« 大詰めだから丁寧&じっくり書こう | トップページ | 腰痛出かかるが、再取材 »

2012年11月12日 (月曜日)

仕事あと少しだが、今夜は「ルチア」

 何時に起きたか覚えていないが、たぶん7時前起床。

 雨。

 例によって、朝のモロモロを片付ける。

 最近は、朝飯を食べないとパワーが出ないので、コーンフレークにトーストを食べ、仕事開始。

 

 昨日に引き続き、快調に進む。

 すべての仕掛けやネタを組み込んで、いい感じになっていると思う。

 昼を過ぎて雨も上がった。

 腹が減ったので外出。千住大橋の昔は「王将」だったが今は違う店のチャーハンを食いたい。

 と思って行ったら、休みだった。その近くの居酒屋のランチがロコモコだったが、髭も剃っていないので、その店のオシャレな雰囲気ではマズい感じがしたので敬遠。うどん屋の「ハンバーグ定食」にしたが、これがマズくて大失敗。この店は美味しくないと判っているのに、何故か入ってしまうんだよなあ。

 帰宅して仕事再開。

 今夜は気功を休んでサントリーホールに行く。ゲルギエフ指揮マリンスキー歌劇場管弦楽団/ナタリー・デセイのドニゼッティの「ルチア」演奏会形式。

 それまでに「最終章」を終わらせて、すっきりして聴きたいが……。

 打ち合わせ不足で、アクションの大詰めをどうするか、まだ決めていない。いや、打ち合わせはしたのだが、それでいいのかどうか再確認をした方が時間のロスが少なくて済む。

 なので、その大詰め直前まで書いて、ストップ。というか、今日は29ページ書いたので、かなり疲れた。

 クレージーキャッツの桜井センリ、死去。86歳だったんだねえ。一人暮らしで孤独死。鳴呼……。

 風呂に入って髭を剃る。

 かなりヘロヘロなので、コンサートの最中に寝てしまうんじゃないかと心配。

 久々にジャケットを着て、出発。

 アスコットタイも用意したが、雨が上がったら、暑いぞ。少なくとも長袖シャツにジャケットだと汗ばむほど。アスコットタイなんか締めたら汗だくになりそう。もう11月も中旬だというのに、なんだこの暑さは。

 千代田線で国会議事堂前。歩いて溜池山王へ。この2駅はとても接近している。他の駅での乗り換えより近いぞ。だったら同じ駅名にした方が判りやすいんじゃないの?「溜池山王」の駅名にしたのは地元の要望だったのか?

 六本木一丁目駅前にある「ポール」で、相方と待ち合わせ。早めに行って、いつも時間がなくて食べられないこの店のオムレツを食べたいと。

 が、メニューを見ると、エッグ・ベネディクトに惹かれてしまった。美味い。

 食べていると、相方到着。おれと同じモノを頼む。

 

 いやしかし、六本木は都会ですな。北千住やその周辺から出ない暮らしをしていると、同じ東京だと思えない。店のお客の女性も美人ばかりに見えるぞ。まあ実際、場所柄、モデルさんや女優さんも多数いるはずだけど。北千住には売れない芸人しかいないからなあ。

 で、サントリーホールへ。

 少し遅れて開演。

 とても美しいドニゼッティ。今まで聴いたことがないほど流麗で美しい。ゲルギエフとマリンスキーというと、もっと野性的でグイグイ攻めてくる感じがあったのだが。このコンビの「春の祭典」なんかそうだった。まあしかし、ストラヴィンスキーとドニゼッティじゃまったく違うから。

 休憩時間に、相方はその流麗さに不満を。イタオペらしさがない、と。「モーツァルトみたいなドニゼッティ」と表現したが、たしかにそれはそうだなあ。とても美しいけど。

 ナタリー・デセイはさすが。もう盛りは過ぎたのかもしれないが、圧巻だと思う。表現力がダントツ。

 休憩後は、「狂乱の場」から。演奏会形式だと、まるで第九のようにソリストがオケの前に並んで譜面を見ながら歌うから、オペラの演劇的要素がまるでない。おれは、それがツマらない。まあ、デセイの「ルチア」はMETライブビューイングで見た記憶が鮮明で、狂乱の場はかなり衝撃的演出だったので、それを思い出しつつ聴く。

 グラスハーモニカがオケの前に置かれて、デセイと掛け合いのようにして進む。METの時はデセイの要望でグラスハーモニカなしの演奏だった。自分の歌声ですべてを表現する、というで聖の意気込みだったのだ。でも、この楽器があった方が不思議な雰囲気は倍増して、狂乱の場の悲劇性を高めていたと思ったけど。

 休憩後、おれの隣が空席だったのだが、若い女性が座った。この女性、ずっとお腹が鳴っていた。仕事が押して前半に間に合わず、軽食も取れなかったのだろうと同情。

 が、終演後、カバンをゴソゴソし始めて、何を探してるんだろうと思ったら、やんやの拍手喝采を受けるデセイやゲルギエフをケータイで撮ろうとした。おれは「止めなさいよ」と注意しようと思ったら、それより早く会場のおねえさんが「おやめください」とビシッと注意。それに恥じたのかムカついたのか、その女性はそのまま出ていった。どうせブログにでも載せようと思ったんだろうなあ。

 おれは、こういうドニゼッティもアリだと思ったが。相方も、後半はオケが良くなって素晴らしかったと言っていたが。おれは前半もいいと思ったけど。たしかにいつものドニゼッティとはかなり違う感じはしたけど、とても美しかった。フルパワーだともの凄い音を出すオケを抑えて抑えて、弦のパートを前面に出した感じ。

 終演後、そばが食べたかったが、帰り道にそば屋はないので、我慢。

 帰路、電車の中で最終部分の打ち合わせをするがまとまらず、駅のプラットフォームで段取りを詰める。

 帰宅したら、グッタリ。

 くーたんにご飯を出し、シャワーを浴びたら、もうダウン。

 0時過ぎ就寝。

 何故か畑のそばのアパートに引っ越す夢を見た。足立区か埼玉県か。風景はかなり田舎。しかし引っ越しが終わってから引っ越したことを激しく後悔する夢だった。どういう意味があるんだろう?まあ今の部屋に強い愛着はあるのは間違いないのだが。

本日の体重:91.20キロ

本日の摂取カロリー:2111kcal

本日の消費カロリー:日常生活+336kcal/5870歩

« 大詰めだから丁寧&じっくり書こう | トップページ | 腰痛出かかるが、再取材 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56103421

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事あと少しだが、今夜は「ルチア」:

« 大詰めだから丁寧&じっくり書こう | トップページ | 腰痛出かかるが、再取材 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト