« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月20日 - 2012年5月26日 »

2012年5月13日 - 2012年5月19日

2012年5月19日 (土曜日)

びっくりドンキーで閃いた

 9時近くに起床。
 朝のモロモロのあと、日記を書いていたら相方から電話。
 いろいろ喋って、今夕、打ち合わせをすることに。

 十人十色だと思うが、おれはきっちり構成を立てて先が見通せる状態じゃないと書けない。簡単なメモで書けてしまうこともあるが、それは短編。長編は章割りの上に、各章の中身もきちんと決めて おかないと苦しいことになる。
 これ、感覚的には「コンテを切る」という表現が一番しっくり来る。映画の場合、映画はシーン単位だが、演出的にはカット単位のコンテが必要になる。台本に線を引く「カット割り」で済ませる監督と、きっちり絵コンテを書く監督がいた。市川さんはなんでもないシーンは台本に線を引いていたが特別なシーンの場合はきちんと絵コンテを書いた。これが実に味のある画だったのだが、それはまた別の話。
 これは最近強くなってきた傾向。シナリオを書いていた時の習慣が染みついたんだなあ。
 ちょっと前は、きっちり展開を決めてしまうと、その段階で「書いた気」になってしまって気持ちが緩む、と言うことも起こったが、今はそうではない。特に「悪漢刑事」以降はプロットが複雑になった分、展開にいっそう神経を使うようになったので。

「第2章」の展開を詳しく考えて、夕方に持ち寄って検討することになったので、なんとか考えなければ。
 洗濯物を干したり、メシを食いに出かけたりして、カラダを動かして脳に刺激を与えるが、宜しくない。

 昨夜の「お願いランキング」でチャンカワイが上手そうにつけ麺を食べていたので、ブランチはつけ麺にする。おれはつけ麺食うならラーメン食った方がスッキリするじゃないかと思っているが、たまにはいい。

Img_0790_2

 で、「中川千寿」へ。ここはずっと前は普通のラーメン屋だったのだ。水餃子が美味かった。で、つけ麺屋に変身してから足が向かなかったが、「食べログ」では常連さんが多いらしい。
 醤油味を食べたが、普通に美味かった。それと「蒸し餃子」。ごまダレで食べるのだが、これも美味かった。

 この店は、Oマンションの1階。このマンションは、住んでいる人には悪いが、幽霊マンションとでもいうか、メンテナンスを放棄しているような感じで、外から見ただけでも荒れている。
 今日は天気もいいし(関係ないが)、中に入ってみた。不法侵入か?でもここは立地はいいし、外見はともかく住みやすそうであれば、将来の転居地候補になり得る。
 しかし……2階はいいが、3階以上には人の気配がない。外から見ると住んでる感じなのだが……。
 ちょっと怖くなってきて、早々に退散。出てきたら、住人の方が自転車に乗って帰ってきた。その人からすれば、おれはかなり胡散臭く見えたろうな。泥棒に思われたかも。
 しかしこのマンションはもったいない。きちんと改修すれば、それなりの家賃を取って人気物件になるだろうに。いや、それをすると建て替える方がいいってことになるか?昔と今じゃ建築基準法が違うから、現状のような大きなものは建てられないから、今のままで放置しているのか?

 いろいろと「大人の事情」があるのだろうなと思いつつ、帰宅。

 帰宅したが、まるでナニも思いつかない。
 Macに向かっても、進展なし。書くべき断片はあるのだが、それが全然結びつかなくてバラバラな状態。

 眠くなってきて、何度か、落ちた。

 こういう時は全く別のことをした方がいいんじゃないか。ドイトにでも行って部屋のパーツを買ってくるか、と何度か外出の支度をしかけたが、別に今やらなくてもいいし、と思い直す。

 夕方になって、相方に、今日の打ち合わせを明日にしようと連絡。ほとんど白紙の状態じゃ、打ち合わせ出来ない。

 じゃあ、メシでも食って気分を変えよう、ついでに食料を買い込んでこよう、と自転車で外出。
 急にハンバーグが食べたくなって、久しく行っていなかった「びっくりドンキー」に足を向ける。その道中、自転車を漕ぎながら、いろいろ考えていると、おお、断片が一本のスジにまとまってきたぞ。
 びっくりドンキーの店に入って席に着いた時点で、かなり考えはまとまっていた。
 ダイエットも考えて、ワンプレートのモノを頼み、料理が出て来るまでiPhoneでメモを書く。だいたいのナラビだが、これを帰宅して詳しく書けばいいだろう。
 ハンバーグを食いながら、またアイディアが浮かんだので箸を止めて(「びっくりドンキー」は箸で食う)、またメモ。

 メモし終わり食い終わり、店を出る。ここは食事時は混むが、ピークを外せば長居しても怒られないだろう。店が広いから。今後はここにHPminiでも持ち込んで仕事するかな?

 階下の「スーパーお母さん」で買い物。魚は傷むので肉にして、たまには飲む缶ビールも買う。

 で、帰宅。風がとても気持ちよかった。

 メモをEvernote経由でMacに取り込んで(AtokPadで書いたので、これ単体でマックと同期するのを後から知った)、肉付けしていく。

 相方から電話が入って、ちょっと打ち合わせ。

 「アド街ック天国」が始まったので、テレビを見る。今夜は「曳舟」。週1回は行くので、知らない店があるかも、と。
 しかし番組は「キラキラ橘商店街」や京島の古い街並みばかり紹介して、駅周辺はほとんどスルー。あの商店街は駅から離れていて、おれには縁がないし、ここは以前にも取り上げなかったっけ?
 結局、「ディープ曳舟」の紹介に終始して、得るところナシ。王さんの兄弟がやってる洋食屋さんは美味しそうだったが、おれの立ち回り先からは遠い。

 この後、風呂に入って頭をスッキリさせて、夜食のハムカツサンドを食べて、仕事。
 が、湯上がりに飲んだ牛乳が腹に来て、何度もトイレへ。急に牛乳がダメになったのか?

 で、0時を回ってなんとかメモが出来たので相方に送り、NHKの「携帯大喜利」を見る。この番組、時には「こんなもののどこが面白いのだ?」と腹が立つようなツマらんモノを紹介しているが、今夜はなかなか面白かった。お題が良かったのだろう。

 で、2時前に就寝。

本日の体重:体重計がないので計らず
本日の摂取カロリー:2306kcal
本日の消費カロリー:日常生活+156kcal/2946歩

2012年5月18日 (金曜日)

第1章やっとあげて、MET「椿姫」最終回に滑り込み

 意識モーローとしつつ8時起床。

 朝のモロモロを早々に終えて、昨夜というか今朝、ぶっ倒れるように寝てしまった時に残した数ページを一気に書いてしまう。
 が、数ページでは収まらず、これまでのリズムで書いていたら10ページ近くに膨らんだ。
 午前中に出来たので、読み返して相方に送信。

 で、懸案だった、動物霊園に行って引っ越したことを故ウズラと故ビワに報告しに行くことにする。ついでに旧業平橋駅か錦糸町でブランチを食べよう……。
 と思ったら、それを妨害するかのように西から雨雲が急速に接近。通り過ぎるのを待っていると腹が減るので、雨が降り出す前に、近所のコンビニに行って回鍋肉の弁当を買ってくる。
 帰路、ポツポツと降ってきた。
 部屋に戻ったら雷鳴を伴ってガーッと降ってきた。
 雨を眺めながら、弁当を食う。

 雨が止むまで、今朝届いた我が心の師・小林信彦の最新刊「非常事態の中の愉しみ」(週刊文春に連載のエッセイ)を拾い読みするが、結局ほとんど全部読んでしまった。
 師の考えには反するが、おれは「菅直人」をそれほど最低最悪だとは思えない。もちろん万全にはほど遠かったが、もっとダメなヤツが首相だった可能性を考えると、菅さんは頑張ったんじゃないのか?原子力村の総力を挙げての「原発維持」攻撃があったし、今もあることを忘れてはならない。
 海江田元経産相が国会の事故調で菅さんの対応を批判したが、それには頷けるところはあるが、あの時の海江田氏本人の言動については当人が反省しているように、海江田氏当人も万全ではなかった。というか、311以前、原発事故をまったく想定していなかったし、想定する事自体がタブーだったという事実は残念ながらあったのだ。今でも原子力村の唾棄すべき外道どもが原発の維持発展を叫んでいるが。

 読み通り、30分ほどで雨雲は通過し、師のエッセイもあらかた読んでしまった。
 じゃあ、出かけるか。
 今日は、東劇にMETライブビューイングの「椿姫」を見に行く。今日が最終日だったのをコロッと忘れていたが、松竹からの「18日で終わりますよ」メールで思い出した。
 もしかすると凄く混むかもしれないので、動物霊園に行く前に東劇に寄ってチケットをゲットしておこう。

 ということで、北千住から日比谷線で東銀座。東劇で最終回(「椿姫」に限って1日3回上映)の席を押さえた。
 それから都営線で押上まで。動物霊園は、押上からも歩いて行ける。

Img_0789_2

 押上駅は乗降客が増えているのに「ソラマチ」がオープンしていないのでエスカレーターが1基しかなく、混雑。
 地上に出ると、なんかのイベントがあって混雑。
 風が凄くキツイ。ビル風ってこともあるの?
 横十間川は、長らく汚いドブ川状態だったが、スカイツリーが出来たので、キレイになりつつある。
 公園として整備中。でも、オープンには間に合わないね。

Img_0788_2

 ちょっと小腹が空いたので、立ち食いそばでも食べようと思ったが、ない。よく探せばあったのだろうが、進行方向には皆無だった。普通の蕎麦屋はあったが、メシ時を外していたので休み時間。

 動物霊園は、「とうきょうスカイツリー駅」「押上駅」「錦糸町駅」を結ぶトライアングルの真ん中にある。スカイツリーから少し離れると、街は全く変化なし。碁盤のような道が整備されて静かな街並み。暮らしやすそう。お寺も多いし。

 で、動物霊園到着。
 管理人の上品な女性とは顔馴染みなので、引っ越しの報告と「くーたん脱走事件」を話すと、ウケた。
 故ウズラと故ビワにも引っ越したことを報告して、新居に帰っておいでと話す。
 ビワはきちんと看取ったし、充分に可愛がったつもりだが、ウズラについては申し訳ない気持ちがかなり残っている。癇癪持ちで手を焼いたのも事実だが、それだけ訴えたいことがあったのだ。いたらない飼い主で申し訳なかったと心から詫びて手を合わせる。

 お盆の法要のお金を先渡しして、辞去。
 錦糸町に向かう。
 途中、前にも入ったことのある安いステーキ屋があったので、ついフラフラと入ってしまい、半額に目が眩んで220グラムのサーロインを頼んで食ってしまった。ま、安いだけスジが多かったし、もうちょっと焼いて欲しかったけど。

 で、その店を出て歩いていると、美味そうで安い中華屋を発見。というか、この店も以前に発見していて、今度はこの店に入ろうと思ったんだよな、と記憶が蘇ったが、もう遅い。

 錦糸町の東武ブックスを覗いたら、「艶敵」はなかった。残念。
 半蔵門線で、北千住。

 駅の改札で相方と待ち合わせて、ルミネの食料品売り場で弁当を買う。ステーキを食ったのでそんなに腹は減っていないので、軽い「おにぎり弁当」を。

 で、再び日比谷線に乗って東銀座。
 東劇ビル1階の山下書店を覗いたが、ここにも「艶敵」はなかった。極めて残念。この店が地下鉄銀座駅通路にあった頃は、安達の本を常備してくれていたのに。場所が変わって客筋も変わったか。変わったんだろうねえ。

 入場する時、席の埋まり具合をちらっと見たが、予期していたほど埋まっていなかった。という事は、おれの取り越し苦労だったか。我々が好む席はスクリーン前方で、あんまり人気がない場所だし。

Traviata
 
 ナタリー・デセイのヴィオレッタは、トリノ歌劇場の来日公演で見て、感銘を受けた。これまで見た最上の「椿姫」だと思った。
 ゼフィレッリの映画版はテレサ・ストラータスが「マジで死にそう」な感じだったし、全篇が死に瀕したヴィオレッタの回想・幻想という演出で、衝撃的かつ感動的。もっとも感動したのはゼフィレッリ版かもしれない。

 デセイの好演でヴィオレッタの心情がリアルに伝わったし、ジェルモンもけっして悪い人ではなくて、「世間との板挟み」に二人して苦しむ、という演出が余計にこのオペラの悲劇性を増して、感動的だった。
 
 今回は、デセイの方針はトリノと同じで、崩れ落ちそうな自分をやっと支えているという感じで痛々しい。
 が、ジェルモンは、ディミトリ・ホヴォロストフスキーが「世間様の代表」として高圧的に憎々しげに歌い上げる。これはこれでヴィオレッタは余計に可哀想になるのだが……。ホヴォロストフスキーは時に麻生サンみたいに顔を歪ませて歌うので、マジに悪役!銀髪が憎ったらしい!
 アルフレードを歌うマシュー・ポレンザーニは、このお父さんが登場すると、完全に「過保護なボクちゃん」になってしまう。家族を愛するが強圧的で絶対君主みたいなお父さんと、気弱で過保護なデブのボクちゃん、という構図も痛々しい。ボクちゃんも、ヴィオレッタの前ではなんとかいいところを見せて「男」になろうとするが、いかんせん経験値が不足しているし、金もない。愛情はあっても金はなくて、ヴィオレッタが郊外で暮らすために財産を売り食いしていると知って「屈辱だ!」というけど、じゃあお前が食わせてやれよと言われても、出来ない。これはこれで哀しいし、悔しいよねえ。
 その辺を強調したのが、この「アルフレードはデブなボクちゃん」像。マシュー・ポレンザーニが、これまた上手いから、マジで甲斐性はないけどプライドはあるボクちゃん像がハッキリ浮かび上がる。
 こういう演出の工夫と芝居の上手い歌手の存在が、このオペラの普遍性をハッキリと見せて、永遠の命を吹き込むのだろう。
 古典の力というモノは、凄い。

 第二幕から第三幕はそのまま繋げて、という演出で、その場面転換が見事と言うしかない。
 このヴィリー・デッカーの演出はザルツブルグ音楽祭(その時はネトレプコ主演)でやったものだが、死に神のような人物を登場させて、それが実に効果的。
 第三幕から第四幕もそのまま通しての上演。
 セットはシンプルで象徴的な湾曲した壁と、それに沿って作り付けてあるベンチ。そしてソファが移動して使われて、大きな時計が、ヴィオレッタの「残された時間」を象徴するようにドンと置かれている。

 字幕の翻訳が新しくて、初めて読むような感じだった。相方によれば原文から離れた「超訳」ではなく、いい翻訳だった、との事。いつもの字幕よりも、人物の感情をハッキリと表現する字幕だった。

 そして。
 今回特筆すべきは、録音。デセイの囁くようなデリケートな歌唱を、何とクリアに拾っているのだろう!なにか画期的な新技術が使われているのに違いない。ステージに並べたマイクだけではああいうデリケートな音は絶対に拾えないし、音自体がかなり「オン」な感じがした。
 自分で録音してみれば判るが、マイクの位置が少し変わっただけで、「オン」「オフ」はハッキリ違って聞こえる。それに、足音も衣擦れも、ノイズ的な音が一切なくて、ヴィオレッタ・アルフレード・ジェルモンの三人の声はあくまでクリアに、オンで録れている。コーラスが歌うところでは足音は入るしノイズは盛大に聞こえるので、明らかに集音の仕方が違う。
 「レミゼ」式に、歌手にマイクを仕込んでいるのだろうか?
 
 第1幕が終わってのインタビューで、デセイが「音を外しちゃった!ゴメンネ!」と言っていたが、全然判らなかった。

 シーズン最後を飾るのにふさわしい、感動的なステージだった。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、メールをチェックしていると、「タモリ倶楽部」の時間。今夜は「空耳アワード」の前半。

 その後「ぷっすま」の「ロケ用朝弁新作コンペ」を面白く観る。ロケ弁かぁ。懐かしいなあ。

 ついつい「お願いランキング」を途中まで見てしまい、資源ゴミを出しに行く。ディノスの段ボールと古新聞。
 その後風呂に入る。今日はかなり歩いたので、足が痛い。ゆっくりお湯に浸かる。

 で、なんだかんだしていると2時を回って3時近くなってしまったので、慌てて寝る。

 明日は「第2章」に突入だ!

本日の体重:(体重測定休止中)
本日の摂取カロリー:2340kcal 
本日の消費カロリー:日常生活+558kcal/11096歩

2012年5月17日 (木曜日)

あと一息でへたばった

 8時起床。
 昨夜食べたラーメンがいけなかったのか、午前中、何度もトイレ行き。
 洗濯を含む朝のモロモロをして、タニタの体重計を秋田にあるサービスセンターに発送。郵便局で適度な大きさの箱を買い、また外出して発送しようかと思ったが、急に面倒になり、集荷して貰った。

 ブランチは、トーストにベーコン・エッグ。IKEAで買ったジャムは甘さ控えめで美味しい。IHを最強にしなければ煙もモクモク出ないで調理出来る事が判明。というか確認。「中火の強」までなら大丈夫だが、最強にするとダメ。つまり、現状ではウチでは中華は作れないということか?

 午後から仕事に集中。
 いい加減ペースを上げないと、とてもヤバいことになる。
 俄然、進み出す。
 こうなると、テレビを見る気が完全に失せる。

 夕方、洗濯物を取り込む。今日も夕立や竜巻が懸念されたが、なんとか大丈夫だった。

 仕事再開。
 相方にもネジを巻かれる。短編と長編ではいろいろと違うけど、だんだんとスロースターターの度合いがひどくなっているのは自分でも判っている。前作「艶敵」だって、前半にえらく時間を掛けてしまって、〆切を何度も延ばして貰ったのだ。

 で。
 昨日、S編集長に厳しくネジを巻かれ、今日は相方にも巻かれたせいもあるが、今日は半日で30ページは書いた。

 ちょっと休憩して、プリンターについて調べる。
 今使っているHPのものは、0.28ミリの厚紙まで印刷出来るはず。これは他社のプリンターと比較してもかなり頑張っている性能だ。それで紙詰まりが発生するのは、ローラーが汚れているからだろう。次にPOPを印刷する時までに、マニュアルに従ってローラーの掃除をしてみるか。

 プリンターを買い換えることはないと判って、ちょっと安心して、仕事に戻る。

 夜、自炊するのが面倒になり、自転車で北千住駅前まで行き、吉野家で牛丼。駐輪ハンターに捕まってしまった。自転車で吉野家に来るなら、店の側に駐めろと。まあ、10分ぐらいでも違法駐輪は違法駐輪。反論は出来ない。

 帰宅して、ネットニュースを見たら、テレ東が本社を六本木1丁目に移転すると。ついこの前、虎ノ門に移ったばっかりじゃないの?という印象だったが、もう30年経っていたのね。
 で、それがキッカケになってテレビ局が移転した後の旧局舎がどうなっているか、調べてしまった。元々テレ東があったのは東京タワーのふもと。そこは「芝公園スタジオ」になって、おれもMAのために出入りしたことがある。そこから虎ノ門に移転して、また移転するのね。
 日テレは麹町の旧局舎をそのままスタジオとして使っているし、テレ朝はアークヒルズをそのまま使っている(四ッ谷や東陽町にも臨時のスタジオがあった)とか、大阪の毎日放送が誇った「千里丘放送センター」はもう存在しないとか、大阪・朝日放送も移転して、あの音響に優れた世界的名コンサートホール「ザ・シンフォニーホール」も、再来年以降どうなるか未定らしい。
 時は流れますなあ……。

 ついついそういうことを熱心に調べてしまった。
 で、夜食に買ったバタピーを食べ、魚肉ソーセージを食べ、あんパンも食べて完全にカロリー的には過剰なのだが、それでパワーを貰って、仕事は夜の部。

 2時まで頑張って、あと少しで第1章が全部終わるところまで来た。思ったより長くなって、60ページを軽く超えてしまった。
 が、どうにも疲れてしまって、脳は停止状態に陥った。
 しかし、なんとか今夜中にあげてしまって、おれにも根性があることを証明したい(誰に?)。
 リビング兼仕事部屋の床に寝転んでちょっと仮眠して、残り数ページを書いてしまおうと思ったが……2時40分に目を覚ましたが、起きられず、次に目が覚めたのは3時40分。
 しかし、頭は完全に睡眠状態になってしまったので、おれには根性がないと諦めて、ベッドへ。雑誌原稿で明日が〆切ということなら、頑張って起きたのだが……。

本日の体重:87.80キロ(この数値は怪しい)
本日の摂取カロリー:2939kcal
本日の消費カロリー:日常生活+97kcal/1871歩

2012年5月16日 (水曜日)

読者の皆様に厚く御礼申し上げます

 「悪漢刑事」(シリーズ第1作)が初版18000部でスタートして以来、ついに10万部を突破致しました。
 これはひとえに、読者の方々のご支持があったればこそ。
 これまでのご愛顧に厚く御礼申し上げるとともに、これからもより面白く質の高い作品を書いていく所存です。
 そして、このシリーズが生まれるまで見捨てることなく辛抱強く付き合ってくれて、かつ、旧刊を丁寧に売り続けていただいている祥伝社と書店様にも心からの感謝を致します。
 思えば……いろいろあって作家生命の危機に陥った時もありましたが、その時のことを思うと、夢のようです。もちろん、世間的には巨大ベストセラーはたくさんあるし、こんな程度でナニ喜んでるんだという声もあるでしょうが、我々安達ズにとっては、とても大きな、感慨深い事です。
 有り難うございました。

 以下、通常の日記に戻ります。
------------------------------------------------------------------

 8時起床。
 洗濯日和だが、今日はテニスなのでその分を合わせて明日一気に洗濯しよう。

 朝のモロモロを済ませて体重を量ると、わずか15分の間に2キロ以上の変動があった。メーカーのタニタに言われた「ゼロ・リセット」をしているのに。
 85.15キロと出てぬか慶びしたが、念のために量り直したら87.15キロ。ちょっと時間を置いてもう一度量り直したら88キロだって。減るならいいけど、どうして増えるんだ!故障かなあ?それともおれは超人ハルクか?
 タニタに質問メールを出す。
 新しい体重計を買うのもなんだかシャクだし。

 面倒くさくて先延ばしにしていた、アーロンチェアの座る部分のウレタン交換をやってみる。交換したウレタンの押し込みがちょっと足りなかったが、まあ役目は果たしているだろう。やってみると簡単に出来た。

 気分をよくして仕事開始。どんどん書き進めなければ。
 新登場の悪役のイメージを迷っていたが、決めた。三谷幸喜は役者に当てて書く「当て書き」じゃないと書けないそうだが、誰かを想定して書くとイメージがバラバラにならず芯が出来るので書き易い。以前はそれがよく判っていなかったが、最近はその辺の案配が判ってきた。デビューして20年近いというのに、遅いっちゅうねん!
 で、オーソドックスな「配役」をする時もあるが、黒澤明が意外な配役(軽演劇系の人を重要な役に当てるのは昔からで、それが好結果を生んできた)をするように、おれもやる時がある。そういうキャスティングをすると、書いていて楽しい。一人で「むふふ」とか笑ってしまったりもする。

 ブランチは、トースト1枚とコーンフレーク、ハム&マヨネーズ、オレンジジュース。
 食べ終わって、即、仕事再開。

 午後、少し弛れてきたので、休憩。
 流し台の奥にあった「無香空間」というビーズで匂いを吸い取る式の消臭剤を見つけた。ずいぶん前に使い始めて、そのまんま引っ越しの際に運ばれてきたもの。
 容器の底に、黄色に変色した干からびたビーズの残骸がこびりついていたので、洗い流して詰め替えようのビーズを入れようと思った。
 で、こびりついているので水を入れてしばらく置いて、柔らかくなったところを洗い流そうと思っていたら……。
 ちょっと放置していて、流しに見に行ってみたら、驚いた!
 ビーズが、復活していた!

Img_0786

 ただ水を加えただけなのに、もくもくと増殖して容器いっぱいに増えている!
 干からびていたビーズが水を吸って復活したとしか考えられない。
 という事は……「無香空間」って、水を足せば無限に使えるって事?
 この復活ビーズが匂いを吸うのかどうか、それが問題だが。ただ増殖するだけなら気味が悪い。
 トイレに置いて匂いを吸うかどうか確認してみよう。

 そんな事をしつつ、午後の陽気に、つい、意識が薄れてきた頃……。
 祥伝社M氏から電話。冒頭に書いた「悪漢刑事」第1作の3000部の増刷が決まったと。前回の増刷で99000部まで来ていたので、これで初版以来の合計10万部を突破した!
 感謝の言葉を述べつつ、正直に原稿の進み具合を申告して、予定に間に合うかどうか、かなり厳しいと白状すると、S編集長に代わって……。
 書店を回ると、シリーズ物はきちんきちんと定期的に出さないとマズいと言うことは肌で判る。「読者も待っている」という言葉は、作者冥利に尽きる。だから、いいモノを期日通りに書かなければならないことは重々頭でも心でも肌でも、全身で判っているのだが……。
 とにかく頑張りますと言って、電話を切る。

 イヤ、マジで、頑張らなければ。

 とは言いつつ、健康のためレッスン代のためにもテニスは休まない。
 ブランチだけでは足りないので、駅前の「松屋」でフレッシュ・トマトカレーを食べる。トマトの酸味が利いたカレー。
 電車に乗って曳舟。
 曳舟周辺も、京成線が高架工事を進め、古い街並みは取り壊されて高層マンションが林立する最中。
 手前の駐車場も、いずれ高層マンションが建つんだろう。

Img_0787

 テニスは、まあまあ。というか、試合になるまでにヘトヘトになり、試合では足が動かず、ボールに追いつけない。むひ〜。

 露天風呂の湯加減が最高で、ずーっと浸かっていたかったが、そうもいかない。
 
 スポーツクラブを出て、喜多方ラーメン坂内「小坊師」で季節限定の野菜ラーメンを食べるが、ついついセットにしてしまった。テニスをやったし、いいか。

 帰宅して、くーたんのご飯を出した後、資料を探す。
 相方が探してきた資料は2004年のもので、その後の社会情勢の変化で状況もいろいろと変化している。最新の動向を掴んでおかないと話の前提が狂ってしまう。
 世間的には「官能アクション」と受け取られているけれど、荒唐無稽なファンタジーではないつもり。物語の背景はきっちり調べて、出来うる限り正確な社会認識に基づいて書いております。

 タニタのお客様窓口から返信が来ていて、一度体重計を送ってくれとのこと。保証期限は過ぎているが、直る物なら直して使いたい。新しいのを買う方が安ければそうするけど。
 
 そうこうしていると、「マツコ&有吉の怒り新党」の時間。
 この番組は毒舌を聞くのではなく、この二人の内面吐露を聞く番組。二人とも、かなり正直に内面を告白してしまう。ホントのホントは話せないところはあるのは当然だが、かなり深いところまで「個人の感情」を吐露する。怪物的キャラだが苦労人の二人の内面は実に興味深いし、共感出来ることもたくさんある。だからギャラクシー賞を取ったのだろう。
 今回の「新三大○○」は、「西武・西口投手の悲しい勝利」。
 ノーヒットノーランを達成直前に打たれたり(それも2度も!)、完全試合を達成したのに味方も全然打てなくて延長戦になり、ホームランを打たれてしまったり……。
 見せ方とナレーションが上手いし、二人も熱く語るので、イヤでも西口投手が好きになってしまう。
 このコーナーは、スポーツネタを扱うと最高に冴えて盛りあがって、感動する。

 夕刊を読んでいたら1時を回ったので、慌てて寝る。

 またなんか複雑(不条理)な夢を見たが、例によって目が覚めたらきれいサッパリ忘れてしまった。

本日の体重:87.15キロ(これが正しい数値かどうか……)
本日の摂取カロリー:2613kcal
本日の消費カロリー:日常生活+689kcal+261kcal/5040歩

2012年5月15日 (火曜日)

祝・集中力回復

 9時起床。
 久々に爆睡して寝坊。しかしその分、スッキリ。今まで頭がボンヤリしていたのは寝不足というか、睡眠の質が悪かったせいだったのか。

 朝のモロモロのあと、体重を量ると、どんと下がっていた。便通がよかったせいだろうが、また体重計の気まぐれでないことを祈る。電池の一件で、タニタの体重計を全面的に信頼出来なくなってしまったんだよねえ。
 
 その後、大阪の書店さん宛のPOPを発送しに行く。
 帰宅したら、アパートメント(今住んでいるところは、マンションと言うにはお恥ずかしいが、アパートと言うと木造二階建ての四畳半フォークに出てきそうなものを想起するので、「アパートメント」と呼ぶことにする。どうでもいいおれのこだわり)の玄関で福山運送の人とすれ違ったので、もしやと思って呼び止めたら、やっぱりおれ宛の荷物だった。
 アーロン・チェアの補修部品が届いた。月曜の朝に証拠写真と過去の取引メールを送ったら、即、パーツを送ってくれた。自分で修理せよと言うこと。椅子を送るのは大変だからこの方がイイが、面倒くさいので、後回しにする。しかし、このハーマン・ミラーの対応は賞賛すべきだろう。高い分、きちんとしている。

 格安高速バスやラブホの火災など痛ましい事件が続くが、値段はやっぱり「品質」の目安だと思う。
 そりゃ高くてダメなものも世の中には多いが、おれの親は「安物買いの銭失い」という言葉を常々口にしていた。無駄遣いには非常にうるさかったが「どうせ買うなら高くてもいいモノを買え」といつも言われていた。
 これは話が横道にそれるが、「船に乗るなら1等に乗れ。もしもの時、2等の客は後回しになるから」とも言っていた。まあ、タイタニックの事故を見れば全くその通りだが、その言葉に従って、中学時代のおれが大阪に行くのにフェリーの1等を取ったらひどく叱られたが。(大型フェリーは安全性では1等も2等も同じと言うことだけど)
 で、福山のホテルは、ラブホテルとして営業していたが、実際はカップル以外の客も格安ホテルとして利用していたらしい。「福山で一番安いホテル」を標榜していたらしい。
 おれは食えない時、半年程ラブホの会社に勤めていた。で、新横浜の副店長まで昇進したのだが、清掃や備品管理についてはうるさく指導されたが、非常時の避難誘導についての教育はまったくなかった。まあ、おれが勤めたところはビジネスホテルとして営業許可が出ているところだから、窓を板で塞ぐことはなく、非常階段は常に使える状態にしてあったのだが。
 そういう経験上、おれはラブホに宿泊する気はないが、格安ホテルとして泊まりに来るお客さんは少なくなかった。
 バスもホテルも、命を預けるわけだから、値段だけで判断すると大変なことになるという見本ではある。もちろん、「ホテル・ニュージャパン」という「高いけどダメだった」という最悪の例もあったけれど。
 何でもかんでも値段優先になった結果が、現在のこの有様であると、おれは思う。
 ものの値段はちょっと安くなりすぎていると思うがなあ。その分、どこかが泣いているはずだ。赤字が出そうだからと経営努力もナシに厚顔無恥に料金の値上げを決めてしまった東電(独占企業だからこういう事がまかり通る。発電と送電を分離しろ!)とはまったく違う。

 で。
 ブランチを食べる。トーストとコーンフレークとスクランブル・エッグとハム&マヨネーズ、オレンジジュース。

 午前中にがーっと仕事をして、ブランチを挟んで雑用は夕方、というのが理想的な日課なのだが、雑用があるとどうしても午前中に済ましてしまいたいクセがある。何故だか自分でもよく判らないが、たぶんスッキリしたいのだろう。そして、メシを食べないと仕事の馬力が出ないなら、お昼前まで我慢せずにきちんと朝飯を食べればいいのに、と自分でも思うのだが。
 朝食とって、その分ランチを省くのもいいんじゃないか?しかし、体重は、起きてから2時間後に量れとタニタが言うからなあ。2時間メシを我慢するとどうしてもブランチの時間になってしまう。

 でまあ、ブランチの後、仕事開始。昨日から仕事のペースが戻ってきた。
 それを後押しするかのように、光文社T氏から電話で、新刊「艶敵」が増刷という知らせが。発刊から1週間で増刷が決まるのは光文社では初めてではないか?書店廻りの感じでもある程度の手応えはあったのだが、こんなに早く決まるとは。
 素直に嬉しい。

 それを励みに、仕事。やっと、新居での環境で仕事をする事に慣れてきた。というか、昨日の気功でぐっすり眠れて、心身のリズムが噛み合ったと言うべきか。

 夕方、キッチンのテーブルに掛けてあったテーブルクロスを取る。以前使っていて、また復活させようと思ったのだが、使ってみると、なんだかスッキリしない。で、取ってみると逆に、実にスッキリしてキッチンが軽快になった。不思議なものですな。
 ということで、テーブルクロスは廃止。

 仕事続行しつつ、集中が途切れたらネットを見る。
 不動産仲介の「at home」のサイトで、ペットが飼える物件を試しに探してみる。おれが払える条件で都心を含めて検索してみたら、六本木のど真ん中に、家賃10万で1LDKというか2Kの物件があった。広さは充分で、間取り図を見ると「ジャッカルの日」のジャッカルや、ミスター・ビーンが住んでそうな配置で、いい感じ。しかし、4階でエレベーターがない。安い分、何か問題があるんだろう。もの凄くやかましいとか陽当たりゼロだとか。しかし、妙に気になる物件だった。
 あと、文京区方面とかにも物件はある。という事は……北千住ってホントに物件がないんだなあ。都心の方がいろいろあるぞ。

 夜、相方来訪。夕食にケンタッキー・フライドチキンを買って来てくれた。
 それを食べてから、wowowで録画した「ザ・ライト〜エクソシストの真実〜」という映画を観る。てっきりバチカンにおけるエクソシストのドキュメンタリーだと思ったら、「事実に基づくフィクション」だった。
 アンソニー・ホプキンスが出て来るので一筋縄ではいかない映画だと思ったら、やっぱりそうだった。
 演出は重厚で、安っぽいショッカー・ホラーではなかった。それはローマが舞台(撮影は主にハンガリーで行われたようだが)なせいかもしれない。
 とは言え、おれはオカルト映画とかホラー映画って、どうしても違和感を感じてしまって、どうにも好きになれない。「エクソシスト」だって、「1」も「2」も見たけど、当時も今も、違和感があるというか、基本的に納得出来ない。
 この世には「悪魔」「邪悪なナニか」は存在すると思う(くーたんの狂乱だって、あの時、くーたんに悪魔が取り憑いていたと思わないでもない。それほど怖かったのだ)が、ああいうことで退散するとは思えないんだよねえ。だいいち、宗教が違う悪魔を退治出来るのか、という基本的な疑問があるし。仏教徒にはキリスト教の悪魔は取り憑かないのか?日本古来の「ナントカ憑き」はエクソシストには退治出来ないのか?(出来ないとしたら、なんだかおかしい)とか、いろいろ疑問が湧いてきて、どうしてもマユツバに見えてしまう。
 同じ病気を治すにも、蘭方と漢方では異なったアプローチをする、ということで、「邪悪なもの」は各宗教共通だが、悪魔払いの手法は宗教によって異なるという解釈でいいのだろうか?
 しかし、キリストって「神の伝道師」であって、神様そのものじゃないんでしょ?だったらイエス・キリストの名によって悪魔を追い出すのって無理なんじゃないのか?
 おれは、「神のような存在」は信じるし、同時に「邪悪なものの存在」 も信じるのだが……。
 同じキリスト教徒でも、プロテスタントや東方教会の信者はどうするんだろう?

 相方帰り、その後、ちょっと仕事をして、1時過ぎ就寝。

 なんだか理不尽というか不条理な夢を見たが、目を覚ますと内容を完全に忘れてしまった。

本日の体重:87.05キロ
本日の摂取カロリー:1603kcal
本日の消費カロリー:日常生活+53kcal/1039歩 

2012年5月14日 (月曜日)

仕事ようやく進み、いろいろやった

 8時起床。
 朝のモロモロを済ませて、ATMでちょっと複雑な操作(普通口座が残高不足になったので定期預金から一部移す)をしようと思ったが、そういうのはネットバンキングで出来るんじゃないかと試す。複雑なことをATMでやっていると長々と場所を塞いでしまって待っている人の迷惑になる。だったら部屋でいくらでも時間を使って出来るネットバンキングで済ました方が何かと好都合。
 と思ったのだが、出来ない。しかし電話で問い合わせて操作方法を教えて貰ったら出来た。って、同じ事を以前もやった気がするが。

 で、外出して、松屋の朝定食を食べてから、記帳をしてキャットフードを買う。
 しかし北千住東口は様変わりしましたなあ。学生がゾロゾロ。

 帰宅して、またネットバンキングで各所へ振り込みを済ませ、仕事。
 これまでの停滞がウソのようにサラサラ書けた。この調子で突っ走らないとヒジョーにマズい。

 で、一山やっと越えたところで、キリがいいので、外出。今日は気功だが、それに引っかけて人形町のKINKO’Sでちょっと作業をする。
 で、外出したが、予定より早く出たので、じゃあということで急遽予定を変更して、銀座方面に回って、重要書店を1軒回る。
 で、日比谷線で人形町。

 KINKO’Sで、ウチではプリント出来なかった大判サイズをプリントアウトして、パウチして貰う。行ったらパソコンはみんな使用中だったので、データを渡してやっておいて貰う事に。値段は自分でやるより3倍掛かるがいいかと聞かれたけど、仕方がない。気功の時間も迫っているし。

 ということで、気功。しかしこの段階ですでにかなりへたばっていた。
 手の傷はかなり治ったが、それでもまだ痕は残っているので、少しウケた。
 汗をたくさんかく。やっぱり休まないで気功して汗をかくべきだ。

 いただき物2点。
Image_1Image_2

 早見俊さんの「公家様同心飛鳥業平〜江戸の義経」と「ご落胤隠密金五郎〜早春の志」。
 毎回いろんな趣向を繰り出してくるなあと心から感心というか尊敬というか、こうなると畏怖する存在です。表紙を見るだけで面白うそうだもの。
 我々・安達ズも毎回頭を捻って書いてますが、書く分量がまったく違います。
 早見さんに限らず、時代小説家各氏はみなさん量産が効く方が多くて、よくまあ次々とアイディアが湧くなあ、人間業じゃないなあと思います。

 終了後、今回はいつもと趣向を変えて、中華屋さんへ。
 牛肉の薄切り山椒辛子炒めが見るからに辛そうで、実際辛かったが美味かった。他にピータンとかワンタンとかエビ玉とか小籠包とか餃子とかアサリの揚げ物とか、結構食べた。〆は炒飯。ビールは中生だけ。

 駅前でみんなと別れてKINKO’Sへ。出来上がりを引き取って支払い。
 A6って、ハガキよりずいぶん大きなはずだったのに、出来上がったものを見るとハガキとほとんど変わらない。これだったら自宅で作れたのに……。次回は自宅でプリントアウトしたものを、ここでパウチすればいいのだと学んだことにしよう。
(追伸:完全にサイズを勘違いしていた。A6とA5、そしてB6を取り違えていたのだ。最近、こういうバカな勘違いミスが多くて嫌になる。まあ今回はいい勉強になったということにしよう。実際、勉強になったし)
 金額は、想定していた額よりはるかに安かった。

 目の前に半蔵門線の駅があったので、半蔵門線で帰宅。

 くーたんが帰宅を待ち兼ねていたが、機嫌を取るのも早々に、シャワーを浴びる。で、くーたんにご飯を出す。
 夕刊を読むと、1時を回ってしまったので、早々に寝る。

本日の体重:88.20キロ
本日の摂取カロリー:2126kcal
本日の消費カロリー:日常生活+689kcal+474kcal/9160歩

2012年5月13日 (日曜日)

雑用だけで日が暮れた

 7時に目が覚めたけど、頑張って8時まで寝る。
 今日は午前中に、換気扇の取り替え工事がある。全然煙を吸ってくれないので、自腹でもっと強力なモノに取り替えて貰う。

 それまでに洗濯をして、干す。富士山が見える。空には雲一つない、快晴。穏やかな日曜。こんな日はどこかに行きたくなるが、頑張って仕事のペースを上げなければ。

 10時近くなって、工事の人、来訪。取り替えはすぐに終了。この換気扇、値段だけ見ると安いのに、工事費が加わると4万円近い。これで煙を吸わなきゃ詐欺に近い。外の壁にダクトをつけるともっと能力は増すというが、ウチの外壁に工事するのはかなり危険だ。しばらく様子を見よう。

 ディノスで買った新しい食器水切りが来た。ラバーゼという奥様に評判のいいヤツ。しかし同等品よりえらく高い。10年以上使って水垢がこびりついてしまった水切りは、お役ご免。
 ラバーゼの水切りは、高級感を出すためだろう、ビニールではなくショッピングバッグみたいなのに入ってきた。奥様は「オシャレだわ」と思うかもしれないが、おれには「無駄」としか思えない。
 セットしてみると、なかなか美しい。
 キッチンはかなり出来上がった。肝心のリビングにはなかなか手がつけられない。早くソファを入れてくつろぎの空間を作りたいのだが。今は床にラグマットを敷いて、その上に寝転んでいる状態。

 ブランチ。千住大橋のスーパーに買い物に行き、大根や漬け物、卵などを買ってきて、冷蔵庫にあった賞味期限切れのノルウェー産のサバを焼く。焼き上がる間に大量の大根をおろす。
 IHのグリルで焼いた魚は美味い。素人のおれでも美味しく焼ける。今後は焼き魚をたくさん食べよう。

 で。
 Macに向かうが、仕事関係のメールを書いたり、アーロン・チェアの修理に関して購入記録を探したり。
 この購入記録、完全に紛失していると思って諦めていたが、メールを調べると、税理士さんから「クレジットカード記録のBusiness Seatingってなんですか」という問い合わせがあったり(Business Seatingという通販サイトで買った)、「アーロン・チェア、いいですよ」という当時の日記を読んで頂戴したメールが出てきて、検索ワードを換えると、購入申し込みと発送しましたというメールも見つかった。そして、当時のクレカの記録も見つかった。
 ということで、購入年月日が証明されたわけだ。修理を要する部分の写真も撮って、メールに添付して送信。探してみるものですな。だからと言って、無償修理してくれるかどうかまだ未確定だが。

 関西のPOPは、デカい。東京の主流はハガキサイズだが、大阪の主流は写真で言えばキャビネ判だった。少なくとも去年はそうだった。なので、関西用の大判POPを作ってみる。
 で、それをプリントしようとしたが、厚手の用紙だったので、プリンターがどうしても受け付けてくれない。せっかく作ったがダメなら仕方がない……と廃棄したが、KINKO’Sでプリントアウトしてラミネート加工すればいいんじゃないかと思い立った。カネはかかるが、安達の本を推してくれている書店さんは限られるので、まあなんとかなるだろう。人形町にKINKO’Sはあるし、明日は気功だし。
 ということで、もう一度大判のPOPを作り直す。

 相方がコロッケを持って来訪。明日、所用で外出するついでにその方面にある書店に行ってくるけどPOPが足りないと言うことで。
 打ち合わせをしようか、と言われたが、こっちは2日間の挨拶回りの疲れが抜けずにボンヤリしている。頭がぼやけているので、考えられない。それに、「第1章」を書き終えてしまいたいし、「第1章」に関しては打ち合わせは済んでいるし。

 相方帰り、Macに向かうが、依然として頭はボンヤリ。ちょっと寝た方がいいのかもしれないが、寝たらそのまま朝まで爆睡してしまいそう。まあ、それでもいいんだけど。

 hana師匠に頼まれていて、果たしていなかった、気功DVDの焼き増しをする。マスターデータから焼くと時間がかかるが、一番確実。既にあるディスクからコピーするとエラーが出る確率が高くなるのだ。

 この間、マシンパワーを食うので他の事が出来ない。といいつつメールをチェック。
 ウチにはジャンクメールが山ほど来る。ここしばらく多かったのは「逆援助させてください」というヤツ。金持ち女とセックスすればお金が貰えるというアレ。こういうの真に受けるバカはどれくらい存在するんだろう?
 最近多いのは、「家出少女を助けてください」というヤツ。昔から、家出少女は毒牙にかかるのは定番だが、こういう「組織化された家出少女」って、存在するのか?
 まあどっちにしても、こういうジャンクメールが後を絶たないって事は、それだけカモも多いって事なんだろう。こういうのに引っかかって大金を巻き上げられても、おれは全然同情しない。騙される方がバカだ。

 で……。
 20時になってしまった。あんまり腹も減っていないが、このまま寝るにはちょっと寂しいので、お茶漬けでも食べよう、と思ったら、「永谷園のお茶漬け」が品切れ。仕方がないので目玉焼きを焼いてご飯に載せて食べることにした。
 が、目玉焼きを焼いたら、部屋中がケムリだらけに。換気扇を交換しても、ほとんど改善されていない。煙が抜けるのは多少早くなった程度。
 やっぱり外壁にフードを取り付けて貰おうか。もうちょっとあれこれやって様子を見るけど。

 で、簡単な夕食、終了。
 風呂に入って、NHK「らららクラシック」をちょっと見て、仕事。ちょっと進めるが、睡魔が襲ってきたので、ゴミ出しをしてから、素直に寝る。

 23時過ぎ、就寝。
 今夜は妙な夢を見ることもなく、爆睡。

本日の体重:87.45キロ(おお急落!)
本日の摂取カロリー:1039kcal
本日の消費カロリー:日常生活+134kcal/2655歩 

« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月20日 - 2012年5月26日 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト