« 2012年5月13日 - 2012年5月19日 | トップページ | 2012年5月27日 - 2012年6月2日 »

2012年5月20日 - 2012年5月26日

2012年5月26日 (土曜日)

「第2章」あがった!

 8時起床。
 天気がいいので、日記を書く間に洗濯。干す。

 で、仕事。
 あと少しで終わると思って、午前中には、と思ったが、書いていると例によってどんどん膨らんできた。

 宅急便で体重計が到着。電池を入れてセット。計ってみると88.9キロ。う〜む。
 その後、トイレに行くたびに計ると、88.7、88.6と下がってきた。上がらなければ正常だと思うので、この体重計のこの数字を信じることにしよう。

 ブランチは、茄子とハムのガーリック・トマトソースのスパゲティを作る。と言っても壜詰めのトマトソースを使ってだが。
 トマトソースの分量が足りず、ケチケチしたモノになってしまったが、まあ美味い。次回はソースをたっぷり使う事にしよう。
 白のTシャツにトマトソースが撥ねてしまった。これ、東京国立美術館で買った北斎の「神奈川沖浪裏」をプリントしたもの。すぐに洗濯。

 仕事を続ける。
 相方と相談して。視点が変わるところで章を割ることにする。視点の移動が短い場面で「行って来い」になるのが気になるので。

 19時過ぎに、「第2章」、あがる。
 相方に送る。

 錦糸町のアシックスの店に修理に出していた靴、アシックスでは修理出来ないとの返事があったので、引き取ることにした。
 で、引き取りに行くついでに、ミンミンで餃子と炒飯を食べようと思い立つ。
 が、どうせアシックスの店に行くなら、もう一足買おうと思っていた事も思い出したが、それはサンダルを履いて外出してしばらく歩いた後。靴下を履いていない状態で靴を買うのはイカンだろう。時間も遅くなってしまったし、錦糸町行きは明日にする。
 北千住東口でくーたん用のサプリを買い、久しぶりに「珍来」で炒飯と餃子。相変わらずここの炒飯は量が多い。

 満腹して、帰路につく。
 そういや、「第2章」をあげたら梅島の「ふうりゅう」に行って担々麺を食おうとも思っていたのだ。それは「第3章」があがったら、という事にしよう。

 帰宅して、「アド街ック天国」を見る。鳩ヶ谷。この番組は紹介の仕方が上手いので、何の変哲もない街が趣きある感じに見えてしまう。けど、番組に登場した神社とか公園は魅力的だったなあ。
 が、どういうわけか腹の調子が悪くなって、何度もトイレへ。帰り道、歩きながらコンビニで買ったアイス最中を食べたのだが、これがいけなかったか?
 TBSの「ニュースキャスター」も途中まで見る。河本の1件でたけしが発した言葉「好きなことをやるんなら貧乏に甘えずバイトしろ」というのは含蓄はあるが、どうもピントが外れている。バイトしないで借金を重ねる売れない芸人も居るだろうが、大半はバイトしているはずだし、河本もホストをやっていた事をネタにしているし。
 食うや食わずの時代に、親が生活保護というのは問題ない。売れっ子になってからも生活保護を受けていたことが問題なのだ。それに、今回の記者会見では有耶無耶になったが、母親以外の親族の問題、と言うのもある。だけど、売れたからって一族郎党が全部ぶら下がってこられちゃ、参りますぜ。
 おれなら、親の面倒は見るが親戚の面倒は見ない。その線はハッキリと引いて、批難されたらキッチリ反論する。まあ、おれの親戚は全員しっかりしているので、そういう事態にはならないが。

 風呂に入り、ゆっくり浸かる。
 あがってから、引っ越し以来、ずっと夢だった「風呂上がりのビールを夜景を見ながら飲む」を実行。別に難しいことでもなんでもないのだが、条件が揃わなかった。というか、家でビールを飲む習慣がなくて、風呂上がりにはついつい牛乳を飲んでしまうのだ。が、今夜は、「第2章」があがったので、ビール。
 ツマミにバタピーと魚肉ソーセージを食べてしまった。このチープな組み合わせが最高に好きなのだ。

 「チューボーですよ」を見る。板谷由夏のリアクションに、堺正章が本気で気分を害しているのかギャグなのかちょっと判らないサスペンスを感じた(堺正章は板谷のタイプが苦手なように感じた)が、最後の「もの凄く美味しい!」の大絶賛で、大団円。

 その後、NHKのさだまさしの番組を見たら、どういうわけか今夜はオレゴンのポートランドからの放送。どうしてオレゴン?画面は鮮明だが、音がちょっと悪い感じ。いつもより帯域が狭い。
 地元テレビ局のスタジオを借りての放送で、ローカルの天気予報の時間に隣のスタジオに行ってゲスト出演したところで、見るのを止めて(面白いから最後まで見てしまうから)、1時就寝。

本日の体重:88.6キロ
本日の摂取カロリー:2524kcal
本日の消費カロリー:日常生活+240kcal/4795歩(しかし頭脳労働でも凄いエネルギーを使うはずなのにカロリー消費に反映されないというのは何故?)

2012年5月25日 (金曜日)

雨降りだから仕事のみ

 7時過ぎに電話が鳴って起こされたが、出たら切れていた。
 二度寝も出来ず、そのまま起床。
 完全に寝不足。

 曇りのようだが、よく見たら雨が降っていた。本日は一日中小雨模様。
 なので本日は、仕事のみ。
 おかげでかなりはかどった。

 ブランチは、冷凍スパゲティ・ペペロンチーノ。これだけでは足りないので、トーストを焼いて杏ジャムで食べる。

 仕事を続ける。

 突然、昔懐かしい記憶が蘇る。
 日本テレビ系で放送した英国製のスパイ・アクション「秘密司令S」がもう一度見たくなった。ミステリー・チャンネルかどこかで放送したみたいだが、今はしていない。これを見るなら吹き替え版で見たい。あのタイトルテーマ曲(シリル・ステイプルトン・オーケストラ)が好きだったんだよねえ。シングル盤を買ったし、探せばまだあるだろう。裏面の「サマーセット・モーム・シリーズのテーマ」も好きだった。番組は放送されなかったと思うが。で、YouTubeにあった。なんでもありますねえ。
http://www.youtube.com/watch?v=mSUATvb4LKs

 昔、ディズニーランドが出来る遙か昔に、「横浜ドリームランド」というのがあった。コンセプトはディズニーランドのパクリだが、本家ほどサービス精神は徹底していなかった。それでも規模としてはかなりなものだった。まあ子どもの目から見れば、どんなモノでも壮大に見えるけど。
 開園してすぐ行ったし、子どもの頃は何度も行った。そして閉園直前にも行った。
 ジャングル・クルーズもどきのアトラクションで、いきなり水面に恐竜がぬっと出てきたのには心底驚いた。生涯であれほど驚いた事も少ないだろう。
 それと……日本最初の「超高層ホテル」だった、ホテル・エンパイア。ここに一度でいいから泊まりたかった。小林信彦が脚本を書いた「進め!ジャガーズ」という映画に、世界制覇を目指す悪の結社の本部として登場した(んじゃなかったっけ?)が、今は横浜薬科大学の図書館になっている。懐かしいなあ。

 しかしどうしてこういう事を突然思い出すのだろう?

 仕事を続ける。

 午後、甘味が食べたくなって、近所で団子を3本買ってくる。みたらし、こし餡、いそべ。美味い。
 くってから仕事に戻る。

 夕方になって、疲労困憊。寝不足が響いた。
 ベッドにはくーたんが寝ているので、おれは仕事場兼リビングの床にゴロ寝。30分ほど爆睡。

 目を覚まして、夕食のことを考える。スパゲティを作るか、あり合わせのもので食べるか、なにかおかずを買ってくるか。冷凍庫には牛肉があるからオイル焼きを作れるのだが、それはちょっと重い。

 近所のコンビニに行ったが、「おかず」になりそうなものはないので、レトルトのカレーを買う。
 結局、冷蔵庫にあった中華サラダに揚げ茄子の煮浸し、ちりめんじゃこに卵焼きをプラスして、食べる。

 食後、仕事を再開。

 頭がどんよりしてきたので、風呂に入る。
 髭を剃ってサッパリし、仕事再開。「タモリ倶楽部」の時間までやる。 
 枚数的にはあと10ページで第2章は終わる、というところまで来たが、内容が膨らんでいるので残り10ページでは終わりそうもない。それでも、明日には終わるだろう。1章1週間というのはいいペースだ。しかしスタートが遅かったからなあ。

 「タモリ倶楽部」は「空耳アワード」の後編。先週より面白かった。
 「ぷっすま」の「新作ロケ朝弁」、後編も見る。美味そうだなあ。

 で、これ以上は出来ないので、営業終了。寝る。
 1時就寝。

 しかし、早くソファを買いたい。いろいろ考えたが、ここまで全部自分で組み立ててきたのだから、ソファも自分で組み立てよう。2時間もあれば出来るのなら、自分でやろう。ソファのあとはベッドもやろう。
 この2つをやれば、新居のナニは完了だ。

 しかし……改めて部屋の中を眺めると、本ってこんなに要るのだろうか?という素朴な疑問が。好きな作家の本は手持ちに置いておきたいが、そうでもない本は思い切って整理して、部屋を広く使った方がいいんじゃないか?
 仕事が一段落したら、考えてみよう。書庫がある場合は別にして、他の方々はどうしてるんだろう?見学しに行きたい気分。

 「河本準一問題」について。おれは、河本が言ったとされる「貰えるものは貰うときゃええんや」の言葉がなければ、ここまでの騒ぎにはならなかったんじゃないかと思う。生活保護の不正受給についての不満が増していたときだから、この言葉に発火したのだ。
 まあ、今は売れっ子だが、ずっと食うや食わずで、それに最近は大病をして長期間仕事を休んだ、という事で生活に不安を感じて親への援助に慎重になったという気持ちはよく判る。これは自営業者なら共有出来る不安だ。サラリーマンには判るまい。それに、吉本は薄給で有名だし……。
 とは言え、かなりの年収になっていたここ数年も、同じペースで生活保護を受給していたというのは当人が言うように、「甘かった」ということになるだろう。
 しかし……おれが河本だったら、どうしただろうなあ。

本日の体重:まだ計れず
本日の摂取カロリー:1728kcal
本日の消費カロリー:日常生活+α

2012年5月24日 (木曜日)

「春過ぎて夏来たるらし白たへの衣干したり天香具山」な気分

 8時ごろ起床したはず。
 洗濯して屋上に干しに行くが、今日は晴れて風もないので、絶好の布団干し日和。
 今まで暑いのに冬の布団を使っていたが、そろそろ夏布団に切り替えよう。そのためにも夏布団を干す事にして、同時に、20年使った西川の羽毛布団(訪問セールスが来たのでつい買ってしまったが、無茶苦茶高かった。今にして思えば騙されたか)も、そろそろ寿命。これを機に処分することに決定。その前に、20年世話になった感謝の気持ちを込めて、干す事した。

 部屋に戻って、仕事開始。なんとか今日明日で「第2章」を終えて、「第3章」に入りたい。

 仕事の合間に、昨日結論が出て、ガッカリした「iWebからWordPressへの移行」について調べてみたら、出来ないことはない事もない、と判明。ちょっと希望が出てきた。
 それに、iWeb自体についても、TimeMachineを使ってバックアップしてある支障が出る以前の記録ファイル(domainというファイル)に入れ替えて、その後書き加えたモノを再度手動で書き加えてやれば復旧するのではないかと思いつく。これは手をつけるのが遅くなればなるほど手動で書き加えなければならないファイルが増えていくのだが、とにかく「第2章」を終えるまでは心に余裕がない。

 ブランチは、昨日曳舟のお総菜屋で買ったハンバーグを温めて。しかし、ハンバーグというより、分厚いハムを食べているような感じ。あそこの店は安いけど、マズい。

 仕事再開。
 感情的・伏線的に微妙なところを書いているので、進みが悪い。しかしここは神経を使って書かなくては。

 夕方近くになって、布団を取り込み、布団カバーを剥がして新しいものに取り替える。羽毛が飛び散るので、屋上で交換。
 同時にペッドパッドも夏用の薄いモノに交換。冬用の羊毛パッドも20年以上使ってツギが当たっている。これも処分して新しいのに取り替えるかな。
 取り替えたシーツや布団カバーを洗って干す。今日の気温なら数時間で乾くだろう。

 この作業をやったら、汗をかいた。
 シャワーを浴びて、予約してあったカイロへ。
 今日は肩も腰も、まったく問題なし。
 
 帰路、「グルメシティ」で夕食用の弁当でも買って帰ろうと思ったら、美味そうなカツオのたたきがあったので、思わず買う。となると、完全自炊態勢。
 カツオのたたきには、大量の野菜がなければ美味くない。野菜も買い、明日は自宅篭城態勢で仕事をするので、その分の食材も買って、帰宅。

 夕食にはまだ早いので、ご飯をしかけて、仕事。

 あと少しで山を越える、というところで、メシにする。
 キュウリをスライスしミョウガ・ニンニク・生姜・大葉と混ぜ合わせる。タマネギはカツオのたたきのパックに入っているモノを使う。
 で、食べる。美味い。生姜とニンニクが利いてないと、カツオのたたきは、ダメ。それと、茄子の煮浸し。
 ご飯を冷蔵用容器に小分けして移すが、少量余ったので、梅しそのふりかけをかけて食べてしまう。

 BS1で、日本最初のベストセラー作家・井原西鶴についての番組をやっていたので、見る。遺作「世間胸算用」って、こんなに面白い作品だったのか。
 続いてNHKのニュースを見て、チャンネルを変え、BSで亀治郎が小倉の番組に出ているのを見る。新人大道具さんの仕事を追うコーナーもあって、なかなか面白かった。

 23時近くまでテレビを見てしまった。
 仕事に戻る。
 最近は、深夜のほうが仕事がはかどる感じ。じゃあ仕事優先で夜型に変えてしまおうか。

 2時までやって、もう少しで大きなブロックが終わる、という直前で、寝る。もっと続けられるのだが、徹夜になってしまう。徹夜すると翌日からしばらく使い物にならなくなるので、避けたい。

 寝る前にくーたんを構っていたら、もっと遊んでくれとせがまれた。しかしそうもいかないので消灯したら大人しくなった。この辺、妙に聞き分けがいい。

 2時30分就寝。

本日の体重:まだ計れず
本日の摂取カロリー:1824kcal
本日の消費カロリー:日常生活+α

2012年5月23日 (水曜日)

仕事してテニス

 8時30分起床。

 目下の悩みは、ブログ作成に使っているiWebが正常に働かないこと。
 以前トラブったMobileMeには全く何の問題もなくアップロード出来るのに、ニフティにアップ出来ない。MobileMeは来月末で終了してしまうので、その代替えとしてニフティのホームページサービスを使おうと思っているのに、こっちが使えないのは困る。
 アップルのディスカッション・ボードで相談したら、問題のあるページを削除していくのはどうかというご教示を戴いて、実行してみたのだが、問題のある(のではないかと思われる)ページを削除しても、状態は変わらない。
 こういうイライラが続くなら、MobileMeが終わるのを機に、違うソフトを使う方がいいかもしれない。しかし、2年半分あるブログはなんとか生かしたい。手段はないものか。
 そう思って調べていたら、「WordPress」というソフトがあって、iWebからコメントも含めて中身を吸い上げて、ほとんど同じ書式で移せるらしいことが判った。
 ただ問題は、この「WordPress」というソフトはクロウトが使うもので、おれのようなシロウトには荷が重いということ。ただのソフトではなく、おれもよく理解していないが、データベース・ソフトを利用してブログを構築するモノらしい。
 無料で使えるのだが、その分勉強が必要。しかし、これをなんとか使いこなせれば、おれの希望に一番叶う。しかし勉強する時間がない。とりあえず「第3章」があがったら研究を開始してみるか。

 問題解決に光明が差したようなので、メシを食って仕事に集中。(追記:これはどうもぬか喜びだったようだ。移行ソフトはもうダウンロード出来ないらしい。極めて残念。どうしましょう)

 メシはご飯を温め、玉子焼を作ってインスタント味噌汁と。

 午後は仕事のみ。
 かなり書いたと思ったが、まだまだ。今日と明日で「第2章」を終えられるかと思ったが、甘かった。しかし金曜には終わりたい。

 で、今日はテニスのレッスン。仕事をした方がいいか、とも思ったが、カラダを動かしておく方がいい。
 自転車で北千住東口まで行き、くーたんの整腸剤を買って駐輪場に止め、東武線で曳舟へ。

 テニスは、レッスンはまあまあだったが、試合はまるでダメ。このところ試合でガックリすることばかり。
Img_0793_2
 風呂に入って、スポーツクラブを出ると、営業を開始したスカイツリーが美しく輝いていた。これを見るのは夜の方がきれいだ。
 いつものように喜多方ラーメン坂内・小坊師でラーメン。炙り焼き豚ご飯と味つき卵のセット。やっぱりノーマルな喜多方ラーメンが一番美味い。
 駅前のおかずやで明日用のハンバーグを買って帰宅。

 くーたんの機嫌を取っていると、「報道ステーション」の時間。東電は大口需要家(大企業とか大工場とか)には配慮しているが家庭からは容赦なく取り立ててきたし、今後もそうだと。政府が東電の支配権を取ったのだから、このへん改善されないと、反政府運動を起こすぞ、マジで。
 
 渋谷の「肩がぶつかったからナイフで刺した」事件。この犯人は、どう考えたっておかしい。普段は暗くて大人しい人物だったらしいが、普通の人間なら、肩がぶつかったからと言って死にかけるほど相手を刺したりしない。というか、そもそもダガーナイフを持ち歩いていない。この犯人はキチガイかクスリをやってるんじゃないのか?

 民主党は、小沢党という党内党を抱えている、というのが最大の弱点。これって自民党の派閥よりひどい。
 小沢待望論もあるが、おれが小沢を支持出来ないのは、政策論議にしないで常に政局に話を持っていこうとするからだ。自民党を出てから、「壊し屋」の手腕は充分に発揮しているが、ただ壊すだけ。だいたい、党首であり首相である人物が小沢となかなか会えないってどういうことだ?

 フットボール、日本が勝ってよかった!中継は見られなかったけど。

 「マツコ&有吉の怒り新党」を見る。「新三大○○」は「ミスター味っ子」。う〜ん、こういうアニメだったのか。全く知らなかった。
 
 1時就寝。

本日の体重:計れず
本日の摂取カロリー:2377kcal
本日の消費カロリー:日常生活+689kcal+169kcal/3211歩

2012年5月22日 (火曜日)

iWebが不調だったり光文社打ち上げでご馳走を食べたり

 8時起床。
 いつものようにiWbを使って日記を書き、昨夜見た「テルマエ・ロマエ」の感想文も書くが、ニフティのサイトにアップロード出来ない。何度やっても出来ない。原因不明。エラー文にファイルの損傷、ディスクの損傷、ディスクの容量不足、アクセス権の問題が指摘されていたので、TechToolProや純正のディスク・ユーティリティを使ってみるが、どれも「正常」「問題なし」と判定。
 以前からiWebは時々調子が悪くなっていたのだが……。
 いつも使っているソフトが不調なのは困る。こっちの調子も狂う。

 なんだかんだやっていて、けっこう時間を取られてしまった。それで問題が解決すればスッキリしたのだが、解決しないから実に気分が悪い。アップルのディスカッション・ボードに相談を書き込んで、ご教示も戴いたのだが、それに沿ってやってみても、問題は解決せず。

 以前のトラブルは、OSを再インストールして、iWebのすべての内容をバックアップしておいて全ページを削除し、アップロードし直したら直った。今回もそれをやってみるか?しかし時間がかかるので、「第3章」を書き終えるまではお預け。

 トラブル解決はひとまず諦めて、ブランチを食べて仕事をする。
 ブランチは、ご飯を温め、目玉焼きと、昨日買った笹かまぼこ、インスタント味噌汁。

 で、仕事。綿密に打ち合わせをして展開も決めたので、順調に進む。この調子だと、あと数日で「第2章」は終わって、「第3章」に入れる。

 タニタからメール。会社で試験をしてみたら異常は見つからなかった。しかし、これをそのまま戻したらまたトラブルが再現するかもしれないので、新品を送ろうと思うがどうか、という内容。向こうとしては、えんえん引っ張るのはイヤだし新品を送れば問題解決出来るという判断だろう。おれとしては、申し訳ないが新品を貰うことにして、その旨返事を出す。

 時間まで、仕事を続ける。
 今夜は、光文社文庫「艶敵」の打ち上げ。同時に、次回作の打ち合わせも兼ねる。しかし、新作のプロットを考える余裕がない。頭の中はすべて「悪漢刑事9」で満たされているし。たくさん書く方々は、数作を同時進行で処理出来るのだろうが、おれはそれが出来ない。
 しかし、そうは言っていられないので、この前、書店廻りの時にランチした場でちょっと話に出たネタを転がしてみる。
 ウチにあった資料本をカバンに入れて、18時過ぎに外出。
 
 朝からずっと、雨。歩きながらあれこれ考える。
 今日の打ち上げは、新御徒町のイタリア料理店。
 地図をもらっていたので、定刻より少し早く着けるはずだった。
 しかし、どういうわけか、反対方向にどんどん歩いてしまい、駅のプラットフォーム分を一往復してしまった勘定に。その分、遅刻。
 おれより遅く到着するはずだった相方がすでに着いていた。

 評判のいいお店らしく、何を食べても美味い。特にポルチーニ茸のリゾットや肉のグリル。ビーフにポークにマトンを食べたが、どれも美味しかった。
 お酒もいろいろ飲んだ。
 T氏も見た「テルマエ・ロマエ」の話をしたりしつつ、話題は次回作へ。
 あれこれ喋っているウチに、スジが見えてきた感じ。まあ、口頭での段階ではあれこれアイディアが多い方が構想が膨らむ。それをプロットとして文章にまとめる段階で整理が出来るはず。
 今回はいつもの反対で、クライマックスの映像が絢爛と浮かんでいる。それに結びつけられるかどうか。

 お店の閉店時間を過ぎても話は尽きなかったが、10時も回っているので、解散。
 我々もつくばエクスプレスに乗って、帰宅。

 くーたんの機嫌を取り、ご飯を出し、メールをチェックして、もう一度iWebが正常に動くかどうかトライするが、やっぱりダメ。
 もう一度Macをメンテしていたら、1時を回ってしまった。
 慌てて就寝。1時30分。

本日の体重:計らず
本日の摂取カロリー:2202kcal
本日の消費カロリー:日常生活+211kcal/4174歩

2012年5月21日 (月曜日)

金環食見て映画見て

 3時に寝たから金環食に間に合う時間に起きるのはは無理だろうと思ったら、6時50分に目が覚めた。
 外を見たら晴れている(ように見えた)。
 だったら、見ないわけにはいかない。

 眠いが、起き出して、まずテレビ。すでに欠け始めていた。テレ東以外の各局は各地から中継。
 7時25分頃に屋上に上がってみると、大勢が空を見上げていた。
 専門家は「太陽が雲に隠れた程度で、特に暗くはなりません」とか言っていたが、暗いぞ。
 で、今日は曇ると思っていたので日食グラスを買わなかったから、目を細めて肉眼で見た。もちろんチラ見。雲がフィルターの役目をして、大きく欠けているのは判った。しかしこれ以上見ると目を痛めるので、部屋に戻ってテレビで「鑑賞」。
 フジテレビではSMAPが感動していたが、こんな朝からSMAPを動員する必要があったのか?気の毒に。

 で。
 4時間足らずしか寝ていないので、頭がボンヤリ。ビールでも飲んで二度寝すればよかったが、なんとか仕事をしようとMacに向かう。
 しかしまあ、午前中は仕事にならず。

 ご飯を炊いて、ブランチ。キャベツと魚肉ソーセージを炒めてマヨネーズで食う。美味い。

 眠くなったら昼寝しようと思ったら、妙な具合に眠くならない。
 
 昨日、綿密に打ち合わせをしたので、「第2章」は書き始めるとするすると進み始めた。
 と、ここで、明日の光文社T氏との打ち上げの席で、次回作のプロットを見せる約束をしたことを思いだした。
 う〜む。今、頭は「悪漢刑事9」に向いていて、他の事を考える余裕はないぞ。しかし、相方と相談して捻り出さねば。

 夕方までクラッカーなどを食べつつ、仕事。
 今夜は、「テルマエ・ロマエ」を錦糸町で見る。
 この作品、かなりヒットしているらしい。めでたい事である。しかしその、かつての日本映画界なら、「喜劇・テル前シリーズ」とか問答無用のシリーズ物にしたろうなあ。阿部寛・北村一輝・宍戸開・市村正親がかつての森繁・伴淳・フランキーみたいなレギュラーで、原作やタイトルとは無縁のドタバタ人情喜劇にムリヤリし立てて……。

 錦糸町に行くので、アシックスの店に靴を持っていく。この店のウリは「靴底を交換してずっと履き続けられます」だったので。どうせなら純正の修理をお願いしたい。
 で、所用で外出中の相方と合流する前に店に行こうと思って、少し早めに出たはずが、そうはならず。
 錦糸町駅で相方と合流してから、その店へ。
 しかし、店の人は「修理は1回だけ。すでのこの靴は1回修理しているし、この靴のメンテは2008年に打ち切られている」と言う。そんなバカな。2008年より後に修理してもらってるぞ。それに2度、靴底は交換しているはず。しかし記録に残っていないと。
 とは言え、持って帰るのも荷物になるので、工場に送ってやってみてくれ、ダメなら仕方ないと諦める、という条件でお願いする。しかし、北千住店(すでに店はない)では「何度でも交換します」と言ったんだぞ。

 で、錦糸町で食事と言えば、「シラツユ」。ここの絶品「チキンのディアボラ風」はやっぱり美味い。サイゼリアの同じ品とは雲泥の差がある。ブロッコリとホタテのバター炒めをシェア。
 食事しつつ、プロットを検討。覚えおげながら見えてきたが、ナニをテーマにするか、それが決まらない。

 その後、オリナスに向かい、時間までぶらぶら。
 ポップコーンとコーラを買って、入場。
 おれたちは前から3列目が好きだが(周囲に他の客はいないし)、今日の「スクリーン2」は比較的キャパの大きなところだったので、スクリーンもでかくて、前過ぎた。

Thermaeromae01

 映画は、実に面白かった。原作の「映像化不可能」と思われた古代ローマを再現!(チネチッタにある超大作映画で作ったセットを借用したらしいが)CGも駆使して、奇跡的な映画化。
 武内監督は「のだめ」も担当しているが、原作に対する愛情と尊敬溢れる姿勢は全く変わらない。脚色も上手い。
 そして、高度なCGにワザと挟まれるローテク特撮(タイムスリップするところはアマチュアの8ミリ特撮の感覚だ!)が実にいい味を出している。
 阿部寛を初めとする「濃い顔四人衆」が実にまったくイタリア人エキストラと混じって、それっぽく見えてしまうのもオドロキ。特に皇帝ハドリアヌスの市村正親は、さすが舞台で鍛えた貫禄。
 こうして見ると、上戸彩が「平たい顔族の代表」に見えるから、実におかしい。
 そして……温泉への愛情がひしひしと伝わってきて、後から感動する。
 いやこれは、傑作だ。

 おれたちは大声で笑って見ていたが、他の客は大人しいなあ。こんなに笑えるのに。

 23時過ぎに終映。半蔵門線で帰宅。
 くーたんにご飯を出し、シャワーを浴び、なんだかんだしていると2時になったので慌てて寝る。早く、以前の生活パターンに戻さなければ。

本日の体重:計れず
本日の摂取カロリー:2720kcal(ここんとこ、油断しまくり)
本日の消費カロリー:日常生活+386kcal/7451歩

「テルマエ・ロマエ」の感想

脚本:武藤将吾/監督:武内英樹

TOHOシネマズ錦糸町にて

 「のだめカンタービレ」に続いて、またしてもマンガを完璧に映画化した快作誕生!
 原作は、古代ローマと日本の風呂文化への愛情に溢れて、爆笑しながら感動してしまう名作だが、それが、これほど完璧に映画になるとは!
 チネチッタに乗り込んで撮影しただけあって、巨大なローマのセットは圧巻だし、しかもこのローマ、なんとも生活感に満ちていて、「人々が暮らしていたローマ」な空気が伝わってくる。
 そしてそして、阿部寛をはじめとする「顔の濃い役者」たちが、恐るべきコトに、誇大ローマ人に見えてしまうマジック!竹中直人がシュトレーゼマンに扮した以上の奇跡が起きた気がする。
 原作を実に上手く脚色して108分にまとめている。この映画は長ければだれるし、短すぎると物足りない。ぴったりな尺。

 日本の何処かの体育館に作り込んだ大浴場のセットも凄いし、まず美術スタッフの仕事に感嘆。
 高度なCGを使って群衆を増やしたり、「見渡す限りの古代ローマ」を作り上げたのは凄いが、ルシウスや「平たい顔の種族」たちがタイムスリップする場面では、わざとチープな「特撮」(人形が渦巻きにまかれてぐるぐる)にするのは、なんとも絶妙な呼吸で、そのワザの凄さに、またしても感嘆。ルシウスがフルーツ牛乳やケロリンの桶、シャワートイレなどに目をみはるのと同じ感覚で目を見張った。

 なにしろ、原作への愛情と尊敬があるので、見ていて本当に気持ちがいい。「のだめ」が成功したのは、原作への敬意が濃厚に感じられたことが最大の理由ではないだろうか。マンガの映画化というと、どこか馬鹿にして手を抜き安くあげる作品が多くて、失敗してきた。観客というかマンガ原作のファンは、そういう空気を敏感に見抜いてしまう。
 しかし、この作品のスタッフは違う。監督や脚本は、全力で原作の素晴らしさを映画に移そうとして、それに見事に成功した。
 その事実を目にしたら、これはもう、感動するしかない。
 有り難う!武内監督!アンタは凄い人だ!

 で。
 原作にはない「マンガ家ワナビー」な女の子をサブ主人公にしたのは正解。現代日本側でルシウスを受け止める登場人物は必須だ。その役を上戸彩は好演している。見事に「平たい顔の種族の代表」に見えるし。
 古代ローマのセットも見事だが、日本のロケも秀逸。那須の北温泉、天城の大滝温泉、伊香保、そして北区滝野川の銭湯と、いい場所を選んでいる。
 この映画とリンクしてJTBが出した「ルシウスおすすめ憧れの日本の温泉ベスト100」に載っている温泉を見ると、日本人が如何に温泉を愛し、温泉文化を育んできたのかよく判って、それにも感動してしまう。
 温泉が嫌いな日本人は、たぶん、いないだろう。いいなあ、温泉。そういう素朴な気持ちをルシウスという「異物」を登場させることによって、より深く刺激してくれる。
 このキモを映画は大事にしているから、作品として成功しているし、爆笑のうちに見終わって、感嘆と感動が残る。

 古代ローマにヴェルディやプッチーニというのはおかしいと言えばおかしいが、これがまた実にぴったりハマッてしまう不思議。1曲だけフォーレが出てきたけど、この選曲も冴えている。

 阿部寛がルシウスになりきっているのも驚異的だが、皇帝ハドリアヌスに扮した市村正親が、皇帝にしか見えないというのも驚異。舞台で鍛えた人の迫力だろう。北村一輝や宍戸開はご愛敬。

 こんなに凄い作品を見てしまうと、どうしても「2」が見たくなるよねえ。商売の上手いフジテレビだから「テルマエ・シリーズ」とかいってシリーズ物に仕立て……ないか?またチネチッタに乗り込むのも大変だろうし。かと言って経費節減でルシウスが現代日本に張り付いてしまうと面白くないし。

 しかしねえ、古代ローマ人も風呂を愛したのだろうが、日本人の風呂というか温泉好きというのは、もの凄いモノがあるなあとしみじみと感じる。それは、原作者ヤマザキマリに指摘されて初めて「そりゃそうだよなあ」と気づくところも多いのだが。ヤマザキマリの、日本の風呂に対する観察眼の鋭さと愛情の深さに、またしても感動してしまう。

 それにしても、原作への愛情、古代ローマへの愛情、日本の風呂への愛情が詰まった作品を見ると、本当に幸せになる。愛情を感じない映画に接すると腹が立つが、愛情に溢れた作品だと、こんなにも幸福な気持ちになるのか。
 だから、イタリア人が見ても楽しいし、ウケたのだろう。イタリア全土で公開するらしい。快挙だし、イタリアでも成功して欲しい。そして日本の素晴らしいお風呂文化を知って欲しい。

 この映画の関係者全員を尊敬する。よくぞ作ってくれました!

2012年5月20日 (日曜日)

仕事も雑用もいろいろ

 何時に起きたか忘れたが、たぶん8時前後に起床。

 朝のモロモロを済ませて、相方とランチを兼ねて打ち合わせをしたかったが、相方は外せない用件があったので、待ち状態。

 ならばと、懸案だった雑用をやる。
 ウチの窓には網戸がつけられないが、小窓がついている。ここに内側から網戸の網を貼り付けて、ミニ網戸状態にしたい。これなら、くーたんも脱走出来ないだろう。
 すでに網戸の網は買ってあるし、接着用のテープも買ってある。ずっと面倒がって実行しなかっただけ。
 小窓の寸法を測って、それに合わせて網を切り、アルミサッシに両面テープを貼って網を接着。補強用に、その上からアルミ・テープを貼る。
 億劫に思っていただけで、やってみたら簡単に出来た。
 しかし、アルミ・テープの接着力が弱くて、すぐに浮いてきて剥がれ始めたのは誤算だった。もっと強力なヤツを探してみるか。

 昼過ぎには終わると思った相方の所用は、夕方まで終わらないと判明。
 それじゃあと、もう一つの雑用をやってしまう。
 キッチンの床がちょっとナナメっていて、食器棚が傾いている。一応しっかり立っているので転倒はしないと思うが、また大きな地震が来たらどうなるか判らない。それに、くーたんが凄いジャンプとキック力で飛び移ってきたりするので、まさかとは思うが、くーたんの力で倒れないとも言いきれない。
 ということで、耐震補強用の、食器棚の前にかます「クイ」のようなものがあったはずなので、それを買いに行く。ついでに遅くなったブランチも。

 「翔竜」でチャーシュー味玉ラーメン。前回、「二番味」を食べて美味しくなかったので、いつものように「翔竜麺」にしたが、なんだか以前と感じが違う。麺の茹で方なのか、麺自体が変わったのか。この味になってしまったのなら、ガッカリだ。

 その後、東急ハンズへ。
 欲しい「クイ」はあった。ゴム製の三角錐みたいになっているヤツ。しかし長さが60センチある。通常ならそのまま食器棚の下に噛ませるようになっているが、ウチの場合、耐震ジェルを敷いてしまったので、これを剥がすのはオオゴト。なので、耐震ジェルを避けるように突っ込む必要がある。

 他の売り場もいろいろ見て、帰路につく。
 いつもと違う道を歩いてみると、偶然、「放射線量測定室」という看板を掲げた店を発見。もともとは自然食品を扱うところのようだが、その関連で放射線量の測定もするようになったようだ。「なんでも計ります」と標榜している。

 暑くもなく寒くもなく、歩くには気持ちがいい気候。
 
 帰宅して、早速、その耐震用の「くい」を必要な長さに切って、食器棚の下に詰め込んでみる。
 おお。これまた簡単に詰め込むことが出来て、傾きも解消されたぞ。この上に、これまた買ってあるのに装着していなかったL字型の地震吸収パーツを取り付ければ、耐震補強に関してはやれることはやったことになる。って、まだやってないけど。

 ところで。
 アップルの方針で、「Mobile Me」サービスが「iCloud」に変わるのに伴って、ブログの「iWeb」サービスも6月いっぱいで終わってしまう。ソフトウェアの「iWeb」は使えるが、コメントもつけられるブログ配信サービスは終了してしまうのだ。
 なので、ニフティのブログ「ココログ」のアカウントを取ってあるので、そっちに移行しようと以前から思っていたが、これも面倒で手をつけていなかった。
 ブログのサービスはいろんな会社がやっていて、無料で使えるところも多いが、長年愛用してきたニフティにまとめてしまいたいので、「ココログ」を選んだ。
 他にもアカウントは取って、試験的に何日分か書き込んだブログ・サービスもあったはずだが、それがどこだったのか、完全に忘れてしまった。残骸がネット上に残っているはずだが。

 で。
 試しに昨日の日記を「ココログ」にコピペしてみた。文章は簡単に移せるが、写真がやっかい。
 このiWebは、写真ファイルの大きさなど全く気にせずドラッグ&ドロップで貼り付けることが出来るが、「ココログ」は1枚1M以下という制限がある。
 iPhoneなどで撮る写真は、高解像度で撮っているので、どうしたって1Mを軽く越えてしまう。
 縮小したりいろいろしてみるが、どうにも「ココログ」に貼り付けると写真がぼやけてしまって、眠い感じになる。
 iPhoto上で解像度を上げたり落としたり、ファイルサイズを上げたり落としたり、いろいろやってみる。
 それでもダメで、GraphicConverterを使ったり、「プレビュー」を使ったりしてみたが、それもダメ。ファイル自体は容量は小さいのに鮮明に見えるのだが……「ココログ」に貼るとダメになる。
 
 そんなこんなで、夕方。
 相方から電話が入って、打ち合わせをすることに。
 「サイゼリア」に入って、夕食を食べて、プリントアウトした「第2章」構成案を前に、あれこれアイディアを加えていく。
 相方とは方向は同じで、考え方もシンクロしているが、おれが考えていなかったアイディアを相方が思いつくので、ナルホドと思ったり、それはちょっと違うんじゃないかと思ったりしつつ、話し合っていると次第に収斂していく。
 実に面白く有意義な打ち合わせだった。隣のテーブルにやかましいガキだけのグループが座っても(彼らは夕食を家で食わないのか?家庭に問題があるのか?)平気。

 気がつくと、3時間も話し込んでいた。
 食べたものは、若鶏のグリル・ディアボラ風(これは錦糸町の「シラツユ」のが最高に美味いが、値段は半分以下のサイゼリアのものも案外美味かった)のセットにトマトとモッツァレラチーズのサラダを相方とシェア。
 打ち合わせが終わって、ご褒美にマンゴーのアイスを食べる。
 その後、コンビニで書き込んだモノをコピーして、解散。

 もう今夜は寝てしまおうと思ったが、つい、上手く行かないまま止めてしまうのが悔しくて、「ココログ」の画像ファイルの「ぼけ」の原因究明をしてしまう。

 風呂を挟んで、あれこれやっていると、ついに原因が判った。
貼り付けようとした画像ファイル自体に問題はなく、「ココログ」に貼り付ける段階の指定が間違っていたのだ。「ココログ」上でファイルを縮小しておきながら、引き延ばして表示するというバカな指定になっていたので、画像がぼやけて眠くなっていたのだ。
 これがやっと判明したのが、0時過ぎ。
 よかったよかった、メデタシメデタシで寝てしまおうと思ったが、どうせなら5月1日から昨日までの分を「ココログ」に貼り付けてしまおう、とやり始めたら止まらなくなってしまった。
 こういう作業、ゲームみたいな感覚になって、1日分クリアするともう1日分、とやりたくなってしまう。おれはゲームはしないが、こういう感覚はよく判る。半分単純作業で半分は工夫が必要、というミックスがハマると、のめり込んでしまう。DTPとかCDのマスタリングも同じ感覚で、やり始めると完全にハマってしまう。だから、同人誌「本家立川流」のボランティアDTPも、面倒くさいと思いつつ、やり始めると本業そっちのけになってしまって楽しかった。しかしOS9を入れたPowerBookのHDDが飛んでしまって復旧が出来なくなって、DTP環境は失われてしまったのだが。

 結局、2時過ぎまで掛かって、やった。それをミクシイとリンクさせた。
 「ココログ」がいいのは、ケータイやスマートフォンから見やすいと言うこと。ここをiPhoneで見ると、字が小さすぎて読みづらいのだが、「ココログ」はスマホ対応モードで表示してくれる。それに、違うマシンからでも書き込むことが出来る。ネットで繋がれば、の話だが。

 ブログに関しては、「ココログ」に完全移行するかもしれない。どっちにしても、MobileMe上のサイトは消滅してしまうのだが。

 ちなみに、新しい「ココログ」のURLは、
http://adachiyo.cocolog-nifty.com/blog/
 どうぞよろしく。

 ということで、3時就寝。
 どうせ明日は曇りで、金環食は見られないだろうから、寝坊しよう……。

本日の体重:計れず
本日の摂取カロリー:2290kcal
本日の消費カロリー:日常生活+383kcal/7648歩

« 2012年5月13日 - 2012年5月19日 | トップページ | 2012年5月27日 - 2012年6月2日 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト