« 年賀状第一弾作成して、Oとメシ | トップページ | 戸田の温泉で湯疲れ »

2012年12月24日 (月曜日)

年賀状をかなり作って鍋やって相方のiPhoneを調教

 7時過ぎ起床。

 

 朝のモロモロのあと、年賀状作成の続き。仕事関係の分を作る。

 送り先を整理したので、最初は足りないかなと思った年賀ハガキが、けっこう余る事態に。

 裏面をプリントし終わったら、もう14時を過ぎてしまった。

 買い物などもあるので、外出。

 今日も松屋でブランチ。ハンバーグカレーを食う。

 その後、トポスで今夜の鍋の材料を買う。

 引っ越してから鍋をするのは初めて。カセットコンロが久々に活躍。

 郵便受けにアマゾンのユーズドで買った本が2冊入っていたが、1冊はWり。キャンセルしたはずなんだけどなあ。まあ、一度注文してすぐキャンセルしたのはおれだから、仕方がないか。

 年賀状作成を再開。

 宛名のプリントは、黒インクだけ使うので、4色一体のエプソンのハガキ・プリンターでは損する気がしたので、HPのプリンターでやる。こっちは4色がそれぞれ独立しているので。

 が、何度やっても失敗。どうしたことかと見てみたら、ハガキの天地が逆になっていた。裏面を刷るときに天地を確認しないでセットしたのが原因だろう。

 10枚ロスした。書き損じとして交換しよう。お年玉が当たっているかもしれないが、そういうことで運を使いたくないし……。

 夕方になったので、ご飯を炊こうとしたら、お米がない!

 仕方がないので買いに出る。新潟のコシヒカリが安く売っていたので買う。

 帰宅して、今日届いた本をパラパラと読むが、これは完全に当てが外れた。

 19時を過ぎて鍋の支度をしていると、相方来訪。

 まずは、鍋。日本食研の「美味しお鍋」を使う。豚バラ肉と鶏つくね、キャベツ、タマネギ、エノキダケ、水菜。

 美味い。

 おれはお酒よりご飯。ご飯とともに食べる鍋は最高!

 成城石井で買った柚胡椒が美味い。ハウスのチューブ入りはフンドーキンのもので、ここの柚胡椒は辛いだけで味わいがないのだ。

 食後、相方のiPhone5のAppleIDをセットするが、これが実に面倒くさい。おれはずっと以前にMobileMe以前にアップルのメールアドレスを取得していて、それをAppleIDにしたので手間いらずというか、すんなり使っているのだが、今だとこんなに面倒なのか!

 しかしこれをやらないとアプリが入れられない。アプリを入れないiPhoneはガラケーより使えないので、アプリを入れるためにもAppleIDは取得しなければ。

 というか、秋葉原のソフトバンクの店内で設定しようとして失敗したのだが、さもありなん。3度ほど失敗して、試行錯誤の末に、やっと取得。

 いくつかの無料アプリを相方のiPhoneにインストール。まあAppleIDがあれば自分でいろいろインストールできるから、あとはお任せ。

 本当は相方のMacBookを持ってきてもらってOSのバージョンアップを含むiPhoneとの連携をきっちりやりたかったのだが、それはまた別の機会に。

 で、録りためた映画を観る。

 本当はDVDを買った三谷幸喜の芝居「国民の映画」を見たかったのだが、3時間もあるので、もっと短いのを、と言うことで、「陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル」にする。

 おれはまったく予備知識は無かった。

 ニューヨークのスラム(公営住宅だが、スラム同然)に住んでいた子供の頃に2件の殺人を犯してしまった男が警官になる。この2件とも、身を守るためにジャンキーを射殺したり、それをネタに脅してきた不良と揉み合いになって(愛犬を殺されたので)事故死同然なのだが。その2件は、引退寸前だった刑事の好意で揉み消された。

 しかし、その過去の犯罪を曝くという脅迫状のようなモノが地元の新聞に載り始めて……。

 キャストが妙に豪華。アル・パチーノにレイ・リオッタにジュリエット・ビノシュに……。

 雰囲気はいいし、アル・パチーノは味わいがあっていいのだが、ハナシに整理がついていなくて、なにがなんだか、という状態のまま終わってしまう。

 小説も書くロック・ミュージシャンの映画監督三作目らしい。

 クイーンズにある大規模な公営住宅の有り様は、凄い。緑に囲まれたいい感じな団地に見えるのだが……。

 結局、誰がなんの目的で、という部分がよく判らない。

 アメリカ映画は「判りやすい」事が重要だと思うのだが、なんだかヨーロッパ映画みたいなテイストだった。よくいえば、だけど。

 相方帰って、テレビを見ると、日テレで「魔法のランプ」という番組をやっていて、つい、見てしまった。

 日体大の柔道部の合宿所の食堂を一夜にしてレストランに改装して、城田優お手製のスペイン料理を振る舞うという企画と、時代劇が大好きな5歳の男の子を「江戸時代にタイムスリップさせる」企画。昔のどっきりカメラでこういう企画があったなあ。昔はフィルム撮りだったから隠し撮りは大変だったろうなあ、とか思いつつ見た。

 「江戸時代にタイムスリップ」は、三重県の江戸村みたいなテーマパークを借り切っての大掛かりなモノ。寝ている男の子を車で「拉致」して、目が覚めるとそこは江戸時代だった、という展開。健気な男の子の姿に、ピース綾部が泣いていたが、こういうのは泣いちゃうよねえ。

 で、1時ごろ就寝。

 

本日の体重:91.05キロ

本日の摂取カロリー:2161kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 年賀状第一弾作成して、Oとメシ | トップページ | 戸田の温泉で湯疲れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56390260

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状をかなり作って鍋やって相方のiPhoneを調教:

« 年賀状第一弾作成して、Oとメシ | トップページ | 戸田の温泉で湯疲れ »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト