« 2012年5月20日 - 2012年5月26日 | トップページ | 2012年6月3日 - 2012年6月9日 »

2012年5月27日 - 2012年6月2日

2012年6月 2日 (土曜日)

仕事してテニス

 7時起床。

 日記を書いてアップしようとしたら、MobileMeが異常に混んでいて、アクセスを撥ねられてしまった。今月いっぱいで使えなくなるぞと言う警告メールが来たから、みんな慌ててアクセスしたのだろう。
 何度もやり直して、お昼ごろにやっと日記をアップロードできたが。

 今日は夕方にテニスをするので、それまで頑張って仕事。

 ブランチは、買ったまま冷蔵庫に入れて賞味期限が過ぎているロールキャベツ。美味かったけど。

 食後、すぐ仕事に戻る。

 いろいろと演出を考えながら書いたので予定量に達しないまま、時間切れ。
 15時前に外出。
 駅で相方と合流して、京成線で堀切菖蒲園。ここからバスで渋江公園。
 ほどなくメンバー全員が集まって、テニス。
 おれは、足が動かず、ボールを追えない。というか、立ち位置が悪いという問題もあるだろう。同じく走らない相方は難なく打ち返して点を取るのだから。

 2時間やって、18時終了。
 近くのイタリアン居酒屋(しかし店の前に出ている黒板にはフランス語でなにか書いてあったが)で、お疲れ。
 思いの外話が弾んで、3時間近く飲み食い。今回の幹事・M氏に大枚出して貰った。どこかでお返ししなければ。
 ビールにワイン、各種オードブルをシェアし、ピザやリゾットもシェア。

 22時過ぎに帰宅。けっこう酔っ払った。
 風呂に入ってコカコーラ・ゼロを飲んだら、多少の空腹感は消えた。
 「チューボーですよ!」は亀治郎がゲストだったのと、カツオのたたきだったので、最後まで見る。
 以前は、カツオを炙って冷水につけて身を締める、というのが主流だったようだが、今は違うようだ。ちょっと熱が通って皮も香ばしく焼けて美味しい状態になっているのに、わざわざ冷やして身を固くするのは愚の骨頂だとずっと思っていたのだ。というか、おれの親父の主張だったが。しかし、今回登場した名人たちは誰もが冷水を使わなかったので「ヨシ!」と思った。
 おれが興味を持ったのは、各店の「薬味」。ニンニク・生姜・ミョウガ・大葉・あさつきが定番だが、今回は、ミョウガ・カイワレ・ムラメ・行者ニンニク・アサツキ・スライスニンニク(揚げていた)・もみじおろし、だった。料理屋で出すものとしては、こうなんでしょう。自宅で日常的に食べる場合は、ここまで揃えるのは大変。ムラメなんか、他に使いようがないし。行者ニンニクもなあ。しかし、ニンニクと生姜とミョウガとネギと大葉は必須。ウチはキュウリも使うが、水っぽくなりすぎるかも。
 亀治郎は愛想を振りまいていた。

 その後、「ケータイ大喜利」を少し見て、遊べとせがむくーたんに根負けして、しばらく抱っこしたりブラシしたりして、0時30分就寝。

本日の体重:87.85キロ
本日の摂取カロリー:2488kcal
本日の消費カロリー:日常生活+861kcal+154kcal/2838歩

2012年6月 1日 (金曜日)

超濃厚担々麺と雷雨のWパンチ!

 7時起床。
 朝のモロモロのあと、仕事を開始。
 しかし、昨日頑張った分、ちょっと息切れ。

 ブランチを食べて栄養補給。コーンフレークとトーストとゆで卵。

 仕事に戻るが、どーも乗らない。
 こういう時は事務作業をして時間を有効に活用しよう。
 ということで、5月分の税金関係の書類整理。

 午後、500円貯金をATMで入金しがてら、相方とランチ。
 この500円玉貯金は、なかなかよく貯まる。財布に500円玉が来たら絶対に使わないで、その日の夜に貯金箱に入れる。急な代引き宅配便が来てお金が足りないときは仕方がないが、そうじゃない時は絶対に使わない。このヘソクリは旅行や新型Mac購入の資金になる。

 ルミネで相方と待ち合わせて、食事。つばめグリルに入ろうと思ったが、急遽変更して、紅虎餃子館へ。それも日替りランチを食べようと思っていたのに、メニューを開くと丼にチャーシューが並んで豚の角煮とゆで卵がこれでもかと詰め込まれた超デラックスな担々麺の写真が目に飛び込んできて、迷った末に、それにする。プラス、大きめの餃子を相方とシェア。

 食事しながらあれこれ喋っていたら、窓外はどんどん曇ってきた。気象レーダーの画像を見ると、真っ赤な雨雲が接近中!
 慌てて解散して、帰宅。
 アパートメントの近くまで来たところで、ぽつぽつと降り出した。間もなくどっと降ってくるから、走る。
 部屋に戻ったら、土砂降りになった。間一髪セーフ。

 この夕立というか通り雨というかスコールのせいと、超こってりな担々麺のせいで肝臓に急な負担が掛かったのだろう、もの凄い倦怠感。グッタリ。これは担々麺を消化してしまうまで続く感じだなあ。

 仕事を再開するが、一気にスローダウン。今日も20ページは書いて、明日も夕方までに20ページ以上書いて「第3章」を終わらせようと思っていたが、どうもそれには危険信号が。
 しかしまあ、食ってしまったモノは仕方がない。
 あの超弩級の担々麺は、もう食えない。というか、ボリュームがありすぎて、もう食わない。普通の担々麺ならいいけど。

 やがて、雨は止んだ。しかし、倦怠感はそのまま。
 明日の粗大ゴミ回収で、長年愛用した羽毛布団を出す。その粗大ゴミ券をまだ買っていなかったので、近所のコンビニに買いに行く。
 普通に歩いて普通に買い物をして普通に戻ってきたら、この間にかなり大きな地震があったらしい。埼玉南部で震度4なら、このへんも震度4くらいに揺れる。しかし……まったく何も感じなかった。歩いていたからか?

 部屋に特に影響なく、くーたんの様子も普通だった。
 なんとか仕事を進める。

 まったく腹が減らないので、夕食はカット。しかしカロリー計算してみたら、あの担々麺が凄くて簡単にオーバーしてしまった。

 ニュースも見ないで、なんとか仕事を進めようとするが、どうも今日はダメですな。
 wowowで録画しておいた、「冒険者たち」の冒頭をチェックのつもりで見たら、感極まってしまった。
 おれの人生に影響を与えた三大映画は、「Z」「博士の異常な愛情」、そしてこの「冒険者たち」かもしれないなあ。いや、3本目には日本映画が来るのかな。いやいや、たった3本というのは無理か。
 とにかく、この「冒険者たち」は愛すべき映画で、リノ・バンチュラの生き方に共感したし(アラン・ドロン的生き方は不可能だし)、宝物を求めてアフリカまで行くというのも楽しいし。しかし、ここで映画は一転して悲しくなるんだよなあ。鳴呼レティシア。
Img_1427245_56835657_2
 要塞島に行こうと大西洋に面したラ・ロシェル(実に美しい小さな港町)に行って、要塞島の近くを走るフェリーに乗ったら、着いたところが、少年(レティシアのイトコ?)が住んでいる島にとてもよく似ていて……。その島がまた、なんとも素晴らしいところだった。まあ、そういうことを思い出すと、感無量。

 日テレの「世界番付」という番組を見る。今夜は食がテーマ。東京でイタリア人が一番美味いと思うピッツァはどれだ、と言うのが興味を惹いて、見る。青山の店か〜。
 外国人が日本食を褒めちぎるのは、気持ちがいいですな。嬉しいし。自尊心をくすぐられる。しかし、「活け作り」はおれもダメ。番組的にも外国人の拒絶反応はカットしてあったが、日本人のおれも、活け作りは嫌い。食べたくない。あれを喜ぶ感覚は理解出来ない。アワビの踊り焼きも耐えられない。生きた海老を茹でるのだって、やれと言われても出来ない。というか逃げ出した海老を捕まえるのは大変だろうし(「アニー・ホール」みたいに)。

 ディノスなどの段ボールを資源ゴミに出し、布団も粗大ゴミ置き場に運ぶ。20年間お世話になりました、と布団に最敬礼。

 風呂に入れば気分も体調も変わるかと、風呂。
 多少元気が出た感じ。
 仕事を少し進める。

 今夜は「タモリ倶楽部」は録画して早めに寝てしまおうかと思ったが、仕事をしていると0時を回ったので、オンエアを見る。
 森ビルが作った巨大な東京のジオラマ。これは凄い。結構簡単に作っているように見えるが、東宝怪獣映画のミニチュア・セットみたいに精巧に見える。
 これは凄いねえ。

 しかし、眠い。寝ようと思ったら、くーたんが遊んでくれと盛んにアピール。その姿がもう、無茶苦茶に可愛い。なんだろうね、この「魔性の誘惑」にも似た、モーレツな可愛さは!
 あまりにも可愛いのでしばらく抱っこしたりブラシしてやったりしたが、眠い。
 ぶっ倒れるように、1時就寝。

本日の体重:87.50キロ
本日の摂取カロリー:2147kcal
本日の消費カロリー:日常生活+218kcal/4069歩

2012年5月31日 (木曜日)

仕事のみでへたばった

 7時起床。
 またキッチンの床にロールペーパーが転がっていた。
 くーたんの遊びは定着してしまったらしい。方策を考えなければ。と言うか、寝る前にホルダーから外して仕舞ってしまえばいいのだが。

 IKEAで買ったキッチンの椅子がぐらぐらしてきたので、ネジを締め直す。結構緩んでいたが、自分で組み立てると構造が判っているのですぐ直せる。

 洗濯したり、朝のモロモロ。
 しかし7時起きしたので9時には仕事開始出来た。おれのジンクスでは、9時に仕事を始められるとその日は調子がいい。
 ずっと詰まっていた部分も打開策が見いだせて(というか、いつも書き出すことが出来ると「どうしてこんなところで詰まっていたんだ」と思うような些細なポイントなのだが)、進む。

 が、このところ、MacBookProの調子が悪い。ハードウェアが不調なのではなく、どうもOSレベルの不調のようだ。こういう時はチマチマとメンテナンスをするよりも、OSの再インストールをした方がいいのだが……今はそういう気分にならない。でも、症状が悪化する前にやった方がいいんだよなあ。
 というか、計画停電が怖くて、iMacからバッテリーで動くMacBookProに機種変更したのだが、どうもMacBookProは買ったときから万全ではない気がしている。ほんのちょっとした反応とかなのだが。高い買い物だったし、なんとか使い続けたいのだが。それに、また大きな地震が来るかもしれないし、大災害に襲われて逃げなければいけない事態になるかもしれない。その時はノートパソコンじゃなきゃ。iMac+MacBookAirという組み合わせが理想的なのかもしれないけど。

 そんなこんなで仕事は進む。
 ブランチはコーンフレークと杏ジャムのトースト。

 15時ごろにどうしても腹が減ったので、スパゲティ・カルボナーラを作って食う。美味い。

 ずっと仕事。
 
 土曜日にコートを借りてテニスをやるのだが、おニューのボールが足りない。北千住で硬式テニスボールを売ってる店は、調べると1軒しかない。ルミネやマルイに入っているスポーツ用品店は着るものだけでボールなどは売っていない(はず)。
 で、その店に、晩飯を兼ねて買いに行く。
 その近くには、美味いハンバーガーを出す「蜂の巣」があるが、ここに入るとビールが飲みたくなる。もう1軒、「KHバーガー」があるからそっちに入ろうか。
 が。
 家を出る前に目にしたミクシィの書き込みが、アキバのメイド喫茶で食ったオムライスが美味かったというものだったので、急にオムライスが食べたくなった。
 で、ハンバーガーは止めて、「ニューあわや」でオムライス。ここのオムライスは本格的というか正調で、きちんとチキンを使っている。美味い。

 満足して自転車を漕いでいると、昨日、お総菜屋でロールキャベツとタケノコの煮物を買っておいたことを思い出した。昼飯で食おうと思っていたのだ。夕食用には材料を買ってあったし。
 完全に忘れていた。まあ、ロールキャベツもタケノコの煮物も、一度火が通っているから多少は日持ちするし、夕食の材料は冷凍してあるから大丈夫だけど……。
 完全に忘れていた、というのが凄くイヤ。最近こういう事が多いから……。

 帰宅したら、ロールペーパーが床に……。くーたんはおれが寝ているか部屋にいないとロールペーパーを悪戯する習慣になってしまったようだ。
 しばらく冷たい目で見てやると、にゃ〜んと言いながら足にすり寄ってきた。こうなるともう、許してしまう。

 休憩してテレビを見る。
 地上波のテレビに見たい番組はない。BSだと旅番組が多い。しかも地上波みたいにタレントがバカ騒ぎする「珍道中」ではなく、落ち着いた番組が多いので、BSを見ることが多くなってきた。これでテレビショッピングの番組が減ればいいんだけど。
 NHKの、野村佑香がイギリスというか連合王国を回る番組を見た。スコットランドや北アイルランド、ウェールズを巡る。
 いいなあ。
 おれはスコットランドが大好きだし、運河の旅もしてみたい。一時は相方と英国運河の旅の計画を練ったこともあったのだ。
 一般家庭で普通の食事を振る舞われる場面もいいなあ。イングランドでもスコットランドでも、安いメシ屋は最悪で吐きそうなくらい不味いものを出すが、家庭料理は美味しかったもんなあ。
 ベルファストからマンチェスターへの船旅の場面もよかった。
 ああ、ヨーロッパをゆっくりと旅したい。29歳の時に行って、カネに余裕が出来たら毎年でも欧州に来たいと思いつつ、2000年にウィーンとクラコウとイタリアに行ったっきりだもんなあ。あれからもう10年以上経ってしまったか。この間、円は天井知らずに上がったが、おれの経済状態は乱高下して、海外旅行なんて状態じゃなかったもんなあ。

 などと感慨に耽ったり。
 で、ふと、「絶対に買う!」と決意していたIKEAのソファ、部屋に置いた状態をメジャーで測ってみる。
Ikea
 デカい!
 というか、部屋が狭いので、ソファは置けるが、ヒジョーに窮屈な状況になってしまう。
 しかし、ソファにどかっと座って映画を観たり音楽を聴いたりしたい。本だって読みたいし、昼寝もしたい……。
 ならば、一人用のこれと、フットレストの組み合わせにすればいいんじゃないか?しかし、二人がけソファを買うより高くつくんだよなあ……。でも、スペースのことを考えると仕方がないか。
 ま、どっちにしても「悪漢刑事9」を書き終えてからの話だ。

 夜になって、急激に脳の活動が低下してしまった。
 ダラダラとテレビを見て、糸川英夫の偉業を顕彰する番組を見て感動したり、ネットで発言小町を読んだりして、「アメトーク」まで見てしまった。「サッカー日本代表応援団芸人」で、彼らの解説は判りやすくてタメになる。
 
 で。
 シャワーを浴びて、1ブロック終わるまで頑張って書き、本日の営業は終了。20ページ書いた。濡れ場を含んだので、自分としては上出来。濡れ場はホント、難しいので、書くのが大変。官能小説を専門にしていた人間とは思えないだろうけど、今はもうマジで濡れ場を書くのが一番大変だ。

 1時過ぎに就寝。

本日の体重:87.70キロ(体重計が表示する数値が乱高下しているが、本日の平均値)
本日の摂取カロリー:1715kcal
本日の消費カロリー:日常生活+α

2012年5月30日 (水曜日)

朝から腹立って夜に打開

 7時起床。
 起きたら、キッチンの床にロールペーパーがぐしゃぐしゃになって転がっていた。くーたんが新しい遊びを覚えてしまったようだ。こういう場合、現行犯じゃないと怒っても効かない。

 朝日だけが報じているようだが、東電の労組の親玉が、会社と一丸となってこんな発言をしたと。記事にリンクすると記事自体が消えてしまうので、貼っておく。

 「裏切った民主党議員には、報いをこうむってもらう」。東京電力労働組合の新井行夫・中央執行委員長は29日、愛知県犬山市であった中部電力労働組合の大会に来賓として出席し、そうあいさつした。
 「脱原発」をかかげる民主党政権のエネルギー政策などに、支持団体トップが不満を示した発言。中部電労組の出席組合員約360人からは、どよめきが上がった。
 新井氏は東電の福島第一原発の事故について「(東電に)不法行為はない。国の認可をきちっと受け、現場の組合員はこれを守っていれば安全と思ってやってきた」と述べた。事故後の政権の対応を踏まえ、「支援してくれるだろうと思って投票した方々が、必ずしも期待にこたえていない」とも語った。

 夏のボーナスがヤバくなりそうだし給料も減らされたり、平成14年には発送電が分離されて既存の電力会社の独占がなくなる方向だし、労組としてヤバいと思ったんだろうが、品性下劣とはこのこと。というか、タテマエがあって会社が言えないホンネを労組が代弁したんだろう。
 だが、労組も考えて欲しい。東電はただの会社ではないのだ。原発を抱えていて、日本中に甚大な被害をもたらしたのだ。労組が応援して誕生した民主党が、と言うが、会社は自民党を応援していたんだぞ。
 財界が政治に口出すように、労組も政治に口を出してきたが、このような形で自分の会社を擁護するのは実に見苦しい限りだ。
 応援してやったのに裏切りやがって、というこの発言は、下劣そのもの。会社が腐っていると労組も腐る。東電は労使揃って最低最悪の集団だ。中には良識ある人もいるのだろうが、集団としては、どう見ても腐りきっている。

 で、「第3章」は、のっけに難しいところにぶち当たって難航。なんともなくするっと書けるときもあるようなパターンなのだが、どうも引っかかってしまった。
 うまく展開させるにはどうしたらいいかで、しばし考え込む。
 
 ブランチは、スパゲティ・茄子のポモドーロを作る。市販のソースをたっぷり投入したら美味かった。

 引っ越しをして、新しい家具をかなり買って、予算を超過したようだ。自分で組み立てる家具ばかり買ったから、かなり安く上がったはずなんだが、細々したモノを買い続けたので、クレジットカードの支払いが毎月結構ある。次に印税が入るのは7月だから、来月は大人しくしていよう。というか、「悪漢刑事9」をはやく書き上げてしまわなければならないから、金を使うヒマはないはずだが……ネットショッピングしてしまうかもしれないからなあ。自重しよう。

 ATMや郵便局に寄るために、少し早く家を出る。
 毎週水曜は、曳舟でテニス。
 今回は、レッスンはまあまあ、試合はよくなかったが、ラッキーな勝ち方が続いた。
 一緒にレッスンを受けていたOさんが上のクラスに昇級。これで初期の頃から一緒にやって来たメンバーはみんな上のクラスに行ってしまった。というか、おれだけが初級に取り残されたと言うべきか。まあ、実力を考えると仕方ないよなあ。かなり寂しいけど。
 風呂に入って、帰路、いつものように喜多方ラーメン坂内「小坊師」で半ラーメンと焼き豚ご飯と餃子3つのセットを食べる。以前はフルサイズのラーメンのセットを食べていたので、少しは自制が効くようになったよね。

 駅で、買い物帰りの相方とバッタリ遭遇。

 夕方以降、断片的に思いついたアイディアを並べてみると、上手く打開出来ると喜んで、メモ。しかし今夜はもう仕事するパワーは残っていない。明日頑張ろう。

 原発再稼働問題で再稼働に向けて新たな展開。
 まあ、いずれ再稼働させて、寿命が来たら廃炉にする、という「脱原発漸減派」なおれは、再稼働させられるモノはいずれ再稼働させなきゃ仕方がないと思っていたが、「とにかく再稼働ありき」な今の動きには抵抗を感じる。せめて原子力規制庁が発足して、新たな規制体制が出来てからでもいいんじゃないかと思うが……この夏を乗り切りたいのだろう。関西広域連合の知事や市長は再稼働に極めて慎重だが、財界からの圧力はかなりのモノがあるだろうという想像はたやすく出来る。
 まあ、火力発電所はフル稼働していて、定期点検で休ませる余裕がない、という報道もあった。無理をさせると壊れるのが機械だから、いつまでも非常態勢というのも無理があるとは思うが……この考え方って、電力会社に洗脳されちゃったんでしょうか?
 野田・小沢会談は予想通りの結果。民主党は党内党を抱えているが、この党内党は以前の自民党反主流派より扱いが厄介。
 自民党は自民党で、野党になった今、リニューアルして長年の垢をそぎ落とすいいチャンスだったのに、全然ダメ。
 総選挙に追い込むとか言ってるが、「票の格差」が今のままじゃ総選挙出来ないだろ?

 「マツコ&有吉の怒り新党」は見る。「新・三大○○」は、ストイコビッチ。やっぱりスポーツ・ネタは盛りあがるし感動するぞ。特にストイコビッチは国際情勢に翻弄されたというバックストーリーがあるから余計に感動する。

 1時就寝。
 眠りに落ちかけたとき、キッチンで大きな物音が。くーたんがまた悪戯をしたと思って起きてチェックしたが、なにも起きていない。まあいいかと眠りにつく。

本日の体重:88.85キロ
本日の摂取カロリー:2325kcal
本日の消費カロリー:日常生活+689kcal+172kcal/3236歩

2012年5月29日 (火曜日)

今日はあまり進まず

 8時前起床。
 地震で睡眠が中断したので寝不足な感じ。

 昨日戴いた本のご紹介。
A_3
聖龍人「逃亡侍戯作手控え〜女難剣難」(中公文庫)

 戯作者になった侍が事件を解決する、というのはおれも考えていたのだが、その企画が通らなかったのは、ヒネリが足りなかったせいだと、この本を戴いて判った。殺人の汚名を着て逃亡中、というのがバックボーンにあるとないとでは時代小説としての厚みが違う。勉強させていただきます。

 朝のモロモロで屋上に洗濯物を干してから、仕事開始。
 が、どうも集中力が出ないので、ずっと後回しにしてきた、iWebの不調についてAppleの「Express Lane」(電話サポートのようなもの)に電話してみる。有料と聞いていたが、「アドバイスなら無料」とのこと。
 おれの方から「TimeMachineでバックアップしたiwebの中身(domainと言うファイル)を問題が発生した以前のものに置き換えてみる」という案を「ひとつの解決手段」と認めてくれた上で、「新しいサイトを作成して、ローカルフォルダに公開(内蔵ハードディスクにHTMLファイルを作成するという意味)してみて、それで問題がなければ、既存のdomainが損傷しているという切り分けが出来る」というアドバイスを戴いた。

 その電話の最中に、iPhoneに快楽亭から電話が入った。Appleのサポートの方には待っていて貰って、応対。
 7月の毒演会の録音依頼と、ついこの前、浅草で中村屋親子にバッタリ会った話を聞く。中村屋の手には、快楽亭が書いた「歌舞伎はこう見ろ」があって、「今読んでるところ」と言ったと。しかしこの本で快楽亭は他の役者ほど中村屋を褒めてなかった事(日頃あんなにヒイキにして中村屋への愛情を剥き出しにしているのに!)を思い出し、特に勘三郎がよくかける「文七元結」は自分の方が上手い(上手く語れる)と書いたなあ、あれは不味かったかなあと思いつつ、翌日中村座に芝居を見に行ったら、中村屋の番頭さんが来て、「勘三郎からの伝言です」と言うことで、「文七をもっと上手くやりますから」と言われたと。実にヒリヒリする話を聞いた。

 そう言えば、産経新聞の松垣記者が変名で快楽亭のことを書いた「名人宣言」を頂戴して読んでいるのだが……。
Photo_2
越智多藁惠「名人宣言〜落語家・快楽亭ブラック本質」(彩流社)

「この本は快楽亭への熱いラブレターですね!」と言うと、「でもあの本はツマんないから」だって。しかしこれは快楽亭のテレだ。この師匠の微妙な心情については、この「名人宣言」に詳しく書いてある。だからテレたんだろう。まあ、快楽亭の性分を考えれば、判るけれど。
 ちなみにこの本は、東京の最新落語事情にも詳しく、快楽亭を褒めるだけの本ではない。今の落語会、そして落語の現状を詳しく客観的に伝えているからこそ、快楽亭への賛辞が光るのだ。

 で、快楽亭との電話を切って、Appleの電話に戻る。
 この程度のアドバイスなら無料ですと言われて、ホッとする。
 電話を切って、新しいサイトを1ページ作ってみて、ローカルフォルダに公開してみたら、問題なく出来た。という事は、既存のファイルに問題があるという事だ。やれやれ……。iWebのファイルは壊れやすいとは聞いていたが、壊れちゃったのか……。
 しかし、ここから先をやると手間も時間も労力もかかるので、「第3章」が終わってから対処することにしよう。
 というか、奥の手で、思い切って「WordPress」に乗り換えて、iWebの中身を吸い出した方が利口かもしれないが……。

 今日も午後になると眠くなった。昼寝をしたかったが、ベッドにはくーたんが寝ている(顔だけ布団から出して、まるで人間が寝ているような格好で気持ちよさそうに寝ている)ので、邪魔をするのは可哀想。
 コーヒーを湧かして氷をぶち込んでアイスコーヒーにして飲むと、目が覚めた。
 が、なかなかスイッチが入らない。書くことは決まっているのに。まあ、こういう時もある。まだ中身が発酵していないのだろう。

 夜、相方と打ち合わせ兼食事をするために、町屋へ。
 早く着いたので、町屋の赤札堂でシェーバー用のプレシェーブ・ローションとかの小物を買う。
 で、「ときわ」で食事。いつもはなかなか席が取れないのに、今夜はすんなり座れた。タイミングが良かったのだろう。
 牛肉スタミナ焼き・あじのなめろう・酢の物盛り合わせ・明太子・山形の「だし」を取る。すべて美味い。ここは安いもんなあ。繁盛して当然だよなあ。

 21時過ぎに帰宅。
 大きな雨雲が接近中のせいか、眠くて堪らない。
 今日は早寝する。
 ということで、風呂にも入らず、0時就寝。

 しかし、読売と産経は、トコトン、菅直人がキライなんだね。ここまで嫌って排除しようとするのは、逆に言えば、それだけ保守勢力は菅直人を危険視していると思える。鳩山由紀夫に対する態度は「冷笑」「小馬鹿にしている」感じだが、菅直人は本気で嫌ってるもんなあ。
 もちろん万全ではなかったが、小林信彦が言うように「史上最低最悪の首相」ではなかったと思うが。安倍晋三だったらどうだった?心の病気が悪化してまったく機能しなかったんじゃないか?麻生太郎は余計な失言を重ねて混乱を助長させたかもしれないし。
 と、考えると、小泉純一郎がずいぶんマシな首相に見えてしまう。余計な政治的混乱がなかった分だけよかったか。
 今はもう、自民党の審議拒否とかいろいろ小姑みたいなチマチマした嫌がらせばかりで、政治が全く進まない。解散総選挙に追い込むだけの野党って、存在意義なんかないだろ。
 ……同じ事を民主党がやって政権を取ったんだから、その趣意返しなのは判るが、こんなクソみたいな状況が続くと、クーデターが起きてもおかしくないぞ。マジで。

 で、どうして国会の調査委員会は東電の清水元社長を呼ばないんだ。もう一方の当事者から話を聞かなきゃ真相は究明出来ないだろ!政治家が保身のためにウソを言っている構図にしたいのか?国会ぐるみで東電を庇おうという意図か?

本日の体重:89.10キロ
本日の摂取カロリー:1747kcal
本日の消費カロリー:日常生活+250kcal/4976歩

2012年5月28日 (月曜日)

深夜の揺れは大きかった

 7時過ぎ起床。目が覚めてしまった。

 朝のモロモロを済ませて仕事に取りかかろうと思ったが、今日は月1回の病院。外科の方はもう通院していないが、睡眠時無呼吸症の方。
 
 30分ほど待たされて、診察室へ。
 先月やった血液検査の結果が来ていた。
 すべての項目について、完全に正常値か、1項目だけ正常値を「2」だけ越えていたので「ほぼ正常値」とY先生。
 これはすべて減量の効果。素晴らしい。これを維持して、さらなる減量を続けなければ。
 しかし、ウチの体重計、やっぱり30分の間に2キロ近い誤差が出るんだけどなあ。置き場所の問題かなあ。

 で、ちょうどお昼になったので、病院の支払いを済ませて、引っ越し前はよく通った蕎麦屋に入って、好物の「玉丼盛りそばセット」を食べる。
 買い物もせず、帰宅。

 昨日練った「第3章」、おれのメモに相方が書き加えたものが来ているが、それをじっくり読み込んで、イメージを広げる。
 おれの場合、頭の中でイメージが展開して(というか、映画になって)絵コンテが描けたり各場面の美術を指定出来るようになればどんどん書けるが、そのイメージが固まらないままに書き出すと、何処かで詰まってしまう。
 なので、じっくりと膨らませる。

 しかし!
 午後、急速に発達した雨雲が埼玉県を横断しながらさらに発達。足立区にも迫ってきた。
 おれは低気圧の影響で眠くなりにくいのだが、今日は違った。モーレツに眠くなって、もうどうしようもない。
 そのうちに、窓を雨が打ちつけて周囲が真っ白になるような豪雨。
 もうダメ。
 くーたんが寝ているベッドに行って、くーたんを抱きかかえるようにして、隣に寝る。
 5分か10分で回復したが、天候も回復して晴れてきた。

 そろそろ外出の時間。今夜は気功。
 ちょっと早いけど駅に行って、何か軽く食べて、と思って駅まで歩きつつ、時計を見て首を傾げた。あれ?本来ならもう水天宮に着いてなきゃいけない時間じゃないか?
 水曜日のテニスと完全に勘違いしていた。テニスは曳舟で18時30分から。気功は水天宮というか浜町で、18時から。
 完全に遅刻。その旨を師匠にメールして、コンビニでオニギリを買って、電車の中で食う。
 半蔵門線で、水天宮前。
 歩いていたら、ぽつぽつと降ってきた。傘を差す。
 結局、20分の遅刻。

 入院していた聖さん、復帰。それに合わせて、気功も静かな動きのものが中心。

 終了後、「えいと」へ。
 なんだかんだと喋って、ビールとカルピスサワー、卵焼きに新タマネギのフライとカツオの刺身とぬた2種類とジャガイモ明太チーズ焼き。これが最後に来て残りそうだったので、おれがさらえてしまった。
 22時40分頃解散。
 日比谷線で帰宅。

 くーたんの機嫌を取り、ご飯を出し、シャワーを浴びたら0時を回ったので、メールをチェックして、1時前に就寝。

 と。大きな揺れが来た。
 揺れで目を覚ましたので、思わず「うわー!」と叫んでしまったほど大きな揺れに感じた。しかし枕元のiPhoneは地震警報を鳴らさなかった。「ゆれくる」を見ても、地震があったと表示されない。
 起きて、テレビをつける。東京23区の震度、最初は3と表示されたが、すぐに4になった。しかし震源がどこか報じない。
 しかし4より大きく感じたがなあ。寝ていたから余計にそう感じたのかなあ。本棚のそばに寝ているのも不安になってきたなあ。

 そんな事を思いつつ、寝直す。

本日の体重:87.10キロ(何処まで信頼していいのか……)
本日の摂取カロリー:2098kcal
本日の消費カロリー:日常生活+585kcal+362kcal/6925歩

2012年5月27日 (日曜日)

「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」を再見して大興奮!

 8時過ぎ起床。
 穏やかな天気で、絶好の「テツ日和」だが、仕事。こんな日に、成田線で佐原付近を走れば、目の前に広がる田ん圃の青々とした稲穂が実に美しいだろうなあ。
 こんないいお天気だと洗濯をしたくなるが、洗うものがない。残念。
 仕事をせねば。

 朝、相方と電話で打ち合わせして、昨日書いた「第2章」を手直し。そして、「第3章」のメモを作って、午後に打ち合わせすることに。

 書き直しはすぐ済んだが、「第3章のメモ」がなかなか出来ない。だったら成田線にでも乗った方が気分転換になるぞと思いつつ、やる。

 下関マグロさんのブログで、新盤の「博士の異常な愛情」には、カットされた「幻のパイ投げシーン」が特典映像としてついている、と書いてあったので、旧盤は持っているが、これは買わねばとアマゾンで注文。
 が……。
 買った人の「口コミ」を読むと、「幻のパイ投げ場面」はやっぱり収録されていないらしい。まあ、あのキューブリックだから、一度カットしたものをオマケとしてつけることはしないだろうし。
 「博士の異常な愛情」DVDにはいろんな種類があって、それをすべてチェックしてみたが、やっぱりどれにも「幻のパイ投げ」場面は入っていないようだ。
 とは言え、画質が向上してマクナマラたち冷戦下の関係者の証言が特典映像に入っているブルーレイを注文。

 「幻のパイ投げ」場面については、スチール写真や撮影台本が残っている。このサイトには、それらを使った「再現」が載っている。
http://www.asahi-net.or.jp/~kz3t-szk/kub_str.htm
 しかしまあ、この映画は、非常に完成度が高くて、これ以上磨きようがないと思えるほどタイトに作られているので、パイ投げが入る余地があるのかどうか。最初のバージョンで入っていたという構成を想像してみると、やっぱりバランスは悪い。キューブリックが「これではファースになる」という理由でカットしたという説があるが、それはおおいに納得出来る。この作品のラストは、ストレジラブ博士が車椅子から立ち上がって(あたかも悪魔が復活したように)「総統!私は歩けます!」と叫ぶと、絶妙なタイミングで「水爆実験モンタージュ」が始まり、第二次大戦中に大ヒットしたヴェラ・リンの「また会いましょう」という歌が流れ(その歌詞がもう、無茶苦茶皮肉だ!)る。この流れが完璧なのであって、ここにパイ投げが入るのは、どう考えても蛇足だ。

 テなことを考えつつ、仕事、
 途中、コーンフレークとトーストのブランチ。

 なんとかメモを作って、14時過ぎに相方と会う。北千住駅東口に出来た東京電機大にあるイタトマ・ジュニア。電機大のキャンパスは開放型で、一般人も入れる。と言うか、この店は一般向け。
 ここでスパゲティやピザ、グラタンにシュークリームを食べながら、打ち合わせ。
 話していると、以前かかっていた獣医さん(人柄がよくて通ったのだが、結果はウズラやビワに悪いことをした)とバッタリ会ってしまった。

 で、メモをたたき台にして打ち合わせは順調に進んで、膨らんだ。これで「第3章」も順調に書き進められるだろう。

 相方と別れて、おれは錦糸町へ。昨日果たせなかったことをやる。アシックスの店で修理出来ないと言われた靴を引き取り、ついでに新しい靴を買う。
 どうせ新しいのを買うんだからと、ちょっと違うパターンを選んだ。ここの靴は履きやすいので気に入っている。
 自分の足にフィットした中敷きを足を計測して選んで貰い、靴に装着。ちょっとキツいが、履いていれば馴染んでくるだろう。

 ミンミンで餃子、と思ったが、イタトマで食べたばかりなのでお腹いっぱい。
 そのまま北千住に帰ってくる。
 で、北千住東口の靴修理店に持ち込んだら「ウチでは出来ない」と断られてガックリ。西口にある「ミスター・ミニッツ」に聞いてみたら出来るというので、預ける。

 ダイエーで刺身などを買って帰宅。

 打ち合わせで決まった「第3章」の内容に合わせるために、「第2章」を再改訂。
 そして、「第3章」のメモも書き足して相方に送ろうと思ったが、それがなかなか出来ない。

 そうこうしていると、ゆうパックの配達。お昼ごろに注文した「博士の異常な愛情」ブルーレイ盤がもう来たぞ!

 夕食(マグロとぶりの刺身、荒野豆腐、ヒジキ煮、アサリの味噌汁)を食べてから、早速見る。
 この作品は、何度見た事か。コドモの頃に「日曜洋画劇場」で初めて見て興奮し、その夜は眠れなかった。大学に入って、名画座にかかると見に行って、カセットに音だけ入れて繰り返し聞いていた。録音したのは、今はなき「五反田名画座」だったか「大塚名画座」だったか。近くに座ったヤツがヒーヒーいいながら笑っていた、その声も入っているもんなあ。キネ旬の「世界の映画作家」キューブリックの巻に収録されたシナリオも繰り返し読んだしなあ。
51jswwqyfnl
 なので、全部は見ないで要所要所を飛ばし見したが、やっぱりこの映画は凄い。
 特に、攻撃目標に近づいたのに爆弾格納庫の扉が開かないので、機長自ら水爆に跨がって修理していると、扉がガーッと開いてしまい、機長はそのまま水爆とともに地上へ、というシーンは、本当に凄い。大笑いするが、恐ろしい。眩暈がするほど「大笑いするけど怖い」。この感覚は、他の映画にはない。この映画のみが描き出せた奇跡的なブラックユーモア。いや、これはユーモアではなく、ブラック・ギャグというか……。
 これに先立つ、「アメリカ大統領とソ連首相のホットライン」のシーンも凄い。全く凄い。
 原作は、ジョージ・ブライアントの「破滅への2時間」。ハヤカワから邦訳が出ていて、おれは読んでいる。実に真面目な「偶発核戦争」もの。空軍基地司令官が発狂して、と言う部分だけは原作通りだが、あとはすべて映画のオリジナル。シドニー・ルメットが真面目に作った「未知への飛行」(これは最悪の邦題)はまるで面白くなかったから、ナイトメア・コメディに仕立てたキューブリックの嗅覚はさすがだ。

 で、ラスト。博士が立ち上がって、ヴェラ・リンの歌が朗々と流れる。
 完璧だ!この流れに、他の要素が付け加わる余地は、まったくない。パイ投げは、不要だ。

 ビリー・ワイルダーはこの作品を初めて見たとき、理解不能だと感じたらしい。
 しかし、この作品は、キューブリックのベストだと思うし、映画史上に輝く異様な傑作だと思う。
 飛ばし見だが再見して、「この世で1本だけ選べ」と言われたら、たぶんこの作品を選ぶだろう。
 ここまで完璧な映画は、ないと思う。この完成度に匹敵するのは、市川崑の「細雪」か。
 水爆モンタージュを見つつ、ヴェラ・リンの歌声を聞きつつ、おれは、初めて見たときの異様な興奮を思い出して、感動の余り泣きましたね。心底スゲーと思ったし、何度見てもスゲーと思う。おれの大好きな要素がこれでもかと詰め込まれている。最終戦争物、サスペンス、政治ドラマ、ドタバタ、強烈な風刺、ブラック・ギャグ……。
 この傑作からすると、「2001年宇宙の旅」はカッコつけすぎだし、「時計仕掛けのオレンジ」もインテリぶっている。「バリー・リンドン」は文芸作品を撮ってみました(しかし大傑作ではある)という感じで、「シャイニング」はおれは全然ダメで、「アイズ・ワイド・シャット」は今に至るまでまだ見ていない。

 人生を決めた映画とか小説、というものは存在すると思うが、おれの場合は、この「博士の異常な愛情」だ。
 この邦題、誤訳だという指摘もあるが、これはこれで素晴らしいタイトルだと思う。「ストレジラブ博士」もしくは「異常愛博士」じゃ映画のタイトルにならないし、なんせ、映画の内容に即しているではないか。

 大興奮して、仕事に戻り、なんとかメモを作って相方に送る。

 風呂に入って、METの「セビリアの理髪師」「連隊の娘」をブルーレイに焼いたあとテレビをつけたら、日テレの「NNNドキュメント」で甲府の病院で起きたレントゲンのための放射線剤過剰投与事件を追ったものをやっていたので、最後まで見る。病院の構造上の大きな問題なのに、自殺した放射線技師に罪をすべて被せたような警察の捜査結果。これでいいのか!

 SMAPがジャニーズ事務所の若手を集めてトークする番組が面白かったが、もう1時を回っていたので、途中で止めて、1時30分就寝。

本日の体重:88.70キロ
本日の摂取カロリー:2105kcal 
本日の消費カロリー:日常生活+288kcal/5537歩

« 2012年5月20日 - 2012年5月26日 | トップページ | 2012年6月3日 - 2012年6月9日 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト