« 重い扉がやっと開いたという感じ | トップページ | 試運転状態は続く »

2013年1月19日 (土曜日)

社会復帰第一弾は快楽亭の毒演会録音

 7時起床。

 またじわじわと睡眠不足のパターンに陥っている。

 調べてみると、「早朝覚醒」とかいうらしくて、これはやっぱり睡眠障害の一種。とは言え、寝る時間を早くすれば解決するし、昼寝をすれば幾分かは挽回出来る。でも、おれは昼寝が出来ないんだよねえ。

 本日は、前からの約束である、快楽亭の高座の録音がある。「インフルエンザで寝込んでおりまして」と順延のお願いをしようかと思ったが、快楽亭にも予定がある。この高座でこれをやって、次の高座でこれをやって、と。急に別のネタに差し替えるのもいかにネタが豊富で名人である快楽亭の師匠にしても迷惑な話だろう。

 かなり前に、〆切の関係でどうにも時間がなくなって、本番の数日前に録音をパスするお願いをしたら、留守電だった。で、メッセージを入れておいて、その後何度も電話したのだが、出てくれない。後から師匠の日記を読んだら「ワザと電話に出ない事で根負けして録音に来るんじゃないか」(大意)と思っていたらしい。そういう気配も感じたが、ここで負けては、今後こっちの希望が通らなくなる。なんせこっちは完全自腹の持ち出しで、徹頭徹尾の好意でやってるんだから、こっちの都合だって主張出来るだろう。仕事として請け負ってるわけじゃないんだから。

 というので、最初の伝言の通りに、録音には行かなかった。その時師匠はかなりパニックになって、その日の高座はメロメロになったと日記に書いてあった。

 今回はインフルエンザという立派な言い訳があるけれど、発症から5日目の夜だし、咳も出なくなったし、マスクをして録音本部から出ないんだから大丈夫だろう。

 ということで、予定通り行くことにした。

 それまで仕事。

 順調に書いていたが、ふと、詰まった。

 というのは、映画みたいに書こうとしていたのだが、「視点」の問題にぶつかったのだ。映画における視点と小説における視点の考え方は、違う。映画のカット割りみたいにイメージを展開して書いていたが、「あれ?」と思ったら、そこから進まなくなってしまった。(*この日記を書いている段階ではこの疑問は解消している)

 というか、この段階では視点の問題とは気づかずに、書いていて叙述的な違和感を感じたのだ。どこまで踏み込んで描写していいの?とか、どこまで描写すべきか?とか。

 あれこれ書いては消しの状態に。

 で、録音の支度もする。もう何十回とやって来たから、録音セットは押し入れに入っている。ミキサーやマイクはカバンに入れて持ち出すだけ、ケーブル類はスーパーの袋に入れて、これはカバンに入れればいいだけ。

 肝心の録音機として使うPowerBookが、そろそろ年代物になってきた。なんせG4マシンだからねえ。OSも10.5で走っている。G4マシンとしてはこれ以上バージョンアップ出来ない。

 しかしこのPowerBookは、録音機としていろいろ便利なのだ。なるべくなら使い続けたい。

 ブランチはトースト1枚にベーコンエッグ。

 

 午後、くーたんの好物・猫用カニカマがなくなったので買いに出る。そのついでにおれ用の弁当も買ってきて食う。

 セブンイレブンで新国「ナブッコ」のチケット発券をして貰おうとしたら、サークルKサンクス用の引き替え番号しか知らなかった。あれ?今までいつもセブンイレブンで発券していたのに、おかしいなあ。

 帰宅して調べても、よく判らない。たしかセブンイレブンで発券出来るように手続きが取れたはずなんだけどなあ。

 夕方、Macに向かったまま睡魔に負けて落ちてしまったので、ソファで1時間ほど寝る。足元にはくーたん。

 至福の一時。モーレツに心地いい昼寝。

 で、支度して、外出。

 荷物を引いて駅まで歩こうと思ったが、タクシーを捕まえて、そのまま上野広小路まで。用心した、と言うこともある。

 17時前に上野広小路亭、到着。

 30分で準備完了。

 本日は、

「こんにゃく問答」

「猿後家」

「夢金」

「淀五郎」

の4席。

 受付嬢が来ないので今日はブラ坊くんが受付をするというので、おれが鳴り物CDの操作をするハメになりそうだったが……開始寸前に救いの主が彗星の如く現れた。立川らく里さん!

 まずは師匠の口上。ここでマイク音量の調整をするが、今日は声の振幅が大きくて、リミッターを越える大声が何度も出て、音量設定に苦心した。

 プロのミキサーは細かく音量の調整をするのだが、おれはピークを見極めたら動かさない。その方が聞きやすいと思うし、素人が音量をいじると、その動きが判ってしまって興を削ぐんじゃないかと思うので。しかし今日はそんな事を言っていられない。自動で音が下がってしまったのを徐々に戻しつつミキサー側でメインマイクをちょっと絞ったり。しかし噺の中では登場人物のひそひそ話が続くので、ちょっと持ち上げたり。

 4席の中では、歌舞伎が大好きな師匠故、「淀五郎」にもっとも熱が籠り、盛りあがった。感動の一篇となった。


 らく里さんには手ぬぐいまで戴いた。録音中で、きちんと挨拶も出来なかった。大変失礼を致しました。

 後片付けをして、会場を後にする。時々、片付けをしているおれを追い出そうとするオヤジがいるが、今日の会場係のヒトはそんな失敬なことはしない。だからおれもきちんと挨拶して帰る。

 帰路、サークルKサンクスがあったので、チケットの発券をしようとしたが、この店ではカウンターで引き替え番号を告げるシステムではなかったのね。

 発券機に番号を打ち込まなければならなかった。すったもんだして、無事、発券。

 このまま大人しく帰って、部屋で何か食おうかと思ったが、それもナニだなと、「餃子の王将」に寄る。もう外食しても大丈夫だろう。

 焼きめしに餃子を頼む。

 ラーメンを食っている隣のオヤジが挙動不審というか多動性障害というか、まるで落ち着きがない。ナプキンを何枚も使ってやたらと口を拭うし、おれの皿を何度も凝視するし店内をキョロキョロするし。肝心のラーメンが全然進んでないぞ。もしかして張り込みの刑事?

 

 おれはさっさと済ませて店を出る。ちょっと多かった。焼きめしだけにすべきだった。

 で……帰りもタクシーに乗る。駅からの夜道が不安になったのだ。

 帰宅して、荷解きして、まず、大事な録音データをPowerBookからメインマシンに移す。未編集のデータはそこそこの大きいので時間がかかる。

 その間に荷物を押し入れに仕舞う。

 データは万全だった。

 月末でいいとのことだったので、しばらく寝かせておこう。

 くーたんにご飯を出してから、 風呂に入る。あ~極楽だぜぇ。

 TBSの「ニュースキャスター」でたけしが「大島渚ネタ」をやっていた。やっぱりおれは、この人と作品が苦手だったのだと再確認。

 そう言えば、先日の大雪で、芸術系の各大学のキャンパスでは学生がいろんな雪だるまというか雪像を作って楽しんでいる画像がたくさんネットに上げられているが、日芸のものが特に評判で、しかも、その中でも、白雪姫の像が秀逸と言うことで、学生課が「記念品をあげます」と雪像の足元にカードを置き、作者の学生は本当に学生課から記念本を貰った、と(←リンク)

 こういうのを見ると、さすが我が母校!と思う。シャレたことやってくれるじゃないの!

 まあ、おれも、学生課にはいろいろと世話になった。

 卒業制作で、オール日大の運動会の日に会場の国立競技場にロケに行って、「聖なる聖火台」周辺でアクション場面を撮った。

 ロケをする事自体は学校側に申請をしてあったのだが、まさか「聖なる聖火台」でヒーローと悪漢が殴り合うようなシーンを撮るとは誰も知らなかった。

 後日、国立競技場側から日大~日芸と抗議が来て、おれは映画学科の先生と一緒に学生課に謝りに行ったのだが……叱られた記憶が無い。たぶん「まー仕方がねーなー」的な感じで済んでしまったんじゃないか。粘着質なおれだから、無茶苦茶怒られたら今でも覚えているはずだし。

 日芸は、かなり自由だった。学食はまずかったが安かった。

 いい学校を卒業したなあ、という思いで一杯だ。

 で、「ニュースキャスター」では、渡辺えりのスキャンダルについてはスルーした模様。ま、このスキャンダルは全然興味ないし。

 0時過ぎ、就寝。今日は疲れた。

本日の体重:89.85キロ

本日の摂取カロリー:2501kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 重い扉がやっと開いたという感じ | トップページ | 試運転状態は続く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56582512

この記事へのトラックバック一覧です: 社会復帰第一弾は快楽亭の毒演会録音:

« 重い扉がやっと開いたという感じ | トップページ | 試運転状態は続く »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト