« 脱稿したっ! | トップページ | 赤坂歌舞伎「階段乳房榎」にMETライブビューイングの「リゴレット」の豪華ハシゴ »

2013年3月13日 (水曜日)

西日暮里によって、テニス

 8時前起床。

 晴れているが風強し。

 朝のモロモロを済ませて日記を書いてしまうと、待機状態。

 今日のおれの使命は、相方から確定申告の書類を預かって、おれが面倒を見て貰っている税理士さんに届けること。

 その書類が整うまで、待機。

 朝は例によって厚切りトーストにコーンフレークにゆで卵。

 寝室に入れるラックをどうしようかと寸法を測ったり。

 いろんな会社のものを調べたが、ウチの現状にぴったり填まるのは無印良品だけ。

 が、その無印良品でも、ウラまであるボックス型とラック型がある。ラックの方が半値以下なのだが、奥が素通し。壁際に置くとは言え、どうしたものか。

 山崎春のパン祭のポイントを集めているのだが、計算違いをして、とっくに25点集まっていた。

 なので近所の店にお皿を貰いにいく。

 外はもーれつな風。この前の「煙霧」が発生したときより強い?イヤあの日は外に出なかったんだっけ。

 店でお皿を無事ゲットして、昼飯もついでに食うことにする。

 以前一回だけ入ったことのある中華屋さんで、麻婆豆腐定食。味はまあまあ。でも安い。

 帰宅。

 東北大震災の慰霊式典に韓国大使が欠席した件、「単なるミスで韓国大使館側が招待ファックスが英文だったので捨ててしまった。震災の際は韓国も多大な援助をしたのだから重要な出席者として日本側が再度確認すべきだった」とか責任を日本側に擦り付けてきたぞ。しかし同じ日にあった新国立劇場「アイーダ」初日のレセプションには各国大使に混じって韓国大使もいたことが判明。

 なんじゃこりゃ。

 韓国政府って、なんでも日本のせいにしたいんだね。

 欠席したのは「政治的理由」にしたかったけど、ことがことだけに、そういう理由は通らないと判断して急遽でっち上げたんじゃないの?ま、この「単純ミス」という理由にしても、韓国以外の大使はキチンと出席したんだから、韓国大使館の関係者はそれなりの処分を受けるべきなんじゃないの?

 で。

 相方の書類が整ったので、受け取りに行く。

 今日はテニスなので、そのまま曳舟に行くつもりでテニスの準備をして、出発。

 相方から書類を受け取り、西日暮里へ。

 iPhoneのGoogleMapに住所を打ち込んで検索して歩き出したら、何故か全然違うところを指示されていた。まあそう遠くなかったので、後は自分で道を探して、無事到着。

 GoogleMapも、時々間違える。それは以前から。全面的に信用してはいかん。

 で、ビルの前で住所を確認していると、管理人らしき人物からチラシ投函屋と間違えられてしまった。テニスバッグを背負ったチラシ投函屋っているのか?

 で、税理士さんに書類を渡して、ちょっと説明をして、辞去。

 予定より早く済んでしまった。テニスまで時間がある。

 いつもはテニスが終わったとに晩飯を食べていたのだが……先に食ってしまうか。

 駅に向かう道に、「おかず作り置き」の大衆食堂を発見して、モーレツに食いたくなってしまった。

 「揚げたてアジフライ」に惹かれるものがあったが、目玉焼きのせハンバーグにしてしまった。

 この「おかず作り置き」の店は、店によってシステムが違うので、ちょっとまごついた。

 で、食っていると、若い白人3人組が店の前で思案してから入ってきた。この難解な店のシステムを君らは理解出来るかな?

 しかし店の人が機転を効かせて、注文したものを運んでくれていた。う~んジャパニーズ・ホスピタリティ!

 味はまあ、そういう感じの味。

 で、西日暮里から曳舟へ移動。

 JR西日暮里のプラットフォームに上がったら、今しもドアが閉まりそうな山手線がいた。時間は余るほどあるのだから、1本待てばいいものを、駆け込み乗車してしまったら、ラケットが閉まるドアに引っかかって、車内でよろけてしまい、目の前にいた女性のお尻に手が触れてしまった。

 咄嗟に謝って事なきを得たが、場合によっては痴漢呼ばわりされてしまったかもしれない。ま、状況がハッキリしていたし反射的に謝ったから、なんとかなったけど。しかし恥ずかしい。

 

 日暮里で降りて京成線に乗り換え、靑砥でも乗り換えて、京成曳舟。

 

 ずいぶん早くスポーツクラブに着いた。

 で……。

 やっぱりテニスの前にメシを食うのは良くない。反省。

 というか、確実に、胃が大きくなっている。インフルエンザで寝込んで、さすがにモノが食えなくて、体重が90キロを割った時は胃が小さくなった実感があったのに。その後は1週間に1章あげるペースで仕事をした(おれとしては、これは驚異的ハイペースなのだ)分、「食いたきゃ食う」方針にしたのと、山崎春のパン祭のお皿が欲しくて、せっせとパンを食べ、朝飯を食うようになった結果だろう。

 これからは胃を小さくしなきゃ。

 テニスはまあまあ。というか、バックボレーが最悪。今日はメチャクチャ下手くそ。何故だ?

 テニスの後、プールで泳ぐ。

 その後、風呂。

 これでおとなしく帰ればいいのに、やっぱり身体を動かすと、腹は減るんだよなあ。とは言え、そんなに食いたくもない。もりそばか半ラーメンがあれば……。

 結局、「喜多方ラーメン坂内小坊師」で野菜たっぷりのラーメンを食ってしまった。野菜たっぷりとは言え、焼き豚もたっぷり入っていた。ここの焼き豚はとても美味いからなあ。

 帰宅したら部屋は真っ暗。昼間に出かけたので、部屋の明かりを全然つけていなかったのだ。

 くーたんにご飯を出し、ねずみのオモチャで遊びつつ、ネットのニュースを見たら……。

 維新の会の西田とかいう議員が、今どき原子力村の御用バカ学者でも言わないような「微量の放射線は無害」論を展開していたぞ。記事はいずれ削除されるかもしれないので、全文を貼っておく。

-----------------------------

 日本維新の会の西田譲衆院議員は13日の衆院予算委員会で、福島第一原発事故放射能汚染について「低線量セシウムは人体に無害。医学を無視し、科学を否定する野蛮な『セシウム強制避難』を全面解除すべきだ」などと質問した。

 西田氏の質問に対し、党所属議員の事務所などに抗議があったため、小沢鋭仁国会対策委員長らが対応を協議した。党執行部は西田氏の質問内容を詳細に把握していなかったという。

 西田氏は原発事故で飛散したセシウムは「線量は微量だ。個人の外部被曝(ひばく)線量は年間実績でわずか数ミリシーベルト。しかし、これまで進められてきた政策を振り返ると、あたかも日本経済の発展を阻害すべく、反原発を宣伝する手段として、反医学的な福島セシウム避難を考案し、実行したように思われる」とし、被曝の影響は「問題にならない」と主張。安倍晋三首相に避難者の即時帰宅を認めるよう求めた。

 除染についても「セシウムしかない福島県でなぜ除染が必要だと考えるのか。住民を排除して民間業者に委託する。何らかの政治的意図から採用したとんでもないやり方だ」と持論を展開。民間業者による農地の除染について「田畑を破壊する。農作物、特に稲にとってセシウムの被害はほとんど考慮に入れる必要はない」と問題点を指摘した。

 そして、「原爆の廃虚となった広島と長崎で、放射能で汚染されたがれきを片付けたのは民間業者だったか。生き残った住民が強い意志で日夜営々と努力をしたからこそ、迅速な復興が出来た。福島復興を遅らせている民間業者による除染こそ、即時中断すべきだ」と首相に迫った。

 安倍首相は「福島の方に理解を頂ける形で、出来る限り多くの方々が地元に戻れるよう努力したい」などと答えるにとどめた。

 橋下徹共同代表は13日夕、西田氏の質問について「個人の意見として述べたんでしょう。表現方法に未熟さがあった」と話した。

-------------------------------------

 朝日新聞デジタルの、この記事(←リンク)

 なにをか言わんやだ。維新の会は、こんな議員を除名すべし。

 これ以上書くと個人の誹謗中傷になるかもしれないので書かないが、こんな議員は断じて許しがたい。


 この議員の暴言というか妄言について詳しく解説したサイトも見つけた(←リンク)。呆れ果ててしまった。いろんな主義主張はあるだろうが……。ま、今後、この議員がどんな運命を辿るか、生暖かく見守ってみたい気もする。

 テレビもつけず、静かに夕刊を読む。

 外は本格的に雨になった。

 23時30分、就寝。

 明け方に、まだ原稿が上がっていない、という恐怖の夢を見た。いやだねえ。

本日の体重:92.35キロ

本日の摂取カロリー:2956kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+138kcal+409kcal/7053歩

« 脱稿したっ! | トップページ | 赤坂歌舞伎「階段乳房榎」にMETライブビューイングの「リゴレット」の豪華ハシゴ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56951962

この記事へのトラックバック一覧です: 西日暮里によって、テニス:

« 脱稿したっ! | トップページ | 赤坂歌舞伎「階段乳房榎」にMETライブビューイングの「リゴレット」の豪華ハシゴ »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト