« 2012年8月12日 - 2012年8月18日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »

2012年8月19日 - 2012年8月25日

2012年8月25日 (土曜日)

近所で夏祭り

 8時前起床。

 日記書いて洗濯して、ボディボードも洗って、干す。
 10時過ぎになったので、管理人さんに電話。5月以来すっかり「懸案事項」になってしまった換気扇の型番を聞くため。取説も貰ってないし、換気扇本体に型番の記載がないので、フィルターが買えないのだ。
 と、管理人さんから予想外な話が。取り付け業者には連絡しているのだが、連絡がつかないと。仕事を辞めてしまったのか?
 最悪、似たようなものを幾つか買ってきて「合うものを探す」という馬鹿げたことをしなければならない。
 それと、最上階で西日がモロに射す部屋なので、エアコンをもっと強力なモノに入れ替えたい、引っ越すときには置いていくので管理会社の補助的なモノはあるかどうか。なければ自腹でやるけれど。午後、エアコンを最強にしても30度以下にならないというのは、かなりしんどいぞ。
 選択枝として、キッチンに窓用エアコンを入れてもいいか?とも聞く。まあ、今年の夏はもう我慢してしまおう。

 新刊「悪漢刑事9/闇の流儀」の見本が届く。
 新刊の営業に、大阪に行こうかと考える。去年は歌舞伎も見たので一泊したが、純粋に書店廻りだけなら日帰りで充分だろう。
 で、ブランチがてらJTBに行って「出張パック」のカタログを貰ってくる。
 北千住西口の「天下一品」でチャーハンを食おうかと思ったが、こういう店は半チャーハンはあっても半ラーメンがない。おれは「チャーハン・半ラーメン」が理想のセットなのだ!
 で、気が変わって「木須肉(ムースーロー)定食」を食べる。あんまり美味しくないので、悔しい。どうせなら美味い店で食べたいじゃないの。
 で、食いながらカタログを見る。
 のぞみで往復するのと、ホテルをセットにしたのと、料金的にはほとんど変わらない。しかしおれの場合、一泊するには睡眠時無呼吸症の機械を持っていかねばならない。それが荷物になる。それに、くーたんのことがある。日帰り出来るなら帰ってきた方がいいか。大阪で特にやりたいこともないし……しゃぶしゃぶの名店「田門」には行きたいのだが、一人だと、どうしても気が引けるし、一人で食ってもなあ。一人なら帰りの新幹線で駅弁食う方がいいし。

 テなことを考えつつ、食い終わり、帰宅。

 12時から14時指定をしてあったアマゾンからの荷物、13時過ぎに届く。ハガキ専用のプリンターを買ったのだ。しかし、面倒なのでセッティングはせず、放置。
 
 午後は、「ざ・れいぷ」を相方の意見を入れて再度手直し。ラストがまた大きく変わった。
 どう直すか決まっていればおれの仕事は早い。数時間で終わるだろうと思っていたが……早いはずなのに、時間がかかってしまった。睡魔にも襲われた。

 途中、コンビニに行って、コロッケパンとハーゲンダッツの小さなアイスを買ってきて、食う。

 再改訂、なんとか夕方には終えて、再度相方に送る。

 近所の公園では、夏祭りが始まった。お盆は過ぎたが盆踊りと称していいのだろうか?「東京音頭」と「炭坑節」が繰り返しかかる。
 近所だから、行ってみる。ここの夏祭りは初めてだし。

Img_0858

 屋台が数軒出ていたので、焼きそばとフランクフルトを食いつつ、盆踊りを見物。
 どこでもそうだろうが、揃いの浴衣を着て踊っているのは高齢者。それもちらほらで、町内会の役員さんはさかんに「みなさんも見てないで、踊って踊って!」というけど、おれ、古今東西の踊りは踊れないし。
 こういう盆踊りは、旧態依然のママだと参加者が減って、自然消滅してしまうだろうなあと思う。じゃあ集めた町内会費は何に使うんだろう?とかも考える。
 盆踊りが古くさいと言っても、他に何を踊る?昔懐かしの古くさいままなのがいいんじゃないのか?とも思う。
 だけどねえ、いつまでも「炭坑節」じゃないんと思うんだよねえ。炭鉱が栄華を誇った時代はもう遠い過去。「黒いダイヤが」と歌うのは虚しい。

 帰宅して、風呂にお湯を入れていると、相方から電話。今から映画を見に行くと。
 おれが風呂に入っている間に相方到着。
 で、録画しておいた、ジョン・カーペンターの「ザ・ウォード/監禁病棟」を見る。
 バカルディ・モヒートにミントのリキュールを垂らしたのを飲みながら。モヒートは、缶のままよりグラスに入れて飲むほうが断然美味い。味も変わる。これ単体で充分美味しい。缶から飲むと、薄味に感じたのだが。で、ミントのリキュールを加えると、もっと美味しくなった。
 で、映画は……。
 ジョン・カーペンターは「ハロウィン」の頃とまるで変わってないですな。「ハロウィン」は、この手の映画が好きな人からは愛されている映画だが、おれはもう、爆笑コメディとしか思えない。
 主演の、アンバー・ハードはキリッとした美人で、何かを探ろうとする目付きが実に魅力的。スリムなジーンズもよく似合う。
 しかし映画自体の出来は……。
 似たような展開の「シャッターアイランド」を思い出したが、あの作品は、格が違う。演出が細部に凝りまくっていて、すべてのショットを見逃さないように見なければいけない緊張感とテンションの高さがあったが、この映画は……。
 悪徳の精神病院で医師も看護師もグルになって善良なヒロインをよってたかってなぶり殺しにする……んじゃないんだろうな、とは思ったし。
 ヒロインの精神状態は至って正常なのに、周囲の陰謀で隔離病棟に入れられてしまって……という発端にした方が、見る側の感情移入は出来たはず。
 トップシーンの、スリップ姿のヒロインが逃げまくって農家に火をつけるシーンも、「何かに追われて」「農家に火をつけなければ自分が殺される」と観客に思わせるように持っていった方が、その後の展開も面白くなったんじゃないか?
 ラストの「びっくり」は、この手の映画のお約束。というか、サービス。不要だと怒ってる人もいるが、これ、ジョン・カーペンターの映画なんだし。

 いっとき、一流映画監督に分類されて、フェイ・ダナウェイ主演のハイグレードなサスペンス「アイズ」を作ったが、これがひどかった。あんまりひどくて、どんな中身だったか記憶から追い出してしまったほど。この後の「遊星からの物体X」は、気持ち悪くて、その意味では成功していたが。
 要するに、そういうヒトなのだ。でも、息の長い監督ではある。

 映画が終わって、相方とちょっと打ち合わせ。徳間Y氏からのメールを見せ、「ざ・れいぷ」のラストの直しについて、考える。

 相方が帰って、NHKを見たら、北海道南部で大きな地震!震度5弱は怖い。
 で、「24時間テレビ」が始まっていたのね。この「偽チャリティ番組」、開始当初は熱心に見たけどねえ。これが始まると夏も終わりだなあと思ったし。今はもう、ラストの、ランナーが日本武道館に入ってきてみんなで「サライ」を歌うとこしか見ない。
 
 夕刊を読んでいたら1時を回ってしまったので、寝る。

本日の体重:90.50キロ
本日の摂取カロリー:2941kcal(これより幾分少ないとは思う)
本日の消費カロリー:日常生活+α

2012年8月24日 (金曜日)

鴨川、もっとサイコー

 明け方からくーたんがしきりに鳴くので、5時30分起床。
 なにかあったのか?猫が火災を知らせて飼い主を救ったというニュースがあったし。
 それとも粗相でもしたのか?
 と思ったら、トイレを掃除しろということだった。いつも朝一番にやっているのに……。待ちきれなかったようだ。

 で、朝のモロモロをやって、時間まで、相方から戻った「ざ・れいぷ」改稿のファイルをチェック。

 本日は、もう一度、鴨川に行く。26日で「海開き」の反対(なんていうの?「海仕舞い」とか?)になるので、それまでにもう一回ということで。以前は9月に入って鴨川に行ったこともあったが、やっぱり海の家がないと荷物を預けたりするのが不便。

 何故か突然、ベーコンを食べたくなって、ファミレスの朝食ブッフェに行こうかと思ったが、マクドナルドの「メガマフィン」で間に合わせる。

 駅で相方と合流して、東京駅で駅弁を買い、「アクシー号」に乗って鴨川へ。今日はビジネス客は少なかった。

 車中で、飛騨牛の牛丼弁当を食う。美味い。

 車中で、「ざ・れいぷ」、さらに書き直す相談をする。

 途中、亀山湖あたりで雲が出てきたが、房総半島の山を越えると、ドピーカン。もの凄い晴れ。
Img_0854


Img_0855

 海岸まで歩いて、前と同じ海の家に入るが、「今日は午後4時で上がってください」と言われる。たぶん、17時には締めて帰りたいのだろう。お客も少ないし。
 しかし、3時間かけてやって来た身としては、30分とは言え、なんだか値切られた気分で釈然としない。
 で、海。
 今日の波は、最高だった。というか、これまで各地で経験した中で最高のコンディションだったかもしれない。
 波が割れてスープになっても力があるので、それに乗ると、ぐんぐん伸びて、しかも、第二波が追いついて、ロケットの二段目に点火したみたいになって、ぐんと進む。しかもしかも、第三段があったりして、ぐんぐん伸びる。その上、左右から波が来るので、ロデオみたいに波を乗りこなす感じもある。
 これは江ノ島ではもちろん、下田でも味わったことのない面白さ。
 こんな面白い波があるのに、ビーチは閑散、と言ってもいい。おれたちには有り難いが、寂しいねえ。サーフィンのゾーンにはサーファーがたくさんいて、妙技を披露していたが。みんな、巧い。

 で、16時まで、あまり休みも挟まずにガンガン乗る。
 いや〜もう、楽しいのなんの。素晴らしい波があっても、混んでいたら、こんな快感はない。ぶつからないように凄く気を遣うから。でも、鴨川じゃあそんな心配はない。
 なんだか、申し訳ないほど。
 ただ……どういうわけか、ライフセーバーのヒトが我々をマークするように近くにいたが……デブが心臓発作を起こすんじゃないかと心配してくれたんだろうか?そんな奥にも行かないし無茶なこともまったくしなかったのに……。

 16時の放送を聞いて海から上がり、シャワーを浴びる。
 さっさと支度をして、16時30分には海の家を出た。
 今日は、居酒屋「居瑠家」に行くつもり。もう5年くらいのご無沙汰。一昨昨年は「オリーブ」に行き、一昨年行ったときは定休日で、去年は鴨川に行かなかった。
 で、この店が開くまで時間があるので、海の家の外でサーフィンを眺めていると、海の家のヒトが声をかけてきた。いやもう最高です、また来年も来ます、と話をする。去年の地震では、津波の影響はさほどなかったそうだ。「台風が来たときくらいのものでしたよ」と。
Img_0856

 どんなものでも、「ちょっと物足りない」くらいの方がいいのかもしれない。メシだって、どんなに美味しいものでも腹が割けるほど食うよりも、もうちょっと食べたい、というくらいの方がいい。小説だと「物足りない」のはよくないが、ボディボードは「ちょっと物足りない」くらいのほうがいい。疲れ切ると事故に繋がるし。と思うことにする。

 で、そこへ祥伝社M氏から電話。仕事のモロモロと、打ち上げスケジュールを決める。
 M氏から送って貰った売り上げ良好書店のリストを見て、日帰りで大阪に行ってこようかと考える。去年は京都と神戸を廻って一泊して松竹座で歌舞伎も見、翌日に大阪市内の書店を廻ったが、今年は日帰りでやれるだろう。

 で、17時近くなったので、お店へGO。
 5年ぶりだというのに、マスターは我々を覚えていてくれた。これは嬉しい。なんかね、拠点が出来たというか、そんな感じ。
 まあ、デカいボードを背負った中年コンビだから違和感アリアリなんだろうけど。
 で、ビールが美味い。おれとしてはけっこう飲んだ。カシスオレンジにまりぶコーラ。あじの刺身にベーコンの炙り焼きにトリカラ南蛮に串焼きに、アボカドにトマトに……。最後はなめろうご飯。

 かなり酔っ払って、ボードを背負って歩くのがしんどかったが、陽が落ちて群青色の深くて美しい色の空を眺めながら歩くのは、最高の気分。
 マジで、鴨川に住みたい。それが無理なら、安い部屋を持ちたい。それも無理なら、毎年の拠点を下田から鴨川に移すのもアリかも。伊豆・白浜は人が多すぎるし、客の質も宜しくない。刺青野郎の喧嘩なんか見たくないし、大きな波を背にしてぼーっと立ってるようなヤツも見たくない。危ないだろ。
 そういうのは鴨川にはいない。お盆前後の混む時期にはいるのかもしれないが……。
 例年、海の水温が低くて、それも鴨川を敬遠する理由だったのだが、今年は温かくて、とても快適だった。
 まあ、鴨川は、前日とか前々日に宿も取れそうだから、下田みたいに2ヵ月前から予約、と言うように必死になることもない。行ってみて調子がよければ、その場で一泊を決めるというのもアリかもしれない。翌日の昼過ぎに帰れば、くーたんも大丈夫だろうし。

 バスをベンチで待つ。
 安房鴨川駅前を吹く風は、なんとも爽やか。海が近くだと、本当に快適だなあ。

 帰りはバスじゃなくて特急で帰るのはどうかと相方に打診したが、特急に乗ってももう夜で景色も見えないからまたの機会にしようと言われて納得。特急はバスより料金が倍くらい高いし。

 てなことを考えつつ、バスに乗って爆睡して東京着。
 金曜の夜の電車は混む。デカいボードを持ち込んで申し訳ない。
 
 22時過ぎに帰宅。
 くーたんは前回ほど機嫌が悪くない。

 夕刊を見ると、アメリカ国務省の報道官が、日韓の領土紛争に不快感。ほ〜らアメリカに怒られたぞ!普天間問題で「アメリカが怒ってる。民主党政権はダメだ、鳩山首相はダメだ」とさんざん煽り立てた自民党やマスコミは、どうする?韓国に対して強硬にやれと言ってるのは自民党やマスコミだが、アメリカの顔色を一番窺うのも自民党やマスコミ。そのアメリカに怒られて、これからどういう態度を取るの?
 
 風呂に入って、「タモリ倶楽部」を見る。勝田アナの偏食を直そうという企画。どれも美味そう。特に、野菜スープが美味そうだったなあ。それと、タモリが作ったチキン・ソテー。

 くーたんと少し遊んで、1時ごろ就寝。

本日の体重:90.75キロ(やっぱり弁慶のこってりラーメンがいけなかったか)
本日の摂取カロリー:2500kcalはゆうに越えているだろう
本日の消費カロリー:かなり消費

2012年8月23日 (木曜日)

疲れが取れない

 7時過ぎ起床。

 朝のモロモロのあと、アパートメントの管理人に電話したり、祥伝社に電話したり。
 M氏は休暇を取っていた。9月に入ったら休むと言っていたのに……用件はS編集長と話して解決。

 ブランチは、ご飯を温めて、成城石井のハンバーグを食べる。キャベツのみじん切りを添える。

 MacのOS、メンテナンス・ソフトが対応するまでバージョンアップしないつもりだが、モロモロのソフトは気がついたときに対応させておかねば。以前、OSをバージョンアップしたらフリーズの嵐になって、おっかしいなあと青くなったことがあった。原因は、Windows機用のキーボードをMacでも使えるようにする「Wink」というドライバーが最新OSに対応していなかったこと。だから、文章を書いているとフリーズしてしまったのだ。
 マック用のキーボードで気に入ったものがないので……昔の「アスキーボード」や「Rボード」のキータッチは、東プレの「REAL-FORCE」でのみ味わえるので、このドライバーは必須なのだ。MacBookProに乗っているキーボードで長文を書くのはしんどい……慣れていないだけなんだろうけど。

 ということで、いろんなドライバーをバージョンアップさせていたら、あっという間に時間が経ってしまった。

 午後になって、一番暑い時間帯になる。来年はエアコンを増強するか、強力なのに入れ替えるか?それとも、1年のウチの2ヵ月だから、我慢するか?でも、我慢するのはなんか違う気がするなあ。エアコン付きの部屋だけど、自腹でエアコンを換えてもまあ、いいかという気持ち。快適な方がいいし。

 眠い。ソファに寝転んで15分くらい寝る。
 で、時間。
 今日はカイロプラクティック。
 火曜に海に行って昨日はテニス。けっこう全身が張っていた。

 堀切菖蒲園の「弁慶」に名人が戻ってきたという情報をキャッチして、1年ぶり、イヤそれ以上ご無沙汰していた「弁慶」に行く。しばらく足が遠のいていたのは、堀切菖蒲園店のラーメンが不味くなっていたから。で、浅草店に何度か行ったが、バイクを手放してからはご無沙汰になっていた。
 情報は正しかった。名人が作るラーメンは、凄く美味かった!

 自転車で堀切橋を渡って帰ろうとしたら、消防車にパトカーが河川敷に降りていった。ボヤ騒ぎでもあったのか?

 帰宅したら、グッタリ。
 夕方のニュースはもう、竹島のことばかりでウンザリ。
 猛暑は9月になっても続くらしい。という事は、来月も海に行けると言うことだなあ。

 ウトウトしていたら、19時30分からNHKで亀治郎が猿之助になる過程を追ったドキュメンタリーが始まったので、見る。民放は香川照之の歌舞伎入りのことばかり追って、亀治郎は完全に脇役だったが、NHKはこの点、やっぱり違う。
 亀治郎時代、いかに研鑽を積んできたか。澤瀉屋を離れて、いろんな座組で「他流試合で腕を磨いた」か。おれはその「他流試合時代」に亀治郎を見始めたので、澤瀉屋の枠に閉じ籠らずに、菊五郎や染五郎や、他の人たちともやって欲しいなあと思う。おふざけも巧いのに、三代目猿之助演出のおふざけは、イマイチ面白くないので。
 名前についてのこだわりや、「座長」になる重責も描き出して、見応え充分のドキュメンタリーだった。

 21時になって風呂に入り、あがるとグッタリ。
 くーたんをしばらく遊ばせたが、限界。
 テレビがうるさいので切って、ソファで寝てしまいそうになったが、どうせ寝るならとベッドに行って、23時就寝。
 寝ようとしたら、くーたんが鳴く。でも、寝る。

本日の体重:90.45キロ
本日の摂取カロリー:2277kcal
本日の消費カロリー:日常生活+135kcal

2012年8月22日 (水曜日)

物情騒然

 7時すぎ起床。
 というか、くーたんに起こされる。
 一晩寝ると、くーたんの機嫌は直っていた。

 朝のモロモロをやる。
 洗濯機には、思った以上の洗濯物が溜まっていて、取り出したら驚いた。
 屋上に干しに行くと、廊下にガラスの破片が散乱している。廊下でコップを落としたのか?
 こんなに破片が飛び散っていたら気がつくはずなのに放置したまま。ここの住人もモラルが低い。
 そのまんまにしておくのも危ないので、ほうきで廊下の端に寄せる。感じから見て「下手人」らしき部屋のドアの脇に。
 自分の不始末をどうして放置するかね?
 シリアル・ママになった気分だし、小うるさいオヤジになった気分だが、小うるさいオヤジなのは本当のことだからして。
 ここにずっと住もうと思っていたが、他の住人のレベルがひどければ退散することも考えておくか。

 徳間Y氏からはプロットへの返事がすぐに来たが、祥伝社M氏から月曜に出したメールの返事が来ないぞ。急病か?

 なんだかんだと雑用をしていると、昼。
 ブランチは、目玉焼きとオクラのゴマあえ、ピリ辛キュウリ、インスタントのシジミ汁。

 テレビをつけたら、テレ朝の昼のワイドショーで「日韓論客が竹島問題を!」とかなんとかいうコーナーを放送していたが、韓国の「論客」がまるで論客でもなんでもないオバサンなのに笑った(「相手が嫌がっているのに無理矢理に国際司法裁判所に持っていくと言うことは、日本にとっては対馬の領有権をどうこうするのと同じ」と。竹島と対馬を同じように考えてるのか、と逆の意味で驚いたが)し、日本側の「論客」も、そんな彼女にマトモに取り合わない。
 とは言え、自民党の平沢勝栄は妙に興奮してろれつが回っていなかったが。
 別の番組では、竹島を国際司法裁判所に持っていくなら、尖閣はどうする、という話になったらしいが、当然、竹島も尖閣も、そして北方領土も国際司法裁判所に持っていって、相手が応じなければ応じない理由を言わせればいい。尖閣なんか、どうして国際司法裁判所の話が出ないのか不思議なくらいだ。
 懸案の領土問題は、全部、公の場に持っていけばいいじゃないか。竹島だけの問題じゃないはずだ。
 今日発売の週刊文春の広告に、以前から奇妙な発言が多かった右の「論客」(最近、「論客」って違う意味に使われてるんじゃないかと思うが)・徳岡孝夫が「反原発より領土問題を」と主張する記事が載っているらしい。記事そのものを読んでいなから批判出来ないとは言え、いかにも右のヒトが原発問題から目を反らさせようとしてるなあ、と思った。
 しかし、原発事故が起きたら、国土が汚染されて、実質的に領土が狭くなる。大量の住民は避難を余儀なくされて大混乱に陥る。実際に起きて、継続中の大問題を、この人物は理解出来ないらしい。こういう人物にインタビューか文章を書かせたのか知らないが、週刊文春も、その程度のものでしかないけれど。と言いつつ、その週刊文春からミステリーのアンケートが来たぞ。

 しかしおれは、違うニュースが気になっている。
 堀米ゆず子が愛用のヴァイオリンをフランクフルト空港で没収された事件。その後の報道がないが、どうなった?演奏家が高価な楽器を持ち込むたびに関税を払っていたら破産するぞ。今までなんの問題もなかったのに、どうして?空港の係官がバカだった?クラシック音楽が大嫌いだった?堀米ゆず子を演奏家として認知したくなかった?
 とにかくこの件は、フランクフルト空港の恥だ。

 ルーマニアでの日本人女子大生殺害事件。「海外インターンシップ」を取り仕切ったNPOがノーコメントを貫いているというのが、無責任極まりない。学生が運営している組織らしいが、だれが運営していようが関係ない。社会に対して責任がある。
 そしてまた、「被害者が無警戒だった」というお定まりの論調が出てきた。
 深夜の午前3時に初めて来る国で不安で不安で堪らないときに親切そうに話しかけられたら……という想像をする。
 一番悪いのは、そういうスケジュールを組んだNPOだ。配慮がまるで足らない。旅慣れしたオッサンならまだしも、旅慣れない(海外の観光地には行っていただろうが)女子大生だぜ。このNPOは、そういう責任を追及されたくなくてノーコメントなんだろうが、いつまでもノーコメントではいられない。学生がやってる組織だからといって、無責任なことをしていいわけがない。
 そういうプランにノーと言えなかった、という意味では被害者にも落ち度はあったろうが、うまく言いくるめられた可能性だってある。
「ブカレストは首都ですよ。駅までタクシーに乗れば安全ですから」
 とかなんとか。
 おれは29の時にヨーロッパをほぼ全部(アイルランドとルーマニアとブルガリアとギリシャは行けなかったが)廻る大貧乏旅行を敢行したが、特に危険は感じなかった。まあ、用心に用心を重ねて、ヤバい時間帯は宿にいるとかヤバいところには行かないとか、貧乏な格好をするとか(実際、貧乏旅だったし)、かなり用心をしていたが。
 1回だけ、列車が早朝に到着して、ホテルも何も開いていないので、駅で数時間寝ていたことがあった。東欧の何処かの街だった。ポーランドのクラコウかどこか?
 駅には同じようなバックパッカーがゴロゴロいたので、ほとんど危険を感じなかった(通勤客に邪魔だなあという目で見られて恥ずかしかったが)。
 おれが男だったから、ということもあるだろうが、安全対策をやり過ぎるほどやった結果、スリにも置き引きにも遭わずに無事帰って来られた。ハンブルグでボッタクリバーに入ってしまった(日本でも入ったことがなかったのに)のが唯一の失敗だったが、それにしても5000円くらいの被害で済んだし。
 まあこれも、運がよかったのだ、と思えないことでもない。旅先で、もの凄く旅慣れた日本人にいろいろ教わったこともあったし、幸運に恵まれたのはたしかだ。
 その上で思う。被害者を悪く言うのは基本的に間違っている。現地の報道は被害者の行動に疑問を示しているようだが、そりゃ地元としては事情に疎い外国人が殺されれば、「トーシローがなにやってるんだ」と言いたくなるだろう。

 午後は、光文社新作に取りかかる。プロローグ、相方のメモをどう脚色するか考える。
 まあ今日は一日、ゆっくり考えて、アタマを光文社新作に戻そう。

 夕方、ちょっと昼寝。
 今日は猛暑。ブラインドを閉めても、エアコンは効かない。体感ではけっこう冷えているのに、温度計は30度。ヘンだなあ。除湿は効いているから、気温が高くても過ごしやすいのか?

 時間が来たので、シャワーを浴びてテニスの支度をして、外出。
 腹が減ったので、北千住駅構内の「小諸そば」でカレー丼を食べたが、後悔。ここではそばを食べなければならない。その方が美味い。
 
 スポーツクラブまで歩いただけで、汗だく。
 テニスは今日もイマイチ。というか、空振りが多い。
 試合では、素直に打てばいいのに、スライスをやろうとして失敗したり、いいところナシ。それでも、最後の最後でボレーが鮮やかに決まった。しかし相手は今日が初めての体験レッスンの受講者だったので、悪いことをした。

 今日はプールは止めて、風呂に入る。露天風呂で、湯涼み用の椅子に神経質に何度もお湯をかけた兄ちゃんが、その湯オケを無造作にお湯の中に放置したのにムカついたので、お湯から上がるときに湯オケを拾ってその兄ちゃんの前にガンと置いた。その兄ちゃんは、キョトンとしておれを見ていたが、コイツはバカか?

 で、メシをどうするか、テニスの後半からずっと考えていた。海鮮丼じゃ寂しいし、靑砥まで行って焼き魚を食うのも面倒だし……。
 というわけで、ロイヤルホストでチキンを食うことに決定。
 が、メニューを見ると、チキンのグリルよりオージービーフの赤身のステーキの方がカロリーが低かったので、ステーキにする。サイドのサラダとご飯。

 しかし、最近の若い連中は、喋っていて笑うときにパチパチ手を叩くのがウザイ。あれは明石家さんまの悪影響だろうなあ。うるさくてたまらんのだよ。
 
 北千住の成城石井で、ミントの葉を探す。ここならあるだろうと思ったが、なかった。その代わりに、ミントのリキュールを買う。これをバカルディ・モヒートに足せば美味しくなるじゃないか?
 
 帰宅すると、またしても、くーたんはご機嫌斜め。ずっと家にいないと機嫌が悪い。昼間外にいても機嫌が悪くならないのは、自分が寝てるからだろうなあ。

 「マツコ&有吉の怒り新党」の時間まで睡魔を我慢出来ず。録画して、寝る。
 ソファで寝てしまい、0時を過ぎてベッドに移動して、就寝。

本日の体重:90.65キロ(海で体力を使っても食えば太る)
本日の摂取カロリー:2675kcal
本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+290kcal/5601歩

2012年8月21日 (火曜日)

鴨川、サイコー!

 6時過ぎ起床。
 今日は、千葉・鴨川に出撃する。

 朝のモロモロを済ませ、常備している「海グッズ」をボディボードのケースに突っ込んだら準備完了。
 くーたんに留守番を頼んで、10時前に出発。

 予定より早く駅に着いたので、マクドナルドでソーセージエッグマフィンのセットを食べる。久々。
 駅のプラットフォームでで相方と待ち合わせて、時間通りに東京駅着。駅弁を買ってバス乗り場へ。しかし待っている人が多い。ビジネス客が多いぞ。全員乗れるかちょっと心配になってきた。乗れたけど。

 首都高が混んでいて、けっこうノロノロが続くが、羽田空港を通過する辺りではもう快調。
 12時ごろに弁当を広げる。紐を引くと温かくなる、飛騨牛と味噌漬けポークの「対決弁当」。ずっしり重かったので中身も詰まっていると思ったら、発熱燃料の重みだったのね。美味しかったが量が足りない。

 ビジネス客は、途中の「かずさアカデミアパーク」でどっと降りた。研修かなんかがあったのか?

 13時40分頃に安房鴨川着。去年は余震が怖くて来なかった。海岸で津波に遭ったら完全にアウトだもんなあ。
 駅のコンビニでおにぎりを買って、食べながら海へ。
Img_0851


Img_0852


Img_0853

 本日は、天気・波・水温の三拍子揃った絶好のコンディション。おまけに人も少ないので、これ以上望めないほどの最高の環境。
 が、3時間かけてやって来たが、16時30分には海から上がって欲しいと言われた。2時間ほどしか海に居られないぞ。
 
 で、もう、波に乗りまくり。
 海がキレイじゃなくてチャラい江ノ島はもう、本当に卒業したい。波があれば我慢もするが……。交通の便がいいのと、美味しい店が並んでいるので、憎みきれないのだが……。

 しかし、今日の鴨川は本当に素晴らしかった。お盆を過ぎたとは言え、どうしてこんなに人が少ないんだろう?海の家も5軒しかないし。
 ほどほどに温かな海。適度な大きさと強さの波。
 しかし、とても美しい。下田に匹敵する海の清み具合!
 人が少ないのは、我々には有り難い。避ける必要なくストレートに乗れる。
 下田も、白浜は「ハード・チャラ」な感じになってきたし、来年は鴨川をメインに考えてもいいんじゃないかとも思う。ただ、鴨川は水が冷たいことが多い。今日は例外的な感じすらした。水が冷たいと、けっこう萎えるのだ。

 がんがん乗って、ビーチで休憩。
 ああ、なんて幸せなんだろう!

 休憩しつつ、16時30分のライフガードのガード終了まで乗りまくる。おかげで、かなり疲れて、最後の方では、頑張りがきかなくなってきた。

 シャワーを浴びて、海の家の人にいろいろと話を聞く。今年は26日まで。まあ、ここはサーファーの拠点だから、サーフショップで荷物を預かってくれたりシャワーを使わせて貰えるのだが……。ライフガードがいないとちょっと心配。

 下田・白浜では不完全燃焼だったので、2時間弱の短い時間だったが、濃密な時間を過ごせた。

 大満足。出来ればシーズン中にもう一度来たい。

 鴨川インのそばから移転した「オリーブ」に入る。日本語が達者な美人な白人女性が女将として頑張っている。以前は日本人の女性が切り盛りしていた記憶があるんだが……。
 しかし料理のボリュームと安さは健在。アジフライ定食を頼んだら、サブのおかずがこれでもかとついてきた。サイドのアサリの酒蒸しとオニオンスライスが不要なほど。ご飯もお代わり出来て、大盛り。
 しかも。
 頼んだバカルディ・モヒートにミントの葉が入っていて、美味しいのなんの。ミントの葉って、こんなに効果があるんだね!缶入りのモヒートはイマイチだったが、ミントを入れるとこんなに劇的に美味しさが増すとは!

 とは言え。
 バスの時間を考えると、この店でちょっと粘りたい。食べていたら逆に腹が減ってきた。もうちょっと食べたくなって、ご飯をお代わりしてスパムを炒めたのを頼む。これがまた美味い。
 店内では地元の人の宴会が始まって、客の一人が昔懐かし「ケメコの歌」を歌い出したぞ。平成24年にこの歌が聴けるとは!

 結局、時間いっぱいまで店にいて、駅へ。
 19時20分のバスに乗って、東京へ。

 首都高は工事中とのことで、お台場を経由して、定刻に到着。
 東京駅から大人しく京浜東北線に乗って日暮里経由で、22時すぎに帰宅。
 
 今週また行こうと言う話になったし、海の家で丹念に洗ったので、ボードは洗い直さず。
 が、くーたんの機嫌が悪い。
 抱っこしようとしたらソファの下に隠れるの繰り返し。Catch me if you can 状態なのは判るが、ソファの下に入ってしまったらもう万事休す。

 風呂に入ったら完全にグッタリしたので、0時前に就寝。
 最高に幸せな一日だった。

本日の体重:90.30キロ
本日の摂取カロリー:3000kcalくらいいったかも
本日の消費カロリー:417kcal/7831歩+ボディボード

2012年8月20日 (月曜日)

改稿、出来ました

 8時起床。
 愛機MacBookPro17インチを立ち上げると、なんか様子がおかしい。よく見ると、ウィルス対策ソフトの「カスペルスキー」がきちんと動作していない。あれこれやってもダメで、ソフトを一度アンインストールしてから再インストールしてやると正常に戻った。

 で、昨夜相方に送ったはずの徳間用プロット、届いていないというので、再度送り直す。メールって時々不調になることがあるからなあ。

 で、ほどなく相方から修正が入ったモノが戻ってきたので、徳間Y氏に送る。これで「週明けに必ず」という約束は果たした。

 「ざ・れいぷ」最終章の改訂に着手。その前に、ブランチ。
 ご飯を炊いて、久々というか引っ越して初めて、タジン鍋を使って、豚肉とキャベツの蒸し焼きを作る。電子レンジを使えば簡単。ニンニクを入れたごまダレで食べる。美味い。

 腹を満たして、仕事開始。
 スイスイと進むが、13時を過ぎた辺りから急激に眠くなってきた。
 睡魔と闘いながら、進める。

 しかし、どうにもダメ。
 気分転換に、外出。くーたんのご飯がなくなったので、買いに出る。
 北千住東口商店街の行きつけの店まで行くが、その近くに出来てまだ入ったことのなかったラーメン屋「家系・武蔵家」に入って、並盛りのラーメンに餃子を食べる。マスタードの効いた美味しいサンドウィッチが食べたかったのに、こってりラーメンを食ってしまった。だから痩せないのね。
 なかなか美味い。この店は短期間で経営が入れ替わって、なかなか定着しない。「武蔵家」の前の店と味は似てる感じがするが、そろそろ成功して長続きして欲しい。
 しかし、おれの好みで言うと、「翔竜」の方が好きだ。

 トポスで夕食の材料を買って帰宅して、仕事再開。
 今回の改定で最も大掛かりな、クライマックスの変更にとりかかる。しかし、ああやろうとするとコレがネックになってああ出来ない。どうしたものか、しばし考える。

 考えるウチに、一日で最も暑い時間帯に突入。西日の直射を受けるのだ。ブラインドを閉めると部屋の中は暗くなって明かりをつける。
 ソファに寝転がって、30分ほど寝る。

 むっくり起き上がって、アレコレ考えて、こういう手しかないだろう、と書き始める。
 書いてみると、なんとか条件を満たして成立した。
 よかったよかった。

 一番の難関を乗り越えて、あと少しで終了というところで、夕食にする。もう20時を回ってしまったし。
 買ってきたあじのタタキに、おぼろ豆腐、ピリ辛キュウリ。カロリー的には午後に食べたラーメンと餃子で限度が来ているのだが、夕食を食べられないのはひもじい。ラーメンは食べるべきじゃなかったなあ。

 食後、地震。震度や震源を知りたくてテレビをつける。

 韓国も中国も、学校であの島はおれたちのものだと教えているから、なかなか言い分を引っ込められないのだろう。日本の言い分を認めたら、間違った教育をしてきたことを認めることになって、国家としてのメンツが保てない。その辺を巧く解決出来る方便があればなあ。ま、相手の勝手な言い分なんか知ったことか、と切り捨てることも出来るが、それだといつまでたっても解決出来ないぞ。
 国境紛争は世界各地にまだまだある。正論がなかなか通らない面倒な問題だ。相手はヒステリックだし。しかしどうしてこんなにヒステリックになるかね?北方領土問題で日本人はロシア大使館を襲ったりはしないのに。ロシア車をひっくり返そうにも、日本でロシア製の車は走ってないけど。それだけ日本人の北方領土への関心が低いってこともあるのだろうけど……。

 気を取り直して、エピローグに進み、22時を過ぎて、終了。目論見ではお昼ごろに終了して、今日の午後はアタマから読み返そうと思っていたのだが、結局、今日一日すべてを使ってしまった。
 
 ヘロヘロになったので、風呂に入って寝ようと思ったが、くーたんが遊んでくれと厳しく要求するので、しばし遊ぶ。
 遊ばせながら、いろいろテレビを見る。いろんなオモシロ物件を紹介する番組で、オリラジ藤森の歴代の部屋を紹介していたが、デビューして即ブレイクした頃の倍々ゲームでどんどんいい物件に引っ越したのは紹介したが、その後の「どん底時代」はカット。高額物件に住み続けたのか?

 なんだかんだで1時近くまで起きていて、寝る。
 明日は天気もいいし、波もへなちょこボーダーにはいい感じなので、鴨川に行くぞ!

本日の体重:89.50キロ(やった!)
本日の摂取カロリー:2298kcal
本日の消費カロリー:日常生活+90kcal

2012年8月19日 (日曜日)

改稿作業三日目

 6時過ぎ起床。寝たのが2時過ぎだから寝不足だが、パカッと目が覚めてしまった。

 朝のモロモロも早々に、仕事。
 ちょっと腹が減ったので、トマトを食って紛らわせる。

 10時までに「第5章」を終了。早朝はやっぱり集中力があるなあ。

 で、髪が伸びてきてバサバサになってきたので、散髪も出来て風呂にも入れて食事も出来るスーパー銭湯「松原の湯」へ。ここは東武線「松原団地」にある。ウチからそう遠くない。故Mが住んでいたところでもある。

 11時の日差しは強烈。これじゃあ風呂に入っても、帰りは汗だくのベトベトになるなあ。

 初めてのところだったので、「お得なチケットの買い方」が判らず、ちょっと損をしたかも。
 風呂に入る前に、メシ。「新松原弁当」というのを頼んだが、中身はショボイ。肉団子3つにさつま揚げに目玉焼き。だったら「スタミナ豚野菜炒め定食」のほうが美味しそうだった。

 メシを食べてから、風呂。ちょっとした露天風呂があるが、風呂の廻りには日光浴をするじいさんばかり居て、せっかくの露天風呂に誰も入らない。入ったのはおれ一人。
 12時に散髪の予約をしたので、時間に合わせて床屋へ。
 ここはひげそりチケットを買わないと髭を当たってくれない。カットだけ。まあ、最近の床屋で髭を剃って貰っても剃りむらはあるし浅く剃るのでザリザリ感は残るしで、自分で剃った方が納得するんだが。でも、耳とかは自分じゃ剃れないし。
 揉み上げは普通で、と言ったのに、バリカンで妙に刈られてしまったぞ。まあすぐに伸びてくるんだけど。

 散髪が終わって、もう一度風呂へ。髪を洗ってカット分を洗い流す。

 出てから、お食事処で冷やしソーメンを食べ、持っていった「第6章」のプリントアウトを見て、編集チェックを確認。風呂上がりに何か飲みたかったが、我慢。

 13時前に出て、帰路につく。風呂で汗を流すと、外気が暑くても、そんなに汗をかかないし、サッパリしている。ということは、夏に風呂に行っても帰りで台無しってことはないのだな。53にして初めて判った真理。

 北千住に戻って、ノジマでiPhoneの画面保護フィルムを買い、一日で一番暑い時間帯を歩いて帰るのがしんどくなって、久々にコミュニティ・バスに乗る。

 帰宅して、iPhoneの保護フィルムを張り替える。やっぱり新しいと気持ちがいい。

 で、仕事再開。「第6章」をやってしまう。
 その勢いで最終章も、と思ったが、最終章には大きな加筆があるし、謎解きなどの部分の書き直し部分もあって、今回の改定の最大のポイントが詰まっている。
 どうしようか考えていると、夜。

 今夜も、夜は魚を食うぞ。
 ランチタイムには何度も入っている「星丸くん」に行く。夜は完全に居酒屋になっているかと思ったら、食事も出来る。焼き魚でご飯、というのじゃ足りないなあと思ったので、焼き魚と刺身がセットになった「天の川定食」というのにする。マグロとタコの刺身と銀ダラの西京焼き。美味かった。

 トポスで買い物をして、帰宅。

 最終章は明日に回すことにして、相方から来ている徳間用のプロットを整理・加筆。

 いろいろと懸案を処理していくのは、なかなか快感がある。
 後の懸案は、自分のサイトを新しいソフトで書き直すことと、プリンターの大清掃。今のままだと厚めのハガキにプリント出来ない。新刊の見本が出るまでになんとかせねば。それか、ハガキ専用の小さいプリンターがあればいいんだけどな。

 夜に外出すると、やっぱりそれなりに汗をかいてムズムズするので、シャワーを浴びる。
 と、もうバッテリーが上がった状態になってしまって、営業終了。
 テレビをボンヤリ見て、石田衣良の仕事場は立派だなあとか思ったり、ドキュメンタリー作家はどんな場所でも原稿を書くんだなと思ったりしつつ、くーたんと遊ぶ。
 くーたんは3歳になって落ち着きが出てきた。ちょっと前までのように激しくじゃれたりドタバタ走ることが減ってきた。
 子猫はなかなか疲れるが、やっと生活のペースがおれに合ってきた感じ。すっかり成熟して、ちょっと寂しい感じもあるが。

 0時就寝。

本日の体重:90.20キロ(まだ90キロを割らないか……)
本日の摂取カロリー:1843kcal
本日の消費カロリー:日常生活+397kcal/7738歩

« 2012年8月12日 - 2012年8月18日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト