« 突然「亡き王女のためのパヴァーヌ」を聴いて号泣 | トップページ | さあっ!最終章だっ! »

2012年11月 4日 (日曜日)

仕事して取材

 7時前起床。

 今日も、物凄くいい天気。こういう日はウォーキングしたいが、仕事。洗濯して干さないのがもったいないくらいの秋晴れだが、無理して洗濯しても仕方がない。

 朝のモロモロの後、コーンフレークを食べてから仕事開始。

 「第5章」を書き進む。おれとしてはかなりのペースで、「仕事してるなあ!」という充足感があるのだが、書けた分量を見ると、「あれ?こんな程度?」と思ってしまう。まあ、密度は濃いと言うことで。

 1枚だけ残った食パンにパストラミを挟んで食う。

 仕事を続ける。

 小さな茶碗1膳分のご飯に目玉焼きを乗せて食べる。

 仕事を続ける。

 「第5章」を書きながら、最終章の構成メモを作る。

 小腹が空いたので、エースコックのワンタンメンにネギを大量にぶち込んで食う。じつに美味い。

 夕方になって、1ブロック終わった。あと1ブロック書けばこの章は終わって、いよいよ最終章だ!

 しかし、疲れてしまった。微妙に睡眠不足で、次のブロックを書いていると、突然落ちてしまったり。

 休憩してテレビを見ると、そのまま寝てしまったり。

 「第5章」の最終ブロックは、明日の午前中、元気がある時に一気に書いてしまおう。細部のディティールも思い浮かんでいないし。

 で、夜は、この作品のクライマックス・アクションの舞台にする東京駅を取材する。と言っても、普通に歩けるところを普通に歩くだけだが。

 所用で外出中の相方と東京駅で落ち合う約束にして、出かける。しかし、財布には金がなかった。

 京成線との乗り換えの都合で、日暮里の駅構内のATMに行ったら、オッサンがATMのボックスに入っていて、なかなか出て来ない。何をトロトロやってるんだ!とイライラ。

 キカイが遅いのかと思ったら、おれが操作したら普通に金が出てきたぞ。あのオッサンは暇つぶししてたんじゃないのかという疑惑が浮上。

 で、山手線に乗り換えて、東京駅。

 腹が減ったので、まず、食事。駅構内の「日本食堂」に行くが、行列が出来ている。

 東京駅は大改装して飛躍的に店が増えたが、安くてメシを食わせる店がなくなった。今あるのは高い店。しかも狭いから、メシにありつけるまでかなり待たされる。もうちょっと食い物屋を増やせ!絶対に需要はある。

 カレーなら待たずに食えるが、カレーじゃあねえ。

 ということで、改札を出て、大丸へ。

 まい泉でトンカツを食おうと思ったが、ここも行列が出来ていたし、待っているオッサンがベンチに荷物を置いたままで、立って待っている他の客を座らせない(たぶんボンヤリしていて絶っているヒトの存在に気づいていなかったのだろうが)のでムッとしたこともあって、隣の鉄板焼きの店「リコロ」へ。ここは目の前でコックさんが調理してくれる。

 ここでもしばし順番を待つ。待つ間に構成メモを相方に渡して、打ち合わせ。いろいろと追加アイディアが出る。

 おれはステーキのコースを食べる。この味なら3900円は安かった。実に美味い。リゾットも絶品。デザートのクレームプリュレも美味しかった。ちょっとワインとか飲んだら最高だっただろう。しかしこの後取材だから、水で我慢。

 で、東京駅構内に戻って、構成メモのイメージに沿って歩く。

 が、構内図を見ていると、見慣れない通路が。

 京葉線東京駅は東京駅本体からイヤというほど離れているが、その離れた京葉線の駅から丸の内側に細い連絡通路が延びている。こんなの知らなかったぞ。

 ならば、と歩いてみる。

 するとこれは、丸ビル・新丸ビルや建設中の東京中央郵便局ビルの地下にある大ホールに繋がっていた。この大ホールが巨大で、こんなどでかい空間があったのかと驚いた。

 たくさん写真を撮ったが、写真だけ見るとたいしたことがない。しかし肉眼で見ると、なかなか凄いものがあった。

Img_0927

 ぐるっと廻って、丸の内北口から東京駅構内に戻り、ノースコートでしばし休憩。フレッシュジュースを飲む。

 駅弁屋などを覗いて、山手線に乗って、帰宅。結構歩いた。

 いろいろ使えそうなネタもあったので、どう取捨選択するか。

 くーたんにご飯を出し、「情熱大陸」を見る。石橋貴明が取材した錦織圭。

 もう、疲れたので、23時30分就寝。

本日の体重:91.05キロ

本日の摂取カロリー:2274kcal

本日の消費カロリー:日常生活+384kcal/6593歩

« 突然「亡き王女のためのパヴァーヌ」を聴いて号泣 | トップページ | さあっ!最終章だっ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56046139

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事して取材:

« 突然「亡き王女のためのパヴァーヌ」を聴いて号泣 | トップページ | さあっ!最終章だっ! »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト