« 忙中閑アリ | トップページ | 直して考えてまた直して »

2013年3月 4日 (月曜日)

原稿の進捗と体重の増加は正比例する

 7時起床。

 眠い!

 朝のモロモロのあと、いつものように厚切りトーストにゆで卵の朝食を食べる。以前は朝飯抜きでブランチにしていたのだが、最近は朝飯を食べないと腹が減っていかん。でも、朝飯前のスッキリした感覚で仕事を始めて、一段落したところでゆっくりブランチ、と言うのが理想のパターンなんだけどな。

 不調のMacBookPro17、今朝は起動するときに久々にPRAMクリアをやってみた。OS9時代は頻繁にこれとデスクトップのリセットを掛けていた。そうしないとすぐ不調になったので。

 しばらく様子を見よう。

 本来なら先週末に終えていなければならない「第5章」。今日こそ絶対に終えなければ。

 あと10ページだから、午前中に一気にやってしまうぞ!

 と、思いはすれども、なかなか進まず。持っていき方に引っかかりがある。

 で。

 と言うわけでもないけれど、敬愛するビリー・ワイルダーの本を読む。

 というのは、先日見たドキュメンタリー「赤狩りとハリウッド」がずっと引っかかっていた。

 映画監督ギルドの中に右翼体制派がいて、「ギルドのメンバーは共産党員ではないし共産主義に反対している」という規定を規約に入れようとか声明をだそうとかで総会が紛糾したとき、今までずっと黙っていたハリウッドの大巨匠がすっと立ち上がって、丁寧に名を名乗って、一言の元にその『陰謀』を粉砕してしまった、という事実を、たしかワイルダーの本で読んだはずだ、と思って、原文に当たりたかったのだ。

 で、数冊の「ワイルダー本」をひっくり返し、ワイルダーとキャメロン・クロウの対談本も読んだが、その記述は出て来なかった。

 その代わりに、同じような会議の席で、そういうような決議案を可決するかどうかの挙手を求められたとき、反対のほうに手を挙げたのがジョン・ヒューストンとビリー・ワイルダーだけだったので大いに慌てたという記述を見つけた。しかしワイルダーはその後、仕事の妨害を受けることはなかった。

「保守派で共和党支持のブラケットと仕事をしていたから、彼が楯になってくれたようなものさ」

 いろいろ調べると、ハリウッドの大物で、赤狩りに反対していた急先鋒はウィリアム・ワイラーだったかのように言われているが、それは必ずしも正確ではないように思える。

 

 で、ネットで検索していると……求める文章が出てきた。蓮実重彦の文章を引用したサイトにあった。

 当時の超保守派の巨魁は、セシル・B・デミル。しかし監督ギルドの会長はリベラルのジョセフ・L・マンキーウィッツ。デミルはマンキーウィッツがヨーロッパに出かけている隙を突いて監督ギルドの総会を開いて、上記の決議をしようとして会議は紛糾。

 そこにすっと立ち上がったのは……ジョン・フォードだった。

「私は、ジョン・フォード。西部劇を作っている。観客の心を掴むことにかけてミスター・デミルを越える者はいないと思って尊敬している……しかし、おれはあんたが大嫌いだ、ミスター・デミル。さあ、こんな会議はとっとと終わらせて家に帰って寝ようじゃないか。明日も撮影があるんだ!」(大意)

 なんとも、カッコイイではないか!

 ただし、この名場面が記された原文の出典は判らない。もしかすると、誰かの創作なのかもしれない。

 だが、マンキーウィッツは帰国後、そう言うことがあったと知って激怒したし、デミルの画策も幻に終わったことは事実。

 で……ワイルダーの本を読み返して、ワイルダーがチャールズ・ロートンを激賞していたり、「何度も撮りなおしをするよりたいがいはファースト・テイクが一番いいものだ」と語っていたり、ハワード・ホークスがいかに嘘の名人だったかとか、あの名作の舞台裏とか、めくるめく話が満載で、胸が一杯になった。

 鳴呼、ビリー・ワイルダー!

 やっぱりおれは、映画が、アメリカ映画が好きなんだよなあ。

 「ワイルダーならどうする?」は何度も読み返していたのに、読めば読むほど、珠玉の言葉に満ちているなあ! 

 いかんいかんと本を本棚に戻して、仕事再開。

 それでもなんとか進み出してホッとしたが、予定していた午前中には終わらない。

 気分転換に、北千住駅前まで歩いて、ATMで記帳して500円玉ヘソクリ貯金をする。

 500円玉貯金はけっこう貯まるのだが、去年はお金が足りなくて生活費に繰り入れてしまったので残高が少ない。いつもなら新型のMacを買って旅行に行く資金にしていたのに。

 新しいiMacを買うにはまだまだ資金が足りない。今使っているMacBook Pro17を下取りに出せば結構な足しになるのだが、これはサブ機に取っておきたい。いつまた電力危機が起きて計画停電が発動されるか判ったもんじゃない。そういやこのMacBook Pro17も、311のあと、同じ理由を考えて買ったんだよなあ。幸い北千住は計画停電を免れたけど。

 帰宅して仕事再開。

 14時を過ぎて、祥伝社のM氏から「どうなってますか」メール。本当は今日のお昼に「第5章」を送って「やってます、ホラこの通り!」ってメールを出せるはずだったのに……。

 「第5章」は濡れ場が控えているが、そこに至るまでの場面に工夫が要る。

 そこを苦心して書いていたら、意外なところで突破口が開けた。「普通の展開」をひっくり返してやればいいのだ!特に「悪漢刑事」は、主人公がどんどん人を食った方がいい。

 というわけで、どんどん進むが、予定していた分量を突破。それでもまだ濡れ場が始まらない。

 もう夜。

 休憩して、セブンイレブンで買ってきたお総菜のハンバーグをレンジで温めて、サラダとともに夕食。

 食後、即、仕事を再開。

 なんとか「濡れ場」に突入できて、予定より10ページほど多く書いて、22時前に終了。ざっと読み直して、相方とM氏にメールする。

 でもう、クタクタになったので、風呂も止めようかと思ったが、髪の毛が爆発しているので入浴。髭も剃る。

 上がってから、昨日は遊ばなかったくーたんと、ねずみのオモチャでしばらく遊ぶ。

 くーたんがネズミを懸命に捜す姿は本当にいじらしくて可愛くて堪らない。

 大地震が起きて、ペット禁止の避難所に入らなければならなくなったら、おれは瓦礫に残ってくーたんと一緒に暮らすことを選ぶだろうなあ。ま、その前に生きているかどうか判らないけど。

 早々に寝てしまおうと思ったが、なんだかんだで0時を回ってしまい、0時30分に就寝。

 MacBook Pro17は、一応、正常に戻ったようではある。

本日の体重:92.10キロ

本日の摂取カロリー:2090kcal

本日の消費カロリー:日常生活+α

« 忙中閑アリ | トップページ | 直して考えてまた直して »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/56891342

この記事へのトラックバック一覧です: 原稿の進捗と体重の増加は正比例する:

« 忙中閑アリ | トップページ | 直して考えてまた直して »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト