« 雪が舞っている〜第3章アガリ〜ロバート・キャパ | トップページ | 眠くて堪らない1日 »

2013年2月 7日 (木曜日)

「第3章」直して光文社の打ち上げ

 8時起床。

 朝のモロモロのあと、相方から届いたメモを元に、「第3章」を直す。

 すぐ直せると思ったので、ちょっとサボりの気持ちが働いてしまって、気が散る。午前中に散髪に行こうか、とか。髪の毛が伸びてまとまらなくなって、自分でも不快になってきたのだ。

 全編を書き上げてから、と思ったけど、不快な状態を我慢することもなかろう。

 ブランチは、ご飯を温めて、白菜の漬け物・目玉焼き・ちりめんじゃことインスタント味噌汁で。

 新国立劇場来期の先行予約の書類を書いたり、トリノ歌劇場来日公演の先行発売日を確認したりしてから、腰を上げて、「第3章」の直しにかかる。

 やってみると、思案する箇所があったが、それもほどなくクリア。

 午後に相方に送り直す。

 その後は、「第4章」の検討。

 テレビをつけると国会中継をやっていた。

 民主党政権時代は、なんか、ハラハラしながら見てたんだよなあ、国会中継。アベ政権になって、いわゆる「重鎮」がいなくなって、世代交代を果たした感があるが、そつなくやってるなあという感じ。

 「ミヤネ屋」では歌舞伎の話題。ものすごくかいつまんだ「歌舞伎界のお話」。成田屋・高麗屋・澤瀉屋・中村屋の家系図を紹介していたが、どうして音羽屋の説明がないんだ!成駒屋とか播磨屋とか松嶋屋にまで話を広げるとそれだけで放送時間がなくなってしまうだろうが、音羽屋に触れないというのはないだろう!

 で、中国のレーダー照射に関して、日本が勝手に騒ぎ立てていると、人民日報系の新聞が騒いでいると。まあ、そういう言い方をして自己正当化するのは中国のいつものやり方だ。

 が、今問題になっている北京の深刻な大気汚染。それも日本のせいだ、日系企業の工場のせいだと言い出しているのは腹立たしい。自国のミスをすべて反日感情を利用して日本のせいにしてチャラにしようとしている。

 まあ、ネットはかなり賢明で、そういうバカマスコミの煽動には乗らずに、自国政府が悪いという線で落ち着いているけれど。しかし、何時発火するか判ったものではない。

 腹立たしいと言えば、東電の、国会事故調へのウソの説明で、「非常用復水器」の実地調査を妨害した件。朝日が報じて毎日やNHKも後に続いたが、読売はさすがに鈍かった。なかなか報じなかったが、やっとこさ、報じ始めた。

 この東電の態度はなんだろうね。言い訳も出来の悪いガキの弁解みたいだし。こんな説明じゃ納得出来ないだろ!国会事故調を騙したんだぞ。国会ももっと怒れ!

 マーマレードを塗ったトーストを食べて、仕事に戻り、「第4章」の流れを頭に入れる。

 そうこうしていると、外出の時間。

 今夜は、1月刊だった光文社文庫「蜜計」の打ち上げ。年末年始はいろいろ忙しくて、今日まで延びてしまった。

 浜町~人形町界隈には趣のある店が多いので、その辺のお店を担当T氏が選んでくれる。

 一番行ってみたかったお店が去年の暮れにオーナーの家庭の事情で閉めてしまったのがとても残念。感じがとてもよくて、一度入ってみたかったのだ。お客さんも多くて、まさか閉めてしまうとは思ってもいなかった……。

 ちょっと早めに出て、びゅうカードのポイントをSuicaに移すことにする。これまで貯まったポイントは景品に換えてきて、ペンギンのタオルとか貰ったのだが、手続きを怠っているウチにポイントを失効させてしまった。しかしポイント移行をすれば失効はナシになる。

 しかしこのポイント移行は駅にあるキカイじゃないと出来ない。なので早めに北千住駅に行く。

 いろいろややこしくて時間がかかることを想定していたのだが、あっけなく終了。

 30分も時間が余ってしまったので……駅構内の「小諸そば」で盛りそばを食べる。掻き揚げも付いていないから一番カロリーが低い。打ち上げまで空腹で我慢出来なかったせいもある。

 しかし、小諸そばの盛りそばは、なんだかソウメンに近い食感と味。もっとゴツゴツしていた方が「そばを食った」感じがするなあ。

 相方と合流して、都営線を使って東日本橋。今夜のお店は、浜町・東日本橋・人形町からほぼ等距離らしい。でも地図で見ると浜町が一番近いんだが。

 19時ピッタリにお店「トラットリア・コッレ」に到着。

 スパークリングワインで乾杯。ほのかな甘口で美味しい。

 おれは炭火焼き鶏とイタリア野菜のサラダにウニのクリーム・スパゲティに牛頬肉の赤ワイン煮。どれも上品で結構な味。あ、それにあん肝のクリームスープが凄く小さなカップで出た。

 今は「悪漢刑事」で頭がいっぱいであることを担当T氏は察してくれて、次回作の話はまた今度にしましょうと言うことで、いろいろと雑談。歌舞伎の話になる。しかしまあ、「荒事」というのは、菊五郎が言ったように、荒唐無稽というかかなり無茶苦茶で、理性があったら出来ないよなあと思うが、歌舞伎は伝承芸能でもあるのだから、やらなきゃね。

 代々受け継がれる「型」だが、それに比較的自由だった中村屋(事実上、先代が創設したようなものだから)は、勘三郎の「型」を作り上げようとしていたと思う。その矢先の死……。

 デザートは、クレーム・プリュレ。実に美味い。

 話は弾んだけれど、酔っ払ってしまって、けっこうしんどくなってきたので、お開き。

 そのまま3人で人形町まで歩いて、その道中、ちょっとスケジュールの話など。なんせ数がこなせないので、安請け合いが出来ない。迷惑を掛けてしまうし。

 日比谷線に乗ろうとしたら、北千住方向は階段を下りて上った向こう側だと判ったので、方針を変更して都営線に乗る。来たときは青砥経由の大回りだったが、帰りは押上で東武線に乗り換えることにした。

 で、押上。駅構内を歩いていたら「ソラマチ」の表示があったので、ちょっと地上に出てスカイツリーを眺めることにした。でも、もう遅いのでソラマチの店は全部閉まっていた。

Img_1038

 至近距離で見上げるスカイツリー。

 せっかくなので(と言うこともないが)、東京スカイツリー駅まで歩いて、東武線の各停に乗る。

 北千住に戻って、歩くのがちょっとシンドイ。タクシーに乗ってしまおうかと思ったが、いかんいかん。贅沢は敵だ。印税が入るまでまだしばらくある。ここは質素倹約に励むべし。

 歩いて帰宅。くーたんがお出迎え。

 くーたんにご飯を出して、風呂に入る。酔っ払ってこのまま寝てしまおうかと思ったが、汗をかいたので。

 久住さんの影響で、明日はふらりと電車に乗って湘南の陽光を浴びたいなあと思うが、ま、行ったとしても秋葉原かな。

 1時ごろ就寝。

 朝日新聞の書評にもの凄く悪く書かれた夢を見て飛び起きるが、そんなことはあり得ない(娯楽文庫は取り上げられないし、悪口だけ浴びせられる本はそもそも掲載されない)ので、再び寝る。

本日の体重:90.70キロ

本日の摂取カロリー:3067kcal

本日の消費カロリー:日常生活+423kcal/7333歩

« 雪が舞っている〜第3章アガリ〜ロバート・キャパ | トップページ | 眠くて堪らない1日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56720882

この記事へのトラックバック一覧です: 「第3章」直して光文社の打ち上げ:

« 雪が舞っている〜第3章アガリ〜ロバート・キャパ | トップページ | 眠くて堪らない1日 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト