« 医者に行きたいが祝日 | トップページ | ほぼ、復活 »

2013年1月15日 (火曜日)

インフルエンザだった!

 20時間くらい寝ているので、5時に目が覚めた。

 日記を書いたりして、9時になるのを待って、病院へ。いつも睡眠時無呼吸症のツキイチ検診に行くところは遠いので、去年、くーたんに全治1ヵ月の傷を負わされたときに親切にして貰った近くの病院へ。

 道は雪が残っているが、自転車で走れないことはない。

 そういや学生時代に大雪が降ったとき、車で山手通りを走っていてブレーキを踏んだらスピンしてしまった恐怖体験を思い出した。その後の、バイクで坂道を下りていてスリップして転倒して、という体験もしたなあ。ほんの少しの進入禁止区間を逆走していてパトカーに見つかって逃げようとして転倒したこともあった。

 で、病院。

 まずはインフルエンザの検査。鼻に綿棒のようなものを突っ込んで、ぐにぐに。鼻水がついてしまって、恥ずかしかった。

 判定結果が出るまでしばし待ち、「インフルエンザです」と。5日間は外に出るなと。

 こうなると半分隔離された扱いになって、会計を待つのも別室で。しかも経理の人が来てくれた。

 すぐに薬局へ。ここでも処方箋が「タミフル」だと判ると薬剤師の人が来てくれて会計までしてくれた。以前はここまで半隔離扱いじゃなかったのは、世間的にいろいろと難しくなっているということか。

 この薬局の受付の女性が満島ひかりみたいな凄い美人なのに見惚れてしまった。しかし大きなマスクをしていて目と髪型しか判らないからなあ。以前も女性歯科技工士がもの凄く美人だったのでドキドキしたが、マスクを外したら誰だか判らなかった経験があるもんなあ。目しか出さないイスラム女性が凄く魅力的なのと同じ事か?

 帰路、トポスに寄って食料品を買い込み、トローチも買う。

 メシを作るのは面倒だし弁当も食べる食欲もないので、おにぎりとゆで卵で済まして、待望のタミフルを飲む。

 で……調べてみると、タミフルは発症後48時間以内に服用しないと、その効果は認められない、と。つまり、効かないってコト?

 発症したのは日曜のお昼前だったから、ギリギリ48時間以内とは言え……。

 こうなると、日曜・祝日に診察している病院を調べて診て貰うべきだった、と後悔。とは言え、日曜の段階だと、普通の風邪かもしれない症状だったし、風邪にしては治りが遅いなと思ってインフルエンザを疑いだした月曜は大雪で、外に出られない状況だったし……まあ、今回は仕方がないか。なんとか48時間いないには滑り込めた訳だし(ホンマか?)。

 タミフルはインフルエンザ・ウィルスの増殖を抑えるだけで、ウィルスそのものをやっつけはしない。

 あれ?じゃあ、インフルエンザって、どうして直るの?

 ウィルスは熱に弱いから、発熱が3~4日続くとどんどん減っていくということか。タミフルはその上に体内での増殖を抑えるから、治りが早くなると。

 そういや、インフルエンザの予防接種を受けておこうと思ってたんだよなあ。

 これも大きな後悔。

 頭は痛いし咳き込むし、起きているのは辛いので、寝る。寝るのは飽きたけど、本を読むのもシンドイし……。

 と、くーたんが布団に潜り込んできて、おれにピッタリ寄り添うように寝た。撫でてやると、「そんなことはいいから!」というように軽く噛まれた。くーたんはくーたんなりに役に立とうとしてるのかなあ。まあ、そう思うといじらしくて堪らないぞ。

 咳はまだしもくしゃみをすると驚いて布団から飛び出すんだけど。

 とろとろと時間が過ぎて、夕方。早めの夕食にする。今回もおにぎり。しかも、おかずなし。食欲がないのはヤバいなあ。

 ニュースを見る。

 補正予算で巨額の国債を発行するとのことだが、自民党は野党時代、国債の増発に反対して、復興予算の執行を阻んだんじゃなかったっけ?あの反対は、ただの党利党略だったというのを自ら証明したわけだ。民主党もガッカリだったが、自民党はやっぱり自民党だ。

 

 地上波は見るものがないので、BSを見る。街歩きはメルボルン。住みやすそうな街だなあ。

 しかし、起きているのが辛くなってきたので、20時過ぎに寝る。

 寝るのは飽きているのだが、やっぱり、眠りに落ちる。

本日の体重:計らなかった

本日の摂取カロリー:490kcal

本日の消費カロリー:日常生活以下

« 医者に行きたいが祝日 | トップページ | ほぼ、復活 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56552562

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザだった!:

« 医者に行きたいが祝日 | トップページ | ほぼ、復活 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト