« 沈思黙考の1日 | トップページ | いろいろやって、気功 »

2013年2月24日 (日曜日)

構想はまとまったけど……

 6時過ぎ起床。

 最近は意識して早起きしている。

 天気がいいから洗濯しようと思ったが、明日は気功があるので洗濯物が出る。だったら明日やろうと先送り。

 トースト1枚食べて、仕事開始。

 「第5章」を書き始めようとするが、書き出しをどうするか、考える。

 何気なくつけたNHK-FMで、ジャン・フルネの追悼というか回顧特集をやっていて、ショーソンの交響曲を初めて聞いた。

 素晴らしい!

 反射的にアマゾンを検索して、放送で流したフルネ/オランダ放送フィルのCDを注文。

 まだまだ知らない曲が多すぎる。

 このほかに、ビゼーの「真珠取り」から「耳に残る君の歌声」も。このアリアは素晴らしく美しい。ほれぼれ。

 もちろん、曲を聴きながら沈思黙考。

 考えると腹が減ってきたので、スパゲティを食べる。「アサリコンソメのスープスパ」が2人前だったので、パスタも2人前茹でる。ま、1人前じゃ足りないので。

 出来上がりに海苔をチラしてチーズもかける。美味い!

 トマトも食べる。

 相方から「第5章」のメモが届く。

 エピソードの順番が変わっていたので、戻そうかと思ったが、いろいろ考えると、この方がいいかもしれないと判断。相方のプランを採用する。

 そうこうしていると、14時。日曜の14時は、NHK-FM「きらクラ!」を聞く。

 ふかわりょうは最近、「ラヴェルを再発見した」らしい。それはよく判る。以前聞いて「ふーん」と思った曲を、年を経てから聴き直したら「こんな名曲だったのか!」と突然良さが判る事を。ふかわりょうは「亡き王女のためのパヴァーヌ」の良さを再発見というか再認識してハマっているらしい。

 おれはラヴェル自身が編曲したオーケストラ版の方が好きだが、ピアノ版もいい。

 ゲストのロシア人ピアニスト、イリーナ・メジューエワさんが好きな曲ということで、またビゼーの「真珠取り」から「耳に残る君の歌声」がかかる。素晴らしい美声だが、朝聞いたものとは歌い方が凄く違う。ちょっとゴツゴツした感じ。しかしこれがあのアルフレード・クラウスの歌声だったのね。素晴らしい美声。

 16時まで、他のこともせずにきっちり聞く。熱心な視聴者だねえ。

 どうも今日はスイッチが入らない。

 ならば、思いついたアイディアやフレーズをメモというかコンテに書き足しておこう。

 17時を過ぎて、早めの夕食に出る。

 北千住西口の商店街にあるラーメン屋で、「麻婆豆腐」の定食と餃子を頼む。

 美味くない。ここは先日(む?先週の日曜だったか?)来て、担々麺を食って美味しくなかったのだ。麻婆豆腐も不味かった。もっとピリッとしてなきゃ。ま、鶴亀飯店と比べるのは気の毒か。でも、もう来ないかも。いや、チャーハンを試してみてから決めよう。

 昨日の快楽亭のネタおろし独演会は上方落語特集で、その一席で、おれが大好きな新作落語「まめだ」をかけたらしい。

 この新作は、三田純市氏が桂米朝のために書いたもので、おれが聞いたのは文化放送の落語会で、米朝師匠の孫弟子に当たる桂吉坊の口演。

 初めて聞いたのだが、もう、泣けて泣けて。

 どういう噺かは、こちら(←リンク)でどうぞ。

 吉坊さんの高座は、とにかく「豆狸」が可哀想でいじらしくて切なくて、その姿が目に浮かぶような柔らかで繊細な語り口だった。ラストはもう、民話というか、文学。

 この一席で、おれは吉坊さんのファンになった。なかなか落語会には行けないけれど……とにかく素晴らしかった。

 噺自体の完成度も高いし、素晴らしいものだけど、吉坊さんも素晴らしかったのだ。

 落語を聞いて、こんなに泣けるものはない。「芝浜」でも涙ぐんじゃったりはするが、この「まめだ」は、もっと素朴に泣ける。というか、小動物ものというか、こういう可哀想で切なくていじらしい噺は、おれの涙腺のツボなのだ。それをストレートに刺激されてしまった。山田太一/大林宣彦の「異人たちとの夏」に匹敵する、もう泣けて泣けて困るものなのだ。この感覚は極私的なものなので、他人とは共有できないかもしれない。

 で、麻婆豆腐を食いながら、その「まめだ」の噺を思い出してしまったので、涙を堪えるのに苦労した。アラフィフのオッサンが泣きながら麻婆豆腐を食ってるのは異様だもん。下手したら通報されてしまう。

 帰り道も、思い出してしまって、泣くのを堪える。

 で、帰宅して、ソファの上で寝ていたくーたんを抱きしめた。

 こういう風に泣いてしまうと、恐ろしくエネルギーを消費してしまう。腹も膨れたし……。

 で、テレビを見ながら寝てしまった。

 ウトウトしながらニュース~「鉄腕ダッシュ」~「シルシルミシルサンデー」をボンヤリ見る。

 いや~しかし、読売新聞は「安倍首相はアメリカの心を掴んだ」と訪米を大絶賛。しかし朝日は「難問山積」と。読売のヒイキぶりが露骨。まあしかし、あれほど高値に張り付いたままでどうにも出来なかった円高が、日銀総裁人事をネタにしただけでみるみる下がったのは凄い。これで電気や電子機器が競争力を回復してブイブイ言わせているサムスンとかを駆逐できれば、アベさんは名宰相と呼ばれるんだろうが。今のままの慎重運転が続けば、の話だが。

 NHK教育テレビ(Eテレなんて呼んでやらない!)の「らららクラシック」で、先日のN響の「マーラーの7番」を放送。この公演はとにかくひどかった、と評判になったもの。しかし聞き慣れていないから、どこがどうひどいのか判らないと思ったので、見ず。

 仕事をしようとしたが、やっぱり捗らず。

 じゃあもう、仕方がないと、ダラダラ。モーレツに眠い。

 くーたんと遊ぶ。

 

 「バイザシー」という、海のそばに住みたい人のための雑誌があることを知る。サーフィン雑誌の別冊。いいねえ。住めないけど。で、バックナンバーを2冊購入。海のそばの賃貸なんてないもんねえ。

 23時就寝。

本日の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2200kcal

本日の消費カロリー:日常生活+127kcal/2130歩

« 沈思黙考の1日 | トップページ | いろいろやって、気功 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56836443

この記事へのトラックバック一覧です: 構想はまとまったけど……:

« 沈思黙考の1日 | トップページ | いろいろやって、気功 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト