« 相方のMacBookをバージョンアップしつつ映画鑑賞 | トップページ | 深夜の衝撃 »

2013年2月 2日 (土曜日)

なかなか予定通りには進みません

 7時起床。

 今日は部屋に籠って仕事に集中しようと思うが、図書館にリクエストしていた資料が用意出来たとのメールが来たので、外出しなければ。夕方にしよう。

 ブランチはご飯を炊いて、卵かけご飯にしらす、キュウリの漬け物、インスタント味噌汁。

 食後、録画した「タモリ倶楽部」を見る。ハンドクラフトでピンマイクの送信器カバーを作ろうという企画。この送信器、いっこうに小さくならないね。技術が進歩して、ピンマイクに全部の機能が入ってしまわないのか?バッテリーの問題があるから無理か。

 ブランチを挟んで仕事をするが、どうも集中出来ず。じゃあ何をしていたのかと言えば、何もしていない。

 昨夜、風呂に入るのを省略したので気持ちが悪い。しかし今はいると眠くなって仕事にならない。散髪もしたいが、時間が惜しいので、書き上げるまで我慢する。腹が減ってきたが、外出まで我慢する。

 という、ちょっとした我慢が重なって、なんだか凄く不快。


 不快と言えば、震災復興資金を東北以外の地域で「流用」している事を批判していいる社民党が、自分のところの「社会民主会館」の耐震審査とか取り壊し費用に、復興資金を使ったし、使うんだと。これについて、社民党はノーコメント。朝日以外のマスコミも扱っていない。左大嫌いの産経新聞も扱っていないのは、自分のところでも資金の流用をしてるからか?

 社民党がこの件についてダンマリを決め込むのはフェアじゃないだろ。批判するなら自分は身ぎれいじゃなきゃ、説得力ゼロだ。

 結局、書き進められずに、調べ物をする。 捜査資料の閲覧の実際とか。いろいろと出てきたのを片っ端から保存する。

 ネットでやる調べ物も、以前はノイズが多くて本当に玉石混合だったが、最近はグーグルの能力が向上したのか、キーワードを指定するおれの能力が向上したのか、かなり能率良く調べたい事にぶち当たる。

 が、腹も減ったので、17時ぎりぎりに外出しようと思っていたのを、15時過ぎに繰り上げ。

 外に出てみると、もわっと温かいのでビックリ。3月下旬か4月上旬の気温とニュースで言っていたのがこれか。部屋の中より温かいぞ。薄いブルゾンでピッタリだった。

 図書館で本を借り、その足で北千住東口の「珍来」に行ってチャーハンと餃子を食べる。ここのチャーハンは量が多い。けど残すのはもったいないので全部食べる。

 帰宅して、ええいもう、と風呂に入る。

 上がってから、夕刊を読んでいたら、そのまま寝てしまった。ま、ちょっと寝不足だったし。というか、最近は、ちょっと外出すると疲れてしまう。今日なんか、買い物とあんまり変わらない外出だったのに。これはいかんぞ。基礎体力が低下しているからだ。

 晩飯は家で軽いものを食べて、昼飯は歩いて外に出て食べるようにしたほうがいいか。

 起きて、調べたことを読み直していると、実に面白い記載を発見。これは使える。

 進まなかったのは、展開にヒネリが足りず単調になっていると思っていたからなんだな。それがハッキリせずにモヤモヤしていて「なにか足りない」と思えるまで時間がかかるのは悪いクセというか修行が足りないのだ。もっと早く病根を見つけられるようにしなければ。

 まあ、解決策が見つかったときに病根も同時に判って「そうだったのか!」となるのだが。

 遅まきながら、進み始める。

 が。

 伏兵がいた。くーたんだ。遊んでくれとうるさい。夜は、一緒に寝るか、猫じゃらしで遊ぶか、とにかく構ってやらないと、根気よくずーっと鳴き続ける。それがまた実に可愛い声で鳴くし、可愛い光線を全身から発してごろんと横たわって、こっちに誘いをかけてくる。お前はヴァンプか。

 

 で、仕事をしたいのはヤマヤマだが、遊んでやる。

 くーたんは納得して大人しくなったので、仕事再開。

 ヒネリを加えたくだりを書き終えると、21時。NHKの「メイドインジャパン」の時間。録画予約はしてあるが、オンエアでも見たい。

 で。おお、さすが岸部一徳。一筋縄ではいかない。いろんな思惑が交錯する世界(というか、どんな社会の一断片を切り取ってもいろんな思惑が交錯しているけど)を実に明快に描いていくのはさすが。下手に描くと、何がなんだか判らなくなって消化不良になるのだが。

 意外な人間関係、意外な「穴」。リチウムイオン電池の発火問題という最新のネタを扱っているのが凄い。まあボーイング787のトラブルとは偶然の関係だったんだろうけど、タイムリーすぎて、凄い。

 こんな盛りだくさんなドラマなのに、全3回というのが信じ難い。

 番組サイトの視聴者の感想掲示板を見ると、現役ビジネスマンが「作り方が雑すぎる。技術盗用を問題にするなら、もっと理詰めの交渉をするはずなのに、ほとんどフリーハンドで相手方に乗り込むのはおかしい」という投稿があった。まあおれは、ドラマなんだから、時間の制約もあるしスッキリ明快に描くには整理や省略は必要だし仕方がないと思う。ハッキリしたウソをつくのは問題だが、「本当ならこうするのに」という程度の「荒っぽいまとめ方」は仕方がないと思っている。でも……「証拠書類」を相手に叩きつけて、相手が顔色を変えながらも「これのどこが証拠だというのです?」と突っ撥ねる展開にしても時間にして数分の違いしか無いだろう。たしかに「荒っぽすぎる」という指摘は正しい。

 そうならないように、自作ではきっちりやろうと自戒しているのだが。

 読者諸兄の建設的ご比判・ご教示をお待ちしております。

 とはいえ、極めて濃密な75分。

 その後、仕事を再開して、なんとか書き進めようとしたが、脳味噌はもう閉店状態。眠い。

 グッチ裕三の美味そうな鍋と〆(鍋の残りをあんかけにしてご飯にかけて「あんかけご飯」にする。これは凄いアイディア)を見て、さすがだなと思った。杉浦太陽の肉巻き野菜鍋(シャキシャキ野菜を肉で巻いてしゃぶしゃぶ状態にして食う)も美味そうだったけど。

 夕方に早々と夕食を済ませたので、腹が減ってきたが、我慢。

 で、また深夜に地震が発生。23時17分の地震だが、こっちが揺れたのは2分後くらい。遠くで起きた大きな地震特有の揺れなのが不気味。

 しばらくNHKの地震速報を見る。大事にならなかったのは良かった。

 しかし、本当に地球は活動期に入ったのは明白。特に日本は311の余震がまだ残っているし、新たな地震も起きやすくなっていると。そんな狭い日本で、アメリカより大幅に緩い基準で原発を作って稼働させるなんて、暴挙としかいいようがない。この、原発建設基準の日米の違いはあんまり報道されないが、アメリカの基準で行くと、事実上、日本には原発は建設出来ないんだぞ!

 

 その後、ダラダラとテレビを見てしまった。タンザニアのチータ母が子供のために懸命に狩りをして、狩りの仕方を教える様子が涙ぐましい。けど、獲物になる側から描くと、チータは悪者になるんだよねえ。

 「NHK日テレ60番勝負」も見たかったが、0時50分開始なのですっぱりと諦めて、0時過ぎ就寝。


 それにしても、AKB峰岸の「丸刈り謝罪」には大きな違和感を覚える。それを流したAKB「管理スタッフ」の感覚は相当におかしい。パリ撤退後、ドイツ協力者の女性を丸刈りリンチして路上で晒し者にした映像やユダヤ人強制収容所で丸刈りにされたユダヤ人女性の映像がWる。

 リンチ指導が当たり前のスポーツ界(日本古来の武道や相撲は「スポーツ」じゃないんだから西洋のスポーツの基準を当てはめるのに躊躇すると書いたスポーツライターは、じゃあ武道や相撲の世界では日本独特のリンチ指導が当然だと主張するんだな?)とか、今回の「アイドルの丸刈り謝罪」とかを見ると、日本って、インドやパキスタンや中東の「未開国」を嗤えない、と思う。人権が軽すぎる発展途上国に観光旅行は絶対にしない、と決めたが、日本だって実際は大差ないのだ。さすがにレイプの罪は重くなったし社会の目も厳しいが、その根底にある「暴力との迎合」「人権意識の希薄さ」は南アジアや中東諸国とさほど変わらないじゃないか。

 そう思うと、ガックリしますな。

 鉄拳でしか指導できない無能な指導者は去れ。それで強い選手が育たないのなら、日本人は暴力で支配されることを好む国民性なのだと証明することになるぞ。

 アイドル業界だって、ああいう制裁をしなくても、ファンがそっぽを向けば人気は下がるだろうに。人気が下がったらAKBをクビにすればいいのに。

 妙な精神論は、邪魔だし、害毒だ。そんな非合理なものは駆逐せよ。

 「メイドインジャパン」の主人公になった夢を見た。東南アジアに押されて苦境に陥ったメーカーの一員。かと思ったらテレビの美術さんでチープな電飾を作らなければならなくなったけど、ミニ電球をチカチカさせる仕組みが判らなくて馘になりそうになったり。まあ、仕事が進まなくてヤバいという心理の反映だ。おれって本当に単純明快で判りやすい人間だよなあ。

 

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:1893kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 相方のMacBookをバージョンアップしつつ映画鑑賞 | トップページ | 深夜の衝撃 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56686352

この記事へのトラックバック一覧です: なかなか予定通りには進みません:

« 相方のMacBookをバージョンアップしつつ映画鑑賞 | トップページ | 深夜の衝撃 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト