« 奈良旅行1日目 | トップページ | 1日休養 »

2013年4月 3日 (水曜日)

飛鳥のサイクリングはハードだった!

 6時起床。

 曇り。夜のうちに雨は降ってしまったようだ。

 風呂に入って店じまい。

 7時30分にメインダイニングが開くのに合わせて、行く。

 窓からは興福寺の五重塔が見えるが、窓際には案内されず。たぶん、高い部屋に泊まったお客が優先されるのだろう。

 洋朝食を頼む。英国式だがニシンとかは出て来ない。トーストはスタンドに立てて。こうすると焼きたてのぱりぱり感が失われない。

 コーンフレークにベーコンとスクランブル・エッグ。いつも食べているようなものばかり頼んだが、ベーコンの味は濃い。その辺で売ってる安いベーコンとは違う。

 食後、ティーラウンジでコーヒーを飲み、中庭に出てちょっと歩いてみる。

 このホテルは奈良公園に面している。というか、元は興福寺の別館のような場所に建てられたらしい。

 10時前にチェックアウトして、近鉄奈良。

 奈良から飛鳥に行くには2度も乗り換えないといけない。

 普通の急行とかで行こうと思ったが、時間を調べると、特急を利用しないと無駄になってしまう。上手く仕組んだな、近鉄。

 500円の特急券を買って、大和西大寺で乗り換えて、橿原神宮でも乗り換える。

 この橿原神宮の駅が酷な作りで、エスカレーターがないぞ!しかも3分の乗り換え時間だと、ギリギリ。

 重い荷物を抱えて、やっとこさ乗り換える。

 乗り換えたのはこれも特急だったが、2駅。特急券を買わずに乗ってしまったが、車内検札がなかったので、そのまま。

 10時50分、飛鳥着。駅のコインロッカーに荷物を入れて、駅前のレンタサイクルで自転車を借りる。

 「亀石」まではずっと上り道だというので、電動自転車を借りる。おれはまあナントカなるかなと思ったが、ずーっと上り道だと言われると、自信が揺らぐ。

 走り出して、さっそく案内コースから外れて、景色のいい田圃道を走る。方向的にはキトラ古墳方面。まるで方向違いだが、気持ちがいいのでしばらく走る。

Dscf1049

 が、橿原神宮方向にずいぶん来てしまったので、やっぱり幾つかポイントは見ておきたいので、後戻り。

 電動自転車は、漕ぐとターボが入った感じになってぐいーんと加速する感じ。こりゃ楽だわい。

 相方を置いてスイスイ走ってしまった。で、要所要所で相方が来るのを待つ。

 高松塚古墳を周るが、見ないで走る。

 

 で……。亀石近くの交差点にある大きな観光案内板の前で待っても待っても相方が姿を現さない。おかしいなと思って探しに戻りかけたところに、iPhoneに電話が。

 相方は「亀石」のすぐ近くで待っていると。

 慌てて「亀石」に行くと、相方はリタイア宣言。坂道がきつかったようだ。

 自転車をここに置いてタクシーを使って「石舞台」だけでも見て、もう帰ろうと。

 しかし、今回の旅は、この飛鳥サイクリングが目的だった(昨日の奈良公園はオマケ)のだし、上り坂はここで終わって、あとは平坦で、帰り道は下りになるんだから、続けようよと説得。これではオアシスを目前にして倒れてしまうようなものだ。

 しかし、汗が冷えてきて寒いというので、それも良くないので、近くの店に入って、予定より早くランチにする。

 幸い、少し走ったところに「歩楽都」(ふらっと)というカフェがあったので、入る。

 ここでスパゲティとガーリックトーストを食べ、温かいコーヒーとケーキを食べて元気を回復。

 たしかに、上り坂で汗をかくが、風は冷たい。曇りで陽が射さない分、寒いし、風がある。

 

 とりあえず、「石舞台」には行こうと、再出発。 ちなみに「亀石」は、説明がないと、ただのデカイ石にしか見えなかった。

 途中で、相方の電動自転車を、おれが乗っているのと交換。

 相方が乗っていたのを漕いでみて、判った。

 まるで「電動」が作動しない。バッテリーが点滅して、異常を知らせている。バッテリーを装着し直しても、まったく「電動」は効かない。

 つまり、相方は、普通の自転車(よりバッテリーの分が重い)をえんえんと押して登ってきたのだ。

 それを知って、急に悪いことをした!と大反省。電動自転車が不良だったのはおれのせいではないが、もっと早く自転車を交換するとか、もっと心配してケアするべきだったのに。

 これは、相方にとても悪いことをしてしまった。

 電動が効かない電動自転車は、重い。しばらく走って、凄く疲れてくるのを実感。相方はよく頑張った、と思う。

 自転車を交換して、相方はスイスイ走るようになった。おれもまあ、この辺はほとんど平坦だから、特に苦にならず。

 山間の、小川のせせらぎを聞きながら、走る。

 天気が良ければ、最高のサイクリングだったろうなあ。桜もあちこちに咲いているし。

 今回は奈良の桜の満開には最高のタイミングだった。

Dscf1051

Dscf1052

 聖徳太子生誕の場を経由して、すぐに「石舞台」に到着。

 ときおり陽が射してくるようになった。

 陽が射すと、一気に温かくなる。

Dscf1053

Dscf1055

Dscf1056_2

Dscf1057

Dscf1058

Dscf1062

Dscf1063

 しかし飛鳥って、どうしてこんな山間に都を作ったんだろう?

 石舞台は凄いものだった。巨石文化って、世界共通の、人類の本能みたいなモノだったのか?

 石舞台は有力な観光スポットなので、カフェやレストランが数軒ある。しかし腹は減っていない。

 14時を回ったので、温かい缶紅茶を飲んで、飛鳥駅に引き返す。

 帰りは別ルートをとって、「鬼の雪隠・鬼の俎板」を見る。「鬼の俎板」はどこにあるか判らず、「雪隠」だけ見る。

 見ていると、若者の集団が自転車を漕いで坂道を登ってきたぞ。若いって素晴らしいね!野蛮だけど。

 この当時の「鬼」って、実はコーカソイドというか白人種だったんじゃないかという説がある。

 で、めでたく飛鳥駅に帰着。

 晴れてきた。ちょっとタイミングが遅かったけど、最初は今日も雨模様だったので、お稲荷さんにお願いして、願いは叶えて貰えたのだ。

 で、自転車を返す時に、レンタサイクル屋のおばさんにクレームをつける。バッテリーが異常な点滅をしているのを見て、おばさんは普通と電動の差額を返してくれた。「調子が悪かったら途中で電話してくれたら良かったのに」と言われたが、電話したらレスキューしに来てくれたと言うことだろうか?

 

 駅前の物産館のようなところで奈良漬けなどを買い、帰りの電車を待つ。

 帰りの電車はJTBで取って貰ったので、橿原神宮までの特急券もきちんと買ってある。

 で、乗り換えて、京都まで。

 ぐったり。

 車内で「柿の葉寿司」を食べる。谷崎潤一郎が絶賛したらしいが、おれには「ふ~ん」という感じ。店によって味は違うんだろうけど。

 京都では1時間とってあるので、駅ビルの何処かできちんと夕食を食べる……つもりだったが、疲れ果てたし荷物も重いので、店を探して歩き回る元気がない。

 近鉄京都駅を出て、左側のエスカレーターに乗って上がったところの和食の店に入る。丼物やうどんもあるので。

 ここでおれは親子丼にミニうどん付きを食べる。

 疲れていて、やっと食べた、という感じ。

 本来の予定では、ビールでも飲んで、ゆっくりするつもりだったのに。

 で、時間が来たのでJR京都駅へ。

 プラットフォームで待つことしばし。

 のぞみに乗り込むと、ぐったり。しばらくは起きていたが、途中で爆睡。

 なんか、行きより帰りの方が新幹線のスピードが速いような気がする。なんで?

 20時過ぎに東京着。

 とにかく荷物が重い。今回は気功が判らなかったので衣類が多かったし、観光パンフなども堪ったからなあ……。

 日暮里で相方と別れて、おれは常磐線で北千住。

 駅からタクシーで、帰宅。

 くーたんがお出迎えしてくれた。なんか帰りを待ちわびていた感じ。

 ちょっと遊んで、風呂に入る。サイクリングで汗をかいたし、新幹線も車内が暑かったし。

 風呂から上がって、くーたんと遊ぶ。くーたんが飽きるまでネズミのオモチャを投げて遊ぶ。

 ニュースを見ると、今日の東京方面は暴風雨で大変だったみたいだ。

 が、眠くてもうダメ。

 0時前に、寝る。

本日の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2000kcalくらい

本日の消費カロリー:812kcal(サイクリング)+488kcal/8023歩

« 奈良旅行1日目 | トップページ | 1日休養 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57102622

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥のサイクリングはハードだった!:

« 奈良旅行1日目 | トップページ | 1日休養 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト