室に入っても、30分も待たされる。
 
 で、iPhoneでミクシィを見たら……。
 またしても、睦月影郎氏がなんのかんのと書いている。「合作批判」も「遊び呆けて〆切落とす」もおれに反論されてやり返せないのだろう、睦月氏が次に捻り出した新ネタは、「10数年前の句会での、おれの『不正行為』」。
 え、そんなことあったっけ?と完全に忘れていた。
 官能作家たちとイラストレーター諸氏との句会に何度か行ったことは覚えているし、その時詠んだ句も、ひとつだけ覚えている。
 
「桶狭間 何人死んだか わからない」
 
 という、まことに馬鹿な駄句。艶句会ということで、そういう句を詠む会だったのだが、マトモな句はおれには詠めなかった。
 で、氏の主張に寄れば、詠み人を伏せて優秀作を選ぶ際に、おれが相方の句を相方作と知った上で投票して、相方の句がトップになったらしい。そして、その事を今だに怒っている方が居て、睦月氏は懸命におれたちを庇ってくれたらしい。で、その後おれは、なにやら卑怯にも、その不正について言い訳をし、おれの卑劣な行為のせいでその句会は二度と開かれなくなったらしい。
 申し訳ないが、そういう『事実関係』をまるっきり忘れていた。そして、思い出そうとしたが、おれがそういう『不正行為』を働いた事自体、どうしても思い出せなかった。
 しかし、イラストレーターのある方(睦月氏の日記にも名前は出て来ない)とは、今だにその話が出て、その方は今もお怒りらしい。
 10数年経っても怒りが収まらないというのは、相当な事であり、おれは、完全に忘れていた事を含め、その「不正行為」を謝罪しなければならない。睦月氏の言い分がすべて正しいのであれば。
 もちろん、殴った方は殴ったことを忘れるが殴られた方は殴られたことを忘れない。おれが睦月氏に被った迷惑を忘れないのと同じだ。だから、おれが都合良く記憶を消してしまった可能性は大いにある。
 であるから、その方の10年来の怒りに対しては、誠心誠意謝罪するつもりであるが、そのためにも、当時の出席者のお名前を思い出し、連絡先を探し出して、メールなり手紙を書くところから始める。
 ただ、かすかに覚えているのは、句会がなくなったのは、全く別な理由(プライバシーに関るのでここでは伏せる)であると、レオ澤鬼先生に伺った記憶はある。
 おれの『不正行為』が存在してどなたかを10年以上怒らせているとしたら、それはゆゆしき事態であるが、すべて睦月氏の思い違いであるとしたら、またしても誹謗中傷されたことになる。
 事実を確かめて、きちんと対処する所存である。
 で、氏はこの期に及んでも、「苦言も諫言も全て悪口と解釈され」て、おれに「色々悪く言われている」と言い張っている。
 氏には苦言・諫言と悪口の区別もつかないらしい。好き勝手に歌っている雑魚は、おれではなく、徹頭徹尾、睦月影郎氏であるのに。
 ところで、睦月氏は、次はどんな「安達の悪行」を暴くのだろうか?道で立ち小便したとか、帰り道に買い食いをしたとか、高校の時成人映画を見に行ったとか、そんな類いじゃないだろうな?おれも睦月氏の悪行の数々は知っているが、自制して書かないだけなのだが。
 こんな次元の低俗なあげつらいをやっても、意味はまったくない。面倒くさいだけだ。おれは殴られたら殴り返すが、こちらから殴りに行く気はない。氏は、いつまでやるのだろう?
 
 で。
 「わずか30分」というのは安全講習のことだった。10時30分に講習が終わり、新しいICチップ内蔵の免許証を受け取った。
 
 せっかくだから、木場にある洲崎神社にお参りすることにして、一駅分歩く。
 この時、iPhoneの各種マップを使い比べてみたが、どれもダメ。Googleマップが懐かしいよ。
 アップル純正は情報が決定的に少なくて目印が見つからないし、Googleサイトのマップは反応が遅い。マピオンも使いにくい。
 何とかならんものか?
 その上、今日は暑い。ちょっと歩いただけで汗びっしょり。
 
 しかし、洲崎神社で久々におみくじを引いたら、なんと「大吉」!。ずっと小吉とか末吉ばかりで、「大吉」なんて、数年ぶりだ。

Photo_4

 しかも、おみくじのお言葉が、
『龍が天上に昇る時を得たようで
 正しい心 人に尽くす心を 失わない限り
 望みは達せられる
 更に神仏に念じ 道を誤らなければ 一層よくなる』
 と、今回の件についてズバリ応援してくれているような内容。
 かなり嬉しい。
 
 木場駅前付近の中華屋が美味そうなランチをやっていたので好物の「ムースーロー」(きくらげ豚肉玉子炒め)定食を食べる。
 美味い。
 
 木場駅前から錦糸町行きのバスに乗る。が、乗客がもの凄く多くて身動きできないほど混んでいた。目の前の席が空いたので座ったが、すぐに老人に譲った。
 錦糸町から半蔵門線で帰宅。
 
 汗だくになったので、シャワーを浴びたら気が抜けた。
 仕事する気分にならず、句会に参加なさっていたイラストレーター諸氏に出すメールの下書きを書いたり、ジョン・カルショーの自伝を読み返したり。
 昨日聞いたブリテンのトークセッションに出てきた「戦争レクイエム」の録音にまつわる騒動が生き生きと記されていて実に面白い。
 
 そうこうしていると、夜。
 北千住マルイにある先代猿之助ゆかりの店で、相方と食事。チキン南蛮を食いながら、二人で句会について懸命に記憶を絞り出すが、上記以上の記憶は蘇らなかった。
 
 帰宅して、日ハム栗山監督の優勝インタビューを見る。今は完全にパリーグの方が面白い。元気があるし、魅力的な選手も揃っている。
 
 wowowで録画した、おれとしては小林旭の最高傑作ではないかと思っている、山本周五郎原作の「さぶ」のアタマを見る。
 小林旭の傑作は、明日放送の「東京の暴れん坊」と、この作品、そして東映での「仁義なき戦い」シリーズであろう。渡り鳥や流れ物も楽しいが。
 
 で。
 先日、高校の後輩Aに薦められて録画した「鹿男あをによし」第1回を見る。
 なにこれ!面白い!2007年放送で、当時は馬鹿にして見なかったのだ。
 いや〜じつに面白い。凄い。鹿がよく出来ていることもあるが、多部未華子が気味悪いぞ。ネジの緩み具合が絶妙で、なんとも怪しい世界が広がっている。これは全部見なきゃ!
 
 0時すぎ、就寝。
 
本日の体重:89.70キロ
本日の摂取カロリー:2370kcal
本日の消費カロリー:日常生活+717kcal/11922歩

« 新国立劇場「ピーター・グライムズ」トークセッションを聞いた | トップページ | 雨降りだから仕事に集中 »

コメント

いやいや『鹿男あをによし』は、面白かったですよ♪

あのオープニングのテーマ曲は、いまでもバラエティなんかで使われていて、このドラマを思い出します。

あと、大きな鉢に入った料理が旨そうで……。

当時、マイミクだった女性が「展開が遅くてイライラする!」と怒ってましたが、私はまったくそんな風には思わず、楽しんでいました♪

再放送やってるんですね。また観よう!

芦川さん:
再放送は、BSフジで、朝8時30分からです。僕は録画して見ておりますが……。
高校の後輩が「あのドラマは原作を越えた」と絶賛して、「是非観ろ!」と強く勧めてくれました。
たしかに、面白いです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/55802860

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールドに免許更新:

« 新国立劇場「ピーター・グライムズ」トークセッションを聞いた | トップページ | 雨降りだから仕事に集中 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト