« 疲れは一晩では取れず | トップページ | ノルマ消化できず »

2012年10月26日 (金曜日)

人生万事塞翁が丙午

 7時30分起床。

 コーヒーを淹れようとして、コーヒーメーカーのペーパーフィルターがないことに気づき、近所のコンビニへ。

 フィルターとともに、キーコーヒーのカップに置いてお湯を入れる式のコーヒーも試しに買って、サンドウィッチとともに。

 と、これが美味い!凄く美味い。

 コーヒーメーカーで淹れるコーヒーは、お湯が豆の中で滞留する時間が長いから、濃くてコクのあるコーヒーになる。しかしおれは、もっとあっさりした方が好きなのだと判った。飲む都度、メリタを使って淹れるのが一番美味しいのだろうなあ。おれにとっては。

 絶好の洗濯日和(好天を見ると洗濯したくなる)だが、洗濯するものがない。

 日記を書いたり朝のモロモロをしていると、イラストレーターのS先生から丁寧なメールを戴いた。

 先日、十数年前の句会において安達が不作法をしたとの指摘を受けて(←リンク)、そういう記憶はなかったが、我々が都合良く忘れていた可能性も否定出来ないので、お詫びの品を贈ったのだが、それへのお返事。

 S先生によると、指摘されたようなことはなかった、と。句会を主宰なさったS先生がおっしゃるのだから間違いはないだろう。

 この件はこれにて終了。

 新型iPadには興味はない(いや、興味はあるけど、おれが持っても宝の持ち腐れになるのは必至)が、新型MacBookや新型iMacには興味がある。

 今使っているのは17インチのMacBookPro。去年の震災で、計画停電になるのが怖くて、iMacからバッテリー駆動出来るMacBookProに乗り換えたのだ。でも、ノートパソコンを常にデスクトップで使っているので、本体のキーボード分、デスクが狭い。だったらこのMacBook Proを控えに回して、新型のiMacに戻るか……。

 CPUの違いがどれだけ速度に影響するのか。おれの体感ではIntelの5でも駆動周波数が高い方が速い。クワッドコアでも4つが常に動いているわけでもないし。ならばiMacの方が有利だが……。

 500円玉貯金がMac資金なのだが、印税の端境期で苦しくて、ヘソクリを生活費に回してしまったので、しばらくは買い換え資金がない。ソフマップの下取り価格を調べると、MacBook Pro17の下取り価格はなかなかイイ値段がついているが、これはこのまま手許に置いておきたいし……。

 というのは、OS10.6までで動いていたIRISというサードパーティが作ったOCRソフトを使いたいから。このOCRソフトは非常に優秀で、ほぼ間違いなく読み取ってくれる。ベルギーか何処かのメーカーなのに、日本語がほぼ完璧なのだ。ネットでは何故か評価が低いのだが。

 これの最新版を買うと、2万円以上する。しかしOCRは年1回使うかどうか。でも使えなくなるのは不便。それがあるので、OS10.6でも走る現行のMacBook Pro17は手放せない。

 まあ、パナソニックが出している「読取革命」というOCRソフトがかなり優秀らしいし、そう高くないので、これを買って過去のOSとはオサラバするという選択肢もあるが。

 仕事を進める。

 なんとか難しくて微妙なところを乗り切った。けっこう上手く書けたと思う。書いてるウチに閃いて、新しい要素も盛り込めたし。

 ランチは、丸美屋のレトルト麻婆豆腐をご飯にかけて、「麻婆豆腐丼」にしたが、このレトルトが期待したほど美味しくなかった。残念。最近、辛い刺激が欲しい感じなのだ。ならば自分でラー油を足せば良かったのかも。

 読み返して、強引な展開があったりしたので、書き直す。

 午後遅い時間に、休憩。

 昨夜録画した「レジデント」第2回を見る。仲里依紗はいいねえ。小生意気な女が頑張るって、おれのツボかも。ハナシはもろに「ER」そのものなんだけど。古田新太が本領を発揮してきたぞ。

 夜、相方とファミレスで会い、メシを食ってから打ち合わせ。

 ポルチーニのスパゲティとトリカラ2個、シーザーサラダ。

 食後、この後の展開を整理する。こういう擦り合わせをしておかないと、あとから大きな直しをすることになって、時間がロスする。

 二人で話すと、無理な展開やご都合主義、エピソードの過不足などが浮き彫りになるので、書く前に修正出来る。

 で、話していて思ったのは、おれって助監督根性というか低予算脚本家の根性が抜けてないな、と言う事。

 深夜の密談、という場面。予算がないと、「どこかの埋め立て地の真ん中に停めた車の中」というのを考えてしまう。これって、ロケする金がかからない。寄りのカットはその辺の駐車場でも撮れるし。しかしカネのある映画なら、密談にふさわしいそれなりの場所でロケするか、セットを建ててしまうだろう。

 予算潤沢な市川組では、そういう「やりくり」にタッチする身分ではなかったが、低予算映画ではチーフだったので、毎日やりくりをしていた。一番の成功例は、ロケセットで借りた家のリビングを改装して病室にしてしまったこと。これなら病院にロケに行かなくて済む。美術部には負担をかけるが、時間が節約出来るのが大きかった。

 まあ、そんなことを思い出した。

 みっちり打ち合わせをして、帰宅。

 歩くとけっこう汗をかいた。もうすぐ11月だというのに、半袖Tシャツで歩いたぞ。

 風呂に入り、「報道ステーション」後半を見る。当時ダイエーの工藤が中日・関川を封じた策をつまびらかにしたが、その頭脳プレーにゾクゾクした。この頭脳を野に置くのは惜しいぞ。工藤は、投手コーチから監督になるべきひとだ。

 しかし、次の選挙で生き残りたい民主党の議員の醜態には目を覆う。浅ましい。沈める舟から逃げ出したいのは判るが、まだ政権にあると言うのに。この辺が「他に逃げ場がない」「次は絶対おれたちの天下」と思って我慢する自民党の議員と違うところか。

 新党に移っても、自分が当選することしか考えられない連中は落選するに決まってるだろ。地盤も固めてないから不安になるんだから、逆風が吹けばあっさり落選。ほんと、こんな連中が当選したのは有権者として恥ずかしい限りだ。

 「匿名探偵」は、相変わらずマンガみたいなお話と展開。しかしまあ、DQNなクソ野郎を演じた若手がなかなか上手かった。

 「タモリ倶楽部」は、「電チラ」。一番遠くて小田原、というのが残念だが。「空耳アワー」はほとんど寝てしまった。

 資源ゴミを出しに行き、1時就寝。

本日の体重:90.65キロ

本日の摂取カロリー:2562kcal

本日の消費カロリー:日常生活+273kcal/4511歩

« 疲れは一晩では取れず | トップページ | ノルマ消化できず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/55980281

この記事へのトラックバック一覧です: 人生万事塞翁が丙午:

« 疲れは一晩では取れず | トップページ | ノルマ消化できず »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト