« 新刊打ち上げ&新作打ち合わせ | トップページ | 音羽屋の「籠釣瓶」を見た »

2012年12月19日 (水曜日)

調べ物して、テニス

 7時過ぎ起床。

 朝のモロモロを済ませて、電話で相方と打ち合わせ。章割りでいろいろ曖昧だった部分を固めていく。

 ブランチは、ご飯を炊いて、卵かけご飯とインスタント味噌汁。こういうものを食べていると低カロリーなのよね。

 昨日の打ち合わせで出た変更点あれこれについて、変更できるかどうか歴史的ツジツマを調べる。

 が、ハッキリ書いてある資料が出て来ない。専門の論文とか関係者のみが読む会報のような物を当たらないといけないかも。

 調べていると、祥伝社新書で出ているものがあったので、M氏にメールして送って貰えないか頼む。

 するとすぐに返事が来て、それ以外の資料本も送って貰えることに。有り難い。

 章割りに書き足して、全体像をハッキリさせておこうと思うが、こっちはなかなか進まない。

 その代わり、と言ってはナンだが、ネットにかれこれ書き込みをする。

 ずっと考えていることだが、原発推進派が常套句のように使う、「都会で電気をジャブジャブ使ってるのに反原発なんて言えない」というフレーズ、これに大いに疑念がある。推進派はバカみたいにこれを繰り返すが、果たしてそうなのか?正しいのか?

 おれはあまり出歩かないから電車にも乗らない。それだけ電気を使っていない。家で仕事するからテレビはあまり見ない。Macや周辺機器は使うが、この消費電力は微々たるものだ。エアコンは付けっ放し状態だが、1台しかない。広い家で何台も使っている金持ちとは違う。しかも新式の省エネタイプ。

 うちは古い建物を大改造してガスを廃してオール電化にしてしまった賃貸なので、その分電気は食っているが、一人暮らしでお湯もそんなに使っていないし圧力鍋や保温鍋を使うので、IHクッキングヒーターもそんなに使わない。

 こんな状態でも、「反原発を叫ぶ資格はない」のか?

 じゃあ原発推進派は、「自分たちは推進派だから電気をジャブジャブ使う免罪符を手にしているのだ」とでも思っているのだろうか?

 電気に頼る社会構造になっているのは間違いないが、推進派に適確な反論は出来るはずだ。自分の言葉でちょっと考えてみよう。他人の受け売りしか出来ない連中が小馬鹿にするような顔で「電気使ってるんでしょ?」と言って来た時に、ガツンと言い返してやりたいので。

 テニスの時間になる。

 このまま部屋の中でぬくぬくして、仕事していたいが、休み癖が付いてしまうのもイカン。

 頑張って外出。外はえらく寒い。

 小腹が空いたので、北千住駅の「小諸そば」で、盛りそばとミニかき揚げ丼のセットを食べる。こう書くと、北山悦史先生から「ヒヤヒヤするよ」と言われてしまうのだが……。

 で、テニス。途中までバックハンドの調子がよかったが、失速。

 コーチとの試合では、球がよく見えて、前衛が触らなかった球をよく捕球してラリーが続き、勝てた。これはなかなか気持ちがいい。しかし、おれが前衛になった時は、ボレーにミスが出て自滅。

 生徒同士の試合では、組んだ相手が巧いので勝てたが。

 プールで泳いだが、左太腿が痙りそうになったので、途中で止めて、上がる。

 ゆっくり風呂に浸かる。露天風呂はさすがに寒い。けど、湯に入ると温か(当然だが)。

 テニスバッグに入れたはずの着替えのパンツが、ない。穿いてきたのは汗だくになっているので穿き直したくない。仕方がないのでノーパン状態でジーンズを穿く。

 帰路、イトーヨーカドーのフードコートで、ネギトロ丼を食べる。ここんとこ、魚を全然食べてなかったので。

 帰宅して、くーたんと遊ぶ。ネズミのオモチャを出したが、またしてもどこかに行ってしまって紛失。部屋の中にはあるはずなんだが。前回の引っ越しで、食器棚の裏から埃まみれになって大量のネズミのオモチャが発見されたから、今回も……。でも、当分引っ越す気はないぞ。

 「マツコ&有吉の怒り新党」は、怒りのお便り特集。まあ、大盛りカレーを頼んでおいて配分を間違えてご飯を残してしまう奴には腹が立つけどなあ。わざわざ投書するほどではないけど。

 眠くて眠くて、もう意識が朦朧としてきたが、チャンネルを変えて、「孤独のグルメ」。録画はしているのだが、すぐ見たい。今回も、お店に入ったところから。

 今回は北千住。汁なし麺が紹介されるというので、どこの店かと思ったら、タイ料理のライカノだった。ここは北千住では有名な店。

 しかし、おれはタイ料理が苦手。ハッキリ言えば、嫌い。「ビルマの竪琴」のロケでタイに2週間居たのだが、その時食べた料理で参ってしまった。

 パクチーとかレモングラスの匂いがダメ。生理的に受け付けない。

 そして、「すっぱ辛い」のもダメ。どうしてもダメ。慣れたら美味しいと言われたし、日本に戻ってからも何度も食べてみたが、どうしてもダメだった。酸っぱいなら酸っぱい、辛いなら辛いのでいってほしい。すっぱ辛いのは、なんか、饐えた感じがしてしまう。多くのタイ料理を愛好する方々には申し訳ないが。

 タイで食った時には、外米のあの強烈な匂いにもショックを受けた。日本だったらあの匂いはないとはいえ。

 だけど、五郎さん、今日も美味そうに、たくさん食べてたなあ。実際、美味そうだった。

 今回、咀嚼音が大きかった。芦川さんに指摘されてから注意して聞くようになったのだが……前回は抑えてあったが、今回はかなり強く入っていた。

 ガンマイクで狙って録ったのか、後から音を足しているのか……。チキンを骨から毟り食うところとか、かなり強調していた。まあ、おれは、これはこれで「美味しさの表現」だと思ってあまり気にならないのだが。クチャラーとかとはまったく別なんだし。

 しかし五郎さん、よく食べますなあ。おれでも、汁なし麺とデザートのプリンみたいなのは無理だ。おかずだって一品多い感じだし。

 タイ料理……美味そうではあるんだが……。

 毛布にくるまっていたら、くーたんがやって来て、毛布の端で寝そべっていたので、しばし抱っこ。

 

 1時前に就寝。

本日の体重:90.40キロ

本日の摂取カロリー:2139kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+230kcal/3779歩

« 新刊打ち上げ&新作打ち合わせ | トップページ | 音羽屋の「籠釣瓶」を見た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56356128

この記事へのトラックバック一覧です: 調べ物して、テニス:

« 新刊打ち上げ&新作打ち合わせ | トップページ | 音羽屋の「籠釣瓶」を見た »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト