« 2012年9月30日 - 2012年10月6日 | トップページ | 2012年10月14日 - 2012年10月20日 »

2012年10月7日 - 2012年10月13日

2012年10月13日 (土曜日)

朝テニスしたらぐったり&足立の花火

 6時前起床。

 早起きはいい。1日が長く使える。

 早朝に朝のモロモロをやってしまい、8時過ぎに届いた相方からのメモを熟読。昨日打ち合わせた内容。記憶に頼ると勘違いするので、メモは有り難い。

 で、今日は朝10時からテニスの約束がある。

 駅前のマクドナルドでソーセージエッグマフィンのセットを食べる。空腹でテニスは出来ない。

 9時過ぎに相方と待ち合わせたら、あんパンをくれた。

 で、葛飾区渋江にあるテニスコートへ。

 以前から一緒にテニスをやっているM氏がコートの予約を取ってくれた。そのM氏の友人夫婦と5人で。

 5人だからほとんど休憩できず、2時間みっちり。

 かなりバテて、後半は足が動かない。

 しかし今日は絶好のテニス日和。風は強かったが、天気もいいしカラッとしていて、外でスポーツをするのには気温もピッタリ。こんないい天気なのに外に出ないのはもったいなかった。

 なんとか終えて、解散。

 相方がしゃぶしゃぶ「温野菜」の割引クーポンを持っているので、ランチに行くつもりにしていたのだが、クーポンをよく見たら夜しか使えないと。しかも「温野菜」はランチをやっていない。

 予定が狂って、ガックリ。

 この辺にある美味しい洋食屋は満席。

 バスで立石駅前に行って、商店街にある古めかしい「舟和」という店へ。ここは甘味のお店だがランチ・軽食もやっている。

 昔からの店、という感じで客には高齢者が多い。かと思えば若い客もいる。この辺でランチが食える店が少ないから集中するのか?地元の名店なのか?まあ「浅草の舟和」と言えば有名らしいが。

 おれは「お楽しみ日替りランチ」を頼む。肉豆腐・煮物・白身魚の卵とじみたいなの。まあ美味しかった。

 バナナジュースと、デザートに白玉ぜんざいを食べる。

 京成線で帰宅。

 昼間にテニスをやると、その後は使い物にならなくなっていたが、今日もそうだった。

 グッタリ。

 風呂に入って、録画しておいた「タモリ倶楽部」を見る。湯島のスナック巡り。こういう空気が抜けた企画もやるから「タモリ倶楽部」なんだなあ。

 フットボール日本代表の国際親善試合対フランス戦、今日だったと完全に失念していたが、試合終了間際の香川の一発で「大金星」。フランスの監督は格下に負けた、とガックリ。

 で、フジテレビが「フランスに惨敗」と間違ったテロップを出してしまって、ネットでは「やっぱりフジテレビ」と嘲笑。

 今夜は、荒川河川敷で、「足立の花火」。例年夏にやっていたが、今年から秋になった。夏は花火ラッシュだから、秋にやるのはいいんじゃないか?しかも今日は10月というのに暑いくらいで、夕方になってもさほど気温は下がらないし。

 ウチから見えるんじゃないか、と思って待ち構えていたら……。

 見えた!

 しかも至近距離なので、迫力抜群。

 しかし写真はなかなかうまく撮れない。ブレるし。三脚を出してきて撮るほどのものでもないし。

Dscf0882

Dscf0884

Dscf0886

Dscf0887

Dscf0888

 窓を開けていたら、近所からベーコンを焼く匂いがしてきたが、さほど腹は減らず、今夜も夕食を抜く。晩飯を抜くと体重は確実に減るし。

 花火は19時過ぎに終了。

 テレ東「酷道を歩く」、テレ朝「ハンバーガー総選挙」、TBS「体育会TV」をザッピングして交互に観るが、最初にTBSが脱落。「ハンバーガー総選挙」はバーガーキングが低得票なのが全く納得がいかない。店舗が少なくて一度日本を撤退したから食べてる人が少ないのだろう。ハンバーガーの味としてはバーガーキングがダントツなのに。

 で、この番組は、バーガーキングの他に、モスバーガー、ファーストキッチン、ロッテリア、フレッシュネスバーガーが参戦していてマクドナルドは入っていない。それは当然だろう。マクドナルドが入っていると上位を独占するのは目に見えているし、なにより、マクドナルドはハンバーガーではなく、マクドナルドという名前の別の食い物なんだから。

 で、モスバーガーの勝利に、納得いかない。モスバーガーは食いにくいからキライ。

 この番組も、早々と結果が出てしまったので、テレ東を見る。

 まったく未整備なのに国道に指定されてるって、どういうことなんだろう?まあ、ほとんどの場合が代替えルートがあるのだが。

 それに、自然そのままの峠とかを工事して道を通すと、大規模な自然破壊になってしまうし。しかし、アーケード商店街が国道だったり、なんでやねんという国道も多い。

 以前、「タモリ倶楽部」で紹介していた「酷道」がずらりと出てきたのだが、この番組が良くやったのは、それをタレントに歩かせた事。群馬から新潟への超難関ルートを、よく踏破したものだ、と思う。

 その後、「アド街ック天国」は東京駅。これはネタに使うので録画しなから見る。もう、デパートの中に電車が出入りしているような感じですな。かなり違和感を感じるが。

 しかし「自称ハーバード大学講師」の森口という人物、どうしてこういう「すぐバレるウソ」をついたのかね?こんな派手なウソをついたら、関係機関はキッチリ調べて事の真偽を発表するだろうに。あるワイドショーであるコメンテイターが、この人物が研究費をファンドから出して貰っているので、派手な成果をぶち上げる必要があったのではないか、と言っていたそうだが、そうう裏があったと思わなければ、この人物が単なる「基地外」としか思えなくなってしまう。

 TBS「ニュースキャスター」を見るが、途中で完全に寝てしまった。

 目が覚めたら「チューボーですよ!」も終わっていたので、ベッドに入ってきちんと寝る。

 今夜はくーたんと遊ばなかったので、くーたんは不満そう。しかし、睡魔には勝てない。

本日の体重:89.65キロ(減っていた!)

本日の摂取カロリー:1966kcal

本日の消費カロリー:1052kcal

2012年10月12日 (金曜日)

御水取りしてぷち観光

 4時起床。
 外はまだ真っ暗。
 相方の支度を待って、5時に宿を出発。一本道を下れば、武田神社。
 
 神社の前の駐車場には既に多くの車が駐まっていた。
 
 お水を戴ける「名水・姫の井戸」の場所を間違えてウロウロ。
 で、先にお参りする。
 

Img_0899

 「姫の井戸」にはすでに行列が出来ていて、なかなか進まない。水の出が悪いのだ。ちょろちょろしか出ないし、たいていの人は大きなペットボトルを何本か持ってきている。そんなにたくさん飲んでも意味はない、とおれは教わったがなあ。
 前で待っていた人は、車を飛ばしてやってきたと。
 別の人は車がないので宿に泊まったと。
 しかしクルマがあっても早朝に走ってくるのはかなりしんどい。前泊したのは正解だったと思う。
 で、この人たちも大きなペットボトルを数本持っていた。まあ、これなら許容範囲かなと思う。
 ひどいヤツは巨大なポリタンクを幾つか持ってきて、行列が長いのもなんのその、えんえん水を入れている。
 そういう話をしていたら、前の人は黙ってしまったけど。
 
 ちょろちょろしか出なかったお水、途中でなんだかスイッチが入ったように水の出が良くなった。本殿にも明かりがともったので、これは宮司さんがポンプのスイッチを入れたんだな、と思ったが、すぐに元の勢いに戻ってしまった。
 地元の詳しい人の話では、水の勢いには幅があるんだとか。という事は、純粋に自然に湧いているのか? 
 待つことしばし。約30分後には我々の順番になった。
 中型ペットボトル1本に入れて、終了。
 お水をいただくだけなら、旅館にも自然水が湧き出していて、飲めるようになっていたのだが。

Img_0900

 で、本日の任務を完了してトイレに行ったら、明かりは点いているのに締まっていた。男子も女子も身障者用も締まっていた。
 境内で立ちションするわけにも行かず、我慢することに。
 
 急いで宿に戻って、トイレへ。
 
 朝食まで時間があるので、朝風呂。

Img_0902

 早朝の甲府を見下ろしながらのお風呂は、ヒジョーにすがすがしく気持ちがいい。
 
 昨夜は浸かっただけなので、髭を剃り、頭も洗う。
 部屋に戻って、相方と交代。
 その間、荷造り完了。
 
 相方が戻ってきたので、朝食へ。
 シンプルな朝食だった。
 
 で。
 このまま東京に戻ってしまうのもナニなので、ちょっと近所に寄ろうということになって、旧勝沼駅の廃トンネルが遊歩道になっているというので、行ってみる。
 
 9時過ぎにチェックアウトし、旅館のちょっとした庭を見て、出発。
 10時30分頃、現・勝沼ブドウの郷駅に到着。ここから遊歩道がスタートしているはずだが……経年劣化で補修をするので来年3月まで閉鎖だって。
 じゃあどうするか。
 有名な「ほったらかし温泉」に行きたいが、また風呂に入るのもなあ、ということで、旧勝沼駅の跡が遊歩道になっていたので、ちょっと散策して駅にあったパンフを見る。

Img_0905_2

Img_0906_3

Img_0910

 残り時間を考えると、遠出も出来ないので、目の前にある「ぶどうの里」で少し早いランチを食べて帰ることにする。

 
 売店でワインなどを見て、開店の11時30分より早くレストランに行ってみたら、もう開いていたので入る。
 ワインは飲めないので、ブドウジュースを飲み、ワインで作ったビーフシチューを食べる。
 ヒジョーに美味しかったが、かなり腹に応えた。
 パンをお代わりしてソースを全部食べてしまった。
 
 が、その時点で12時を回ってしまったので、14時30分にクルマを返せない。荷物を降ろしたりガソリンを入れたりするのを考えると絶対に無理。
 ニッポンレンタカー北千住に電話して、1時間の延滞をお願いする。
 
 で、勝沼インターから中央高速に入る。
 
 途中、強引に合流してきたトラックとヒヤリ、という画面があったり、走行中にiPhoneから緊急地震速報が鳴ってドキリとしたが、千葉北東震源で最大震度4、と判って、ホッとする。
 それ以外は問題もなく、無事、東京。
 首都高はかなり混んでいた。
 
 帰路、車中で仕事の打ち合わせ。基本設定について、時間的ツジツマを優先させると、事件自体の問題提起が薄くなってしまう、と相方。そのための策を検討して、これなら、という案がまとまる。もう一度アタマから修正しなければならないが、それで作品が良くなるなら、やらないのはおかしい。
 
 相方を降ろし、おれも先に自宅に寄って荷物を降ろして、くーたんを抱っこしてから再度外出し、ガソリンを入れて返却。
 15時17分だったが、延滞料金はオマケしてくれた。こういうのは嬉しいなあ。
 
 甲府は涼しかったが、東京は暑い。長袖だったので汗だく。
 帰路、ちょっと買い物をして、本当に帰宅。
 
 くーたんをずっと抱っこしてご機嫌を伺い、メールをチェックして、ソファに寝転がると、そのまま寝てしまった。
 久しぶりの長時間の運転は、結構疲れた。4時から起きてるし。
 
 ランチが重かったので、夜になっても腹が減らず、じゃあということで、抜く。
 
 帰宅してからずっとボンヤリ状態。やっと荷解き。
 風呂に入って、くーたんと遊んで、「タモリ倶楽部」は録画して、23時過ぎに就寝:
 
本日の体重:計らず
本日の摂取カロリー:1906kcal?
本日の消費カロリー:不明

2012年10月11日 (木曜日)

午後から甲府行き

 6時前起床。

 
 今日は午後に車を借りて甲府に行く。12日早朝の「お水取り」のために、前泊する。なんせ午前5時〜7時に甲府の武田神社に居なければならない。
 何故甲府なのかというのは、気学のいろいろがあってシロウトのおれにはよく判らないが、この時間に西の方位で飲んでも安全なお水が戴ける神社、しかもそこそこ距離が離れているところ、というと、甲府の武田神社かその近くの稲積神社ということになる。もっと遠方でもいいのだが……。
 
 それまで洗濯したりモロモロ。
 コーンフレークを食べる。
 
 「第4章」のメモを見て、構想を練る。というか、書くことは前章からの繰り越しなどがあって決まっているので、イメージを広げる。
 
 五百円玉貯金が貯まったので、銀行に預金しに行く。貯金箱には5万円ほど貯まっていた。それをヘソクリ専用口座に入れてから、メイン口座に移す。
 今年は、引っ越しなどで執筆ペースが乱れて、元々少ない生産量がもっと減ってしまった。これでは流石にちょっと苦しいのでヘソクリを算入。来年は執筆ペースを上げねば。
 
 帰路、「すき家」でハンバーグカレーを食ったが、後悔。ここでは牛丼を食うべきだった。
 
 帰宅して「第4章」のイメージを膨らませつつ、旅の支度。睡眠時無呼吸のための「C-PAP」をカバンに入れたり着替えを入れたり。
 
 洗濯物を取り込んで、留守の間のくーたんのご飯を用意して、レンタカー屋へ。24時間借りる。今回は「お水取り」だけだから、旅館で朝飯を食って、途中で昼飯を食うだけだから24時間で収まるだろう。
 
 14時25分にニッポンレンタカー北千住を出発。
 ETCカードを忘れてきたので、一度自宅に寄る。
 
 その後、相方を拾って、15時にスタート。
 首都高を経由して中央高速を西へ。
 
 中央高速って、サービスエリアがないのね。パーキングエリアはあるが。
 藤野パーキングエリアで小休憩。アメリカンドッグを食う。
 
 順調に進んだが、甲府が近くなると渋滞があるとカーナビが。
 そのせいか、かなり手前で高速から降りろと言われて、石和付近から20号線を走る。まあ渋滞回避なんだろう。
 
 17時20分頃、予約を入れておいた武田神社の裏手にある「積翠寺温泉・要害」に到着。ここは信玄公も浸かった温泉らしい。すぐ近くには信玄公が産湯を使った積翠寺がある。
 で、地形的に、気学的によい「パワースポット」らしい。どうせ泊まるなら市内の普通の宿じゃなくて、ここにしようと。温泉と甲府市内を見下ろす夜景がウリの宿。
 
 が。
 最初はおれ一人で予約をして、途中で二人に予約を変更したのだが、部屋が一人用の狭い六畳間に通されてしまった。予約変更を電話でした時、「広いお部屋が開いてますのでそちらに変更しておきます」と言われたのに。
 という事を部屋に案内してくれたおねえさんに話して、部屋の変更を要求。若い頃なら泣き寝入りして居たろうが、オッサンになってから、こういう事が言えるようになった。
 というか、安下宿みたいに六畳に二人は狭い。宿に泊まりに来てるんだし。

Mpic01

 
 ほどなく部屋を変えられて、広い十畳の間へ。
 落ち着いたと思ったら、即、夕食が運ばれてきた。
 トリの豆乳鍋に刺身に虹鱒の甘露煮など。山菜ご飯とほうとうも出てきたが、ちょっとご飯が足りないかなと思ったら相方がおにぎりを追加。おかげで超満腹。料理も美味しかった。名物にしている虹鱒の甘露煮はさすがの美味。
 
 食後、しばらく休憩して風呂へ。
 この宣伝写真の通り、夜景を眺めながら、ゆっくり浸かる。
 なかなかいいお湯で、ぬるめの温度設定なので長湯が出来て、冷めにくい。

Mpic03

 
 部屋からも夜景は見えたが、iPhoneではうまく撮れない。

Img_0894

 明日は4時起きなので、22時ごろに寝る。
 まだ暖房が入っていないので、ちょっと寒い感じ。
 
本日の体重:89.70キロ
本日の摂取カロリー:2500kcalくらい?
本日の消費カロリー:不明

2012年10月10日 (水曜日)

みっちり仕事、みっちりテニス

 元、体育の日。
 最近は祝祭日が移動して、よく判らない。っていうのはオッサンの証拠だろうなあ。
 
 6時過ぎ起床。
 
 朝のモロモロをやって、仕事開始。
 
 昨夜打ち合わせした事に基づいて書き進めようとしたが、遡って修正しなければいけないことが幾つかあるので、それを先に修正。昨日、寝る前にやったのだが、よく考えたら、もっと直しておかなければならないことが判ったので。
 これが結構な分量というか、前後関係的に簡単に直らないものだった(設定に関すること)ので、かなり時間がかかる。
 
 ブランチは、10時過ぎに近所で買ってきたおにぎり3つ。
 
 修正のあと、濡れ場。久々に書く。
 なんとか書き終えて、その後、昨日書いた分を読み直して手を加える。
 
 腹が減ったので、北千住駅前まで自転車で走り、「富士そば」でカレーライスとちくわそば。ああ、炭水化物コンボを食ってしまった。
 
 帰宅して仕事再開。
 これでなんとか「第3章」は終了。前半のカーアクション部分は現地に行って再確認してから手を入れなければならないが。
 午前中に終えて、午後は「第4章」の準備、とか思っていたが、ギリギリまでかかってしまった。いや、最悪、明日の午前中までかかるかと思ったので、まあよかったが。
 
 ちょっと休憩したいが、もう時間。先週休んだテニスのレッスンに行く。先週だって、頑張れば休まずに済んだのになあと思ったが、先週は雨だったので行くのが億劫になったのだった。今日も億劫だが、それを言い始めるとヒッキーになってしまいそう。
 
 で、テニス。
 レッスンはまあまあ。試合は、簡単なことに失敗したりしたが、ナイスなボレーを決めたり捕球も出来たりして、まあ、いい出来だったのではないか。
 やっていて、右足の肉離れした箇所が気になるが、今日も問題なく終了できた。
 
 プールは行かず、風呂に入って、スポーツクラブを出る。
 帰りに、久々に「喜多方ラーメン坂内・小坊師」で、喜多方ラーメンと餃子3つとライスのセットを食べる。今夜はこの店!と決めていたのだ。餃子も食べたいし、餃子を食べたらご飯も食べたい……。
 見事に大幅にカロリー・オーバー。
 
 帰宅して、くーたんのご機嫌を伺い、ご飯を用意。
 しかし、急激に疲れが出て、睡魔にも襲われて、「報道ステーション」を見ながら落ちてしまったので、「マツコ&有吉の怒り新党」は録画して、23時過ぎに就寝。
 くーたんと充分に遊べなかったので、くーたんは消灯後もドタバタやっていた。
 
 しかし、パキスタンで、タリバンが14歳少女を銃撃したっていう、あの事件は何だ!その少女はブログで正当なことを書いただけなのに、「欧米寄りだ」とかなんとか。こういうキチガイ集団をはびこらせているイスラム社会には心から失望する。こんな連中を支持して支援する奴らが相当数いるから、キチガイ集団は存続できるのだ。
 こういう事がある限り、中世から進歩できないイスラム社会には拒否反応しか起きない。
 
 世田谷の事件は、隣人同士の生活トラブルだったようだが……普段は温厚で民生委員でもあった80過ぎの元警官は日本刀を持っていて、遂にはトラブル相手のおばさんを斬り殺し、自分も自殺してしまった。意固地な老人同士の激突だったのだろうが……世田谷区野沢と言っても、広々した住宅街ではなく、古い家がかなり密集した地区だったのね。こういうところでは下町的なあれこれがあって、トラブっても「まあまあ」と割って入る人がいたりするもんじゃないの?高齢化と代替わりで、そういう人はいなくなったんだろうねえ。
 
 フランクフルト空港の高価な楽器にまつわる税関トラブル、どうも税関職員の中に、ものすごく堅物な、「規則絶対主義」「例外は絶対に認めない」ヤツがいて、臨機応変には全く無縁の、まさにゲルマン的役人の見本的人物が、すべてのトラブルの原因のような気がする。上司の財務大臣の指示に納得せずに大臣を告発したというから、凄い。
 ドイツ人は、強制収容所で「処理」したユダヤ人たちの書類をきっちり作って残してあったし、とにかく、正確無比に法律や規則を運用する役人の鏡のような民族だと思うが……。
 だったらドイツは、高名な音楽家が持っている楽器についての特例のような法律や規則を作ればいい。そうすればフランクフルト空港のロボットのような税関職員も大いに納得するだろう。
 
本日の体重:89.70キロ
本日の摂取カロリー:2826kcal
本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+245kcal/4096歩

2012年10月 9日 (火曜日)

みっちり仕事、みっちり打ち合わせ

 6時過ぎ起床。
 
 天気予報は曇りだが晴れてきたので洗濯したり、朝のモロモロ。
 で、仕事開始。
 
 相方からメモが届いたが、違う箇所のモノだったので、ならばと、自分で考えていた内容で書き進む。昨日考えていたことなので頭の中で練れていて、すいすい進む。
 
 ブランチは、スパゲティ・カルボナーラ。今日はこれだけで、あとは仕事に集中。
 
 注文してあったCDが届く。ブラームスのピアノ四重奏第1番をシェーンベルクがオーケストラに編曲したもの。近年人気が出てきたらしい。が、ちょっと前に探した時はどれも廃盤状態で、ロバート・クラフト指揮のものしか買えなかった。しかしこの演奏はまるでダメ。ただただ騒がしくてやかましい。シェーンベルクの編曲がやたら楽器を鳴らしてやかましいのだが。失敗作ではないかと思ったり。
 しかし、ドホナーニがウィーンフィルを指揮したものなら聴ける、いや、この編曲の美点を引き出したものではないかと思って注文したのだ。
 早速聴いてみると……。クラフト盤よりずいぶん流麗で美しい。でもやっぱりどがちゃか鳴っているところもあって、それはもうドホナーニの努力をもってしてもカバーできない感じ。しかしシェーンベルクはどうしてこんなど派手な編曲をしたのかね?
 
 仕事を続ける。
 何とか今日中に「第3章」を終えたい。
 しかし、全部は無理そうなので、書くのにパワーが必要な「濡れ場」は明日の午前に持ち越して、それ以外は今日中にやってしまえるよう頑張る。
 
 が、夕方、少々休憩。
 NHK-BSで録画した「恋人たちの予感」を拾い見しようと思ったが、やっぱり面白いので頭から見る。
 この作品は日比谷で見たんだよなあ。で、あんまり面白いので帰りに今はなくなった映画街入り口のCDショップでサントラを買ったんだよなあ。
 この作品は、映画史上屈指の名作だと思う。ラブコメ部門では幾多のクラシック作品を押しのけてダントツの一位ではないか?
 
 途中まで見て、中断。この作品はDVDを買ってあった。特典映像を見直そう。たしかカットされた場面とかがあったはずだ。
 で、METの「ピーター・グライムズ」をブルーレイに焼く。新国の公演も素晴らしいが、このMETも、主役がいい感じだしオケも鳴っていて、名演の予感。後からじっくり鑑賞しよう。
 
 wowowでやっている「日活100年」は裕次郎から小林旭に移ってきたが、渡り鳥や流れ者よりも若い時のアキラはコメディで光るんじゃないかと思っている。その代表作「東京の暴れん坊」もブルーレイに焼く。
 これはやっぱり傑作。快調の一語。演出も酒落ているし、アキラも凄くいい。そして、当時の銀座(映画に出てくるのは「日活銀座」だろうけど)がとても眩しい!
 
 洋画を見ると、ニューヨークやパリやロンドンといった街の魅力を存分に伝えてくれるが、日本映画で東京や大阪・京都といった街の魅力を見せてくれる映画って、どれくらいあるだろう?
 ほとんどない気がするのは、住んでいるから気がつかないのか?「恋人たちの予感」に出て来るニューヨークは、春夏秋冬魅力溢れる住んでみたい街に描かれているが……。と思ったら、「東京の暴れん坊」の舞台・銀座はとても魅力的だ。1960年の銀座が魅力的なのか、ちょっと離れないと「映画に描かれた街の魅力」は伝わらないものなのか。
 
 夜は、相方と打ち合わせ。
 町屋に出かける。
 サイゼリアで食事(パンツェッタと若鶏のグリルとサラダ類)をしてから打ち合わせ。今日既に書いた部分を含めて、相方からアイディアが出る。書き直す必要が出てきたが、その方が流れがすんなりいくし、盛り込むべき要素をきちんと盛り込めるので、書き直すことにする。
 「第3章」以降の展開も決める。
 
 23時近くに帰宅。
 くーたんにご飯を出し、風呂に入り、さっき打ち合わせた書き直し部分を記憶が新鮮なウチにやってしまう。さほど大幅な直しではなかった。
 
 で、1時過ぎに就寝。
 寝る時は暑いが、明け方は気温が下がって夏布団では寒い。そろそろ冬布団の出番か。しかし古くなったので捨ててしまったのだ。IKEAに行って新しいのを買いたい。
 
本日の体重:90.40キロ
本日の摂取カロリー:1723kcal
本日の消費カロリー:日常生活+α

2012年10月 8日 (月曜日)

気功したらノーベル賞

 5時過ぎ起床。完全に寝不足だが、目が覚めてしまった。
 こういうのは案配が悪い。目は覚めて二度寝出来ないが、ボンヤリと眠い。
 
 朝のモロモロのあと、仕事開始。朝が早いと仕事も早く始められるが。
 「第3章」の後半、メインの部分は相方のメモ待ち。先に書いてしまうと、あとで直さなければならなくなるので、二度手間を避けたい。
 で、他の部分を書く。
 
 何故かキョーレツに腹が減って、ブランチは、目玉焼きのっけご飯にインスタント味噌汁。
 
 午後になって、さっきメシを食べたばかりだというのに、空腹。これは太るパターンというかサイクルに入ってしまった。眠くて頭がボンヤリして腹が減るのは太るパターンなのだ。
 で、くーたんのご飯を買いに北千住東口へ。ちょうど昼飯時だったので、どの店も満員。
 帰路、北千住西口の商店街で特に安い弁当屋で250円の「唐揚げ弁当」を買う。
 弁当を買ってしまうと、急に食欲が減退するワガママなおれ。おれというか、おれの食欲。
 しかし買ってしまったので、帰宅して食う。250円だが、美味い。
 浅草の旧大勝館近くというか浅草演芸場近くにも極めて安い弁当屋があって、大勝館で快楽亭の録音をやっていた頃はよく食べたが……安いし美味いが、体臭が化学調味料になった。味の素などは無臭のはずだが、いかにも化学調味料、と言う匂いがカラダ中からしてきたのだ。特に、夏。
 それ以来、その店の弁当を食うのは止めた。
 
 仕事に戻る。
 後半メインの部分はまだ書けないので、その後の濡れ場の下書き。流れによって直さなければならないが、濡れ場が佳境に入れば少しの修正でいけるだろう。
 
 が、夕方、ダレてしまって、くーたんと一緒にソファで少し寝る。
 

Dscf0881

 夕陽が雲を照らして、虹が見えた。写真に撮ると、普通の夕陽のようにしか見えないが、肉眼ではかすかに七色が見えたのだ。
 
 で、今夜は気功。
 みっちりやる。久しぶりに「第一」をやると、結構ハードだったが。
 hana師匠から、九州旅行のお土産を戴く。栗饅頭と、太宰府の鉛筆。これは有り難いが、鉛筆は使ってしまうと減ってしまう。ケースに入れて飾っておこうか。
 
 気功のあと、いつもの「えいと」と思ったが今日はお休み。
 で、以前入ったことのある中華のお店へ。海鮮麻婆豆腐が無茶苦茶美味かった。
 
 いただきもの2冊をご紹介。
 江戸時代料理小説の先駆者でもある芦川さんの新作。

Photo

「包丁浪人(二)卵とじの縁」(光文社文庫)
 おれも時代小説を書いていた頃、「料理ものはどうですか」と言われたが、そんな難しいモノは書けませんとお断りした。その江戸時代料理ものというジャンルに先鞭を付けて、切り開いたのが芦川さんだったと後から知った。
 で、この「包丁浪人」は、家を出た旗本の三男坊が剣と包丁で難題を解決していくという「美味しい」シリーズ。
 その第2弾は、食い逃げ犯の事情を聞いて同情した主人公・新三郎のお節介の虫が騒ぎ出して……。
 

Photo_2

 こちらは聖さんの「気まぐれ用心棒」シリーズの第2弾。
「気まぐれ用心棒〜迷子と梅干し」(祥伝社文庫)
 いつも一筋縄ではいかない、ツイストの効いた時代小説をお書きの聖さんの新作は……身なりのいい侍たちが次々に襲われるという不穏な事件が連続するのに、用心棒の主人公は何故か、どういわけか梅干しを漬け始める。ぼんやり用心棒の冴える頭脳と剣。そして意表を突く展開!
 
 お酒はビール中ジョッキ1杯だけだったが、結構酔ってしまった。気功のあとはお酒が凄く回る。
 
 で、店内のテレビで、山中教授のノーベル賞受賞を知る。ちょうどみんなでノーベル文学賞をネタに駄弁っていたところだったのだ。
 村上春樹の受賞はどうなる?
 
 帰宅して、ちょっと仕事しなきゃと思ったが、寝不足と酒酔いで、くーたんのご機嫌を伺うので精一杯。
 シャワーを浴びて、1時就寝。
 
 おれに隠し子がいたが、それはくーたんだった、という妙な夢を見た。
 
本日の体重:90.20キロ
本日の摂取カロリー:2106kcal
本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+353kcal/5853歩

2012年10月 7日 (日曜日)

旧友たちと会う

 6時過ぎ起床。
 
 汚れていた窓ガラスだが、また雨が降って、汚れを洗い流してくれた。よく見れば汚れているところもあるが、大部分は自然の力できれいになった。
 ぷち「大自然の脅威」。これで窓拭きがサボれる。
 
 今日こそ「第3章」を終えてしまいたい。
 と、思いつつ……。
 なかなか書き進まないのは、何か問題があるのだろうか。何を書くかは決まっているが、どういうふうに演出するかが難しいのだ。
 
 思案しつつ、ブランチ。
 ホテルの朝食ブッフェで味を覚えた「ベーコンご飯」が食べたくなったので、弱火でじっくりとベーコンを焼き、海苔のようにして醬油を垂らしてご飯と一緒に食べる。
 美味い!美味いねえ。
 
 食後、仕事再開。
 少しずつ進み始める。やっていると、なんとなくほぐれてくるものだ。
 
 夕方、それでもダレてしまって、「アウトレイジ・ビヨンド」のサイトにある動画を全部見る。主要キャストのインタビュー、メイキングが面白い。
 たけし監督は「今回は言葉の暴力をやってみようと。東京弁と関西弁の怒鳴りあいとか」と語っているが、前作でも登場人物が「何だとコラ!」と渾身の力を振り絞って怒鳴り上げるのが面白かった。今回は、塩見三省の「怒鳴り上げ」が凄いと思う。
 こういうヤクザの「脅し上げ」は、見ていて笑ってしまう。役者たちが「こういうの、頑張らないと出来ないんですよね」と善人オーラを出しまくりつつ、凄い形相で怒鳴り上げるのはもう、子供の喧嘩のようで邪気に溢れて面白い。だから現場も凄く楽しかったそうだ。
 おれも、ヤクザの役はやってみたいもんなあ。「なんやとコラ。もういっぺんゆうてみいやコラ!」とか怒鳴ったら気持ちいいだろうなあ。
 
 で。
 時間。
 今夜は、旧友に会って病状を訊く。その事を友人たちにメールしたら「おれも一緒に会う」と言ってくれて、総勢5人になった。最初はおれと彼の二人でメシを食いながら話そうと思っていたが、こうなると居酒屋の方がいいかと、「食べログ」で店を探しておく。
 
 少し早いけど出発。
 目的地には予定の30分以上早く着いてしまったので、駅前を散策して、和民・魚民・白木屋・笑笑の各店のメニューをチェック。ラーメンも食える白木屋がいいだろうとアタリをつけておく。なんか、幹事体質だなあ、おれ。
 
 駅の改札で待っていたら、Eが登場。開口一番「仕事、馘になったよ」って。このトシになると大手への再就職はなかなか大変だ。どことも大変。
 大手に勤めるMは定年のことを心配するし……。
 インデペンデントでやっているHとおれは、まあ、その意味ではナニかなあ。自由業者は常に失業と紙一重なんだけど。
 主役のO登場。太って見えたので「いいモノ食ってるのか?」と訊いたら、薬の副作用だって……。悪い事を言ったと謝る。
 
 で、アタリをつけた白木屋に入る。Oは普段、食費を切り詰めているので肉が食えないというので、肉料理(鳥がメインだが)をどんどん注文。おれは久々にビールやサワーを飲む。
 文字にするとかなり深刻な状態だが、Oの喋りで聞くとお気楽な感じがしてしまう。精神的には落ち込まないくらいのほうがいいのだろうけど……。
 しかし今まで病名も付けられないから公的補助も受けられなかったのが、難病指定の病気だと判明したので、きっちり医療補助などを申請できる。これは大きな前進だ。
 しかし入院とかもしなければならず、そのためのカネも必要だろう。出来る限り力になるから、と言って別れる。
 というか、彼とは週1回会ってメシを食わせる約束もした。近いところに住んでいるから、まあ、これくらいはしよう。
 病気とか生活苦は、明日は我が身だ。他人事ではない。
 
 しかし、メール1本で集まってくれる友人というのは有り難いものだ。おれは別に集合をかけるつもりはなかったのに、集まってくれた。学生時代の友人というか友情は、本当に有り難いと思う。
 遠く横浜まで帰る友人もいる。北千住でみんなそれぞれ乗り換えるので、解散。
 
 22時過ぎに帰宅。どっと酔いが回った。
 「アシタスイッチ」を見る。山本寛斎と伊勢谷友介の異母兄弟のテレビ初対談。
 しかし結婚と離婚を(7回?)繰り返した彼らの父親って、どんな人物なんだろう?強烈な才能をもたらしたのだから、凄い人物なんだろうけど……。
 おれにも20歳以上トシの離れた異母兄弟がいて、その中の一人が芸術家で世界的な成功を収めているが、長らくヨーロッパで活躍していたせいか、おれが高校生になるまでその存在も知らなかった。そういう意味で、山本寛斎・伊勢谷友介の関係には他人とは思えない興味があった。
 ファッション業界で揺るぎない成功を収めた兄としては、俳優・映画監督・「リバース事業」と手を広げてどれも「ハッキリした成功を収めていない」才能溢れる弟の生き方が、凄くまだるっこしい。どれかに集中して大成功させろ!というが、伊勢谷は納得しない。
 たしかに、伊勢谷は活躍しているが、決定的な成功を収めているとは言いがたい。それに、「父親譲りの女好き」にも見えるのだろう。あれだけカッコよければ、ねえ。
 
 親の生き方というものは、どうしても子供に大きく影響する。これはもう、宿命というかなんというか、そういうもんなんだろうねえ。しかし、親の愛情をたっぷり受けたかどうかと言うことの方が決定的な気がする。おれはまあ、先に母親が死んだりして両親揃った期間は短かったが、それでも愛情はたっぷり注いで貰った。その事は、心から親に感謝している。
 
 錦織が優勝した試合のハイライトを見て、0時過ぎに就寝。
 
本日の体重:89.80キロ(一気に1キロも増えたのはバタピーのせいだ)
本日の摂取カロリー:2500kcal未満
本日の消費カロリー:日常生活+α

« 2012年9月30日 - 2012年10月6日 | トップページ | 2012年10月14日 - 2012年10月20日 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト