« 冨田勲と団十郎と気功 | トップページ | クレカの利用明細はきちんと確認しましょう »

2013年2月12日 (火曜日)

「愛の妙薬」を観て、あちこち

 9時起床。

 久々に寝坊したが、これくらい寝ておかないと睡眠不足は続いてしまう。

 朝のモロモロをやっていると、すぐにお昼。

 今日は新国立劇場の「愛の妙薬」のマチネーを見に行く。

 焼いたソーセージをパンに挟んだのを食って、出かける。

 駅で相方と待ち合わせて、半蔵門線~新宿線で初台。

 「サブウェイ」でサンドウィッチを食べるが、13時過ぎだったので混んでいて、ずいぶん待たされた。

20005643_1

 で、「愛の妙薬」。このオペラはもう何度も観ているが、一番記憶に残っているのが、藤原歌劇団の公演。空港のデューティ・フリー・ショップというかデパートのブランド品売り場を舞台にした茶目っ気たっぷりの演出が本当に楽しかった。しかしこれを、かの赤川次郎先生(読み替え演出が大嫌い)はすごく貶していたのだ。あの演出は大好きで、ハリウッド映画調の「連隊の娘」と並ぶ、ナイスな演出だと今でも思っている。

 新国の演出はそういう茶目っ気はないが、「Elsir」の大きな文字をセットに使ったモダンでスマートな演出。色使いがカラフルで絵本の世界のよう。

 「Elisir」ってなんだ?と思ったら「妙薬」だったのね。

 この前の演目「タンホイザー」では散々だったらしい東響も、イタオペでは無類の素晴らしさを聞かせる。今日もウットリするような音色。

 しかもシラグーザは当代一のネモリーノで、愛嬌たっぷり。アディーナのニコル・キャンベルもいいし、ドゥルカマーラのレナート・ジローラミは、客席が揺れるような声量で素晴らしい低音を響かせる。日本勢もよくて、ベルコーレの成田博之、ジャンネッタの九嶋香奈枝も大変結構。

 あんまり気持ちがいいので、午後の睡魔が襲ってきたりして。

 美しい音楽、素晴らしい歌声を聞きながらウトウトするのは至福の一時。贅沢なうたた寝。

 終わった後、新国立劇場から渋谷に向かう臨時バスに乗ろうと思ったら、今はもう臨時バスって廃止になったのね。夜公演では出る、という情報もあるがこれは2001年のモノだし(けど、ソワレの公演の後、バスが待っているのを見た記憶が……)、臨時バス停の表示が裏返っていたから、当分、走らないのだろう。

 で、路線バスの停留所を捜して、しばしウロウロ。新国のそばの名物そば屋の近くにあった。

 これに乗って、渋谷へ。時間があるので、六本木ヒルズの森美術館でやっている会田誠の美術展に行こうと相方が言うので、まあ話題になってるし観ておくかということで、渋谷を経由して六本木に行こうと。

 

 バスは代々木八幡を過ぎて、 NHKの裏を走って神山商店街の細い道を走る。この感じはなんだか昭和30年代みたい。

 文化村の脇を抜けて公園通りに出て、渋谷西口。

 六本木ヒルズへのバスは東口から。しかし工事中でバス停の位置がかなり変わっている。51番のバス停が何処にあるか判らない。案内すらないという不親切。田舎者には判らないぞ。

 バス停はようやく見つけたが、火曜日は森美術館は早く閉まってしまうことが判明。

 しかしまあ、せっかくだし、ヒルズで何か食って帰ろうということで、ヒルズへ。

 今だに六本木ヒルズの構造が判っていないので、しばしウロウロして、メトロハットの地下二階にいろいろ店があるということで、向かう。

 カレーか親子丼か「ワークアウトプレート」か、という選択で、なんとなく胡散臭い感じの「ワークアウトプレート」にする。

 ここはジムの隣のカフェで、低カロリー高タンパクな料理を出す店で、別に怪しいところではなかった。

 5種類のおかずを選んで、玄米ご飯。おれはスープとサラダもつけた。まあ、たしかに、低カロリー・高タンパクな食事で、これが常食になればダイエットに効いて筋肉もつくんだろうなあと思ったが、なんかの治療食食みたい。塩分控えめだったので、がんがん塩を振ってしまった。

 で。

 まだ18時。そういや、御徒町でテニスバックを買いたかったことを思い出した。今使っているのは10年選手で、そろそろあちこちが傷んできた。テニス用品を売っている店は少なくて、ラケットやシューズはあってもバッグを置いている店は少ない。ムラサキスポーツはテニスをほとんど扱っていないし。テニススクールをやっているのにスポーツクラブの売店にも置いていない。

 もう疲れたという相方を説得して、六本木から新御徒町へ。新御徒町の駅は新しくなって恐ろしく複雑になった。もっと改良するのかな?なんか下手くそな配管みたいな通路。

 で、めざす「アートスポーツ」の場所が判らなくてウロウロ。iPhoneで調べて、ようやく判った。

 松坂屋のパーキングビルを改装したのね。凄くキレイになっていた。前はショボい雑居ビルに隠れるように入っていたのが、今は凄いぞ。

 

 いろいろ選んで、一番シンプルなものに決めたら、相方がバレンタインデーのプレゼントにしてくれると。

 日本式の「チョコの交換(それも男からは月遅れ)」というお菓子メーカーの陰謀には乗らず、本来の「プレゼントの交換」をしようと相方と話していたのだ。おれも相方に贈らねば。

 御徒町から京成上野まで歩いて、京成線で帰ってくる。

 21時過ぎに帰宅。

 くーたんにご飯を出す。

 

 北朝鮮が地下核実験をしたと。しかし本当に核実験だったのか疑う雰囲気が。

 それより、山陽電鉄の事故の方がおれには衝撃だった。踏切からはみ出たトラックの荷台に特急が激突。障害物検知器が作動しなかったらしい。先頭2両が脱線して駅のプラットフォームに乗り上げている光景は凄い。近隣の家も破壊したし。これで死者が出なかったのは不幸中の幸いだった。

 トラックの運転手がバカだったとは言え、この踏切は以前から同じようなトラブルが起きていたというのに、何にもしなかったというのが問題ではないか。

 東電の虚偽説明と虚偽釈明も、やっぱりウソで固めてきた東電か、と思う。しかし国会に社長を参考人招致したのに、質問したのは辻元清美だけって、どういうこと?国会の調査権を踏み躙られたというのに、他の党はスルーか?

 非常時復水器の状態がどうだったのはとても重要なんじゃないの?

 組織的隠蔽ではないというなら、当時の企画部長を証人喚問して吊し上げるべきだろうに。

 どのニュースも北朝鮮の核実験に時間を割いて、この2つのニュースの扱いが小さいのには腹が立った。石原慎太郎の右翼老人のボケた質問なんか、放送する価値はないだろうに。

 風呂に入ってくーたんと遊ぶ。

 お気に入りのネズミのオモチャを咥えてスタスタ歩いてくるくーたんは、本当に可愛い。

 遊んでいたら0時を過ぎたので、寝る。

 1時前就寝。

 相方とロンドンに行って、ヒースロー近くに取ったホテルからロンドン市内までタクシーに乗って「ロンドンでは雪は降るの?」という話をしていたら内容がどんどん変わって、先代の片岡仁左衛門の家(そのへんの一般的な住宅街……小さな家がぎっしり建ち並んでいるアレ……にある)に遊びにいってお菓子を貰うという奇妙な夢を見た。この夢に隠された意味があるのか?

本日の体重:91.55キロ

本日の摂取カロリー:1763kcal

本日の消費カロリー:526kcal/9043歩 

« 冨田勲と団十郎と気功 | トップページ | クレカの利用明細はきちんと確認しましょう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56756082

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛の妙薬」を観て、あちこち:

« 冨田勲と団十郎と気功 | トップページ | クレカの利用明細はきちんと確認しましょう »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト