« 「八剣伝」のソーメンサラダが異様に美味い件 | トップページ | カイロで頸椎の詰まりを緩めて貰ったら…… »

2013年4月25日 (木曜日)

気学教室の後の居酒屋がモーレツに美味かった

 なんか妙な不条理な夢を見たが、忘れてしまって、8時起床。

 晴れ。

 朝のモロモロをして、仕事開始。

 相方から電話が入って、しばし話し込み、宅急便も来たり。

 ブランチはベーコンエッグにトースト1枚。

 今日はツキイチの病院へ行かなければならない。明日の午前中にしようと思っていたが、かかりつけの医師のシフトの関係で、今日の午後の診察に行く。

 14時前に出て、病院のそばで冷やしタヌキそばを食べる。

 先月、胃のピロリ菌の検査を受けたが、それは問題なし。

 しかし、昨日の朝からお腹の左側にピリピリする違和感がある。それを相談したら、帯状疱疹かもしれないと言われたが、実際にデキモノが出来ないと治療できないと言われた。今の段階では病気の特定が出来ないからと。

 やだなあと思いつつ、支払いをしませて病院を出ると15時。

 近所の「グルメシティ」で買い物。木曜日なので例の呪いの歌が店内に流れていた。しかしこの歌に慣れることはないなあ。実に不愉快。

 不愉快と言えば、ネットの広告でよく出現するサントリー・ウェルネスの広告も不愉快極まりない。中高年向けのサプリの広告だが、筋肉隆々の髭ジジイとかハゲ親父とか、とにかく下品な顔ばかり出て来る。最近はホームレスかヤク中みたいな長髪の貧乏神風の男が表示される。あんまり不快なので、ついにサントリー・ウェルネスに苦情メールを出してしまった。あんな広告を見てこのサプリを飲んでみようと思うヒトはいるのかね?続いていると言うことは、たぶん、いるんだろうなあ……。

 で、帰宅して、仕事を再開するが、今日は18時から聖先生の気学教室がある。

 時間ギリギリまで仕事をして部屋を出たが、洗濯物が干しっぱなしだったことを思い出し、部屋に戻って洗濯物カゴをもって洗濯物を回収。

 それでもなんとか所定の時間に駅に着き、相方と合流したが、今度は相方に緊急の要件が出来て家に戻ってしまった。

 おれ一人で会場へ。

 相方は次の次の電車に乗ってやってきた。

 今回の教室は、実践論。理論は、これはもう本気で勉強しないと歯が立たない。素養があれば別だが、おれみたいに知識も教養もない人間には、理解を絶する。これまで聖先生の教えを実践してきただけで、理論というか仕組みについてはハナから投げていたからなあ……。

 しかし実践編となると、いろいろ経験してきたことが体系的に教わるので、実に興味深く面白く講義が聞けた。

 で。

 教室の後は、飲み会。いつもの「えいと」ではなく、みーやさんが前を通りがかって「あの店はいい!」と強く推した店に行く。

 この店「筑前屋人形町総本店」は、大当たりだった。声を大きくして言いたい。大当たりも大当たり。ウルトラ特大の場外大ホームラン。

 店は大混雑。繁盛している店でハズレなし。

 安い。量がある。美味い。

 サラダは驚異的大盛りだし、トリカラも景気よく出て来る。メンチカツもデカイし美味い。サバを焼いた串焼きも絶品。鉄板餃子も美味かったぞ。

 で、ノックアウトされたのが、博多ラーメン。あちこちで食っているけど、ここの博多ラーメンは、そのへんの専門店よりはるかに美味い。

 いや~。参りました。まあ、店構えからして美味そうな雰囲気を醸し出していたよなあ。

 人形町の裏手には、美味そうな店がずらっと揃っているから、この界隈は極め甲斐があるだろう。

 中生と梅酒を飲んだ。

 で、聖先生がノッてしまって「カラオケに行こう!」ということになって、近所のカラオケへ。

 最近の歌が、ホント、判らない。おれの場合、シャ乱Qで止まっている。

 ハニートーストをみんなで分けて食べる。美味いねえ。

 しかし「聖母たちのララバイ」(曲は盗作騒ぎがあって作曲者がパクりを認めたのね)は名曲。山川啓介の詞もいいんだけど、マザコン丸出しの歌だなあ、というか、この場合の「聖母」って誰だ?と考えてしまった。飲み屋のママ?ソープのお姉ちゃん?仕事で疲れ切った「戦士」を慰めるのは妻じゃない別の女性みたいな感じだけど。というか、「ペール・ギュント」を思い出してしまうなあ。男って、ダメなんだよなあ。

 おれは「有楽町で逢いましょう」を歌ったが、この歌はなんとまあ素晴らしいCMソングであることだろうか。しかも恋する男はこんなに優しくなるのだというラブソング。ん?この歌は女性視点の歌でしたね。

 しかし、昔の方がよかったと全面的には思わないけど、有楽町から日比谷~銀座の界隈は昔の方が「大人の街」の風格はあったよなあ。コドモには敷居が高くて行けないような。今でもビジネスマンが多いからそういう雰囲気はあるけど、往年の風格はないよなあ。有楽町の大人の雰囲気はそごうの一大キャンペーンで作り出されたものだとは言え。

 フランク永井の歌声は、最初の録音ではさほど低音は強調してなくて、5年後(だったか)の再録音でもさほどでもない。後年、自身が低音を強調する歌い方になったのと、モノマネが無茶苦茶強調して、低域ブーストみたいなイメージがあったけど。

 23時過ぎに解散。

 終電近くの日比谷線に乗って、帰宅。

 郵便受けに小林信彦の週刊文春連載エッセイの2012年分をまとめた「映画の話が多くなって」が届いていたので、拾い読み。

 もう、野田民主党政権をボロクソ。で、若い頃はあれほど「ウェストサイド物語」を褒めちぎって大絶賛していたのに、今はそうではないようのが寂しい。そりゃ「バンド・ワゴン」は大傑作で、ミュージカル映画史上に燦然と輝く名作だと思うけど……。

 酔っ払っていたのに読みふけってしまい、またも1時。

 今夜もくーたんと遊ばなかった。あんまり遊ばないと、くーたんもいろいろ悪戯を始めるから、明日はきっちり遊んでやらなくては。

 ということで、1時就寝。

本日の体重:90.80キロ

本日の摂取カロリー:2627kcal

本日の消費カロリー:日常生活+90kcal(自転車)+440kcal/7422歩

« 「八剣伝」のソーメンサラダが異様に美味い件 | トップページ | カイロで頸椎の詰まりを緩めて貰ったら…… »

コメント

ほーっほっほ!参ったか!(高笑い)
「美味しそうな店を見つけた!!」って皆様をご案内するも誰も信用せず
「みーやの案内じゃたどり着けないだろうw」って後ろ指さされながら頑張ってたどり着いた甲斐がありました。(まぁ確かに店の名前も料理の種類も覚えちゃいませんっでしたが。覚えていたのは曖昧な場所だけ。しかも教室からちと遠いし。)
予想以上の大当たりでしたね!
あのクオリティーであの安さには吃驚しました(もっと高いと思っていましたよ)。
ホントあの道は他にも美味しそうな店が沢山ありましたね。
是非みんなで開拓しましょう!

「絶対休みの日だ」「外見はいいけどマズい」「偶然全館貸し切りでは入れない」とか、マイナスな事を考えつつ、店までえんえん歩いたんですけど……。
いや〜、大満足!
「食べログ」で調べたら、昼のメニューも美味そうで。
他のものももっと食べたいし、〆の博多ラーメンは是非、みなさんに堪能して戴きたい。
実にまったく、最高のお店でした。
褒めて使わす!苦しゅうないぞ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/57250300

この記事へのトラックバック一覧です: 気学教室の後の居酒屋がモーレツに美味かった:

« 「八剣伝」のソーメンサラダが異様に美味い件 | トップページ | カイロで頸椎の詰まりを緩めて貰ったら…… »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト