« 新三郷でベッドを買って湯河原でお水取り | トップページ | ラジオとテレビざんまいの1日 »

2013年3月30日 (土曜日)

Mac関係の大整理!

 7時過ぎ起床。

 今日は9時30分にカイロの予約をしてある。ずっと診て貰っていた先生が独立するので、今日が最終日。餞別でもと思っていたが、時間がなくて買えなかった。独立して自分の治療院が開店したときにお祝いを贈ろう。

 自転車でカイロに向かっているときに、相方から電話。今夜ウチで映画を観ることにする。

 施術が終わって、名刺を渡す。開店はGW前後らしい。東武線のせんげん台というのが遠いんだよねえ。

 

 松屋で朝食を食べてから帰る。いつもは目玉焼きとソーセージなのだが、今日は焼き魚に半熟卵をつけた。この方がいいかも。いや、野菜が足りないか。

 帰宅して、徳間のプロットを考える。湯河原で何かを掴んだ気がしたのだが……。

 MacBookPro17の再整備をやる。この前はOS10.6.8の「セット」を移したのだが、うっかりして内蔵HDDにパーティションを切り忘れてしまった。後からパーティションを切り直せるソフトがあったはずだが、見つからないので、やり直すことに。

 まず、iMacとMacBookをThunderboltのケーブルで繋いで、MacBookを「ターゲットモード」で再起動。これでiMacの外付けHDD状態になったので、iMacからパーティションを切る。650GBと100GBに分割。大きな方にOS10.8を入れるが、まったく何もない状態のHDDに10.8を新規インストールする方法が判らないので、MacBookについてきたディスクから10.6をインストールしてから10.8にバージョンアップする方法にした。

 で、これは無事成功。その他のファイルなどについては、このマシンを使わなければならなくなったときにiMacかTimeMachineから最新のものを移行させればいい。

 で、懸案の10.6環境。

 今はiMacに繋がっている外付けHDDに60GB程度までスリム化した10.6.8環境が入っているので、これをそのままMacBookの100GBのパーティションにコピーすれば完了。

 しかし、「ディスクユーティリティ」ではコピー先のHDDの容量はコピー元より大きくなければならない。今10.6.8環境が入っているのは1TBのHDD。他のソフトを使っても、大から小にコピーできないことが判明。

 じゃあどうするか?

 新たに10.6をインストールし直して、これだけ動けばいい「HPのプリンター関係のソフト」をインストールし直してやることにする。

 実行。

 しかし、動くはずなのに、動かない。

 そう言えば、10.6環境では、HPのソフトのOCR機能は動かなくて、あれこれやった末にやっと使えるようになったのだった。

 ということは、現状でこのOCR機能を動かしたいなら、やっぱり元の状態をそっくりコピーするしかないのだ。

 手動でコピーすると、不可視ファイルなどがコピーできなくて、ダメ。

 考えた末に、「カーボンコピー・クローナー」を使うことにして、最新版を捜してダウンロード。シェアウェアになっていたが、30日間は無償で使える。

 で、空いている外付けHDDに100GBのパーティションを作って、ここに10.6.8環境をカーボンコピー・クローナーを使って、コピー。それが出来るなら直接MacBookの内蔵HDDの小さなパーティションにコピーすれば良さそうなものだが、きちんとコピーできるかどうかの予行演習を兼ねた。

 結果は成功。

 今度はその100GBのパーティションから、純正の「ディスクユーティリティ」を使ってMacBookの小さなパーティションに再度コピー。

 多分、これを読んでいる人は、説明が上手くなくて、何のことやら判らないかもしれない。ま、読み飛ばしてください。

 

 夕食は、ご飯を炊いて、スパムとキャベツの炒め物を作り、残り物のきんぴらゴボウやヒジキも食べる。これ、賞味期限はとっくに過ぎているが、火が通ったモノだし、大丈夫でしょ。

 美味いので、ご飯をお代わりしてしまった。

 試行錯誤した結果は、大成功。玉突きコピーの結果、なんとか広い部屋から狭い部屋に荷物を押し込むことに成功。

 キモであるOCR機能も見事に使えるようになった!

 だが、iMac関係の配線に問題があることが判明。問題と言うより不便。改良の余地がある。スキャナー兼用のプリンターを2台のマックで使い回す時もあるだろうから、その場合、プリンターのUSBケーブルを簡単に抜き差しできるように配線を換えようとしたら……。

 もの凄く複雑なことになっていて、簡単に接続を換える事では解決しないことが判明。外付け機器の電源をiMacに連動させるタップを使っているので、その関係でもの凄く複雑になっているのだ。その上、ケーブルの取り回しの問題もある。

 頭を捻っていると、相方が来てしまった。

 相方には、奈良旅行に備えて、「鹿男あをによし」のロケ地紹介特典映像を見て貰っている間に、USBケーブルの問題を解決。

 iMacに接続している1TBのHDDは1台はバックアップのTimeMachine用の追加に、もう1台は予備のために空のまま待機させていくことにする。


 Macのことはなんとかなったし、ロケ地巡り映像も相方に見せることが出来て、万々歳。飛鳥についてはもうコースは決まっているが、奈良市内はどうするか、夕食をどこで食べるか、全然決めていなかったのだ。

 で、wowowで録画した「エル・ブリの秘密─世界一予約が取れないレストラン」を見る。

 毎年新たな、極めて独創的な料理を出すために、店は冬の間閉めて、その間、新しい料理の開発に没頭する。

 しかし……美味しそうじゃないし、食欲が刺激される見た目でもないんだよねえ。「驚き」が最大のテーマだとはいえ。

 もの凄く大勢のスタッフが厨房にいるから、値段も目玉が飛び出すほど高いんだろうし。

 しかし。

 よく見ていくと、日本料理の影響がとても強いことが判ってくる。食材も、柚子とか柿とか抹茶とかみかんとか使うし。醬油はすでに西洋料理ではポピュラーな調味料だが。

 器も和風が多いし、ごく少量の料理をもの凄く多種類出す、というのは懐石料理そのものじゃないか!西洋料理の、メインディッシュというような概念はないのだ。

 最後の方で、抹茶をそのままたててお茶として出していた。

 これ、「変わり日本料理」と言っても通用するほどに、日本料理に極めて接近している。

 3000円くらいなら食べてみてもいいけど、どうせコースで10万くらいするんでしょ?まあ、この店は既にないわけだけど。

 相方帰って、風呂に入ったりしていると2時になってしまったので、慌てて寝る。

本日の体重:91.20キロ

本日の摂取カロリー:2433kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 新三郷でベッドを買って湯河原でお水取り | トップページ | ラジオとテレビざんまいの1日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57072493

この記事へのトラックバック一覧です: Mac関係の大整理!:

« 新三郷でベッドを買って湯河原でお水取り | トップページ | ラジオとテレビざんまいの1日 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト