« 錦の御旗は持った者勝ち | トップページ | ゲラ拝は延長戦に突入 »

2012年10月20日 (土曜日)

ゲラやって、快楽亭の録音

 7時起床(だったと思う)。

 橋下市長対朝日新聞グループの対決は橋下市長の全面勝利で終わった。これは、作戦的に「朝日新聞グループ」全体を巻き込んで「人権擁護の実態」を問うた橋下市長がとびきり喧嘩が上手かったということだろう。

 マイミクのF氏の分析を元に考えてみると、週刊朝日側は訴訟くらいは覚悟していたが、朝日新聞本体を含む「取材拒否」をされて記者会見で「社としての人権擁護に対する姿勢」を正面から問われるとは想定していなかったのではないかと。なぜなら、文春・新潮が報道した時には、訴訟も含めて何もしていない(記者会見やツイッターでキツい言葉で非難したが)し、同じ手法を用いた佐野氏の著作「あんぽん」でも問題は発生しなかったという成功体験があった、と。

 今回の件でおれが一番思ったのは、自分の思いきった政策とその実行を快く思わないからといって、自分の生まれ育ち・親や親戚を含む一族の過去をほじくり返されて、それを盾に批判され否定されるのは嫌だろうな、という事。公人といっても、「あいつは部落出身だからああいう事が出来るんだ」と言われるのは正しいことか?と考えれば答えは即出る。「正しくない」と。

 それを朝日新聞の傘下にある、いや、傘下になくてもメジャーなマスコミである週刊朝日は出来ないでしょ、という事もある。文春や新潮は、その意味で行くと半分位イエロー・ジャーナリズムなのかもしれない。でも大臣の首は平気で飛ばせる力はあるのだが。

 とにかく、もしもおれが橋下市長の立場だったら、もの凄く嫌で不快で、なんとかして朝日に一泡吹かしてやりたいと思ったに違いない。

 今回のことで、橋下市長のネゴシエーターとしての類希なる実力を世に知らしめた。彼なら勝手な事をしている中央の官僚たちをなんとか出来るんじゃないか、という期待も膨らむ。

 が、その反面、有能であるが故に、「あの男の本音はなんだ?」という疑心暗鬼も生まれる。あの男に好き勝手させたらヤバいぞ、という恐怖心も強くなっただろう。

 この辺、橋下氏がプーチンにならないため、プーチンにさせないために、なんらかの事を講じておく必要はあると思う。まあ、維新の会の面々は、選挙で勝ちたいだけのガラクタが集まっているという「印象」を与えているから、衆参両院で圧倒的勢力にはなりえないし、憲法も改正出来なければ、橋下氏が絶対的権力者になることはない、とは思うが。

 で。

 朝のモロモロのあと、ゲラ拝再開。というか、今日は差し替え・追加の作業。

 最初は、イジリ始めたら全体が来るって仕舞うんじゃないかという恐怖もあって、ちょっと手が出せない感じもあったのだが、やり始めたらそうでもなく、1,2,3章と順調に進む。

 ブランチはコーンフレーク。

 くーたんの猫飯がなくなったので、買いに行かねば。

 で、北千住東口に行き、駅前の「味楽」で海苔塩ラーメンを食べ、猫飯を買う。東口商店街も新しい店が出来ていた。

 帰宅して、仕事再開。

 

 「第4章」はちょっと多めの加筆が必要かもしれないので、慎重にチェックしていくが……時間切れ。

 今日は、快楽亭の高座録音がある。

 機材をまとめてカートに縛り付け、京成の千住新橋まで歩く。遠回りしてしまったので、乗ろうと思っていた電車に乗り遅れてしまった。

 よって、事前にメシを食う時間はなくなった。録音しながら弁当でも食おうかと思ったが、買わなくてよかった。

 というのは、今日は録音ブース(本当はお囃子の場所)には、元快楽亭ブラ汁くん(現・立川らく里)がいて、熱心に元師匠の高座に聞き入っていたから。その上、生で太鼓も打っていった。

 らく里くんはかなり頻繁に元師匠に会いに来て、盆暮れの挨拶も欠かさず、高座も聞いているらしい。彼がこんなに律儀な男だったとは知らなかった。

 前後するが、録音準備は、今回は妙に手間どってしまった。何故だろう?

 

 録音自体は順調。

 で、いつも会場を借りる時間のギリギリまで快楽亭は高座にいるので、後片付けが、会場の人に追い立てられるようなカタチになってしまって、それがけっこう惨めだったのだが、今回は20時過ぎに終わってしまった。

 あれ?

 録音時間を見ると、高座が特別短いわけでもない。休憩時間を短縮したのか?

 

 本日の演目は、すべてネタおろし(一部やっているものもあるそうだが)

「死ぬなら今」

「星野屋」

~中入り~

「不孝者」

「初音の鼓」

 「星野屋」は後日録り直すが、それ以外はCDにする。で、「星野屋」のマクラをポッドキャストで流す。

 後片付けも、なんだか時間がかかってしまった。要するに、段取りがもの凄く悪かった。どうしてだ?一番長いケーブルがよじれてしまって、何度も巻き直したのも一因だが。

 例によってみんなは打ち上げに行ってしまったので、おれは機材を引き擦って、「餃子の王将」へ。

 焼きめしと餃子を食べる。トリカラに強く惹かれるものがあったのだが……。

 しかし、あの「餃子の王将」ブームってなんだったんだろうね?特に美味しくもないのに。安いけど。

 21時過ぎに帰宅。

 3ヵ月ぶりの録音で、疲れた。汗もかいた。

 機材を仕舞って録音データをメインマシンに移して録音機として使っているPowerBookG4も仕舞い、録音データを再生してみて問題のないことを確認。

 くーたんにご飯を出し、おれは風呂に入ると、グッタリ。

 TBS「ニュースキャスター」の最後の部分を見る。

 それにしても、尼崎の「角田事件」は、北九州の松永事件を上回る恐怖の事件だ。恐ろしい。本当に恐ろしい。この事件を佐野氏は徹底的に追うべきではなかったのか?

 この女と関係した人物については、徹底的に洗い出すべきだろう。

 事件の全容はまだまだ判っていない、というのが底なしの恐怖を感じさせる。

 PCなりすまし事件も、恐ろしい。これは自分の身に起こる可能性が充分あるわけだし。

 ある日突然、まったく身に覚えのないことで刑事がやって来て逮捕されて、ウソの自白を誘導されたら……。

 なんせ刑事は、自分の目の前にいる男が犯人だと信じ切ってるし、IPアドレスという「動かぬ証拠」もあるわけだし。

 おれだって、「やってないことはやってない!」と否認を続けられるかどうか自信はない。連日取り調べが続くと、「もしかして……」とか「ボンヤリしていた時にやったのかも」とか思うようにならないという自信はない。

 日本の場合、警察での取り調べに弁護士は同席出来ないのが通常のようだから、刑事のペースで取り調べが進んでしまう。

 こういう「完全な濡れ衣」「完全な冤罪」においては、今の警察の取り調べの慣習が正しいのかどうか、深く考えてしまう。

 が、弁護士同席とか、いろいろ「人権に配慮」すると、極悪な犯人は弁護士の力を借りて徹底して否認するだろうし……。

 「チューボーですよ!」で風吹ジュンが還暦を過ぎたと知って、ショック。まだ40代くらいに思っていたのに。この人も、若い頃とは役柄ががらっと変わったよねえ。

 途中で寝てしまい、目が覚めたら別の番組をやっていたので、くーたんとほとんど遊ばないまま、ベッドへ。

本日の体重:89.70キロ

本日の摂取カロリー:2127kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α+262kcal/4412歩

« 錦の御旗は持った者勝ち | トップページ | ゲラ拝は延長戦に突入 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/55937713

この記事へのトラックバック一覧です: ゲラやって、快楽亭の録音:

« 錦の御旗は持った者勝ち | トップページ | ゲラ拝は延長戦に突入 »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト