« 「第2章」あげて気功 | トップページ | 「第3章」構成立ててテニス »

2013年1月29日 (火曜日)

何故か一日中眠かった

 7時起床。ちょっと寝不足。

 愛機・MacBookPro17を起動させると、メーラーが立ち上がらない。外付けHDDの1つを認識しなかったりするし、ちょっと動作が不安定になってきたので、メンテ。

 1時間ほど書けてメンテすると復調。

 

 朝のモロモロを済ませて、昨日書いた「第2章」を読み直し、手を入れて、自分的にはこれでいいと判断して、相方と祥伝社M氏に送る。

 11時近くになり、ツキイチの病院へ。

 待合室で、ばあさんが「薬だけ貰えばいいのにどうして待たなきゃならないんだ」とゴネるのを看護師さんや付き添いの人が「今はお薬を出すだけって出来ないの」とかいろいろ説明している。まあ、その気持ちも判るけどね。

 睡眠時無呼吸症の機械C-PAPに挿してあるメモリーカードを初めて分析すると、極めて良好な使用状態であることが確認された。実際、C-PAPを使い始めて、驚くべき症状の好転が一気に訪れたし。

 ペット用品店で便通にいいドライフードを買い、ブランチは久々に北千住東口の「味楽」で。海苔塩ラーメンに餃子にサービスの小ライス。ちょうど12時だったので、店は激混み。

 隣の男性が、やたらゆっくりと食べていた。

 帰宅して、「第3章」の準備をしようとするが、眠い。気功の明くる日は、時々無性に眠くなるときがある。それにしても、眠いぞ。

 今書いている「悪漢刑事10」を脱稿したら、奈良旅行に行く予定。「るるぶ奈良」も見ているが、奈良観光の一番の参考になるのは「鹿男あをによし」のDVDだ。このドラマはドラマとしてすこぶるよく出来ている上に、奈良の魅力・美しさを見事に伝えていると思う。ロケが上手いんだよなあ。1日かけて奈良公園をゆっくり散策したい。

 で、DVD-BOXの特典映像を見る。丁寧なロケ地紹介がなされているのだ。ついでに出演者座談会も見たり、「涙のクランクアップ」を見て貰い泣きしたり。連続ドラマでは「これをもちまして**さん、終了です」と花束贈呈があるのね。映画も撮影は長丁場だけど、出番終了順に花束贈呈なんてしたことがなかった。いやおれの経験なんて20年も前のものだから……最近はやるようになってるのかも。

 見ているうちに、くーたんを足にのっけたまま、寝てしまった。ちょっと寝た。

 夕方のニュースで「今、シェアハウスが流行っている」というのを見ていたら、シェアハウスとは名ばかりの、たこ部屋みたいなのが登場して、これもシェアハウスと呼んでいいのか?と首を傾げた。個室を確保しようと元々の部屋を細分化したり、オフィスだった区画を細分化したり。

 布団を敷いたら終わり、という狭いスペースだけが自分の部屋って、これ、たこ部屋じゃん。六本木とは言え、そんな狭さで月5万は高いだろ。まあ、入居者の自由だけど。帰ったら寝るだけの生活なら、安く六本木に住めるのはいいのかもしれんがなあ。

 「鹿男」の主人公は、元は旅館だった下宿屋に住んでいて、高校の同僚も住んでいて、朝から晩まで顔をあわせている。その共同生活の感じがなかなか魅力的に描かれていた。セットで組まれた下宿屋自体に趣があって面白い構造で、「住んでみたい」と思わせるモノがあったし。

 「最後から二番目の恋」の長倉家も、なんだかんだ言って仲のいい兄妹がわいわい住んでて、隣家も巻き込んだ共同生活だった。これもセットが魅力的で、こういう暮らしもいいだろうなあと思わせた。

 しかし、やっぱり最後は「自分だけの時間と自分だけの場所」がないと、おれは参ってしまうんだよなあ。東京に出てきて、大学のすぐそばに住んだら、演劇部の連中が毎晩のようにわいわいやって来て、参った。

 助監督を辞めてからは家に籠る生活になって、一日中、誰にも会わない日も多い。日芸再受験の時、玉大に行かなくなってずっと部屋で受験勉強をしたときも同じような生活だったが、あの時は人に会えない寂しさに苦しんだ。

 が、助監督を辞めて座業専業になると、その気楽さが嬉しくて、すっかり馴染んでしまった。人恋しくて「行きつけの飲み屋」を作ることもないし。いや、おれは、そもそも、「行きつけ」を作るのが好きではない。メシ屋はともかく、飲み屋だと店と客が妙にナアナアな関係になるのが好きではないのだ。というか、その前に、そんな関係になるほど通えないし、飲めないんだけど。

 とは言え、今の人には「共同生活幻想」はある。いやそれは、おれが学生の頃からあるよなあ。「俺たちシリーズ」なんか学生のシェアハウス生活(特に「俺たちの朝」)だし。って、このドラマも、舞台は極楽寺だったのか!「最後から二番目の恋」もそうだったし。どうして鎌倉というと極楽寺が舞台になるんだろう?駅前の感じが良くてロケしやすいからか?

 夜はウチに相方が来て、録りためた映画をなにか観ようということになっていた。で、食事は外でということで、北千住西口の、パチンコ屋の上にある「三間堂」という京料理の店に久々に行く。

 と、以前は広いフロアにテーブルを並べた「オープン形式」だったのが、改装して小部屋がずらっと並ぶ形になっていた。これもいいけど、狭っ苦しいんだけどね。奥にはちょっとした広間もあったけど。この感じが、さっき見た「たこ部屋シェアハウス」の感じに似ていたので、ちょっとおかしかった。

 京風おでんに海老のタルタルソース、季節の野菜の天ぷら、ブリのスモーク、豚バラの陶板焼きに、柚子おろしそば。ブリのスモーク以外、美味かった。

 で、相方が読んで面白かったという「リンカーン弁護士」の話を聞いて、弁護士についてあれこれ喋っていたら21時を回ってしまったので、今夜はDVDを見る時間はなくなった、ということで、解散。まあ、おれもヒジョーに眠かったし。

 帰宅して、「報道ステーション」を見て、風呂を省略して、23時に寝る。

 くーたんはずっとゴソゴソしていたが、とにかく眠いのだ。

本日の体重:90.00キロ

本日の摂取カロリー:1779kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 「第2章」あげて気功 | トップページ | 「第3章」構成立ててテニス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56657000

この記事へのトラックバック一覧です: 何故か一日中眠かった:

« 「第2章」あげて気功 | トップページ | 「第3章」構成立ててテニス »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト