« 映画より食い気 | トップページ | ゲラ持参して、気功 »

2012年12月 2日 (日曜日)

地元の音楽祭でマーラーを聴いた

 7時起床。

 朝のモロモロを済ませて、朝飯。目玉焼きにベーコン、ご飯、豆腐の味噌汁を作り、インゲンの胡麻あえと。

 しかし、維新の会は言うことがブレブレ。言い訳を強弁する橋下氏の口調が、なんだか上祐みたいになってきたぞ。強弁もほどほどにしておかないと、怒りを買うだけなのに。

 その後、朝風呂に入り、出かける支度。

 今日は以前の地元である千住の外れ・柳原で音楽祭がある。今年で20回目。学生オケを呼んで地元の学校の体育館を使ってのコンサート。一般的な名曲コンサートではなく、時にベルリオーズとかやるし、今年はマーラーの1番。オケは東京音楽大学のオケで、指揮は千住にお住まいの高関健。

 体育館だから音響はまったく期待出来ないが、地元でこんなに続く音楽祭だし、応援したい。学生オケは頑張ってくれるし。

 で、柳原稲荷の境内で相方と待ち合わせて、会場の「千住桜堤中学校」へ。

 開演45分前に行ったのに、すでに前の方の席は埋まっていた。デッドな会場では直接音を聴ける前列の方がいい。

 なんとか前の方に空席を探して着席。

 まず、カルメン組曲。木管が揃ってないなあとか、会場のせいか音が濁るなあとか思ってしまった。

 しかし第3曲の木管とハープは美しく、そこからオケ全体も盛りあがってきた。

 高関さんの楽曲解説で、マーラーの1番のポイントを聴く。「こっちは本気でやりますから皆さん覚悟してください」と、四管フル編成のオケがどかーんと爆発。体育館が割れんばかりの大音響。これ、レコードじゃ味わえないダイナミック・レンジ。

 休憩を挟んで、本番。

 カルメンの時とは打って変わって、オケ全体が本気モードで、第Ⅰ楽章の冒頭から凄い気合い。

 で、この曲では第3楽章が一番好きなのだが、なかなかの名演だった。東欧の、というか、ジプシー音楽に影響を受けたっぽい旋律が、なんとも哀しい。まあ第3楽章は葬送行進曲(マーラーは葬送行進曲が好きだ)なのだが。

 金管がちょっとしんどいが、木管と弦が美しい。

 第4楽章はマーラーの指定通りに金管が立ち上がって、壮麗かつ豪快に〆る。

 なかなかの力演。これ、録音してちょっと残響を足せば、なかなかの演奏になったと思う。

 終わってから、「珈琲館」に寄って、グラタンパン(丸いパンをくりぬいて、そこにグラタンを入れて焼いたもの。なかなか美味い)を食べながら、しばらく話して、ゲラも受け取って、解散。

 帰宅してゲラをもう一度確認しようと思ったが、中央高速の笹子トンネルの崩落事故のニュースに見入る。

 夕食は、昼間から解凍していた牛もも肉を焼いて、ステーキ。

 まあ、巧く出来た。冷凍フライドポテトはオーブントースターで焼き、ミックスベジタブルはレンジで温め、買ってきたサラダとともに。

 フジテレビの「TOKYOエアポート」を見る。おれは「大空港」でこのジャンルにハマッたから、なかなかツボを突いた出来映え。少々甘いところもあるけど、それはまあこの枠だと仕方がないか。JAL全面協力。フカキョンの英語の発音はなかなかいい。

 そのまま「Mr.サンデー」を見る。笹子トンネル事故の詳細。

 ひどい……。助けを求める声が聞こえたが車から火が出ていてどうしようもなかった、という声を聞くと戦慄が走る。

 誰もトンネルの天井が落ちてくるなんて想像していない。極めて恐ろしい。潰された車から逃げ出せないまま焼き殺されるなんて、想像しただけで恐ろしい。

 で……なんだか疲れてしまって、ゲラをもう一度見返そうと思ったが、その元気もないまま、テレビをダラ見。

 スポーツニュースを見て、0時過ぎに就寝。

本日の体重:91.00キロ

本日の摂取カロリー:1548kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 映画より食い気 | トップページ | ゲラ持参して、気功 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56242147

この記事へのトラックバック一覧です: 地元の音楽祭でマーラーを聴いた:

« 映画より食い気 | トップページ | ゲラ持参して、気功 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト