« 書き上げて、ゲルギエフのコンサート | トップページ | 脱稿して衆議院解散 »

2012年11月15日 (木曜日)

原稿の最終確認をしてゲラを受け取ってカイロに行ったら風邪引いた

 7時すぎ起床。完全に寝不足だが、寝坊が出来ない。

 洗濯をして干したりと、朝のモロモロを早々に済ませて、光文社新作の原稿をアタマから最終確認。プロローグで後から書き直して差し替えた部分が相方のところで差し替わっていなかったので、電話で確認してこっちで差し替えたり。

 第4章までチェックして、要注意ポイントを確認し、誤改行や気になる部分を直したり。

 ショスタコの「5番」を聴きながらやる。


 この曲のおれの愛聴盤は、プレヴィン指揮ロンドン交響楽団のもの。プレヴィンが指揮者になってごく初期の録音だが、実に颯爽としてフレッシュ。第3楽章の哀しみは強烈だし第4楽章の爆発も凄い。レーベルはRCAだが録音を担当したのはデッカのチームだから素晴らしい録音だし。

 しかしこの名盤、残念ながらほとんど忘れ去られている。LP時代から愛聴してるんだけどなあ。定評あるバーンスタインのは凄く重苦しいから、このプレヴィン盤はいいと思うのだが。

 13時が迫ったので、外出。

 祥伝社M氏が再校ゲラを持ってきてくれる。北千住に用もあるし、確認部分もあるので、との事。

 北千住東口「サンローゼ」で会って、まずゲラ確認。

 その後、「五月家」でランチ。店中にすき焼きの何とも言えず美味そうな香りが漂っていたので、迷わず「すき焼き御膳ランチ」に。並みの肉なのに、美味い!これが上とか特上だったどうなっちゃうんだろう?

 M氏を改札で見送って、帰宅。

 仕事に戻る。

 と、「第5章」のファイルが相方から戻ってきたので早速結合して、作業続行。

 

 が、寝不足がここにきて効いてきた。

 ソファに寝転がって、寝る。くーたんがすぐにやって来た。ベッドには来ないのに。

 で、ちょっと寝て目を覚ますと、くーたんが驚いたような顔でおれを見ていた。イビキが凄かったのか?たぶんそうだろうなあ。

 

 16時にカイロの予約を入れてあるが……一応予約の通りに診て貰った方がいいだろうと、再び外出。

 腰の張りなどは良くなっていた。自分でもそう感じるし。

 帰路、小腹が空いたので、立ち食いそばを食う。

 太るサイクルに入ると、胃が大きくなるので、すぐに腹が減る。どこかで我慢してこのサイクルから抜け出さないと。

 帰宅すると、光文社T氏から留守電とメールが。推敲した原稿は明日でしたっけ、という確認。

 慌てて電話して、お約束通り「第5章」までは今日送ります、あと2時間、19時までには送りますと確約。

 ちょっと休憩したかったが、休憩抜きで仕事再開。

 本当はきっちり読み直していきたいが、それはまあゲラでも出来るし、ゲラの方が文章のミスなどは発見しやすいので、相方のチェックが入っているところをまずクリアして、アタマからざっと流すように読み返す。

 この「流すように」読んでも、ミスなどは発見できる時は発見できる。しかし、じっくり読み直しても発見できない時は出来ない。不思議なものだ。ゲラでも見落としが出るんだから……。

 で、18時20分ごろに出来たので、Windowsのテキストファイルに変換して、メール送稿。

 以前から思っていることだが、原稿を編集者に送る事を、何と言えばいいんだろう?

 「入稿」というのは印刷用語で、編集者が印刷所に原稿を入れること。

 「出稿」は広告用語で、広告主(広告代理店)が広告原稿を媒体担当者に送る(渡す)こと。

 「送稿」は、取材先の報道記者が電話で原稿を送る事。「イロハのイ」とか昔のドラマでやっていた。

 「送稿」が一番近い気がするが、それでも違う。メールで送るなら「メールで送信」と言うべきか?それとも「送稿」でいいのか?

 取りあえず、今日のノルマはクリア。

 晩飯をどうするか。作る気はしないし外に出る気もしない。

 寿司の出前を取る。2000円からしか持ってきてくれないので、寿司の上にトリカラを付ける。しかしトリカラじゃなくて茶碗蒸しにすれば良かったと後から後悔。

 40分かかるはずが、20分で到着。ありがてえ!

 早速食べる。寿司は美味いがトリカラはイマイチだった。

 なんだか、風邪をひいてしまった。

 病院で処方して貰った風邪薬がまだ残っているので、それを飲む。

 その後、風呂。ゆっくり入って、汗を出す。

 風呂から上がってニュースをボンヤリと眺める。

 民主党の離党者は、閣僚経験者にまで広がる。

 自民党からも離党者が続出した時があったが、あの時はザマアミロとか思ったが、今回はそう思えない。やっと政権交代して与党になったのに、どうして簡単に離党しちゃうんだろう?

 民主党にいたままだと落選すると判断したからだろうが、離党して弱小政党に合流(「第三極」はまだどうなるのかまるで判らない)するか自分で小さなグループを立ち上げるのか知らないが、どっちにしてもお先真っ暗。

 幕末モノでは、脱藩者はヒーローみたいに描かれるが、今の時期の脱藩者は、沈没船から逃げ出すネズミそのもの。

 船から逃げても外は海だぜ。

 マニュフェストが守れなかったからとかTPPに反対するとか、いろいろ理由は言ってるが、どれも嘘くさい。結局は自己保身だけだろ。


 で、野田首相は「民主党リベラル」と言われるのが大嫌いで、自分は保守政治家だと思っているらしいと。じゃあどうして自民党に行かないんだよ。

 民主党も保守なら、自民党と同じだろ。自民党がどんどん右に偏って勇ましいことを言う方がウケるみたいな風潮の時には、民主党はリベラルであると言うアイデンティティを主張すべきだと思うが。

 というか、おれは民主党はリベラルだから支持してきたのだ。社民党はもうダメだし共産党もなあと思うし。

 おれとしては、民主党の保守政治家は自民党に行っちゃえばいい、と思う。

 早稲田の凋落は、東大に落ちた受験生が大挙して入ってくるようになったからだという説があるが、民主党って自民党から出られなかった連中の集まりだったのか?

 というか、前回の総選挙では、民主党なら当選するということで、多くの「ニワカ」が民主党から立候補して当選した。そんな「議員になりたかっただけ」の連中があたふたしている。

 実にみっともない。お前ら全員、落選しろ!選挙はお前らの「就職」のためにやるんじゃないんだぞ!

 民主党は、小澤と合体する前の「旧民主党」のメンバーに立ち戻って、初期の結党の理念を取り戻して欲しい。

 23時を回って、汗も引いたので、寝る。

 くーたんがゴソゴソしていたが、無視して寝る。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2540kcal(こんな程度で済んだか)

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 書き上げて、ゲルギエフのコンサート | トップページ | 脱稿して衆議院解散 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56123511

この記事へのトラックバック一覧です: 原稿の最終確認をしてゲラを受け取ってカイロに行ったら風邪引いた:

« 書き上げて、ゲルギエフのコンサート | トップページ | 脱稿して衆議院解散 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト