« 旧友の件で東大病院へ | トップページ | そりゃ、おれだって「いい顔」はしたい »

2013年1月23日 (水曜日)

情けは人のためならず、か?

 7時起床。

 朝、仕事の前に、昨日の東大病院のことについて、Oの伯母さんにメールを書き、Oの同級生たちにも同様の報告メールを出す。

 その後、相方と電話で打ち合わせ。「第2章」の構成をまとめる。

 で、再度「第1章」を手直し。それが終わってから、「第2章」に突入。

 ブランチは、またしてもパンケーキを焼く。あの優しい甘さが病みつきになってしまった。それとスクランブル・エッグとベーコン。ワンプレートには載らなかった。余った1枚は明日食べる。

 郵便局に行ったついでに、近くのお総菜屋で「ネギトロ丼弁当」を買ってきて食う。

 午後になって、Oの伯母から電話が来て、しばらく話している時に、O当人から借金を頼むメールが来た。昨日は「なんとかなる」と言っていたクセに、一夜にしてこうなるとは。

 この男は学生時代から堅実とはほど遠い暮らし方をしていた。とは言え、日々の暮らしについては堅実。要するに長期的展望が出来ないのだ。おれたちが見えていることを、コイツは自分のことなのに、見えていない。落語に出て来れば愛すべき人物になるだろうが、現実にいるとバカでしかない。

 で、先日もこの日記に少し書いたが……。

 情けは人のためならず、とは言うけど、頼られっぱなしと言うのは大いに面倒。というか、迷惑この上ない。かと言って、関係を切ってしまった結果、死んでしまったりすると、こっちが人非人になってしまう。まあそんな野次馬の無責任な戯れ言は無視すればいいのだが、目覚めが悪い事も事実。これって巧妙なトラップに近いなあ。人間なら援助しなきゃダメ、という無言の圧力みたいじゃないか。しかし、親兄弟はもちろん親類縁者でもない、仕事で長い付き合いがあったのでもないし、友人として長い付き合いがあったわけでもない。ヤツは与えられた可能性をことごとく無駄にしてシドニーに渡って30年間、向こうで勝手に生きていたのだ。そんな、ただの大学時代の友人に、どこまでしてやらねばならないのか?

 こっちだって裕福ではない。特に今は印税の端境期で、金がない。力を貸すにも限界はある。

 「情けは人のためならず」という『ことわざ』は、1960年代から誤用されるようになっているらしい。つまり、「人に情けをかけてやるのは、当人のためにならない」というハードボイルド的解釈だ。先日も読売の発言小町に、このコトワザを引いた人がいて、誤用の意味に解釈してトンチンカンに批判したバカがいたが……。実際問題、情けをかけてやると自分でナントカしようというよりも、助けてくれる人に頼ってしまう弱いヤツは多い。

 Oの場合は(たぶん治らない)病気&慣れない日本暮らしという二重苦ではあるので、非情に切り捨てる気にはならないが……それだって限度はある。自分は稼いでいるのに実母の援助をしなかった某芸人(彼の場合、「貰えるモン(生活保護)は貰うとけばええんや!」と言い放ったらしいことのほうが世間の反感を買ったのだが)とは違う。

 好きこのんで病気になったのではない、とか、働かない者は生きる権利はないんですね、とか書いてきたが、このくだりは完全に無視。そんな事をおれに言われても、腹が立つだけだ。おれだけにおぶさってくるな!

 と言いつつ、おれは結局はツンデレだし、おれ自身も困ったときに友人に頭を下げて借金をしてなんとか窮地を脱した経験もあるので、無碍には出来ない。ま、木枯らし紋次郎の心境ですな。ハードボイルドを気取っても、ハードボイルドに徹しきれない。考えてみれば、ハードボイルドのすべての主人公も、非情ぶってるけど非情に徹しきれずに事件に関っていくのだが。

 で、このやり取りで、大いに気持ちが乱れた。仕事上では、大いに迷惑なことだ。

 しかし、生活に困っている者が、生活保護を申請して、それが下りるまでの数ヵ月、どうやって生活すればいいのだろう?国や県、市は、このへんの「谷間の期間」をどう考えているのだろう?もしかして、この数ヵ月を「振り分けの期間」に設定していて、この間に脱落して死んでしまうのは仕方がない、と非情に割り切っているのかも……。

 夕方、くーたんと一緒に、少し寝る。

 で、起き出して、支度して、テニスへ。年末年始の休みと、寝違えて筋肉痛を起こしたのとインフルエンザで、3週間テニスをしていない。それで不安になって、今日も休んじゃおうかとふと思ったが、今日休むと、たぶん、ズルズルと休んでしまって止めてしまいそうだ。

 だから、行く。

 

 久々のテニスは、まあまあ。近くに飛んできた球を捕球出来なかったりしたが、コーチ相手の試合ではコーチ2人の間を抜くボレーを決められたし、まあ、いいんじゃないの?

 風呂に入る。露天は寒い。ゆっくり浸かる。

 夕食をどうしようか、考える。

 ゆっくり食べたいので、「ペッパーランチ」は却下。「ロイヤルホスト」は昨日、精養軒で食べたので却下。あっさり系で行きたいので、「喜多方ラーメン坂内・小坊師」か……。

 と思ったが、店の前で気が変わり、小坊師のとなりの「定食あずま」で、ミックスフライ定食を食べる。串カツ・アジフライ・コロッケの三点盛り。どこがあっさり系やねん!

 ちょっと多かったのは、胃が小さくなりつつあったのだなあ。この傾向は維持しよう。

 帰宅して、Oにまたメールを出す。とは言っても、社会に出てずっと、「キッチリした生活」を送ってこなかった者に、キッチリしろと言っても無理だよなあ。かと言って、その尻ぬぐいをおれがやる義理はない。人情は多少あるが、それだって限界はある。

 ということで、昼間の不愉快な連鎖に戻ってしまった。思えば、学生時代から、この男には迷惑をかけられていたんだよなあ。おれの車を壊しておいて弁償もしなかったし。

 菅官房長官の深夜の緊急記者会見を少し見て、0時前に就寝。「マツコ&有吉の怒り新党」は、今年に入ってから見なくなった。だいたいパターンが見えてしまったし、有吉の無知から来る偏見がキツ過ぎて同意出来なくなってきたし、この時間帯はモーレツに眠いが録画してまで見るほどのものでもないし。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2230kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+223kcal/3845歩

« 旧友の件で東大病院へ | トップページ | そりゃ、おれだって「いい顔」はしたい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56610510

この記事へのトラックバック一覧です: 情けは人のためならず、か?:

« 旧友の件で東大病院へ | トップページ | そりゃ、おれだって「いい顔」はしたい »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト