« 再校やって冨田勲の音楽に号泣して二の酉 | トップページ | IKEAに行く時、いつも割引カードを忘れてしまう »

2012年11月21日 (水曜日)

散髪してテニス

 7時起床。

 日記を書くのに、小松左京の「日本沈没」を読み返す。初出のカッパノベルス。おれの持っているのは「初版341刷」。ウルトラ大ベストセラーだもんね。

 読み返すと、実に緻密で、歴史文化政治にもれなく目の行き届いた巨大な作品であることを再確認。思えば「復活の日」もそうだった。小松左京の長編には、すべてのものが詰まっている。

 が、意外にセンチメンタルな部分がない。あえて除外したのだろう。この部分を書き込んだら、それだけでもの凄く長くなるし、話が別方向に走ってしまうだろうし。

 映画版はその辺を巧く脚色していたと思う。映像の力はもの凄いから、日本の豊かな自然とか農村の風景を数カット入れるだけで、センチメンタルな思いは充分に伝わる。

 で、こういう豊かで美しい日本というものを一発で壊滅させるのが原発であると、再認識。

 

 自民党は選挙公約で原発については口を濁しているが、幹部に甘利明が居る以上、自民党はいずれ財界の意向も受けて原発推進に転ずる(戻る)だろう。即時廃止というのは無理があるが、耐用年数を過ぎたものから順次廃止して、もちろん新規増設はナシ、ということで、段階的に原発は廃止すべきだと固く信じる。

 反原発を掲げる政党は多いが、どこが本物でどこがエセかを見分けるサイト、というところに行ってみたら、このサイト自体がエセだった。

 東北の瓦礫を分散処理することに絶対無条件に反対しているところじゃ、お話にならない。こういう連中は、「東北の瓦礫=放射能に汚染されている」という考えに凝り固まっていてまったく話し合う余地がないというのは困りものだ。狂信的「反瓦礫」じゃ理解し合えない。

 地元で瓦礫の処理は出来るのに、「絆」のシンボルとして、はたまた利権のために分散処理がごり押しされているという疑惑とはまた別の話。地元で出来るなら地元でやる方が無駄な手間はかからないし雇用も創出されるだろうし経費的にも安くつくだろう。それをあえて東北外に運んで処理することはない。あくまで、地元では処理しきれないから、安全な瓦礫の処理を手伝いましょうということなのに。

 で、自民党のアベは、日銀に国債を引き受けさせようという「やってはいけない基本の基本」を口にして総スカンを食っている。やっぱりバカだね。この男とイシハラにだけは首相になって欲しくない。どうしてこんな男が復活してしまったんだろう。それだけ自民党もタマ不足って事だろ?

 

 朝のモロモロのあと、再校ゲラを最終確認して、久々にご飯を炊いて、生たまごとしらすで、朝ご飯。美味い!モーレツに美味い。

 そうこうしていると、お昼前。

 今日こそ散髪に行く!

 近所の床屋さんに行く。1000円カットでも充分なんだけど。早いし。しかしご近所だし、年数回の散髪(年数回だから「散発」と変換された)だから、きちんとして貰おう。

 ご近所情報を聞こうかと思ったが、なんか、特に聞くこともないし、気を遣うのもたいそうなので、ずっと黙っていた。

 なんか、凄く短くされたのと、髭剃りにもの凄く時間がかかったけど、出来上がりは丁寧。

 で、出来上がっているジャケットの袖直しをルミネまで取りに行く。

 そのついでに、再校ゲラをクロネコの営業所に持っていって、発送。「あとがき」に関してはテキストデータを明日、送信する。

 で、袖丈直しは、とてもきれいに仕上げてくれて、大満足。もっと早く袖直しに出せば良かった。1年くらい、袖を折り曲げて着ていたのだ。

 小腹が空いたので、「富士そば」で、ざるそばを食べる。

 帰宅して、これも本当に久々に、ステレオ(と言う表現はもう古めかしいね!オーディオ・コンポーネントと言うべきか)を鳴らす。

 アシュケナージのピアノ、ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウの伴奏で、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を聴く。

 おれの愛聴盤は、同じアシュケナージでもごく初期の録音の、マゼール指揮ロンドン交響楽団のもの。これがとてもフレッシュで伴奏も自然で、一番好きだ。子供の頃から聞き慣れていると言うこともある。

 で、久々にスピーカーをそこそこの音量で鳴らしたら、音がいいのにビックリ。ちょっと高域がキツ過ぎるほど。部屋が変わるとスピーカーの鳴りも変わるなあ。デッカの録音が素晴らしいのはもちろんなのだが。

 調子に乗って、ショルティ指揮シカゴ交響楽団でマーラーの交響曲第5番も聴く。しかしこの曲に関しては、カラヤンのものがもっとも美しい。特に第4楽章は、その音楽の美しさにカラヤン自身が酔い痴れて陶然として、詠嘆している感じがあるんだよなあ。「あ~美しい」と、息を飲んでいるところがあって、それが感動的なのだ。他の録音とはちょっと違う。

 と、時間。

 今日は2週間ぶりにテニスのレッスンに行く。2週間も休んでしまうと、行くのが億劫になってしまったが、ここで休むと、レッスンを止めてしまいそう。

 頑張って行く。

 行く道中で、マーラー5番の第1楽章が頭の中で鳴り響く。しかし実に哀しい音楽。まあ、第1楽章は葬送行進曲で始まるんだから……。しかし、この世の哀しみをすべて背負ったような音楽だなあ。第4楽章があんなに美しいのに。

 テニスは、ブランクがあったワリにはまあまあ。いいショットも打てたが凡ミスもあった。

 疲れたのでプールは止めて、風呂に直行。

 その後、迷った末に、「ペッパーランチ」でジューシー・ガーリック・ステーキの300グラムを食べる。サラダとスープも付けた。

 曳舟の店には300グラムしかないんだよなあ。ちょっと多いんだけど、と言いつつ全部食べる。

 

 帰宅して、METライブビューイングの「ルチア」をディスクに焼く。これ、既に焼いてあるのではと調べたら、ナタリー・デセイのものだった。今日録画したのはネトレプコのもの。

 「マツコ&有吉の怒り新党」は、ちょっと飽きてきたかな、という感じがしていたが、今夜のは面白かった。やっぱりマツコがムキになって怒らないとねえ。それを有吉が慌てて止めに入るという構図が面白いのだ。毎回毎回それをやると、それも飽きてくるとは言え。

 が、「ハングマン」のところで、寝てしまった。しかしこのドラマも無茶苦茶だね。それでも「8」まで続いたんだよねえ……。

 0時過ぎに就寝。やはりテニスをやると、ひどく疲れる。日頃の鍛錬が無に等しいからだなあ。

 歩こう!

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2735kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+454kcal/7673歩

« 再校やって冨田勲の音楽に号泣して二の酉 | トップページ | IKEAに行く時、いつも割引カードを忘れてしまう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56165440

この記事へのトラックバック一覧です: 散髪してテニス:

« 再校やって冨田勲の音楽に号泣して二の酉 | トップページ | IKEAに行く時、いつも割引カードを忘れてしまう »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト