« モーレツに眠かったので | トップページ | 仕事してテレビ見て »

2013年1月 5日 (土曜日)

どうも肋間神経痛みたい

 7時前起床。外はまだ暗い。

 洗濯をしつつ、資源ゴミを出す。

 姿勢や力の入れ方の加減で、右脇腹から背筋が痛い。この痛みは腰痛に似ている。

 ストレッチをすると幾分和らぐし、起きてから動き回っていると幾分ラクになるが。

 どうもこれは筋違いとか寝違いとかではなく、神経痛ではないかと思い至って、ネットで調べてみると、なんか、「肋間神経痛」のようだ。

 そう言えば、ちょっと前にカイロで「これは神経痛ですね」と言われてショックを受けたことを思い出した。あの時は「ついに神経痛を患うトシになったかと思って衝撃を受けたのだ。

 それの再発か。

 9時になり、カイロに電話してみるが、出ない。9時30分になってもう一度電話してみるが、出ない。10時に念のために電話してみるが、出ない。診療は月曜からか。ならば自力でなんとかするしかない。

 とりあえず、在庫があったバンテリンの湿布を患部に貼るが、場所的にうまく貼れない。これは軟膏みたいなのを買ってくるべきか。

 ブランチは、お雑煮を作って、1杯。目玉焼きにご飯。

 昨日、書き出した「第1章」を書き続ける。

 いい感じで飛ばして、シリーズとしてのこれまでの経緯をうまく使って導入部に出来た、と思ったが、読み返すと、この場面に必要な緊張感に欠けている。

 どうしたものかとしばし考える。

 くーたんのご飯がなくなったし、バンテリンも買いたいし、ということで、外出。

 北千住東口に行って、キャットフードを買い、ついでに「はなまるうどん」に寄って、きつねうどんを食べる。理想はきつねうどんの小におにぎりだったのだが、おにぎりが切れていた。

 帰路、トポスの薬局で、バンテリンの新製品「クリームゲル」を買う。ゲルとクリームのいいところ取り、らしい。

 モチも買いたいが、こういう店ではたくさん入った物しか売ってない。余ったモチにカビを生やさせたくないので、少量を買いたいので、あえてコンビニで買う。

 帰宅して、洗濯物を取り込む。今日は晴れのはずだったのに、一日中曇天だった。こういうの、なんだか悔しい。どうせなら晴れたときに干して、おてんとさまの光を一杯洗濯物に浴びさせたいじゃないの。ま、布団じゃないからいいけど。

 SMAPの番組を見る。「国民が知りたいドラマのあれこれ」みたいな企画で、主演級の女優や男優を呼んで、共演の相手を好きになったことがあるかとか、忘れられない名場面があるかとか聞いていくが、集めた男女優が多すぎて、黙ったまま(編集で切られてしまった)の人が多すぎて残念。この半分でいいから、じっくり話を聞きたかった。

 仕事再開。

 緊張感を出して、その後に控える展開の伏線にしなければならないので、書き直す。最初の試行錯誤は必要なので、ここはじっくりやる。

 と。

 19時開始だと思っていたテレ東の「ローカルバスの旅」が18時30分からだと知って、テレビの前へ。まあ録画しているのだが。

 このシリーズは大好きで、欠かさず観ている。しかし四国一周の旅の後、2回も放送しているのに、すべて見逃してしまった。だから、「回を重ねて作るのが難しくなってるんじゃないか」「あまりに過酷な旅なのでレギュラーの太川陽介と蛭子さんが嫌がってるんじゃないか」とか思っていたのだが、何の事はない。おれが見逃していたのだ。

 このシリーズは、「国内版イッテQ」。山登りとかそういうことではなく、ひたすら路線バスを乗り継いで目的地に辿り着く。そのドキュメント。しかしこれはかなり過酷な旅で、バスがなければ何キロも歩かざるを得ないし、宿も自分で探す。

 太川陽介は驚くべき人格者で、どんな局面でも怒らない。怒ってしまうと旅が続けられなくなるし、そのところだけをカットしても影響は残るから、かなり我慢しているのか、人間が出来ているのか。常に明るく、真面目にルートを考えていろんな判断をしていく。このシリーズを見始めて、おれは太川陽介を尊敬している。

 蛭子さんはいい加減で、バスに乗ったら寝てしまうが、意外なところで活躍して一行のピンチを救ったりするのが面白い。まさにトリックスター的な活躍をするから見逃せない。

 紅一点の女性ゲストが、なかなか健気なのもいい。

 トイレとかどうしてるんだろうかと心配になる。男は立ち小便出来るが、女性はそうはいかないもの。そういう部分ではスタッフがフォローしてるんだろうけど。女性タレントを道ばたにしゃがませるわけにはいかないし。

 で、今回は新宿から新潟・萬代橋まで。

 最大の難所、歩いて越える三国峠で、夜になって雪も降ってきて、新潟側にある旅館の送迎も受けられない。旧道のトンネルは狭くて歩道部分がないに等しい。

 これまでにない万事休す状態。

 が、ゲストの田中律子が奥の手を出した。近くの温泉旅館の女将と友達なので迎えに来て貰うと。

 貝掛温泉。

 おれも以前行ったことのある、なかなかいい温泉だ。また行きたいと思いつつ、機会が無かった。

 が、その日は休館日!しかし泊まるだけならということで。

 このくだり、多少ズルい気もするが、まあ、仕方ない。田中律子がいなければ、この時点で終了になったしまったかもしれない。(もしくは、現場のスタッフ判断で「危険なので特例でタクシー使用OK」になったかも)

 到底時間内で新潟市内までたどり着けないと思われたのだが、意外なドンデン返しで、見事、萬代橋に到着!

 いやあ、このシリーズは毎回面白い。時にミッションに失敗してしまうことがあるのもリアル。

 

 で、時々キッチンに行ってお雑煮を温めて餅も焼いて、食べながら見る。今夜はモチ2つのお雑煮だけ。

 その後、NHKの「朝ドラって何?」の終わりの部分を見る。「ちりとてちん」はずーっと面白かったのに、最後の最後で大外しされて、最大のガックリドラマだったなあ。しかし「カーネーション」はやっぱり朝ドラ史上の最高傑作だと思う。

 

 ちょっと口寂しかったので、ポテチとトリュフ・チョコレートを食べてしまった。

 その後、マツコが「**vs.**」の決着をつける、という番組に見入ってしまった。千葉と埼玉、どっちが上?とか、そういう他愛のない対決だが、「富士山の表って、静岡?山梨?」は本気になった。「どっちでもいいと思っている東京都民50人」に聞いて多数決をとったら、25対25のの同数で引き分け。でも……今までずっと静岡側の富士山の方が美しいと思っていたけど、山梨側の方が穏やかで神々しい感じがしたなあ。

 マツコのツッコミがやっぱり面白いので見ていたら、徳島の後輩Aから電話。オーディオの話から原発の話になり、政治の話になる。

 長電話していると、くーたんはどういうわけか、暴れる。ドタバタと部屋中を走り回ってキャットツリーを上ったり降りたりして「にゃお~ん!」と鳴いたり。こっちに注目しろ、と言うモーレツなアピール。

 

 電話を切って、やりかけだった「第1章」冒頭部分の書き直しを済ませる。まあ、今のところはこれでいい。遂行の時に整えよう。


 しかし、除染のテキトーさ加減に最終処理がまったく決められない状況の上に、アベの「原発推進発言」(その後修正されたようだが)と、原発については考えていると本当に腹が立つ。ゴミをきちんと処分出来ないのに、これ以上ゴミを増やし続ける施設を作れると思っているのか?まずは最終処理場をきっちり決めてからだろ。この件をきちんと処理出来たら、おれはアベを熱烈支持することにやぶさかではないぞ。

 風呂に入る。温まると痛みはかなり和らいで楽になる。やっぱり神経痛かのう。

 バンテリンを塗り、1時過ぎに寝る。早寝しようと思ったのに、早くも失敗。理想は23時には就寝すること。

本日の体重:91.00キロ

本日の摂取カロリー:2177kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« モーレツに眠かったので | トップページ | 仕事してテレビ見て »

コメント

通りがかり失礼します。
以前血糖値のことを書かれていたと思いますが、その後どうなったでしょうか。
睡眠時無呼吸症候群で医者にかかっておられるそうですが、血糖値のことを伝えた結果、検査をしたり、薬を追加したり変えたりしたでしょうか。睡眠時無呼吸症候群の治療を看板に掲げた内科医は、意外と消化器系に弱い人が多いので、もしかするとその方面からすればの話ですが「ヤブ」かも知れませんのでご注意を。
もし血糖値に関わってきますと、当然のことながら血液検査で膵臓の状態を見るでしょうが、どうもそのかかりつけのお医者さんはそれをなさっておられない様子。
場合によっては膵臓からくる右背部痛だった場合は、肋間神経痛などと悠長なことは言っておられません。もうひとつ考えられるのは、腎臓です。肝臓は最後に壊死するまで痛みがないことも珍しくないので、この場合には肝臓とは無関係だと思われます(胆石は別ですが)。
少しお太り気味で、血糖値も高め、糖尿病予備群と言われたことがあるならば、痛みの原因はやはり第一に膵臓(膵炎の可能性が……)、第二に腎臓を疑った方がいいと思います。
もちろん、単なる筋肉痛や寝違いなどであればいいのですが。
一刻も早く、内科ではなく消化器科に行った方がよろしいかと存じます。

有り難うございます。
去年の暮れに人間ドックを受診しまして、血液検査や腹部エコーなど一通りの検査をしまして、特に問題はありませんでした。血糖値も正常の範囲内でした。
膵臓は、食べ過ぎなどの後、固くなっていることがままありました(カイロプラクティックで判ったのですが)。
しかし、感じとしては、前回やった神経痛ととてもよく似た症状で、今朝になって痛みも和らいできました。
次回、病院に行くときに医師に申告して検査などをして貰おうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56479796

この記事へのトラックバック一覧です: どうも肋間神経痛みたい:

« モーレツに眠かったので | トップページ | 仕事してテレビ見て »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト